心に響くということ

テーマ:

バスの定期をピッとタッチしてから降りる数歩の間に落とすというミラクルもたまには起こします、ナカムラです爆  笑

 

4月21日から始まった、宝船シーズン2エピソード3もついに明日のパーティでのお仕事で終わりを迎えます。

リーダーがライブで何度も言っていたように、本当の意味での再結成をした感じを受けた今年。

どんなに体が疲れていても、

「アカペラを演奏している」

ということが純粋にとても楽しく幸せでした。

リハーサルをする回数は実際あまりなく、

今思い返せば、あーでもないこーでもないと無駄な時間もいっぱいあったかもしれません。

でも、無駄なことから、「これはない」という選択肢を知ることができたし、本番でいっぱい失敗して改善されていくことがたくさんありました。

 

この期間中、お客様から様々な感想をいただきましたアップ

「楽しかった」(嬉)

「よかった」(嬉)

「すごかった」(嬉)

「感動した」(嬉)

「鳥肌がたった」(嬉)

「美しかった」(超嬉)

「男性かと思った」(怒)

 

先日歌わせていただいた会でのステージ後

私たちが袖にはけた時に、

司会をされていた方が

「とても素晴らしかったです。いつかどこかで感じた気持ちだと

思って、ステージ中ずっと考えていたのですが、

子供の頃、母の腕に抱かれた時に感じた温かい気持ちだと

わかりました」

とおっしゃいました。

 

もちろん唱歌もお届けしましたが、

いつものようにテンポのあるジャズナンバーもたくさん

歌わせていただいていましたので、

嬉しいと同時に宝船のステージをそんな感情を持って聴いてくださったんだと驚きました。

 

『お客様は鏡』

 

ステージに立っている私たちの雰囲気を

映していると思います。

それは15年の間にいい時も悪い時もずっと感じてきたこと。

 

今、本番中メンバーの間に流れている空気が

きっとお客様にも伝わっているんだと思います。

 

 

 

また夏のステージが楽しみですビックリマーク

 

 

4月30日三宮CASH BOX

5月14日新神戸オリエンタル劇場 

セットリスト

 

1st ステージ

君を乗せて

Night&Day

Lover Come Back to Me

Side by Side

ラビアンローズ

カモナマイハウス

赤とんぼ

冬の星座

 

2nd ステージ

Trickle Trickle

Cheek to Cheek

Let the Show Begin!

Someone to Watch over Me

歩いて帰ろう

Begin the Beguine

Wind Beneath My Wings

Mas Que Nada

Spain

 

アンコール Four Brothers

 

*5月14日は2ステージ目最後がFour Brothers

アンコールが心の瞳、Spain

 

 

ありがとうございましたブーケ1

 

 

photo by Masaaki Kitada

http://www.studio-mk2.com/

 

 

AD

コメント(2)