日日是好日

毎日を、「いい日」にしたい。


テーマ:
気が付けば、最後のエントリーから二ヶ月以上。

前はなんだかんだと言葉にしたくなったのだけど、
この二ヶ月と少しは、言葉にするのが難しかったのだと思う。

最近は、心と体のつながりの深さを改めて感じています。

心に圧力がかかることで体が誤作動を起こす、という症状がちがう形で複数でて
形はちがうけど、おんなじことなのだろうと思っています。

もともと、こわがりなこどもでした。

花火をこわがる。飛行機をこわがる。
少し心配されるほど、こわがりだったようです。

もちろん大きくなるにつれて克服できたことはたくさんあるけど
私の原型は、こわくて足がすくんでしまう、小さいこどもなのだと思います。

だけどそういう自分を変えたくて、ここ十年くらいは少しずつ無理を課してきました。

自分の背丈より少し背伸びする。
ちょっとつらいけど、そうすることでほんの1mmでも背が伸びたりする。

そうやって得てきたものは、ほんとうにたくさんあります。

だけど

そうするうちに損なっていったものも、あるのかもしれないと思います。


こわがりで、繊細で、人見知り。
基本のスペックが、子羊のような自分。

そのことを心のどっかでいけないことだと思い続けてしてきた背伸び。

だけど子羊は、もうやんなっちゃって、そこらで柔らかい草でも食べてのんびりしたい。
本気でそう思い始めたようです。


なんとか働きながらやってきたけど、ここに来て新たな症状がでて
それは、無理のきくものではありませんでした。

今でも、そういう子羊な自分が少し、いやです。

でも、そんな風に追いつめること、もうやめるときなんだと思います。

どんな人でも、基本的にはいい悪いはない。

明るい人も、おとなしい人も、強い人も、弱い人も、いいとか悪いとかじゃなく
みんな、大切な命です。

そしてそれは、私にも当てはまること。


今私に必要なのは自分を責めることじゃなく

子羊な自分を認め、ゆるし、愛していくことで
そこから、そんな自分と社会とのちょうどいい距離を探していくってこと。

子羊なわたしは、悪いものじゃない。
そこからすべてをスタートしていきたい。


昨日は恋人と街で買い物をしてごはんを食べました。

それだけで具合が悪くなって、そのことに、泣いてしまったのだけど
恋人は、だまって側にいてくれました。

いつまでかかるかわからないけど、ずっとサポートする
その言葉に、言葉では言い表せないほど救われています。


秋の虫の合唱が、夜中の三時にきこえています。

彼らが元気に自分たちの声を出してることに、なんだかほっとする。

虫は虫なりに、植物は植物なりに生きる。
それ以上でもそれ以下でもない。

私は私なりに、生きていこう。
こわがりなりに、生きていこう。

いつかは向き合わなければいけなかったことと対峙しているだけなのかもしれない。
自分の無理でつじつまを合わせてきた数え切れないことに。


そろそろ薬がきいてくれるかな。

ねむってみます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ちょっと、心の調子を崩しました。

そんなにストレスが溜まっているつもりはなかったけど
心の容量を、いつの間にか超えていたみたい。

なかなかに、つらい症状が出る病気で
何度か涙が出たけど
その度に、母や恋人に救われています。

ゆっくり治していけばいい
病気なんだから、薬飲んだって人を頼ったっていい

そんな優しい言葉を、たくさんもらいました。

人の負の気持ちを受け止めるのは、すごく疲れる。
それを、私は知っている。

そんなの、大丈夫だから と言ってくれる恋人の言葉に
どれだけ救われるか 話し言葉では全然表現しきれない。

自分に自信がないから見栄を張りたくなる。
だから、人の目が気になる。そして緊張して疲れてしまう。

そんな風なんだろうな。

自分のことをうまく認められない自分を認める。
それが、本当。


私の病気のことを、本当によく調べてくれて

私も知らないことを説明してくれている間中
つないでくれていた手の体温が
本当に本当に、ありがたかった。

まずは、認めること。

こうなったことも、こうなった自分も。

それを受け入れること。

そこから、広がっていく。

この体も、人生も、命も。
全部、もらったものだから。

もらえなくても当然だったものを、もらえたのだから。

自分を愛して、人を愛せるように。
それが、ゆくべき道。

体の病気も、心の病気も、特別なものではありません。
いつどこで、誰がかかってもおかしくない。

それを抱えるようになってから、なんだよな。


眠ろう。
食べて、笑って、眠る。

そうやって当たり前の毎日を過ごしながら、少しずつ治していく所存です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
・今日は、ひとつの訃報に接しました。

直接関わりのある人ではないけど、ぷつりと糸を切るくらいかんたんに、人は逝ってしまう
ということを、思い出させる出来事でした。

一寸先は、真っ暗闇。なんだなと。

でも、それを意識すると頭の真上にある光がよけいまぶしく感じる。

一寸先、を見ても闇なら、もういっそ真上だけ見つめてたらいい。のかもしれない。

この命は、奇跡と同じ形をしてる。見たことはないけど、かみさまともきっと似た形です。


・この間、わたしが物心つかないときにお世話をしてくれた人から手紙が来ました。
50代くらいの方だけど、かわいらしい絵はがきに、かわいらしい文章で。

愛を、心の中にめいっぱい持っている人。
思い出すだけで生きる力をわけてもらえるような、すさまじい愛の力です。

そんな風になるのが、生きる意味なのかもしれない。

挫折して、傷ついて、傷つけて。
分かち合って、離れて。

そうやって、心を研ぎすましていくというか。

そういう人に、本当の本当に小さいころお世話になっていたことが、ありがたいなぁと思います。


・好きな人とは、会う機会がとても多いのに
もっと一緒にいられたらなぁと、思ってしまう。

恋は病です。

だけど、そんな風に思う時間も多分、大きい幸せの中に入ってるんだと思う。

そういう風に思える誰かがいる、ということがもう。

私よりずっとしっかりしていて、どこまでも律儀で
縁があったのがやっぱり今でも不思議だけど
人生が重なった以上は、大切にしたい。

大切にする というのは多分、相手の幸せを願うということだな。。

私はまだまだ自分がかわいくて、その愛の境地には達していません。

好きなことをしてほしい。
友達を大切にしてほしい。
私のせいであきらめることが、ないようにしてほしい。

まずはそのへんを、しっかり心の底から思えるようにね。そっからだ。


・仲間たちが、うちに遊びにきます。

「仲間」は、友達とはちがう。
でも、友達とはちがったよさがあります。

大切な人は、年々増えていく。

そうやって、人生は意味を深くしていくんだなぁ。


・なんか
こうやって健康で、大切な人たちに囲まれて
なんだかんだ笑いながら暮らしていられることが

とても得難いことのような気がする。

すべてはやっぱり、「借り物」。

いつかは、大きな何かにすべてを返す。

その期日までは。
この命を全部使って、生きていきたい。

あますところなく。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
家の前の並木は、緑をどんどん深くしています。

毎年見ているはずなのに、いつも驚く。
木々の新緑のまぶしさは、記憶の20%増し。

桜が散ってすごく寂しくてしかたなかったけど。
黄緑から緑、深緑に変わっていく様子も見ていてうれしい。

植物がくれるむき出しの生命力は、どんなときも元気をくれる。
山育ちとしては、やっぱり木々とは離れて暮らせない。

あんまり関係ないけど
「晴耕雨読」という言葉を見かけて、なんだかとてもいい言葉だなぁと思った。

その言葉から連想される静けさは、私がわりといつもほしいもの。

体は元気。でも心はいつもしんとしている。
そんな風になりたい。。


オフィシャル飲み会の帰り道は、一刻も早く一人になりたくなる。
なんでだか、よくはわからないけど。

音楽をききながらずんずん歩いて、いらないものを振り落としていくような。

お酒はやっぱり好きじゃない。
たくさん残ってしまうごはんを見るのも、楽しくない。
苦手、なんだなぁ。。

でも、歩いているうちに少しよくなって
歩くって、いいなぁと改めて思った。

瞑想に近いかんじになれるような気がする。
一歩先に、全部が集中して自分がいなくなっていく。

いなくなってしまった方がいい。自我っていう厄介なやつは。


人と仲良くなるのがへたくそで、その要領の悪さは病の一種かと思えるほどだけど

それが、「いい」んだと言ってくれた。

奇特な人だと、何度も何度も思う。
こんな自分を好きでいてくれるとは。

心をまるくしてくれる。いつもいつも、そうしてくれる。
私には何ができるかな。。


今週も、よくがんばった。

もう何も考えない!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「恋人」とおでかけしました。
好きな人には変わりないけど、もうそんな風に呼んでいいんだなとやっぱり違和感。。

信じられないくらい寒くなって、雪が降るって言っていたので
晴れますように!と念じまくって眠ったら、ほんとにちゃんと晴れた。

東京散歩、な一日だったので晴れはとてもありがたかったです。

行ったことないところに行って、船(!)に乗ったりもして
東京にもまだまだ知らないことがいっぱいあると、わくわくしました。

手をつないで、同じものを見て、同じように笑って、同じものを食べる。
それがこれだけいいものだって、わたしは知らなかったのかもしれない。

大丈夫? とか ありがとう とか
人をいたわることがほんとに自然にできる人だなと、感じつづけた一日。

これから、いろんなところに一緒に行きたいなー。
共有したいのだと思う。五感の全部を。

手をつなぐことにも、沈黙を分け合うことにももっと慣れて
恋人のような、友達のような、家族のような
自分の体のすぐ先にある、みたいな存在になっていけたらいいなと思う。


まわりにいる人たちみんなに話せる関係ではないけど。

大事に大事に守って、育てて、いつかみんなにちゃんと言えるといいな。。


家まで送ってくれている道中、本気で冷え込んでいて震えるくらいだったけど
いつも一人きりで当たり前だった時間に、誰かが隣にいてくれるということが
なんか、やっぱりとてもうれしくて、あたたかかったです。


恋愛経験が乏しすぎてどうしよう、な状態だけど
よくわかんないなりに、一生懸命大切にしたいと思う。

それだけしかできないし。。

この縁に感謝しつつ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
冷たい風の分子の中に、春がぐんぐんくいこんでいってる。
ぎゅっと固まっていた空気が、少しずつゆるんでいく。

そういうかんじが、いちばん春を感じるのかも。
そして今日は、少なくとも朝と夜は、そんな風でした。

友達に英語を教えて帰宅。

おもしろいなーと思ってもらえれば、それでいい。
私がそう思ったみたいに。


もう3月なかば。
本当に早い。。

あと半月もすれば、ずっと年下の後輩がくる。

頼りないけど、頼ってもらえるように。
なんでもきいてね、をほんとの気持ちで言いたい。

わたしは、仕事的にはほかの人のように最前線で戦うことはないけど
あの人がいるから安心、みたいになれたらいいな。。

不安なときのやさしさは、なんていうか
枯渇しそうな心に降る、きれいなしずくのような
文字通り、生き返るようなかんじで

要領のよくない私は、それを何度も何度も感じてきたから
少しでも、役に立てれば。

てんぱり症の先輩になることは間違いないけども。。

挫折の見本としてでもいい。
ほっとしてもらいたい。

何より私が、それを求めていたから。


四季がじゅんぐり一周して。
ようやく、私の足は地についてきた気がします。

これから、と思う。何もかも。

夢を見て、一生懸命あきらめて
新しい土地で挫折して
ようやく、ようやく、再生してきたような気がする。

気がつけば、まわりには大切な人がいっぱいいて。

遠回りしてきた私にとっては、感慨深いのです。。

季節が一周して
わたしは元気で
いい人が、まわりにたくさんいる。

それが、奇跡のように思います。


ホワイトデーあさって。。
チョコ会社の陰謀であっても、その日に感謝してる人はいっぱいいると思う。

おくればせながら、わたしも感謝。

チョコもクッキーも、なくてもいい。
会う口実がほしいだけなのです。


前にどっかで

ごはんに行こうとか、遊びに行こうとかいろんな言い方をするけど
結局はただ「会いたいです」と言ってるんだよねえ

というような文章を読んで、はっとした。

そうなんだよなぁ。。

会いたい。
それだけ言うのは恥ずかしくて、いろんな言葉でまわりを飾る。
ほんとの気持ちが、まるみえにならないように。


これからどんな風になっても。
後悔はしたくないな。。

今の自分にできる最善の選択だったと、よく覚えておこう。


家の前の桜並木には、つぼみがたくさんついています。

わたしには想像もできないような神業で、あの中から花を咲かせる。
茶色いものから、あんなにきれいなうすいうすいピンクが現れる。
考えれば考えるほど、ため息がでる。

大切な人みんなに見てほしいと思うくらい、すてきな光景です。

とりあえず両親を呼ぶ。
友達にも見てもらいたい。
好きな人にも、できれば見てもらいたいなあ。。

雪のように桜が降るのです。
あぁ、だから桜吹雪っていうんだな。。

そんなことを考えてわくわくする
この季節が、やっぱりほんとの春だ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は、春でした。

本当にあたたかくて、行きも帰りも歩いて仕事に行って
どちらも、ほんとーーに幸せな気分。

春って、いいなぁーー。

並木の下を歩きながら、何度も何度も深呼吸しました。
春の空気を体中にいれたかんじ。

本当にいいところに住んでる、と改めて思う。

並木が目の前なんて。
それが全部桜なんて。

春を楽しみなさいと言われているような場所。


ここに越してきて、場所の気ってあるのかなと思うようになりました。

とてもとても、いい気が流れている 気がする。。

どんなに嫌なことがあっても、部屋に帰れば落ち着く。
木と川を見るだけで、体の力が少し抜ける。

大家さんがとてもいい方で、ガーデニングもすごく一生懸命やっているから
彼らのいい気が、この場所を強くしてるのかも。

変な話、実家にいたときよりもいいかんじがするのです。

実家は親もいるしずっと住んでたから落ち着く。
けど。

なんなんだろう。
実家にはない、いい流れがここにはあります。


もうすぐ三月。
その次は四月。

あれから一年。。

いろーーんなつらいことがあり
本当にみっともなくてみじめな期間を過ごし
自問自答を繰り返しまくってきた一年だけど

大きな山は乗り越えた。きっと。

そのことに、心の底からほっとします。

出世とかは、できない。
けど、もうそんなことはどうでもいい。

自分のペースを崩さず、無理せずにゆっくり暮らしていきたい。
その方が私にとっては大事だということに気づいた一年でもありました。

みっともないところばかり見せてきて
ぐっちゃぐちゃのめちゃくちゃだったのに
それも全部見てきた人と、仲良くなれそうだということが
ほんとに、感慨深いです。

服か、語学か。

高校生のときから決められなくて、葛藤しつづけて
やっとの思いで断ち切って、前を向いたときには人よりずいぶん年を取っていました。

遠回りしたなぁ。
そう思ってきたけど。

ここで、その人に出会えたことで、もう何もかもをゆるせる気がする。
うまく立ち回れなかった自分を、まるごと認められる気がします。

いびつな凸凹がようやくなめされて
大きなまるになった。 ような。

意味がなかったと切り捨ててきたすべてに意味があったんだと、少し本気で思えたり。 とか。


海外で過ごす時間が、とても多い人なので
日本にいる私は、安らぎでいられればいいなと、思います。

正直、寂しいけども

そのためにも、自分の日々を楽しんで、楽しむ努力をして
いつも明るくいられるように。

前向きにいかないと。
とにかく春なんだし!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は、英語を教える日でした。
おしゃべりしてごはん食べて、ちょっと英語をするだけだけど。

その若い友達は
しばらくは、結婚せずに仕事をがんばりたい と言っていて

そうかぁ、と思いながら
仕事にほとんど未練のない年上の私は、知らぬ間に遠くまで来た、と思いました。

やっぱり、多分向いてない。働くこと自体。

細かいとこまで気がいくのはいいけどその分疲れちゃうし
なにより、いくらもうけたとかいう話に興味が持てない。。

売ったお金で生活してる。それはわかってるけど。
どうしても、のめりこむことができない。

自分で思っていた以上に、男っぽさがない。のだと思う。

アグレッシブさが、ゼロに近い。

守ったり、育んだりすることで一番安らぐ。
だから、激しく男らしい仕事をして、ぽっきり折れたわけですけども。


自分らしさに、もっと近づける気がする。
それがどういう形なのかははっきりわからないけど。

こないだ、「ジュリーアンドジュリア」という映画をみました。

私なんて平凡、なんの取り柄もないし。
と少しやさぐれていた、ジュリー。

明るく料理をしていたジュリアの本に出会って、少しずつ変わっていく。
というお話。

心の底から、元気がわいてくるいい映画でした。

自分らしく生きてみたい。
その気持ちに正直に、まっすぐに葛藤とぶつかっていった二人。

生きた時代は違うけど、その姿勢はそっくりでした。


多分、やりようはある。

何だって、どんな風にでもなる。

やり方一つなのかもしれない。


自分らしさ、のへんりんを見つけるために

陶芸をしたり、編み物をしたり、本を読んだり。

見つけたかけらを寄せ集めたら、何かの形になるかもしれない。
それを楽しみに。

今はゆっくり、やってみよう。


人生はおもしろいなぁ。

一年前の自分が、想像もしなかった場所で
想像もできなかったような人と出会って
行ったことのなかった場所で一緒に笑っていて

なんていうか、一寸先は闇、ならぬ 一寸先は光。

というか、日向と日陰をじゅんばんにわたっているのかもしれない。


笑ってなよ、と言ってくれて

私は恥ずかしくてうまく表現できなかったけど
本当に、本当にうれしかった。

笑ってればいい。

何があるかなんてわからない。

だからこそ、笑ってなきゃ。

笑顔は、強さです。
生命力の発現です。

笑ってよう。
明日もあさっても。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
人を好きだということだけで、こんなに心があたたまるなんて。
私は今まで知らなかった気がする。

初めて本当のプライベートで会って
映画をみて
ごはんを食べていろんな話をして

そういうことって、こんなに楽しいものなんだ。

なんか、ほんとに
ほんとーに、優しくて
びっくりするくらいです。

優しいというか 愛が深い。

それを、どんどんずんずん感じる。

優しいでしょ、みたいなとこも一切ないし
一緒にいると、自分がとても幼いような気持ちになります。

大変な仕事をしてきたからそうなんだろうなって思うけど
それすら、「誰にでもできる」と全然偉ぶらなくて
なんていうか、もうわたしはどうすればいいのか。。

愛があって、強い。
そういう人間になりたいと思いながら生きてきたけど
彼はすでに、そういう人間なのかもしれない。


つきあってもないのに
なんか、ずーっと手をつないでいるような気持ちになる。

なんでだろう。
変な感覚。

近くにいても、遠くにいても。
手をつないでいるような気がする。


こういったことは、心のよりどころなんだと思いました。

どんなに大変なことがあっても
雨と風がざんざんでへとへとになっても
帰って、ぐっすり眠れるあったかい巣箱がある。みたいな

その存在を思い出すだけで、少し楽に息ができるような

ほれたはれた、の先にあるのはぬくもりなんだなと思います。


知り合ってからはけっこう長い時間がたっていて

だから、ほれたはれたピリオドはけっこう早くすぎる気がする。


思い出し笑いをこらえながら、朝の明るい道を歩いて

これからあったかくなるなぁと梅の花を見ながらうれしくなり

なんていうか

これが、幸せの正体なんだと思う。
多分、ぬくもりの四文字。

心がぬくぬくして、すぐにまどろむ。


依存はしたくない。

好きなことは好きなこと。
それを曲げさせるようなことはしたくないし、自分の好きなことも守るべきなんだと思う。

ただ

つらいときも、やんなっちゃうときも
いつでもそこにある、あたたかい巣箱であればいいなと
思います。


これから何があっても、後悔しない。

それだけは言い聞かせて、ちょっとずつ前へ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
平日なのに洗濯機を二回まわして
ごはんをつくって食べて。

アロマをたいて、本を読んで。

こういう、「生活してる感」が好きです。

ゆえに、結婚して仕事やめても楽しそうだなぁと思う。

生活って、楽しいものなので。
どんどん広げていけるし。
料理とかも。

だれだれよりも上に!
とか
もっと大きく強く!
っていう仕事の世界は、やっぱり合ってないのかも。

そういうことが楽しくない。
生きるためにやってる感覚でしかなくて。

植物を育てたり、編み物をしたり
なんか、生きることに近づいて生活していきたいです。

衣食住のことが、やっぱり好きなんだよなぁ。


キャリアウーマンになる、と決めていた遠い日。
あの決意は、いったいなんの土台の上になされたのか。。

気がつけば、梅が咲いて喜ぶ大人になってた。


桜よりも梅の方が、目が覚めるような色の花を咲かせるから好き
と言っていた知人のことを思い出した。

本当に、記憶の中よりもさらに鮮やかな色で咲く。

わたしがじたばたしている間に一年は過ぎ
木の中でゆっくり育まれたつぼみがほころんで
あんなにきれいな花を咲かせる。

その大きさに、圧倒されます。

どんなことがあっても、こんなに寒い日々の中でも、きちんと咲く。

信じられないかもしれないけど、春は来るんだよ
と言われているような気がした。


ありがとう と ごめんね に
つつまれた生活なら。

わたしは何者でもかまわない。

社員でも、妻でも。

願うのは、やさしい日々だけです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。