日日是好日

毎日を、「いい日」にしたい。


テーマ:
パソコンが死んでしまったので、新しいのから。
父譲りのアップル教信者なので、迷わずMacBook。

なにしろ、プライベートでウィンドウズの画面を見るのは耐えられません。。

いろんなとこが進化してて、アップルはがんばってたんだなぁと安心。

高いけど、いい。それでもいい。
やりたいようにやってくれ、という気持ち。


今日は、職場の先輩とごはんに行きました。

孤立しがちで、はじめはいろいろな問題を抱えていたので
きっと、気にかけてくれているのだと思います。

その人からは、育ちのよさを感じます。

育ちがいい、というのはお金持ちの家の子 という意味ではなく
愛されて、必要とされて育ってきた ということなのだと、思う。

そういうのは、体の芯までしみていって
意識してなくても、空気を介して伝わってくる。

さっと手を差し伸べる早さとか
人の幸せに触れたときの無意識の笑顔とか

話し方と同じように、勝手にでてしまうものだと思います。

それがどんどん伝わってくるので、育ちがいいんだろうなぁと勝手に思っています。

それって、逆にいえば
自分の何気ない行動が、ほかの人に自分の本質を伝えているということなので

一番奥のところを育てていくことを忘れちゃいけないなと思います。


最近、半接客というか

知らない人に私の知っていることを教えてあげる仕事ができました。

大人だけじゃなく、子供たちにも。

家庭教師が大好きだった私にとっては、とても楽しい仕事です。

なんていうか
プラスのことを、人と共有するのが好きなのだと思う。

すごいですねぇ とか おもしろいですねぇ とか
それを共有するのが楽しい。

いわゆるキャリアウーマンの仕事ではないかもしれないけど。

私にとっては、お金よりも感情。
商売よりも、そういったことの方がやりがいを感じます。

だから多分、厳密にいえば働くことには向いてない。

生きるために働くけど。
それ以上でもそれ以下でもないのかも、と思ったりします。


初めてこのパソコンで文字打ったけど、めっちゃいいー。
耳障りな音がしません。

これからよろしく、アップル教祖のこども。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
お正月明けから始まった風邪(かインフルエンザ)。

10日以上経っても、微熱がおさまらず。

今までそんなことは一度もなく
いつもだったら治るタイミングをとっくに過ぎても、全くよくなりませんでした。

病院でも首をかしげられ、ついに血液検査。

きっと、入院が必要な病気だな。。
と、結果が出るまでの二日間、生きた心地がしませんでした。

なにしろ注射が大嫌いなので。。


何とか覚悟を決めて検査結果をききにいくと、
「異常なし」で、全ての数値が正常。

でもやっぱり熱がある。。


なんでも、ストレスのせいで微熱が続く場合があるらしい。
と母にきき、ネットで調べるとそういった体験談がたくさん見つかりました。

何ヶ月も続く場合があるとか。。

近頃は、目立ったストレス要因がないと思っていたので
私がそれに当たるのかはわかりませんが、
物理的には異常所見がないということは、その可能性もあるのかなぁとぼんやり思いました。


どっちにしても。

人の体って、不思議だなと思う。

A=BでB=CならA=C、って、まっすぐ直進できない。
A'やB'があったり、○や△が突然入り込んできたり。

物理的問題がない、からといって謎の記号は体の中にあり
それを無視するわけにはいかないというか。。

このへんは、がっちりまっすぐな公式にしたがって猛進する「社会生活」の中では
意味不明、と一蹴されて終わることがあるので
それがつらいところだなぁと思います。

でも、なくなってしまったはずの指さきや足が痛むことがあるとか
人の体には、人間の理解を超えることもいっぱいある。

それは、この命自体が、人間の知能でつくったものじゃないから
当然といえば当然なのかもしれない。


この体自体が「自然」なんだと本で読んではっとしたことがあります。
森や川と同じように、この体も自然なんだよと。

自然は、コントロールしきれません。
嵐が来ることもあるし、川が氾濫することもある。

だから多分、仲良くやっていく、以外の選択肢はないんだなと思います。

とはいえ、入院とかなったらどうしよう、と本気で悩んだ訳なんだけども。。


なんでもコントロールできるぜ!!
っていう考え方は、やっぱりあさはかだなと、今回のことで改めて思いました。

こんなに休んだら有給なくなっちゃうよ。。
とか、そんなことは全然超越したものです。体は。


とりあえず

小林賢太郎さんの舞台「SPOT」に行けることになったので!
それまでに、治ってくださいと体にお願いしてみようと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
熱下がらず。

この三日でなんとしても治す!と気合いを入れて、
病院(すごい混んでた)のあと、食料をいっぱい買い込みました。

そして、書店へ。

一人暮らしで家の外に出られないというのは、すなわち相当暇。
一つ間違うと、泣きたくなるほどわびしい。


なので、三冊買い込みました。

「場所はいつも旅先だった」松浦弥太郎
「イトイの通販生活。」糸井重里
「ベランダガーデニングをはじめる本」

自己啓発的な、本気感漂う本は病人には重いけど
雑誌は小一時間で読み終わってしまう。

ので、エッセイ。

松浦さんの本は、読むと勇気や元気が出ることが多い。
単身アメリカに渡って生活したこととか、車での移動本屋をやってたこと。
そして、「暮らしの手帖」編集長になったこと。

なんか普通に、すごい大人です。

糸井さんの本は、得に通販に興味があったわけではなく
糸井さんの文章が好きで、装丁がすてき(クラフトペーパーみたいなブックカバー。書店のカバー付けるのもったいない!)で、挿絵が渋かったから購入。

糸井さんと仲間たちは、やっぱりセンスがいいなぁ。
ほぼ日で売っているくまのバッグ、ohtoもよだれをたらしながら見つめること多数。
かわいいいい。

ベランダガーデニングは、今年ほんとに始めようと思っているので。。

楽しみ。
とりあえず、じょうろを買うところから。。


本屋はオアシス。
小さい頃から、今でも。これからも多分。

この本たちの力を借りて、風邪(かインフルエンザ)治すー!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
熱が下がらない。。
三日じっとしてましたが、インフルエンザかもしれない風邪はなかなか治りません。

もともと母にうつされたっぽい風邪で
責任を感じて病み上がりにも関わらず、私の面倒をみに来てくれていました。

買い物や料理をしてくれてとても助かっていたところ
母の熱が39度台まで上がってしまい、かなりはらはらしました。

てっきりインフルエンザだと思っていたので、一度平熱に戻れば大丈夫だろうと
考えていたけど、実際は風邪だったのかも。。

わたしの熱は37度と少しなので、軽くスープを作ったりして
薬も効いて、自宅に帰れたのでほっとしました。

うつした上に私に面倒をかけたと母はしょんぼりしていましたが
それでも、やっぱり「家族にかわるものはない」と改めて思いました。

一銭も得にならないことを親身になってしてくれるのは、やっぱり家族だなぁと。


損得でつながっている関係も生きていくのには必要だけど
人間としてというか、ほぼもう生き物として
そうじゃない関係が、いちばん大事だなと思いました。

例えば私が仕事をやめても、なんかの病気になっちゃっても
何があっても、助けようとしてくれるんだろうなって確信が持てる存在って
とてもありがたいものです。。


今、「クリスマスキャロル」を読んでいます。
英語に触れるために、原作版。

とてもいい話。

「自分がやるべきだったのは、仕事だけじゃなかった。
人に対する寛容さや思いやりを持つことが、すべて自分の"business"だったし
仕事は、その広い海の中の一滴でしかなかった。」

と、死んでから激しく後悔する場面があって
あぁーー、とページの端を折りました。

なんか。。
仕事ってなんだろなーと考えるようになった近頃の私には、どすんときました。

人生の一部なんだよなあと。。
そして、その人生の目的って、その死んでしまった人の言っていたことなんだよなあと。。

やっぱり。
これ一ついくらで売れた、の世界には私は向かないのかも。

うーん。。


とりあえず明日、仕事行けるだろか。。

全然熱下がらない。泣
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。