日日是好日

毎日を、「いい日」にしたい。


テーマ:
就活大戦争、局地戦でやっと一勝…。

生まれて初めて内定をもらった。

二回面接で決まるとか緩すぎな気がするけど、内定に変わりはないし!

やっぱり自分が勉強してきたことに関連してるとこは通るんだな~。


でもまだ終わらない。

いいと思うところが残ってるのだ。

終われるかっ。


今日は、留学経験者向けの就職フェアに行ったけど

やっぱり留学経験者なんか掃いて捨てるほどいるってことと

自分がやりたいことってかなり限られてるってことを感じました。

いくらでもいるんだよ~。
本当に。

人がどうとかじゃないけど、自分なりの大冒険がこれだけ巷にあふれてるとちょっと脱力。


結局申し訳程度に説明会に出て、営業の人のぎらぎらしたかんじに疲れただけでした。

ほんとぎらぎらしてた。。
ぎらぎらは苦手です。。


内定先に決めれば、ずっとおしゃれには関われる。

同じような趣味の人に囲まれて過ごすのは多分悪くはない。

でも

やっぱり英語を使える可能性があるに越したことはない。。


まぁいいか、っていうのができづらく

ちょっとは背伸びして能力をのばさなきゃっていう脅迫観念があり

また、ださださなリクルートスーツを着るんだと思う。


なので内定承諾という壁を初めて感じてます。

内定承諾期限までに受けるか否かはっきりしなきゃならないらしいので

「内定もらったけど迷ってます」という、よそ様の贅沢な悩みでしかなかったことが現実になりました。

いざ現実になるとなんとも実感がわきません。


「これが『内定をもらう』ってやつなんだ。へぇぇ。

とりあえず一回喜んでみよう。

やっほーい!

……なんか違うな。。」


みたいなかんじ。

半年間ずーっと振り回されてきて、くたびれた先で得た一勝。

もっとどかんと来るかと思ったんだけど

面接自体かなりフランクだったのもあってか、さっぱり。

それだけ、選考中の企業に心を奪われてるってことかな。。


でも少し安心しました。
今まで全敗だっから。

私をほしいと思ってくれるって、ありがたい。

本当にありがたい話。

縁だっていう決まり文句を私も使えるようになった。

絶対行きたかった組織には嫌になるくらいあっさり落ちて、さっくり受けてみたら受かった。

需要と供給の関係、奥が深いな。


とりあえず今日は、普通に喜ぼう!

どんな形であれ、正真正銘自分で掴んだ内定だもん。

誰がなんと言おうと、今日はめでたいのだ!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、友達が内定をもらいました。

夜学に入学した二年半前、一番最初に仲良くなったような子で
それ以来気がついたら今までずっと疎遠になったことのない子です。

「商社」という本当に厳しいところで、面接でも体験入社でも厳しいことを言われ
でもめげずに、つっぱしってきた結果がでたんだと思いました。

自分はもうずーっとしゅうかつやってて、なーんかうまくいかなくて
ためいきをついた回数数知れず、で
自暴自棄になった日も何度もあるようなていたらくなので

心から「おめでとう」と言えたこと
うそじゃなくて、ほんとにうれしかったこと

に、ほっとしました。

人の幸せを喜べなくなったらおわりだと思ったから。。


「あー 私って だめだな!!!」

という気持ちには、正直やっぱりなってしまったけど

それとこれとは違うのです。

人の幸せと、自分の不幸は違うのです。


私の人生、要所要所でなんだか苦労するようにできちゃってるんだよなぁ。


「なんか壁ができちゃったなぁー」と、(笑)的な冗談テンションで言ったら

「こっちからその壁は壊せないから、がんばってね!」と元気に言われ

ああー、まさにそう。と思いました。

いや、何度も叩いてはいるのだよ。
手が痛くなるくらいには。


なぜか「お守り」として持っていた、コアラのマーチの「学業成就」とか書いてあるふたのとこをもらい

それ一緒にいたとき食べてたやつじゃん、まだ持ってたのね、と爆笑しつついただきました。

土壇場ではこういうものが意外と心強かったりするんだよな。。


この間書類通過の連絡をもらった、志望度高い企業から

「あなたの語学力を生かした職種前提で、選考します」と言われ

初めて英語が役に立った!とびっくりしました。

英語できる人なんか、冗談抜きで腐るほどいるので
今までしゅうかつでは全くと言っていいほど役に立ちませんでした。

その企業には、まだ英語の需要があるのかとびっくり。

でもありがたく、がんばらなくちゃと思っているところ。

ただ、筆記試験の算数をやる気がどーーーーしても起こらずここで油を売ってます。



そういえば、Team Nacsの音尾くん、いいこと書いてた。


「ポジティブシンキング。この世の中でこれほど大事なことはありません。

どんな逆境でも、最悪の環境でも、最悪の関係でも。

人と比べることなく、自分にとって最高の精神状態を保ち続けることができれば、

何があっても、どんな状況でも、どこに生まれようと、どう生まれようと、

最高に幸せな人生を過ごすことができるはず。


人間は、目に見えるものよりも、

目に見えない物事に支配されていることが大きい。

そう思います。

だから、みんな。

目に見えるものにとらわれないでね。」


Creative Office Cueの日記より。



見えないものが、大事なのです。

そして多分それは、心なのです。


大泉さんの出世を間近でみてきた音尾さん。

同じ道を志す者として、心を乱されたときも、もしかしたらあったかも。

でも音尾さんの笑顔はほんとにいいのです。
ああいう笑い方できる人は、多分心がきれいなんだろうなと思う。

いい文章。


あーーあーーーー

もー、ほんとに算数やーだーーーーあああ!!!

これをきっかけに、算数アレルギーになりそっ。

とげとげしてるから体に悪いんだよ。(意味不明)


その人の人生は、その人にしか生きられない。

その人が、その人なりに

後悔しないように生きられたら、それで満点なんじゃないかって、気がしました。

私はいつも120点を狙ってるから疲れるんだと思う。


あっ 明日は、小林賢太郎さんの新しい舞台、抽選結果発表の日。

はー ドキドキ。

それを楽しみにしとこ。

よし。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しばらく積もらせっぱなしにしていたストレス、一気に発散。

needsに近いwantsをたくさん買いました。

念願の髪ゴム、シュシュ。薄い水色の水玉。

ふわっとしたワンピ。ちょっと恥ずかしいような気がしたけど、おめかし!っていうのがほしくて。

がま口のかばん。これも水玉…。

茶色のパンプス。ストラップつき。


自分を、典型的な「女」として規定することはあんまりないけど、きれいなものやかわいいもの、装うためのものにこんなにわくわくするんだなと思った。

あまりに自己規制しすぎてたから大爆発。

楽しくて夢中で歩き回ってしまった。

限られた予算で一番最高の組み合わせを考えながら。

ほしいものはたくさんあったけど予算オーバー。

目ばかり肥えて、ほしいものと買える額のギャップがひどい。

これだ!っていうワンピだと大体二万越えてる。。
靴に至っては三万近かったり。。

そっと棚に戻すときに哀愁が。

値段はうまくついてるもんだ。と感心。


ささ、節約生活!

昼ご飯は従業員食堂、本は図書館。

使わないで過ごせたことに喜びを感じるいつもの生活。

使うときは使う、控えるときは控える。

うんうん。


こんな風にどうでもいいことを文章にしてる時点で、私は典型的な女なのかもしれないな そういえば。。

はぁー 楽しかった。

明日の面接がんばるぞー!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
人身事故で電車にかんづめ。

私のように田舎に住む人は、帰るのに使える電車はひとつしかない。

これが止まったら動くまで待つ。以上、それだけ。

振り替え輸送というあれは都会人のためのものなのだ。。

明日仕事がなかったこと(やることは本当はたくさんある)と、読むものを持ってたこと(エッセイだから読み終わらないようゆっくり読まなくちゃ)に感謝するしかない。。

死がすぐ近くに感じる出来事。

やっぱりやりきれない。

他のやり方ではなく列車を選んだのには何か理由があるのかな。。

こんなに凄絶な、虚しい死に方は他にあまりない。。

「申し訳ありません」と駅員さんに言わせて消えていく人生。

ちょっとぞっとするような虚しさがある。


ブレーメンの音楽隊を切り絵にした柄のついたコップをひとつ。

キッチン用のタオルを二枚。

いるようないらないような、でもやっぱりいるようなもの。

そういうものがほしくなったときは、一晩考える。

今回は考えたけどやっぱりほしかったから買ってしまいました。


切り絵風、というものに弱い。

シルエットになると何もかもすてきに見えるのはなんでだろ。

特にいいと思うのは、薄暗くなったころに見える木の枝や葉。

郊外を走る電車から見える広々とした景色と、色を奪われた木々。

そんな光景なら多分飽きない。

闇よりも黒い枝や葉っぱは輪郭を切り取られていて、そのまま景色からはがれてしまいそう。

そういうのはなぜか目が離せない。

きれいだと見入ってしまう。


ブレーメンの話は忘れてしまったけど、ピンク色の「切り絵」がきれい。

就職決めて、一人暮らしするときに持ってく! という意気込み表明みたいな買い物です。

もしかしたら思い出深い品物になるかも。

こんなに早く見つかるとは思ってなかったけどまぁいいや。

久しぶりに一目惚れしたから。


ベージュをベースカラーにして、カーテンやベッドカバーの大きいものの色を統一すれば、小物に多少統一感がなくてもまとまる はず。

食器は白。お気に入りだけ色柄可。
座布団はちょっとかわいい色でもいい。

具体的には何も決まってない自分の城なのに妄想だけはたくましい。

その中でも絶対ほしいのは木のスプーン。

前に外食先で出会い、そのとき決めました。

鉄の極端な熱さや冷たさがなくて、さりげない。

飾りもなくて嫌みがなくていいなーと気に入りました。


大橋歩さんの本を読んで、すてきな暮らしをしてる人はそれだけの努力をしてるって知りました。

気に入るものが見つかるまで、執念で探す。

見つかれば手入れをして大事に使う。

部屋が散らかってるなんてありえない。

出したら片付ける。
まめに掃除する。

それができて初めてインテリアという言葉を使えるような気がした。

誰もが掃除しなくてはと思わされる本でした。。

あるんだかないんだかわからないこの場所の文章、電車の時間に比例して長くなる。

日付変わってからもしばらく降りられないそうです。

うーん 難儀。

眠いやねー。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
普通に仕事して、普通に帰り支度して

「あぁ今日はエントリーシートを書かなきゃ。課題のパターンも引かなきゃ。早くかえらなきゃ。」

となんとなく考えながら、家路についたけど

突然、どうしてもどうしてもかわいい髪留めがほしくなってしまった。

諸事、突然とか勢いでとかってことがないのに今日は本当に突然。


その理由は

大橋歩さんの「くらしは楽しみ」という生活美への骨太の心情をつづった本を読んだからかもしれないし

青春以外混じりっけなしのラッドウィンプスの歌をきいて熱に当てられたからかもしれないし

きれいにたて巻きにした同僚たちの髪と、就活用の本当に冴えない自分の髪型をどっかで比較してたからかもしれないし

わかんないけど

小さい子がお菓子を欲しがって泣くような激しさで、それがほしくなった。

結局足を痛くしただけで見つからなかったけど、一体なんなんだろ。。


就活のためにバイト減らしすぎて服も靴もなにも買えないことや

なのにやれどもやれどもうまくいかないことが

変な髪型がやだぁぁ!

ってゆう一点に注ぎこまれちゃったかな。。


お金はなくなってもいいから、自分のために使おうと思った。

限界なのだ。。

自分でもびっくりするくらい歯止めが利かなかった。

もともと、デザインやファッションを含む感覚的なことが好きなのに

あまりにも切り離しすぎてそれがすごいストレスだったんだときづいた。

スカートがほしいなと思っても、就活のために時間を使わなきゃとかお金ないのにとか罪悪感ばっかりで、身動き取れなかった。

フェスだって行きたかったのに。。

仕事決めなきゃという足枷で私はどこにも行けてなかった気がする。

ここにいたくないと言う自分の中の幼児は無視してきた。

だから今日、ついに叫びだしてしまった ような 気がする。

大人のふりばかりするからいけないのだ。。


安くてもいい。
着回ししにくくてもいい。

初夏にあう色の涼しいスカートや、ガーリーなワンピース。

いろみのある靴。

大ぶりな髪留め。

そんなもの買ったところでなんにもならないけど

足枷はたまに外さないと下から足が腐ってしまう。。


お金はまた稼げばいい。

早く仲直りしなければ。

そんなに無理しているつもりはなかったので自分でびっくりしてしまった。

(自分なりに)きれいに装うことができないってこんな大変なことなんだ。。

鏡に映る変な髪型の自分を見る度に少しずつ気落ちしていって

ついに奈落の底。


次に時間ができたらきっと何か買おう。

自分に約束。
今まで本当にごめんね、自分。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
疲れたーーー

やることが次から次に沸き起こるかんじ。。

この、なんとなく全体的にうまくいかない感がうっとうしい。

振り払ってしまいたいのに。。


秋葉原の殺人犯は、同い年。

インテリをこじらせてしまったらしい。

挫折感とか、投げ出してしまいたい気持ちとか

そういうのはわかる。

まさに今、もうやんなっちゃってる。

うまくいかない!
うわぁぁぁん!

って砂浜を走り回りたい気分。

でも、そっから先なんだよなぁ。

彼はなぜか人を殺した。

自分の苦しみを誰かに与えたかったんだろか。。

私は、どんなにやんなっちゃっても人を傷つけたくない。。

だって知ってるのだ

何人人を殺したって虚しくつらくやるせなくなるだけなんだって。

じっとしてた方がましなのだ。

問題は自分の中にある。
外側でナイフを振り回したって何も変わらない。。


でも一体、その分かれ道ってなんなんだろう。

小さいころから高学歴がいちばん価値があるって言われてて

それが叶わなくなっちゃって

自分の価値も感じられなくなったんだとしたら

同じ環境の中では私が同じようにならないって言い切ることはできない。

心からうれしくて楽しくて人を殺す人はきっといない。

楽しいと思っててもそれは歪んでる。

残されたのは、非業の死を遂げてしまった人
けがをした人
その人を大切に思っていた人たち
それから、自分と他人の人生をまっくろに塗った若者。


人の価値は能力にはないとか、人の命はひとつきりしかないとか

当たり前のことを忘れた日本。
そこで育った私たち。

サカキバラの人も同い年だと考えると人事の気がしないんです。。


人間の価値を勘違いしてしまうと、人はあんな風になる。

あまりうまく自分の価値を感じられずにきてしまった私は身につまされる気持ち。

今こてんぱんに否定されまくってる中で、忘れちゃいけないことを思い出したような気がします。。


Your Song Is Goodが明るく歌いかけるイヤホン。

世界には明るいものや美しいもの、泣けるようなうれしいことだってたまにはあるのに。

疲れてるけど私は信じる。
世界を信じる。

犯人が更正することと、亡くなった方のご冥福を祈ります。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日説明会に行った企業は大きいところで、給与も福利厚生も高水準。

英語を使う機会もあるようなのでそれもよかったけど、何より待遇面に心を奪われてしまった…。

サービス残業なしで育休は法定以上、子供が小さいうちは早く帰ることもできる。

借り上げマンションもあるし、言うことなしでした。

こういうのを不純な動機って言うのかなぁ。

でもたくさんの企業を回って、自分の将来冷静に考えてしまうと待遇が気になる。。


今日のところはおっとりした雰囲気だったのもよかったなぁ。

出張で海外行って現地の食べ物に当たり、大惨事だったことなんかをきゃっきゃと教えてくれました。

お昼ごはんの話とかしてたし。。

エントリーシートすら出してないから脈があるんだかないんだかも全然わからないけど。いまだ見ぬ縁よ、今こそ舞い降りろ。


今選考中のアパレル会社は大企業ではないし、待遇も比較すれば悪い。

販売スタートで希望職種に異動できるのはいつなのか、できるのかさえわからない。

それがひっかかったとき、夢を託して不安定に飛び込むにはちょっと年を取りすぎたかなって思ってしまった。

それがだめでした、で転職になったら完全につぶしがきかないなとか思ってしまう。。

販売じゃ一般的にはキャリアとは言えない。。

まあまあおしゃれだし、考え方はぐっとくるけど

しゃれになんない年だ。いやんなるけど、そうだ。

夢と現実の板挟み。

つかれたー。


今日も学校は楽しかったし、ドレーピングも好きだし

布や糸や、紙や定規ひとつひとつに愛着があるけど

現実は重いんだよなぁ。。


近頃は個人的にルパンブームで、ちょこちょこみてるけど

ルパンに憧れるのは、その現実の重さを飄々とかわしているかんじがするからかもしれない。

泥棒でしかないはずなのにやたらと爽やか。

どんなに不二子に裏切られてもルパンは絶対に裏切らないし、それを当たり前だと思ってて。

困難にあっても笑いながら切り抜けていく。

ルパンにとっては夢と現実は同じものなんだろうな。。

あぁこれはアニメにいれこむイタいかんじ。やばい。

現実がこなきじじいばりにのしかかってきてて、その中でほっと息をつきたいときに見るのにひどくぴったりなのです。


就活終わらせられたら、高級ホテルに泊まりにいく。

約束してるのだ。

割引券は8月末まで。
行かなきゃいけないのだ。

乾杯して、嬉し泣きするのだ。

未だ突破口は見えずだけども

何度だってドアを叩いてやる。


ここを越えたら、何かつかめるような気がする。。

今信じているのは自分の能力なんかじゃなく、その根拠のない予感なのかもしれません。


七転八倒
経由
七転び八起き
行き。

もうきっぷは買った!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
薄い紅色をそっとぼかしたような夕焼け。

ゆるやかに空の水色と溶け合っている今日の夕暮れはとてもきれいです。

夕暮れ時の空の色彩は自然界のパレットの中でも極上だと思う。

人工的な灰色を見ることが多いからか、年々そういうものに敏感になっている気がする。


昔の人は今よりはるかに自然や季節の近くで暮らしていたんだろうなぁと思う。

明治以前、日本人はずっと旧暦を使っていました。

無理やり新暦に直してから、季節の行事がずれてしまったそう。

七夕もお盆も、本当はもっと遅い時期なんだそうです。

今では七夕の日は梅雨真っ只中だけど本来は晴れる確率の高い日なんだと知り、かなりびっくり。

立春とか雨水とかっていう季節の移り変わりを示す言葉も、新暦に合わせてるから全くぴんとこないってことかなぁ。

月の呼び方も、卯月とか皐月とかの方がいい気がする。


あぁ 夕暮れはいつの間にか消えた。

また明日、元気で出かけられるようにゆっくり休もう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近では家にいるときのお昼ごはんは私がつくる。

今日は鶏のひきにくを使った親子丼。

ひきにくを使えば切る手間がありません、という言葉通り。

いつもはめんつゆを適当に薄めて煮てしまうけど、今日は調味料を使う。

しばらく煮込んで玉ねぎを加えて、しんなりしたらとき卵。

ふたをして弱火で少し。

それだけだもんなー。
和食のファーストフードだと思った。

そして和食はやっぱり低カロリー。
卵は使っているけど油はなしだし、鶏肉だってヘルシー。

またやりそうです。


昨日の夜は父のリクエストでピザをつくる。

家でつくるピザのおいしさを知ってしまった私たちは定期的につくるようになっちゃった。

いつも通り、具はトマトとサラミと玉ねぎ。
あとはじゃがいもとベーコンにマヨ。

市販のトマトソースの上にピザ用チーズ。

本当に簡単で、宅配ピザより格段に安いしおいしい。

油っこくて宅配ピザは好きじゃないんだけど、家でつくるとなぜかそんなに油あぶらしないのです。

余ったサラミをかじるのも好き。

一人暮らし始めたらお客さんに出してあげたいなー。


あとはビビンバ丼。

調味料を合わせたたれで肉を焼いて、ごま油で和えたほうれん草ときゅうり、キムチをトッピング。

仕上げに白ごま。

これをぐっちゃぐちゃにして食べる。

本当においしい。。

栄養のバランスもいいし、見た目もきれい。


母にはあまり人気がなかったけど、パンケーキもよかった。

ホットケーキより薄くて、甘さひかえめ。

だからベーコンとかウインナーを添えて、レタスかなんかちぎれば立派なランチになります。

素朴な味で、イギリスの田舎っぽいかんじ。
完璧妄想だけど。


おいしいものを作って食べることの楽しさに目覚めてしまった。

テキスト通りやればほぼ失敗しないし。

ピザ以外は全部「きょうの料理ビキナーズ」に載ってるやつです。

優れものすぎ!

次号はカレー特集らしい。

ありきたりなカレー以外のを覚えたかったのでラッキー!

存続してほしいので、宣伝してみた。

未だ作って外れたことはありません。おすすめ。


家路につくこの時間はめちゃくちゃお腹すいてるのでつい食べ物のことを考えちゃう。。

クリームパスタ…
ハンバーグ…
エビフライ…

あぁー…。

お腹すいた!!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
初めてアパレルの説明会に行きました。

私服で行けるなんてすごいな~。

現れたマーチャンダイザーはえらいべっぴんさん。読者モデルなら余裕レベル。

やっぱりアパレルは違うな。。

足元は3万近くするレペット。

さすがでした。

マーチャンダイザーになるにはセンスも必要なんだという話も、当たり前なのに新鮮なかんじ。

センスがウリになる業界なんだなって改めて思った。


流行ありきで使い捨て前提の大量生産を軸にしている今のアパレル業界で

私は自分の居場所を見つけられないと諦めていた。

今も、私という人間は好きなことは仕事にするべきじゃない気がしているけど

変わらないというよさを中心に据えて、雑貨や布地も服と同じように生活をつくるものとして扱っている

こういうところなら、私ができることもあるかもしれないと思って出かけました。

変わらないというのは実は変わるよりすごいことです。少なくともアパレル業界では。

変化で目をくらますものは大体偽物なんだよな。。

でも私に何ができるかなー…。


友達は商社で好感触を得たとか。

本当に話をするのがうまくて、多弁で、勢いでなんでもやるという彼女の性格は

服をつくるのには向いていません。

パタンナーも縫製も一ミリ二ミリに気づいて、執念深く線を直していくねばっこさと繊細さが必要なのです。

だけど

人と話し、仲良くなるのは本当にうまい。

それさえあれば、極論服をつくる授業なんかどんなにできなくてもいい。

どんなに先生に怒られても関係ないのです。

面接でまくし立て、何を言われても切り返していければ、営業系なら歓迎される。

留年も危ぶまれた彼女の快進撃をみて「学校関係ない」というのをつくづく実感しました。笑


「静」に属する私からは「動」の彼女がちょっとうらやましい。

でもうらやんだところで始まらない。

全部ウリに変えていくしかないさ。。

適材適所。それだけのこと。


社長のインタビューを読む機会があり、その中で「情熱がある人じゃないと採らない」と言ってたので

とりあえず、服に対する情熱をひっぱりだしてきます。

ふんだんに持っていた情熱。

就活が長引くにつれ五里霧中みたいになってきて

足元さえ見えづらくなってしまったので

初心にかえって自己分析でもするか!

アパレルはこれから就活本格化。

まだまだ知らないいいところがあるかもだもん、諦めない。


そして、どう転がっても

転がってすりむいても

そこにいる自分を認める強さを持ちたいです。

忍耐強さと根気強さは「静」の持ち物なんだから。

やるしかないです。

がんばる。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。