日日是好日

毎日を、「いい日」にしたい。


テーマ:
疲れた……

昨日と同じ出だしやばいな~…。

本日は仕事にてクレーマーにつかまりまひた。。

イライラしてる人ってけっこう多いんだよなぁ。。

精神力が落ちてるときは接客が辛い。

弾力のなくなった心がぺしゃんこになってしまう。


我ながら情けないくらいに弱々しい。

大したことじゃないことに心を持って行かれる。

しばらく、逃げ出したいれす。

無人島で鳥とお話ししたいれす。


きづくとぼーっとしてしまっていて、そういうときに庭先から鳥の鳴き声がすると

ふっ と悪いものが下にさがる。

葉っぱのさわさわいう音も同じ。

自分で生成してしまった毒が抜けていくような感覚。

「この世」という概念さえなくって、ただあるがままにある。

人間も、本当に小さいころはそんな風で

だから、彼らは神に近いと言われる。

あるがままにあるものだけが持つ強さってあるんだよな。。

それにはっとする。

「神さま」たちと自分の距離に愕然とする。

気づけば遠くに来たもんだ。。


その距離を測るには、星を見るのがいい。

星を見上げたときに、どれだけ心を動かされるか。

「あるがままにある」代表。

人間の理性を遥かに遥かに凌駕する。

そういえば夜には空を見るのがちょっと癖なのが幸いして流れ星見れました。

すうっと消えていく光線。

あんなきれいなものあるんだね。

でもどうして私たちは流れ星をきれいって思うのかな。。


はぁ~ 天体観測したいな……

頭の中の宇宙のその先に連れてっておくれやす。。

星を見ると、自分の本当の立ち位置がわかる気がする。

うまれる前の自分に会える気がする。

オカルト的な意味と正反対のところで。


もうゆくべき道を見失ってしまったよ。

北極星さん、道しるべになってくれまいか。

歩いて歩いて歩いていけば、いつかきみに会えますか。


明日は乙女男子とかしまし娘たちとごはんなので、さざめく笑い声に助けてもらうことにします。

まけにゃぁいっ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
疲れた……

また落ちた~…

こんなにばさばさ落ちるとは予期してなかった自分は、就活を甘く見てたんだと思う。。


足を前に運ばせる生命力が枯渇していくかんじがして、かなり焦った。

これはだめだ。
自分追いつめすぎてる。


なんとか風向きを変えたくて、時間の合間に絶対ほしいものが見つかる雑貨屋さん「arenot」に行きました。

やっぱりあったな~。

探してたかわいいティッシュカバー。

おもしろいエコバッグ風かばん。

衝動買いの一歩手前。

うっすら元気を取り戻す。


元気を取り戻したい、という気持ちだけは絶対なくしちゃいけないんだと思う。

いくつかの局面ではうっとうしくて手放したくなったけど

自分を生かしてやれるのは自分しかいない。


若いアナウンサーの方が自殺してしまった。

きれいで、スタイルよくて、きっと頭もよくて、端から見たら恵まれすぎるくらい恵まれてる。

でも彼女は生きることをやめた。

周りがどう思っていても、自分が生きたいと思わなければ生きてはいけない。


国連職員として紛争地域で働く人がテレビに出てました。

驚くことに、彼女も、難民たちも笑顔でした。

家を破壊され、家族を奪われ、逃げてきた人もいる、この世の悪夢みたいな場所に

心からの笑顔があるなんて、知らなかった。

「人は強い」んだと言っていた。
考えうる一番過酷な状況から立ち上がる生命力があるんだと言ってました。

その笑顔が本当にまぶしかった。


アナウンサーの方が悪いとか、難民たちがいいとか、そういうことじゃなく

「幸せ」の本質を見るような気がします。

もしかしたら、思い込みなのかなって。

これからきっといいことがある、って私たちは勝手に思い込んで生きている。
いいことなんかないと強烈に思ったら死を選ぶ。

それだけのことなのかなってふと思った。


本当のところは、常に「一寸先は闇」であり、同時に見たことない光に遭遇するかもしれなくて

結局全くわからない。

だから私たちは好きなように想像して思い込む。

いいことがたくさんあるとか、全然ないとか。


自分の思うように想像すればいいのかな。

それを希望とか絶望とかって言うのかな。


どんな風になっても私は多分死ぬまで生きていける。

どんな生活を選び取っても何かしら楽しみをつくれる。

もうそれでいいじゃない。。

どうしてあれもこれもって自分に課してしまうんだろう。

就活という失敗の連続の中で、自分に厳しすぎるというところがあだになってる。。


まだまだやりたいことも行きたい場所も会いたいひともいる。

それなら「人生にはいいことがたくさんある」って思い込むしかないんだな。。

俯瞰で見るのがどんどんどんどんできなくなっていっていて、それじゃいけないなと思う。

自分を許すということをそろそろ本気で覚えなければ。


とりあえずどっか行きたいな。

自然がたくさんあって広いとこがいいな~。

ということで、「北海道に行ける」と思い込むところから始めようと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
就活終わったら、

髪型速攻で変えて
ほしかった高い靴買って
水曜どうでしょうDVD買って
ラーメンズサントラ買って
ルパン見まくって
焼き肉食べに行って

バイトいれまくって
海外旅行して
ブロードウェイ見て・・



・・・・・・はぁ



今日行った説明会には軽く100人来ていて

筆記の算数は全くできず

おまけに採用人数は多くて5人。

就活終わったらやりたいことが腐るほどあるのに。。


疲れきって向かった夜学。

説明会が押して大遅刻。

なんかもう、何もかもどうでもよくなってベンチでひとりベーグルをかじった。

途方に暮れると人は天を仰ぐんだな。

ゆっくり闇に侵食される青空。
揺れる深緑。
窓越しに見えるボディの列。

手元に目をおろしたらちょっと泣きそうになった。

みんなが一生懸命ドレーピングしているはずの教室に行くのが気が重かった。


変だと言われるけど、たまにドラえもんの道具、例えばどこでもドアが今ここにあったらって

すごく疲れたときに思います。

ドアを開けたら部屋なんだって想像して

ふと我に返ってそれが叶わぬ夢だと思い出したとき

かなりリアルにへこみます。

就活ってそれに似てる。

エントリーシート書くにも、絶対にそこで働く自分を想像しないとなりません。

行きたい気持ちを100にして、働く自分を思い浮かべて書かないと通らない。

そうして一生懸命書いて、現像代500円の写真を貼って送る。

そうやっても、落ちるときはあっさり落ちる。

あぁ、どこでもドアはなかったんだ。

そうして一生懸命の想像だけが残る。

どこにも行けない、たくさんの「働いてる自分」は宙に浮いたまま、頭のまわりを回り続ける。

そんな風にして少しずつすり減らしていってるような感覚。。


思い込んだら一直線、しか知らないので

あっちがだめならこっちってかんじでさ、要領よくやりなよ

っていくらリクナビに言われてもだめです。

やりたいことなんかそんなにたくさんないよ。

本当に行きたいところは少ししかないんだよ。。

誰かを好きになったらその人しか見えないし、長い間心に残ってしまう。


なんか疲れたなー……

説明会できく「先輩社員」の方々の「自分を信じて☆」という言葉も、応募人数の前に消しとんでいく。

みなさんは自分の何を信じたんですか。

それを信じて落ちたら次は何を信じればいいんですか。。


はー いかんいかん。

でも書き言葉にすることで隅々まで表現して

それに支えられたりする。

話し言葉はだめなのだ。
変形がひどい。


あぁそうだ

就活終わったらやりたいことリストには「本を読みあさる」を入れ忘れてた。

本にいろんなとこ連れてってもらうのだ。
江戸時代もその前も、外国だって宇宙の果てまでだって行ける。

知ることの楽しさは、一度知ったら離れられない。

わけわかんない「判断推理」なんて知の体系の一ミクロンなのになー。

それで人生決まるとか、壮大な冗談みたい。


アイウィルネバーレットマイセルフゴー

自分の手は自分でしっかり掴んでおかないとな。。

弱気になると思い出す笑顔があります。

心の透明度がそのまま染み出したような、ずきっとする笑顔。

もう見られないのはわかってるのに、何年もふと思い出してしまう。

リクナビさん、やっぱり私の心は小回りきかなすぎです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Franc francの包み紙を抱えて帰る。

遅れてやってきた誕生日。

申し訳ない気持ちとうれしい気持ちがアルコールで溶け合っていく。


しっかりと自分の道を見つけて、一歩ずつ進む友達。

あやかりたいと、思いました。

彼女は同い年なのに私よりはるかにしっかりしていて、「自分」を生き抜く強さと覚悟を持っているようです。

いつも個性的な服を着てるのに、自己顕示欲のかけらも感じられないのは

ただ自分に素直でいるという本当の個性だからなんだと思います。


高校生のときから実は、おしゃれさんがいる!と気になってた。

人見知りの私はやっぱり友達になれなかったけど

なぜか再会して、なぜか仲間になって

プレゼントをもらったりして

人生ってわからない。

面と向かっては言えないけど、本当にうれしい再会だったし、今では自慢の仲間の一人です。


彼女みたいに落ち着いた人間になりたいな。

みんなが安心するような。

私の小さい心は絶えず揺れ動いて、せっかくたまった雨水もこぼれそうだ。


今年で、何もかもを区切りたい。

今まで決められなかったことをはっきり決めて、迷いを振り切ってまっすぐ歩きだしたい。

そう思っているけど

迷っている間に出会ったこういう縁は、財産かもしれません。


もらったサシェからいいにおい。。

香水もうっとうしくなってしまうんだけど、これは清潔で凛としたにおい。


くさってないで私もがんばらなきゃ。

おんなじ高校だったあの子は、一生懸命やってるのだ。

うん うんうん

うん。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
何もかもいやになってしまっている自分を無理やり引きずって学校へ。

ボディに直接布を当てながら形づくるドレーピング。

針と布とテープだけ。
そこから服が生まれる。

今は、仕事にする・しないという切羽詰まった見方しかできないから、こういう時間をどんな風に捉えればいいかわからない。


大学でてから服の勉強して、就職は服飾じゃないとか

ぱっと見一貫性がなくて

こんなんで就職できるのかとか

就活に関してだけは服飾がじゃまくさくて

でも、みんなの一生懸命な顔を見たり笑い声をきいたりすると

少し罪悪感。


みんなにはきちんとしたデザイナーなりパタンナーになってもらいたい。

昼間働いて、夜学校で

なのに不利で

苦労してるのに、みんな一生懸命で優しい。

仲間を持つことがこんなに楽しいとこの年になって感じられたのは、本当に夜学のみんなのおかげなんだと思う。

人の痛みがわかる人ばかり。


人からの評価で自分を計るのをやめたい。。

何社落ちても何も変わらないのに。

ごはん食べに行こう、遊びに行こうと誘ってくれる笑顔は全然変わらないのに。


私には私の人生しか生きられないし

それでいいはずなのに

なんでだろうなぁ。。


望み薄な組織の馬鹿みたいに難しい筆記試験のために

今日はみんなとの飲み会に行かずに帰る。

やるせないな 全体的に。。

ビビアンのスーツを着て面接を受けるという友達がすごく遠く見えた。


自分を知って、自分に正直に生きるっていうのは

こんなにめんどくさいんだ。。


早くここから抜け出したい。

そうすればまたいろんなことがちゃんと見える。

受け入れることもできる。

ここはだめだ

寂しくて、じめじめしてておまけに少しくらい。

見えるものも見えない。。


強くなるって一朝一夕にはいかないんだな。

きっと、目を覆いたくなるくらい自分の弱さ見せつけられたそのあとでしか

強さの意味はわからない。

本物の俗物しか悟れないという禅の話に似てる。。


健康な体とおいしいごはんに感謝するような、単純素朴な幸福感を忘れないように

なんとかやりすごしたいと思います。

ふわーー・・・。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「やりたいこととできることはちがう」

このことに押しつぶされそう。


願ったことはなんでも叶うと思っているから、小さい子の目はきれいなんだと思います。


本命の組織に見事通らず。

やりたいことと、できることがいちばん近いと勝手に思っていたからかなりのショック。


ひとりになりたくて、でも実家暮らしだから完全にひとりにはなれず。。

寮で同じ部屋にルームメイトと住んでいたときのことを思い出しました。

ひとりになりたくてもなれないつらさ。

正直言って、少しの刺激で泣いてしまうのです。こういう日は。
でもそんなところは見せたくないし、心配かけたくもない。

だから誰とも関わらずにじっとしているしかない。

これはまさしく失恋と同じなので、わかる。

時が経てば必ず忘れる。でも、逆に時が経たなければどうにもならない。

だからひとりで時間が経つのを待っていたかった。

一人暮らしだったら多分、ごはんもろくに食べなかったような気がする。
生命力は限りなくゼロに近い。


ずーっと、某動画サイトでルパンをみる。
ほんとにずーっとみてた。

やるべきことはもちろんたくさんあるけど、こんなときには絶対何もできないことがわかっているから
半ばやけくそで、死ぬほどルパンみてました。

ルパンはいいなぁ。
スケール大きくて。勇気があって。優しくて。

あんな風に生きられたら楽しいだろうなぁ。


できることとやりたいことの狭間で、もう窒息寸前だ。。

一体自分がどこに向かってるのかもわからなくなってきた。


なんか、大学→新卒で就職のメインストリートばっかりが広くて
他に脇道みたいのがあんまりない気がする。。日本の人材市場。

狭いところに閉じ込められてるみたいで苦しい。

やりたいことすら、見つけるのに時間がかかる人間だっているんですよ。。
まっとうにまっすぐな道を歩けないやつだって、いるんですよ。。

なんかアウトサイダー感を感じてしまう。

実際そうなんだろうけど。。


そんなことはあり得ないと、友達だったら絶対言うけど

自分、価値ないのかな、とどうしてもよぎる。

渦中にいると人は盲目だな。。


なるべく早く飲み込みたいけど、消化するのにはまだかかりそうです。

自分の弱さと至らなさばかり見せつけられて、それにも弱ってきた。。

あーあ まったく。

ルパンみたいに強くなりたい。

そういえば、五右衛門は意外に女の人に弱くてすぐだまされるみたい。
憎めないなーと、ちょっと好きになりました。


昨日と同じように世界はあるし、全然終わる気配もない。

こんなの全然大したことじゃない!はずなんだよなー。
いつも理性が先に理解して、感情はずっと遅れます。

大したことないって、と思いながら泣いてる、みたいな状態。

ばかばかしいな。。


元気ださないと。

自分を助けられるのは、最終的には自分しかいないのだ。

あー、落ち込みつかれた。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ボタンが取れてしまったバイト仲間の制服。

仕事の合間につけなおしてあげた。

アトリエ手伝いのときに散々つけたボタン。

サンプルにつけるなら大丈夫というくらいにはうまくなりました。

まつり縫いやミシン。ロックミシンにアイロン。

全くプロレベルではないけど、プロを目指してやっていたらいつの間にか素人ではなくなっていた。

これからどんな風に役立つかはわからないけど、こういう何気ないときに人の役に立てるというのはなんか

少し救われる気持ち。

あぁそうか、この技術って役にたつんだ。と思い出した。


いつか友達や自分がこどもを持つことがあれば、子供服を作ってあげたい。

親友が結婚するならウェディングドレスをなんとか。

冬が来たらまた編み物をしたい。

おばあちゃんになったら孫にマフラーを編みたい。

服飾は、私の夢です。

絶対仕事にすると一生懸命だったころから、今でも、これからも。

好きなことを仕事にしないというのが正しいのかはわからないけど

私は服飾をずっと好きでいたい。


ありあわせの変な色の糸でつけたボタン。

報酬にお茶をもらいました。


役に立ってなにより!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
季節はずれの寒さのせいか、ちょっと落ち気味。

考えても仕方ないことを考えてしまったり。


アカデミックなものが好きな自分と、感覚的なものが好きな自分
そのふたつの折り合いのつけかたがいまだによくわからない。

本を読むことも、語学を勉強することも好きで
「知ること」自体にすごい魅力を感じる自分。

服をつくったり、芸術にまつわるものに触れることが好きな自分。

そのふたりがお互いそっぽを向いてるようなかんじがして
どうすればいいのかなーと、途方に暮れる。

なにかが形になってくれさえすれば、そっちに向かって歩いていけるのに。
いまだに目的地がどこなのかわからずにいます。


「さくらん」がテレビでやってて初めて観たけど、意外とじめっとした映画だった。

アンナちゃんは何回泣いたんだろう。

蜷川さんのトレードマークのあのどぎつい配色と遊郭という場所はよく合っていた。

日本の美意識というのは多分すごく奥が深くて、だからゆっくり少しずつ思い出したときにでもいろいろ知っていこうと思ってます。

女郎たちは、当時のファッションリーダー。

社会的な地位は低かったはずなのに、みんなが気になって一目置かれてるという、おもしろい存在だなと思います。

一流の花魁は、見た目だけじゃなく教養もあったそうです。


意外なじめり加減に影響されて、思考がマイナス方向にひっぱられたような気がする。。

およそ作品と呼ばれるものにはすごく感情を左右されます。


友達と飲みに行ったとき、「場所にも人にも『気』がある」という話をききました。

その影響を受けやすい人は、悪い気をだしてる人のそばにいると滅入ってしまうとか。

私は混んでる電車がすごく嫌いなのですが
それは、あの空気なのです。

それこそ悪い気がでてるかんじ。

だから音楽がないと電車に乗れない。
あの殺伐にどうしても耐えられない。


「それはね、気を感じやすいからなんだよ」というそのスピリチュアル好きな友達にいわれ

半分納得してしまった。

強烈なメッセージとか、痛みとかを表現している絵画なんか観ると、ほんとに頭痛くなるしな。。


とはいえ私は「スピリチュアル」というものはほとんど信じていません。

でも、哲学も禅仏教も好きで
もしかしたら、つきつめていけば同じようなところに辿りつくのかな、という気はします。

煎じ詰めて、煮詰めて、もうほとんど固体になれば
それは同じ色をしているのかなという気がする。


明日は説明会だ。

望み薄なかんじがするのはいつものこと。

とにかく足を動かしてみるしかないのだ。。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
久しぶりに、余暇っぽいことをしました。


国立近代美術館でやっている「東山魁夷展」。

わざと平日狙って行ったのに、全然休日みたいな混み方。。

生きているときからかなり人気があったとはきいてましたがこれほどとは。。

押し合いへし合い、足を踏まれたりしながらの鑑賞。

静謐、という言葉がぴったりな作品群なのでちょっと残念。

少なからずお寺に行くような気分だったのかもしれません。

でも作品はすばらしかった。

ぞわっとするくらい、何か精神的なものが迫ってきました。


誰でもたまに、本当にたまに、信じられないような美しい風景を見ることがあると思うのです。

はっとして目が離せなくなるような凄みのある景色。

ゆるやかなグラデーションで空を染めあげる夕焼けや

狂ったように乱れ咲く一面の桜。

限りなくつづく誰もいない雪原。

涙が出るような瞬間。

彼の作品の映す風景はすべてがそれだと思いました。

画面の青に、緑に、吸い込まれそうでした。

そこに魂があるから、人は芸術に感動するんだな。

東山さんは戦争で死を覚悟し、それから自然と心を通わせることができるようになったそうです。

柔らかくて穏やかな筆致の中に強さがあるのはきっと、そんな経験があるからなんだな。。


駆け足で美術館を出てから服屋さんへ。

お金ないけど何年も着てきた服たちが全体的にくたびれちゃって限界。

SHIPSでパンツを買う。

きちっとした細身のを! と思っていたのにすっかりいつも通りのゆるいやつにしてしまう。。

だめだぁ~。

カンペールにあった薄いピンクのバレエシューズ風パンプスかわいかったなぁ。

上には何かフリル的なものを合わせてコーディネートしたいなぁ。

アウターはちょっとだけメンズライクなやつ。。


はー、パンツ以外全部妄想。

これだけの物欲。
普通に金の亡者だな。

この中途半端な気候に合う服をたくさん持ってる人は本当に服が好きな人だと思う。

街のおしゃれさんは一体どれだけお金持ってるんだーっ。

金の亡者は街頭インタビューしたい。


ラーメンズサントラも、キセルのアルバムも、ほしいものは尽きないなぁ。

ばかみたいで平和な悩み。

とりあえず早く就職決めなきゃ~。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
季節はゆっくり確実に進んで、もう夏を用意し始めているみたいだ。


友達や知り合いの日記を読んでいた。

苦しそうに、でもしっかりと海外で自分の場所を見つけた人

納得いくコーヒーをひきつづける人

叶った夢の中で必死に走っている人

穏やかに毎日を楽しむ人

どれ一つ、似てさえいない毎日を生きている。

そこにたどり着くのにはみんな紆余曲折があって、迷ったり傷ついたりしてるときを知ってる人もいて

泣き笑いと一喜一憂の無限の繰り返しの中でつかんだ日々。

それに納得できない人や飛びだそうとしてる人もいるけど

汗流してたまに心から血を流して、みんなの「今」がある。

自分に誠実であろうとすればするほどそうだと思う。

それって本当はすごいことなんじゃないかって気がした。

大人になれば自分の道見つけて歩いてく

当たり前じゃないか

とも言えるけど

「大人」っていうスーパーマンはいないから。


私自身がこれからのことをはっきり決められていないのもあって、自分の道をひた走るみんながまぶしかった。

えらいなと、阿呆のように思っていました。


はー 偏頭痛…。

うっとうしい。。


私の体はどうしてこうなんだろうと

たまに少しいやになるけど

これは必然中の必然。

何がどうなってるのかは知らない。

人よりストレス耐性がないのかも。なんかの物質が多いとかかも。

でもこうなってるし、こういう体でしかいきられない。

私という存在よりはるかに大きい事実なんだよなぁ。

神とか自然とか宇宙とかそんなかんじ。

仕方ない。
それ以上でもそれ以下でもない。。

人生は不条理の別の呼び名です。


寝るに寝られないので駄文にお付き合いください。

この間みた番組で、捨てられた島がでてました。

江戸時代から昭和まで、自給自足で助け合いながら生きていた島の人たち。

でも少しずつ、電気をひきたいとかテレビを置きたいとかって思うようになって、現金収入が必要になった。

島ではそれはできない。

だからみんな出ていってしまった。

今はもう誰もいない寂しい島です。


すごく考えさせられるなぁと思う。

大切なものについて。

出ていった人たちにきいてみたい。

「島の穏やかさと都会の便利さ、どっちがよかったですか?」

物質的な充足が十二分に得られた今、一周してそういう場所に戻ることにもしかしたら意味があるかもしれない。

今なりのやり方で、今足りないものを求めて。


はー、あともう少しで駅。。遠すぎ。

田舎だなぁ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。