虻蜂取らずと言うけれど

             
 写真は1989年だからもう27年も前の話。協力隊でネパールのゴルカ群ブンコット村の某学校で活動していたときのもの。        
 H27年4月に地震があったが、ゴルカは震源地にかなり近い!! 気になります。校舎大丈夫かな?


テーマ:

8月21日(日)


テニス班創部40周年事業のナイター照明装置の設置の一環でテニスコート南側への

コンクリート支柱(たった1本ですが)が無事建ちました。


立場的(OB会長)に立ち会って写真を撮ってきましたので報告を。


立てる場所の人工芝を剥ぎ、縁石を一部取り除きます。ネットに防護のためのコンパネを立てる。 ↓



コンクリート支柱を埋めるための切削機器を建てる。


ドリルのようです。

1mくらい掘って持ち上げ、掘りだした土砂を捨てます。この作業を3回繰り返しました。


規定以上掘れていることを確認。 あ、ちなみに、業者さんもちゃんと記録写真撮っています。



クレーン車でコンクリート支柱の重心よりわずか上寄りにワイヤーをかけ、持ち上げていく。


まだ微妙に斜め、アンド梯子の横棒の位置がずれています。 この後、巧みな操作で修正していく。



梯子の横棒を取り付けつつ上に登る。 この日は数が足りなかったので、一応今日はここまで。

コンクリート支柱が倒れない保険?の横棒が地中浅いところに埋められ、縁石を戻し、砂利を入れ直す。 




午前中はここまで、午後ここをコンクリートで固め、明日人工芝を戻してお終いだそうです。


さあ、あとは

水銀灯の設置だけど、どういう日程になるかな? なるべく早くやってくれるよう要請しなくちゃ!!



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

8月14日(日)

夜、飲み会がある。


今日も天気がよさそうなので、山へ行きますか!と。


自宅を深夜の1時過ぎに出発。猿倉駐車場に2時過ぎに到着。

1時間半ほど寝て、3:30頃スタート。


今回は白馬鑓~杓子岳~白馬岳~大雪渓の時計回りとした。


実は、時計回りは初めて!!


雪渓上の落屑の危険を防ぐためには、山を背にしない方がいいとの理由で、雪渓を下らない方法をとっていましたが、まあ、今回は 実行に!


小日向へのコルの登りで、

んん? なんかルートミスしている気がするが、踏み跡もあるようなないような??

途中から傾斜がきつくなり、これはこれは、登山道にはあらず!! しかし、この後正規のルートに戻るはず、と思って登るも藪っぽくなってきた。GPSで確認すると、やっぱり間違えているね、それに戻れそうにない!! 

間違えたときは⇒⇒引き返す!! 鉄則ですね。


コルを越えたところで、一人の登山者とすれ違ったが、まだ5時前だよ! 


鑓温泉に近づくにつれ、下山する登山者とすれ違う。

鑓温泉には下山の準備をする人、露連風呂に入っている人いろいろいますが、ささっとスルー。


鑓温泉上のプチ危険ポイントのい岩場、登りでは大したことない。鎖が新しくなっていた。

大出原で少しペースダウン。

ここを辛抱して、またまた調子が出てきた。


9時ごろ白馬槍ケ岳の山頂に到着。ささっと写真撮って降りようとしたが、

某トレイルランナーに話しかけたところ、信州トレイルマウンテン絡みの人でした。

少し話し込みました。


軽快に走れるところは走って、杓子岳を下って、次の登りに向かうとき


K保さんに似ている人が・・・・・K保さんでした。

トレマン関係者によく会うな!!


K保さん一行も、鑓での御一行も唐松まで行くそうだ。

K保さんに、AJさんもいたけど、と言われたが、杓子ですれ違いかな??


白馬の山頂はにぎわっていました。


さて、ラストの下り。

下からどんどん登山者が上がってくる。


大雪渓は、雪が少ないのが原因なのか・ クレバス等の危険から、

雪渓わきのところがルートになっていた。

雪渓上を歩いたのはわずかな距離。

その後も、右岸を長い距離歩く。


白馬尻小屋からは走れるところは、トレーニングじゃー?とばかり走って、猿倉に無事到着。


走っていた割に、時間がかかったな。9時間半か。


8時間以内を目標としていたけど。

ま、しょうがないね。


ささっと、車を運転するも、

す、睡魔が!!

中条道の駅で仮眠。


登山した時の最近のルーティンは、ラーメン屋ゆいが へ直行。





小日向のコル ↓



白馬鑓に朝日が当たって綺麗!!

鑓温泉  こういう人が多いところはささっと通過!!

小屋上の雪渓の状態 ↓


大出原 お花畑


積乱雲がもくもく

いいね! 下界にいては絶対見れない光景 ↓


白馬鑓ヶ岳山頂であったトレマン関係者 ↓


白馬山頂をバックに ↓


K保さん(中央)御一行、(もう一人写っていないが計3人。AJさん入れれば4人??)


白馬岳山頂 標識のところは混んでいたので、ここで。 バックは剣岳 ↓


今年の大雪渓の様子 4枚↓







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

平成28年度8月9日から8月12日

3泊4日の日程で、北アルプス 湯俣川から遡行、詰めは弥助沢で三俣山荘に

竹村新道経由で湯俣温泉に。

最終日は露天風呂の手前にワンオールテントを張り、無事8/12 14:30 自宅に着きました。


8/8(月) 午前中TT(テーブルテニスの略) 本日の出席1人と練習

      午後雑用をこなし


  夕方6時過ぎから、一緒に同行する二男と準備開始。

  スーパーに買い出し後


 最終的に準備完了が午後12時を回った。(家族はみんな就寝)


 日付が変わって、

8/9(火)1時ごろ自宅を出発。


2時半ごろ七倉に着。


七倉ダムまでタクシーを利用することとし、3時間弱仮眠。


5:30から七倉ダム往きのタクシーがスタート。

お客の数を見て、1台増えて3台のタクシーで登山客を運ぶ。


2クール目に乗り、七倉に。 七倉~高瀬ダム間 2200円。


相乗りの2人と合わせて4人ですが、運転手さん

「一人500円でいいよ!」と言われ、2にんで千円払う。


さ、3泊の登山がスタートです。



速報版なので、まずは地図 ↓




 

今回の山行のベストスナップを5つだけ選んで ↓



8/9 14:49 硫黄沢手前の沢にて 

 沢全体が温泉!!


8/9 18:00ごろやっとビバークポイントを見つけ、この日は

ファイントラックのツェルトをタープ状に張る。


 時間がないので、釣りはできなかった。


8/10 2日目


硫黄沢を過ぎてからは、魚影が濃くなってきた。

12時過ぎに竿を出そうと思ったが、

11:30 待てずにテンカラ竿をだし釣り開始。


この1ポイントで6匹のイワナをゲット。

私が4匹、二男が2匹釣り上げた。


8/11 (木)

弥助沢を詰めあがると、そこはお花畑!!


ここで、沢靴からトレランシューズにチェンジ。

 登山道に合流すると、そこに一人の登山者がいて、

「どこまで下りたんですか?」なんて聞かれたから。

『降りたんではなくて、下から上がってきたんです!』

『沢登りをしてきたんです』 と言ったら、びっくりしてた。


ま、このお花畑もすごい急斜面ですからね。


鷲羽岳山頂。 ↓

実は私は2回目。1回目も二男と2人の山行で、二男が高校1年生の時。





ということで、


楽しかった。


詳細編をこうご期待!!


この後、ヤマレコのアップ作業に移ります。


ヤマレコ⇒湯俣川)弥助沢)3泊4日






AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。