虻蜂取らずと言うけれど

             
 写真は1989年だからもう27年も前の話。協力隊でネパールのゴルカ群ブンコット村の某学校で活動していたときのもの。        
 H27年4月に地震があったが、ゴルカは震源地にかなり近い!! 気になります。校舎大丈夫かな?


テーマ:



6/18(土)

テニスの北信越大会の後輩たちの応援に行ってきた。

男女とも1回戦は勝ちましたが(男女ともダブルスはタイブレーク)

2回戦は男子は第3シード、女子は第1シードですので完敗でした。

 翌日団体の決勝でしたが、6/20の朝刊によると、男女とも長野のM学園が制覇してました。

そのMの監督が後輩なんですが、う~~ん、凄いな!!刺激受けます。


ずーっと応援していたら、気づいたら4時過ぎていました。『ゆいが』に直行2日連続でラーメンでした。


自宅に戻って、『草刈ってよ!』の言葉を思い出し、ビーバーで草刈り。


早く戻って、山!!と思っていたのに。


それでも、

夕飯食べてから準備。

地図を探していて、急遽白山に変更。


松本平湯経由で行く予定でしたが、ナビは日本海回りだったので、距離は100kも長いけど高速使うんでこっちの方がつく時間早いんだろうとナビに従ったが、

眠かった!!

今回登山の一番の核心部やね。


5時過ぎに大白川の駐車場に着くと、何人もの人たちが出発準備してました。

2週間前の北アの登山は誰にも会わなかったのである意味新鮮!?


3時間で山頂に。

去年敗退した東面大地のスキールートをよ~~~く観察。

この滑走ルートで降りたかったが、アイゼン持ってくるべきだった。

仕方なく、ノーマルルートのピストンで降ります。


下っていくと、某すれ違う人から

『ブログ見てます!』と声かけられた。


なんかちょっと嬉しい!! 前回の飛越TN~新穂高の山行も印象にあるようでした。

彼もテレマーカーのようで、機会ありました冬行きましょうね!!


更にっ下っていくと、本格派トレイルランナーが・・・

その後、登山口で彼と会話しましたが、トレランではなくXカントリーのバリバリの選手だそうです。

来期の国体は成年の優勝を狙っているとか。そんな彼が練習の一環でトレランしているんだとか。

登りのタイムを聞いたら、なんと1時間37分だそうです。(私がちょっと走った下りのタイムと一緒)


帰り、松本の醸すかスポーツによって見た。我楽多市をやっていて、激安商品が沢山あったが心ゆすぶられるものがなかったので、何も買わずに店を出た。


今回のルート ↓




お声がけしてくれた人(名前わすてしまいましたごめんなさい)

室堂


山頂


ヤマレコの方もアップしました


⇒ 白山(平瀬道)

ペタしてね

今週も 

頑張りましょう!!

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は仕事で遅くなると思った。


多分11時ごろか? なんて思っていたら、果たしてその通りとなった。

こんな時間まで仕事していると


  ト

    レ

     ス


とか


いろいろ言われそうだが、



どうせやるのなら、前向き


これって大事よね。


7時ごろ自宅に

夕飯いいから! というと


どこかで食べてきて!! と。


店やっている時間に帰れるかな?? 

 

こんな会話。


しかし、

やっている店ありました。 某ラーメン屋さん。


会計終わって、

この店何時までやっているんですか? と訊くと、

12時とか。


今後、ご利用が増えるかな!?


タイトルとは関係ないが、日曜日の山行で

北の俣避難小屋 ↓





少し遠めから、


おお、 誰か小屋にいる。

こんな時間(3時頃だったかな?)に起きて準備しているのか!!

自分も物好きだが、そんな人他にもいるのね!! なんて思っていたら、


自分のヘッドライトが、この小屋の一番上の窓ガラスに反射している光でした。

小屋の入り口には、かんぬきがしっかりかかっていました。 (写真のとおり)


今回の山行、

幻影とまで行かないが、そんなのよう見たな!!


あれ、なんでこんなところに(わさび小屋のちょっと手前)白いテント!! 

と思っていたのは、大きな岩 でした。


その黒い影は、もしかして熊!? でもなぜ動かない!!

  

たんに、草の藪が濃かっただけ! でした。


双六小屋の横で休んでいる登山者とそのザック!!?

重機のシートでした。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前日の6/4(土)午後1時から組出張。

微妙な時間1時。移動時間を考えると午前中のTTの練習は中止。

じゃ、午前中なにする? で自転車でヒルクライム。

でも、せっかく松本まで行くんだから、それを利用し、そのまま北アに直行すべき、登山の準備も。


夜の7時ごろ新穂到着。

自転車は無料駐車場かな?飛越TNに登山届の提出箱はないと思い(実際はありました)

車で新穂の登山口で届を提出。

この後ろに自転車をデポできると思い、ロードレーサーの専用靴(ビンディングペダル)も一緒にデポ。

さあ、飛越TNへ。

8時前には着いたが、0時ジャストを考えると睡眠時間は3時間か。


11時過ぎ(実質睡眠時間2時間)に起き、うとうとし11:45に用意し0時1~2分前にスタート。


勿論、真っ暗!

すぐにトンネル状の尾根に合流。

真っ暗の中、水芭蕉に癒されつつ進む。

今回は、ルートはかなりはっきりしていたが、地図を頻繁に見るようにした。(真っ暗だから!!)


北の俣岳の登りからヘッドランプを消す。

森林限界を超えると風が強い。

今回使用した防寒具兼雨具は、モンベルのサンダーパス。そんなに高くないやつ。

なんでかって? 尻セードとかしたとき破けても気持ち的に大丈夫な値段の物。

しかし、少し汗ばんだ状態で両線上に出ると、雨具の良し悪し(ようするに透湿性のあるなし)が判る。


黒部五郎の登りはきつくなかったが、三俣蓮華岳の登りはちょっとしんどかった。

三俣の登りから、多分標準コースタイムの80%ぐらいか?ほぼ標準タイムペース。


12時には新穂に着きたい!!

無理かな??


2時には着きたい!!

無理?


3時は??

無理か!


うーん、小池林道に出てからが長かった!

走るか?

自転車のヒルクライムを考えると止めておこう!!


新穂に着きそうになると、

偶然に飛越TNに戻る登山客がいて便乗???  とか、

飛越TNまでタクシーで行ったら、お値段かかるだろうな?でも1万円で行ってくれると交渉で来たら払おう!

いや1万円じゃ高いな。5千円なら文句なしタクシーGO!

新穂の、相談窓口の人にタクシーのお値段を聞くと、2万円くらいかと言われる。

⇒やっぱり自転車なのか!!!


いやー、哀れな自転車乗りを見て、軽トラのジモッティが

『おい、アンちゃん、どこ行くんだい?う、飛越TN?ちょうどよかった乗っていくかい!!』

なんて親切おじさんに遭遇!!

                     なんて、前向き予想していたが



無理   てもんでしょ!!!!!!!


仕方ない  て言うか、


もともとそういう計画よね!


しかし、和佐府集落からの大規模林道のヒルクライムは想定通りきつかった。

ただ、林道の舗装状態が良かったのが助かった。


こうして、しめて21時間の戦いは終わった。


荒神の湯にデポしたザックを取りに戻ったところ、その行動が不審に思われたのか、たまたまなのか?警官に職質された。


荒神の湯は22時まで! 到着は20分過ぎてた。


その後の運転も不安。いつ、居眠り運転をする可能性が大。

目の焦点もおぼつかない(気がした。ただ眠いだけなんでしょうが!!)


後ろから車が来れば、すぐ左ウィンカーを出して、道を譲った。


高速に乗って、梓川SAで90分寝てた。


家には翌日の2:30でした。


日帰りなんだけど、0泊3日って感覚でした。


土曜の出張では、「命と健康を守る・・・・・」というお題なんです。睡眠時間が短いと✖とか言ってましたが、

ただ、

好きでやっていることだもん!


嫌々こんなことやってたらたまらんだろうな!!


さてさて

今回の地図  ↓



山行中の写真は限定5点のみ(とします) ↓
















更に詳しい ことは

ヤマレコで⇒飛越TN~新穂高日帰り



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。