日日是好日

毎日を、「いい日」にしたい。


テーマ:
きれいごとのようですが

優しさは優しさを引き出すと思います。

最近は、優しいねなんて言われたりすることがあったけれど

それは自慢とかではなく、私は人に優しくされたいし、それでいい循環がうまれれば自分にとっても人にとってもいいじゃないって

意識することもないくらい当たり前に感じていて

特別すばらしいことができるわけでははないけど、転びそうになった人には手を差し出せばいい話だよなと

そういう当たり前で暮らしています。


でも、そうじゃない人もいるんだなぁ。

なんかもったいないと思った。

優しさは自分に返ってくる。悪意だって必ず返ってくる。

短いスパンで。長い時間をかけて。

必ず返ってくるように思います。


仕事は特に人と人とのつながりでがんじがらめになりそうなくらい強力に関わっているから

それがよくわかる。

みんな優しい人が好きなんです。

職場ではもともと他人なんだから、冷たい人や自分のことしか考えていない人には寄り付きません。

助けてほしいときに見てみぬふりをする人は誰も助けたくない。

そういう露骨な場所であるように思います。


自分にもいたらないところがある。わからないことがある。間違えることがある。

私はそこから出発したいなと思う。


やっぱりきれいごとかもしれないけど。。

生活も人生も何もかも心の持ちようでしかない。

世界は自分の中にあるんでしょう 多分。

私は幸せな「世界」で暮らしたいとすごく思います。


そういう、1日でした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
雑誌クウネルを買いました。

これ系の雑誌はモード系の本気ファッション誌を熟読してきた人が、そこから脱出してたどり着くもののような気がする。

ファッションのいろはを押さえ、自分に似合う服を熟知している人。
雑誌や世間に何を買えばいいか問わなくても自分でしっかりわかる人。

だからなんとなく、こういうのを買うのは背伸びをする気分。

でもよく考えれば、服は同じショップでばかり買ってるし、仕事としてモードに接する義務もないし

最新のおしゃれはこれだっ って叫びまくってるのを読む必要ない気がする。。

そういうの若干疲れてきました。

流行は、日常の呼吸で感じるくらいでちょうどいいような気がします。


それにしても今日ぐーんと寒くなった。

ウォントというよりニードとして服がほしくなってきます。。

秋だな。

寒いからこそできることを探し始めよう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この間、なんとなしにBSをみていたらジブリ作品の音楽をずっと手がけている久石譲さんが、オーケストラとコーラスを指揮して武道館で行われたコンサートの様子を流す番組に出会いました。

フルオーケストラというんでしょうか、ものすごい人と楽器。
その眺め自体が圧巻でした。

私は高尚な音楽をきいたり、むずかしげなアートを見ると本当に頭が痛くなってしまうのですが
ジブリの音楽はオーケストラできいたらさらによかったなー。

音楽自体もすばらしかったし、くぎづけでみていたんだけど
もうひとつ印象的だったのは、久石さんの表情。

真剣に指揮をしたあと、曲がおわるとすばらしくすてきな笑顔。

途中途中ではさまれたいた、久石さんや宮崎さんのインタビューからも、二人がどれだけ作品にたいして一生懸命かということとどれだけお互いを信頼してるかということが伝わって来て

完全に見入ってしまった。

二つの才能が合わさると、こんなにいいものができるんだなと改めて思いました。


前にも書いたかもしれないけど

音楽とか、アートって不思議だなと思います。

そこにあるのは楽器だったり、紙だったり、色だったり、全部目に見える物質で
それに人間の力を加えて動かしたりするだけの、純粋なる物理的な作業なのに

そこからうまれるものはそういった日常的な、ありふれた、物質的なことではなくて

「なに」とは言えないなにかがうまれてきて、それに触れて感動する。


それは、一体なんなんだろうなと思う。

オーケストラの楽器を弾く様子をじっと見ていていも捉えられない何かがやっぱりある。

それに触れたくて、それが何かを知りたくて、そういったものに出会いたいと思うのかもしれないです。

一体なんなんだろうか。ほんとに。


多分、その目に見えないものをどれだけ多くつかまえられるかということが「感性」という言葉で表現されていることなんだろうな。

私は感情移入が激しくて、およそ「作品」と呼ばれるものには影響をうけるので

余計に、なんなんだろうなっていう疑問を持ちます。


そういえば、今年ラーメンズをみられる最初で最後の舞台の抽選はずれてしまった。

ラーメンズのコントの中にも、そういうものを感じるのがあるんだよなー。

もう本当に、次こそ本公演みたいな。。
KKPもいいけど、やっぱりな。。


でもこの世に、「目に見えないもの」があってよかったです。

それを栄養にして生きて行ってるような気も、少しするくらいです。


近いうちに、ジブリ作品かりてこよっ。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
三年使った携帯を変えました。

三年の間にえらく変わった。

料金体系も機能も。

二年は必ず同じのを使いなさいということらしい。

途中でやめたらいくらとかそんなんだった。

熾烈…。

最新モデルではない、少し古いやつ。

ピンクのあめっぽいやつ。

何よりデザイン重視。

毎日使うものは、ほっとするのがいい。
和みの色と形がいちばんいい。

どうしてもこのあめちゃん携帯がよくて、何軒か回りました。

あってよかった。安くなってたし。


しばらく家電店をぶらぶらして、おもちゃ売り場やなんかをひやかしました。

シルバニアファミリーシリーズは未だ健在。

小さいころほしくてほしくて仕方なかったけど一つも買ってもらえなかった。

子供を持つなら女の子がいい。

誕生日にはきっとシルバニアを買ってあげる。

あとレゴ。

少しずつ記念日に買ってあげたいなぁ。

レゴはバケツで、何でも思ったように作ってほしい。

作る楽しみは小さいころ養われる気がする。


その帰り、都会のど真ん中でお祭りをやってました。

冗談ぬきにまじでど真ん中。

でも立派なおみこしがあって、仮設テントにはなぜかきちんと鏡餅が据えられ、本格的なお祭りでした。

なんかそれが嬉しかったなぁ。

人の生活感なんか限りなくゼロに近い不毛の場所に、人間を感じた。

お祭りの高揚感が好きなので余計かな。


あめちゃん携帯のタイピングだいぶ慣れた。

これから二年、相棒だ。

どうぞよろしく、あめちゃん。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
台風。

塞ぎ気味の気分を全部、持ってってくれ。

台風一過の青空が早く見たいな。。


なんだかね、なんとなく塞ぐなー、という日があるものです。

今日はその中の一日だった、というだけのことで

明日は明日の風がきっと吹く。


私は、悪口を言うのがあまり好きではありません。

愚痴を言ったり、嫌なお客さんのことを話したりすることは私にも全然あるけど

身近な人、仲間や友達の悪口を楽しそうにする人の姿を見るのが苦手です。


高校生のとき。

そういったことが本当に多くて、私は本当に本当に嫌になってしまったことがあって

それをどっかで思い出したのかなー。

なんか、塞ぎました。少し。


みんな、欠点はある。

もしよくないことがあると思うなら、それを伝えればいいし
もっとこうすればよくなるね、という話ができると思うし

それだけで、よくないですか。

あとはリセットしてやっていこう、というのが大人なんじゃないのかなー。。


とにかく。

私にできることは

自分はそういた会話には参加しないこと。

自分は嘘をついたりしないこと。

自分はまじめにやること。


「自分」以外に、思うようにコントロールできるものなんてないし

まあ、自分すらうまくいかないけど

自分が、自分の信じるようにやっていくことしかできないんだな。


風が、すごい勢い。

でも雲は流れるし、信じられないような晴天が絶対に待ってる。

ぶあつい雲の下で、太陽をどれだけ信じられるか。

それが強さっていうことなのかもしれないです。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
吉祥寺に行きました。

ほとんど何も考えず、ただなんとなく行きました。

人生二度目の吉祥寺。

土地勘ゼロで挑んだけど、すごくよかったなー。

昨日あわてて検索しておいたカフェとマリメッコの地図しか持ってなかったけど、なんとなしに歩くだけでおもしろいものに出会いまくりました。


姉妹都市みたいな下北沢はむかしから好きですが、近頃少し息苦しかった。

とにかく人が多くて、新しい発見もあんまりなくなってて。

吉祥寺は下北沢より少しのびのびとしていて、もっといろんなものが息づいていて、すっかり気に入りました。

楽しかったなぁ。


かわいいアクセサリーパーツ屋さんや家具屋さんや雑貨屋さんに出会ってはしゃぎ、はしゃぎ続けていいかんじに眠たい。

人と会って話すこと、食べること、かわいいものに出会うこと。

ストレス解消にはいちばんいい。


新宿や渋谷にまじめにうんざりしていて、下北沢もつらくなっている私には吉祥寺がなんだかちょうどいいサイズ感でした。

井の頭公園もあるし。

夕暮れどきの公園は、絵みたいだった。

ひぐらしも鳴いてくれていた。

繁華街につながる階段は、現実離れして見えた。


きっと今度はピクニックをしようと約束。

思いつき自体がすでに楽しい。ピクニックっていう響きは。

人にはいろいろあって、本当にいろいろあるけど

ピクニックしよう、と考えられるのは幸せなことだな。。


人は人に傷ついて、でも人に救われる。

ややこしい生き物です。

でもこんな風な1日のあとには、まだまだちゃんと生きていけると思える。

明日仕事で学校だけど、多分大丈夫。。


風が少しずつ秋が混じってきた。

秋はなんとなく寂しいなぁと思うけど、湿気がすっとひいていくあのかんじはすばらしい。

これからは鍋ができるようになるな。。
ハロウィンパーティーの予定もあるし。。

うん きっと

楽しいことたくさんあるさ。

夏が終わっても、どんなに季節が巡っても

楽しもうとすればなんだって楽しい。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ノー モア クレーマーズ。

くだらないことで感情的になる人が 私は 本当に本当に本当に嫌い。。

そういうのは愚の骨頂だと思うし、あまりにも子供っぽすぎる。

客商売、無理。と感じるのはそういった人に絶対に出会うから。。


今の職場は非常にそれが多くて、だから接客してても「クレーム回避」のためにやってるような感覚になるときがある。

謝るのも仕事だと言っていた社員の人はスタッフの鑑だと思う。

そこまで覚悟できたときに本物になるんだろうし、接客が好きだと堂々と言う権利があるんだと思う。

でも私は無理だ…。

わがままや八つ当たりとしか思えないことを偉そうに言ってくる人が、へどが出るくらいに嫌。。

ああいった人の放つ負のオーラたるや。

そばにある花は枯れるのではないだろか。

英語を話す機会がある、というその一点に惹かれて始めてしまったから覚悟がありません。

でもたまに欧米の人にウインクされるとたまらない。
彼らのウインクは本当にかわいい。


最初のころは思ったより荒れた接客する人もいるんだなと思ったけど、今はわかる。

強く言わないと通じない人は確かにいるのです。

語調や使う単語すら変えたりしながら、その人にあわせていく。

自分を消して、相手の望む人物になるというかんじがする。


最悪の状況を想定するのが癖になってる。
それに対して先手を打つ。

最悪でも、こちらを責められないように というところから出発する接客。

我ながら世知辛い。。

まさにクレーム回避のための接客。

はぁーあ


とは言え、やっぱりありがとうと言われればうれしいし

熱心に説明をきいてくれる姿を見るのはいいものです。

丁寧な心づかいをしてくれる人もいるし、おもしろい人もいます。


世の中には 自分が思うより何倍か多く いろんな人がいる。

遠回りして、都会でフリーターみたいな生活してわかったいちばん大きなこと。

信じられないような人がたしかにうじゃうじゃいます。
自分で確かめた。

これでもう二度と客商売はしたくないと思ってはいるけど、遠回りの副産物としてそのことは覚えとこう。

いろんな人がいる。
心がけしだいでどんな風にもなってしまえる。

じゃあ自分はどうする。


明日も仕事だけど今日は飲みに行くううう。

あぁ うれしや。

ごぼうのフライたべよーっ。
うひっ。


世の中から悪意が、ちょっとでも減りますように。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
都会の余裕のなさや自己中心的な態度

それを当たり前だと開き直るようなうつろなかんじ

それを一点に凝縮したような事件が起きました。

警察やマスコミ、対応に追われる職員。

見れば見るほどやりきれなくなった。

強烈な負の力に圧倒されてしまった。。


私たちはどこに行こうとしてるんでしょうか。。

求めてたのはこれなのかなと、これがどれなのかもはっきりいえないけど、そう思う。

トラディショナルだと、アメリカ人に評された私は

なんか違うよと思う。

自分を守るのに一生懸命で周りが見えない。いたわれない。思いやれない。

どんなに日本が都会化したってそれで一体何の意味があるんだろう。

その思いが爆発するような出来事だった。


こういったことを受け流せるほど、タフでも、ドライでも、都会的でもなく

私は泥くさく考えました。

いくら周りの人たちに話してもうまく伝えられない。

現代の社会の渇えのすさまじさを感じて本当にぞっとした。

当たり前に呼吸している今ここに、それがあるんだと実感してしまった。

こういう強烈な負の時代に立ち向かえるのは、同じくらい巨大な優しさを持つ人だけじゃないだろか。。


人が人を必要としないなんて嘘だ。
自分だけ守れればいいと思ってるなんて嘘だ。

人間は動物の中で一番寂しがりだと思う。。

いつも誰かに必要とされたいし、誰かに何かをしてあげたときの喜ぶ顔がうれしい。

子供も大人もお年寄りも多分みんなそうだ。

そこからはじめませんかと、小声で言いたい気分。

無理して突っ張って、個人情報を盾にして閉じこもって

それじゃどこにも行けないような気がする。。


かなり強烈なことだったから眠る前に思い出してしまったり

なんとなく気分が沈んだ。

のでいろいろ考えました。。

自己満文章。

でも少しだけまとまった。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
久しぶりに学校の人たちに会う。

仕事帰りだし明日も仕事だし、ちょっとめんどくさかったけど

日中、お客さんの負の部分を投げつけられて、受けとめ損ねた分疲れてた。

みんなに会ってそれが少し減ったような気がしました。


あぁーそうだ 私たちは服をつくるのがすごく好きなんだって

思い出したかんじだった。

色とりどりの布、まとまりのない個性。

みんな一生懸命、作ってきた。

まとまりのなさは、一生懸命という線で一本につながってる。

仕事あるから時間がないのは本当によくわかるし、めんどくさくなるのもすごくわかる。

でもみんな、形にしてきた。

そういう、原始的な情熱にふれてきました。

自分もそれを持ち、それに応えたいと思ってきた二年半。


私は私なりに区切りをつける。

服づくりとも新しい関係を作りたいし、なまじっかセンチメンタルに振り返りたくない。

卒業して仕事をすれば、どっちにしても「生活」が巨大になる。

服も夢も現実になれば姿は変わる。

その前のつかの間。

私たちは多分、すごい贅沢をしてる。

服と遊べるなんて贅沢だ。。


電車がもう死ぬほどやだとか、一人暮らししたすぎるとか、だから今がまんして働くとか、やっぱり貯金したいなとか、国民年金がいいよなとか

私は本当に、生々しい現実の中で生きていて

それは就職先が決まってからさらにましていて

だからこの夢を、すごい贅沢に感じる。


やっぱりめんどくさいけど

みんなの一生懸命を見て、笑顔を見て

なんとなく心が軽くなる。

だからずっとやめられなかった。

今回で最後。

最高に贅沢な夢を見ようと思います。


なんか、仲間たちは私の抜けている部分も含めて認めてくれていて

それってありがたいなぁと思う。

友達宅でごはん作って食べる会やります。

それだけのことだけど本当に楽しみ。

むかし「いちばん楽しいのって何してるときか」ときかれ

「友達と遊んでるとき」と答えた。

気の置けない人と過ごす時間はやっぱりかけがえがないのです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は激しくぼーっとした。

ほとんどなんにもしてない。

一ヶ月に一度くらい、「なにもしたくない日」がある。

そういう日は、有効に使いようがない。

読書も、服つくるのも、でかけるのもまったくしたくない日。

あきらめて、ぼーっとする。


来年の、いわさきちひろさんのカレンダーの予約票がきた。

ちひろさんの絵は、本当にいい。

主義主張のようなものはないかもしれないけど、ただそっとそこにいてくれる絵。

わめいたり、大声を出したりするのも必要だけど
見る頻度の高いものにはあまり向かないように思う。

なにげなく、そこにいる。

なんの邪魔もせず、でも確かな存在感がある。

いってらっしゃい、おかえり、おつかれさま
その時々にいろんな言葉を投げかけてくれるような気がすこーしするような

そういうよさがあるように思います。

今回は、卓上カレンダーも買う。
願わくば、新しい部屋か新しい職場で使いたくて。


今日からほぼ日手帳2009の発売が開始。

さっそく予約。


ほぼ日サイトで買うプロセスの中で、「これからほぼ日からのお知らせ配信を希望しますか」
という、よくある質問項目があって

それ自体はなんでもないんだけど、少しびっくりしたことが一つ。

今まで他のサイトでみてきたそういった質問の横の選択肢には、絶対に前もって「はい」が選ばれてた。

だから、意志を持って「いいえ」をクリックしない限り配信希望したことになる。


でも、そこではどっちにもチェックが入っていなかった。

はいかいいえか、自分で選んでくださいね、ということだった。


ほんとになんでもないことなんだけど、なんかうれしかったなあ。

気づかれなければ、お知らせ勝手に送っちゃおう。別にいいよね、大したことじゃないしさ。

そんなメッセージをずっと今まで受け取ってきたような気がしてて
でも、ほぼ日はそういう、ちょっとずるいことをしないんだなーと
それが、うれしいかんじでした。


他のサイトでは私はほとんど毎回、「いいえ」に選び直していました。

そういうちょっとしたずるさがなんとなく嫌だったし、お知らせなんかいらないもん、という気持ちで。

でも今回は、「はい」をクリック。

その姿勢に一票、という気持ちでそっちを選んでみた。


手帳が届くのは10月以降だそう。

実は私は現物を一度も見たことがない。

ロフトなら何かのついでに行けないことはないなと思ったけど
届いたときの「わー、これか!」っていうのを味わいたくて。。

ほしい雑誌はわざと中身を見ずに買う、みたいなかんじ。

水玉の、リネンの手帳。
楽しみです。


抑揚のない一日だったので、これを書いてようやく句読点にすることができた気がする。

なんだかな、活字に取り憑かれている気がたまにする。

ふいー。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。