日日是好日

毎日を、「いい日」にしたい。


テーマ:
連日の早起き、マイペースなアジア圏の方々への対応、慣れない通訳。

疲れた! ので今日はゆっくりしてやった。

明日は休み、という日の夜更かしはいつも楽しい。

眠いなぁ でも明日はいくらでも寝れるんだぁ

とにやにやしながら見るテレビ。

その時間がうれしくて、眠ってしまうのがもったいなくて、起きている。

そうして夜更かしになる。

結局疲れてたから長くは起きていられなかったけど。


スーツから私服に戻り、新しいスニーカーを履く。

スニーカーはコンバースに限る。

定番と呼ぶにふさわしい普遍性を持ってる。

夜学校で友達に会う。

パンを食べてココアを飲む。

誰でもないわたしに戻ったわたしは、何をてらう必要もなく、ただ笑う。

日常の手触りのよさを改めて感じました。


昨日は月がきれいでしたね。

夜空を見るときは、なるべくリアルに「あの光たちは全部大きな球だ」と思い描くようにしてます。

宇宙の不思議
存在の不可思議

すごい迫力で迫ってくるから。

目の前の曇りが取り払われていきます。


なんでかわからず、理由なんてないのにうまれてきたんだから

あるがままでいい。

善くあろうとすることができればきっとそれだけでいい。

叩き込まれてきた無数の価値判断も、世界の表面、皮一枚。

めくれば本当のことがつまってる。

みんな自分にしかなれない。

幸せを感じられるのは自分しかいない。

やっぱり幸せは、今ここにしかない。

迷いの海の中で祈るように思います。


幸せを感じられる場所にいたい。

幸せを感じられることがしたい。

わたしの「夢」はどうやらそういうことのようだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
久しぶりに海外の人たちと接する機会があり

英語は錆び付いてるんじゃないかと心配したけど

話し始めれば、ブロークンでもなんとかはなる。

話すうち、感覚が戻ってきて「ああ これだ」と思った。

強い自我。
目をそらさないという文化。

英語を話している間は普通の自分から離れて、じっと相手の目を見続け

自信ありそうな話し方になる。実際はあんまりないけど。

何年間かで勝手にスイッチが入るようになったんだった。


不安と自信のなさを押し込めて

お腹に力をいれて

日常の一瞬一瞬を過ごしていたときのことを思い出しました。

バランスが少し崩れるだけで感情が一気に傾いたっけ。


もう一度引っ張り出してみようと思っています。

ものをつくること

生活の糧を得ること

幸せ 人生 暮らし

それから自分のこと

考えた末の結論に似た何か。


世界は広い。

道はいくつもある。

他人と比べる悪い癖を追い出して

自分がイコール世界なんだと言い聞かせ

まだ模索は続く。


明日もバイトだぁ。

スイッチいれてがんばろう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
白紙に戻った日々

仕切り直しの一番だー


大泉洋さんが所属する「チームナックス」の番組、「ハナタレナックス」がおもしろすぎて

あまりにもおもしろくて

とにかくおもしろがってるうちに

一日が終わってた。


わたしの「週末」はおしまい。

明日から、一週間が始まるのです。


ナックスは本当になかよしで、番組を見てるだけでそれがどしどし伝わって来て

大泉さんだけ知名度があがっちゃったけど、他のメンバーの方々のキャラの立ち方もかなりすごくて、あっという間に好きになってしまいました。


信頼とか、絆とか

そういうものを感じると、それだけで「いいなあ」と単純に好きになってしまいます。

ラーメンズも、どうでしょうも
ナックスさんも同じでした。

人と人のつながり、というものに、どうしてもひかれていくようです。


これからのことをずーっと考えて、考えて考えて

考えすぎて頭痛くなって学校休んで

それでもずっと考えて

「こうするべきかもしれない」というところにはたどりついた。


正しい答えなんて、あるわけはないのですね。

自分が納得できることをやり続ける以外、「生き方」なんて多分ない。

自分の本質が導く方向に歩いていこうと、なんとなく思う。


ずーっとはっきり向き合わずに、決めることも先延ばしで来て

ここに来てやっと、自分の頭で考え始めているような気がします。

なにが「いい」のか
自分にとっての「いい」ってなんなのか。

いろんな本の助けを借りつつ、考えています。
こういうとき哲学はいいのです。


小林賢太郎プロデュース公演、TAKEOFFを観に行くまでまであと一ヶ月とちょっと!

ほかにも楽しいことならたくさんあるさ。

明日死ぬかもしれないこの人生
「今」しか存在しないという当たり前

かみしめていかないと。


明日から忙しいや。

ねよ!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
たまにはどうでもいいようなことを書こう。


こないだ本屋さんに行ったとき、むしょうに「まんがが読みたい」と思い立ち

まんがコーナーに行ってみました。

かわいらしいまんが
おしゃれなまんが
かっこいいまんがもあったけど

なんか妙に懐かしく、むしょうに読みたくなったのが、松本大洋さんの「鉄コン筋クリート」でした。

映画化もされたし、かなり今さら感があるんだけど。

まんがが異常に好きな友達に貸してもらって読んだ本。

そのときは、すごい衝撃を受けました。

「こんなのって、ありなんだ」という衝撃。
既成概念を根こそぎもってかれたかんじ。

その役割を担ってるのは、アートだと思う。
だから、ジャンルはどうであれそんな風に心を揺さぶるものは、全部アートなんじゃ ないだろか。

久しぶりに読んだら、ダークなかんじ、一筋縄ではいかないかんじをすごく受けて

やっぱり、読むときによって内容はちがって見えるんだ。と思いました。

ちょっと堪えるくらい、ぐさっと来た。


今年に入ってから一体何冊本を読んだんだろう。

読んだ本の題名をかきとめてってみたらおもしろいなあなんて思ってやり始めたこともあったけど、五冊くらいで終わっちゃいました。

エッセイも読んだし
禅の本もかなり読んだし
小林賢太郎戯曲集も忘れちゃいけないし
ゲド戦記も読んだなあ。

わたしはほんとに記憶力が悪くって、「あんなことがあったねえ」なんて言われても、「そうだったっけ」とか言っちゃってひんしゅくを買ってばかりいるのです。

だから、本の内容も、もしかしたら人より覚えてないのかもしれないです。

でも、仏教では「自分が経験したことは、自分の中にすべて蓄えられる」と考えるそうです。
意識の上にのぼらなくなっても、ちゃんと自分の中にある。

言葉にとりつかれたわたしは、言葉をどんどん食べまくり

「どこ」とは言えないけど、やっぱり自分の一部になってるのかもしれないなあ。


とらばーゆのサイト上で、けっこう本格的な適性検査ができるんです。

ひさしぶりにやってみたんです。

そしたら、いちばん合ってる職業「作家」だってさ。
笑ってしまう。

作家です、って生きていけたら最高だよなあ。言うことなし。

二位は「イラストレーター」。

これも最高。全く見込みなし。


「ひとり黙々と」みたいな職業が上位に入っていました。

向いてないのは「営業」。当たってる気がする。すごくする。

おもしろいのでやってみたらどうでしょう。登録しなきゃだけど。

信憑性が高いなと思います。


賢太郎さんの舞台、「ライト三兄弟」までもう二ヶ月切りました。

かなりマニアックなかんじ。
ラーメンズが好きな人以外にはあまり言えないこのかんじ。

でも、すごーく楽しみです。

前作「LENS」は何度もリピートしてます。

きっと裏切られない、という安心感。
それだけでわくわくです。

きっと魂がちゃんとこもったものなんだろうな。わくわく。


迷い迷い ぐるぐる 自分のつくった迷路の中で目を回してる今日このごろ。

その迷路の中の、ちょっとした休憩室。

銀河劇場は、きっとそこにあるなあ。


ジャケットはもうすぐできる。
ショーの服も、手直しすれば完成。

服をつくるのはやっぱり楽しい。

めんどくさいけど、やり始めるとやっぱり楽しくてしかたない。

とりあえず、そこからは離れないように。

もうすこし、目を回さないといけません。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
バイト終わり、学校に向かう道の途中

心がけばだって、ざわざわして仕方なかった。

そんな自分を持て余して

パン屋さんで買った黒ごまパンをベンチにこしかけて食べながら

ゆっくりと桃色になる空を見た。

学校は都会の真ん中にあるけど広くて、空が大きい。

秋の来るのをはっきり感じながら、空を見た。


ありきたりの表現だけど

大きな空の前に自分はあまりにも小さく

抱えてることがらも、同じように小さいんだったと

思い出した。


「わたし」はいつかいなくなる。

砂粒みたいに小さなもの。

世界にあるものを借り、仮の宿に住む。

「自分」は西洋的には自我。
でも東洋的には無我なんだそうです。

世界と、宇宙と、自分はひとつだと考えるそうです。

おもしろく、学んでいます。


ざらざらした心は、友達に会い、当たり前のことが当たり前としてある空間にいることで

元に戻りました。

痛み止めの緑色のカプセルも必要だったけど。


毎日、いろんなことを考えすぎて少しやられてしまった。

友達がいてくれてよかった。

何者でもない自分に戻り、それを受け入れてもらえるというのは

わたしにはすごく大事なことです。


秋だね

いい季節です。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
何か書こうと思っても、筆がすべるようにうまく言葉にならなくて、あきらめることが最近多い。

書き言葉にするというのは、ふわふわしたものを固い何かに変えるような感覚で

今のわたしの考えはあまりにも輪郭がはっきりしない柔らかいものだから

うまくいかないのかもしれないな。


毎日揺れまくりです。

もう酔いそうなほどです。

どうするの と毎日自分にきいてます。

舵取りをしなきゃ。


わたしにとって 服って なんなんだっけ。


今日から学校。

みんなに会ってほっとした。

体は疲れるけど心は休まる。

ありがとう、と思う。


ショーの服はまだまだ。

またダメだしをくらう。

舞台用の服は全然違う。

普通の服をつくる方が多分性に合ってる。

でもがんばる。

来てくれた人に何かちょっとでも感じてもらいたい。


膨大な量の求人情報の海を泳ぐ。

いい島はあるかな。

見つかるまで泳ぐ。


健康で
友達がまわりにいて
ほんとに好きなこともいくつかあり
行ってみたい場所もたくさんある

下ばかり向いてちゃいけない。

感謝して

ゆっくり歩いていけばいい。


やれることをやり続ける。

それだけのことだ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
I'll have an interview tomorrow...

ひさしぶりに英語使う プラス 面接

で、緊張してきております。

ひゃー

ディズニームービーを英語音声と英語字幕で観てみたけど、だめだろうか。

ひょー


最近は、ずーっといろんなことを考えてます。

そんで、禅の本とかも読んでます。
般若心経のことも読んじゃいました。

勘違いしてたけど、うさんくさいお経なんかではなかったです。

「本当のこと」が書いてありました。

人生の教科書になりそうです。


生きるっていうのはなんなのかな

自分は何を「しあわせ」として生きていくのかな

という、本当に根本的なことを考えている気がします。


つくることは、やっぱり好きです。
このままいけば嫌いには多分ならない。

つくること、でつながることができた人もたくさんいます。

うれしく思います。

それを生業にするっていうのはどういうことなのか

いろんな人に会い、いろんな場所に行き、いろんな思いを持ってきて

なんとなくですがわかってきました。

資本主義、合理主義、マテリアリズムが最高潮の日本で

つくる、という本来スローなプロセスを経てお金を得るということは

どういうことなのか。


こないだコレクションのショーの手伝いをしました。

裏で、つぶさにみてきました。

いろいろ、思いました。


それで、次にする仕事はなんとかなけなしの英語力をいかしたものにしてみようか、と思いました。

普通に縫製とかの求人もみてるけど。


パーソナルすぎてどうでもいい話だけど。

なんとなく、整理をつけたくなりました。


わたしがいちばん大事にしたいのは、するべきなのは、やわらかいものなのかもしれないなとなんとなく思います。

勝ったとか負けたとか、儲けたとか損したとか
そういった、かたいものの側にいると辛くなってくる。


いるべき場所にいたい。

なんでかこうなっちゃう。
なんでかわからないけど、こんな風だった。

それが、その人の本質だと思う。

それが自我の望むものであるかそうでないかは、選べないのかもしれません。

うまれもった性質や、数えきれない出会い。
見てきた景色。心が動いた出来事。

「これ」とは言えない無数の要素が、その本質をつくるのだと思います。

そんな縁にしたがって生きてこうかな、と思います。


仏教では、「我」なんて認めないそうです。

大きな自然の中の、大きないのちのサイクルの中でたまたま形となって現れたのが、自分。

それ以上でもそれ以下でもないと、考えるそうです。

うまく言えないけど、すごく腑に落ちました。


とりあえず、明日がんばろう。

Hope it will go well!!!

あー 緊張する
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。