日日是好日

毎日を、「いい日」にしたい。


テーマ:
おわったーあ。

ひとつの「日々」が今日おわりました。
うれしい。

人と別れることは得意ではないので、あまり考えないようにしてるけど

今日までわたしが一緒に働いていた人たちのほとんどとは、もう一生会わないんだなあ。

プライベートであそびましょう! とか 番号教えて! とか
そんなことは口にしなかったし思いもしなかったのに、そんなことをしみじみと考えます。

ふしぎだ。

出会いと別れは、すごい純度の高い偶然なのに、なぜか「ふしぎ」というきもちになります。

だってさ、何十億分のいちだよ。

すごいなあ。
想像もつかないような低い確率だ。

だから「なんでこの人と出会ったんだろうなあ」って考えてしまうんです。

「袖振り合うも他生の縁」っていう気持ち、わかる気がするなあ。


ヤフーのニュースかなんかでみたんだけど、地球から127億光年先に、太陽の20億倍の大きさのブラックホールがあるんだそうです。

あらゆる物質と光さえも飲み込む闇。

ものすごおおおく遠くにある、ものすごおおおおく大きいやつ。

そういうものに思いを馳せるとき、なんとなく「ほんとうのこと」に近づく気がする。

なんていうか 「この世」の正しい姿がすこしくわしくわかる。

自分の小ささと 自分をとりまくものの小ささを 正しく知ることができる。

そういうかんじが、好きです。

だから宇宙の話が好きです。
紀元前に、とかっていうのも。


このでっかい宇宙に浮かぶ離れ小島で 次にわたしが出会うのはどんな人だろう。


ときどき、地球の外側から自分のことを思う。

そうすると、何が大事で何がどうでもいいことなのか、すこしはっきりわかる気がする。



しばらくは、あんまり多くの知らない人たちと関わることはしたくないなあ。

ちょっとつかれてしまった。

人は、みかけによらないってことに。

それはいい意味でももちろんあるけど、悪い意味も持っている。

ほんとに考えられないような人がいて 考えられないようなことがおこる。

それを知れたのはよかったけど、ちょっとつかれた。

少しの間、心を休ませようと思っています。


外からは、鈴虫の声。

階下からは、お父さんが練習するハーモニカの音。

ちょっとちらかってるけど 世界でいちばん落ち着く部屋。

ひとつのことがおわって、ゆっくりできて、それが単純にうれしいです。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
いらいらが募ってしまうバイトを終えて、外にでて。

まっさきにするのは、古くてでっかいiPodのスイッチをいれること。

どんな音楽でも、耳に流れ込んでくると力がぬける。一気に。

特に、ohanaが流れてくると。


「なんて 夕陽は美しいんだろう
なんて 花の香は やさしいんだろう」


変なところに入っていた力がすとんと抜ける。

音楽って、いいなあ。
と思う瞬間。


いろんなところに いろんな人がいる。

その中で、わかりあえるのはどれくらいだろ。

人ごみと たくさんの塵にとりかこまれているけど。

好きな音楽を聴いて 好きな人と話して 好きなことをしてたいなあ。


コンクリートジャングルなバイトは、明日でおわり。

お金を稼がせてくれてありがとう。さよなら。
です。

それ以上でもそれ以下でもないかんじ。
ちょっと悲しい。


しばらくは、服をつくって暮らします。

うひひ


来週は、イベントがあります。

好きな人がきます。

行くべきか、行かざるべきか。

行くべきだとわかりきっているのに 迷っているあたり そういうことがありえないくらい下手だっていうことです。

なんだかねー
中学生と変わらないからね。ほんとに。

ない勇気をだしてひとりで行けたら自分をほめようと思っています。


明日がおわれば! すこし楽!

がんばるんだ。 えいえいえおー
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
アメリカに旅だってから2年。
帰国してから1年。

あっというまだ。

いろんなことがあったんだ。

留学中のことや NYのことを 思い出すのはなぜかちょっとだけつらい。

今の自分は、そのときと同じくらいがんばれてるのか。
同じくらいいろんなこと吸収できてるのか。

なんとなく、そんなことを考えるからだと思う。

だけどやっぱり行ってよかったし 多分帰ってきてよかった。

どこにいても、なにをしててもいい。
それより重要なのは その場所でどれだけがんばれてるか ってこと。吸収できてるかってこと。

そのことを、はっきりと知った。

自分に誇れる毎日を送りたい。
そういう人生を送りたい。

そう思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
朝から晩まで、遊び倒してやりました。


お昼ごろ: 友達と中目黒散策。

よさげなお店がたくさん載っている本をたずさえて、いろんな服屋さんをひやかしに行きました。

やっぱいいわー中目黒。

自然がちゃんとあって、家もたくさんあるからのんびりした空気が流れていて疲れない。
人も少ないし。

「いい」服がたくさんあった。

だけど、高い。

これ着たらまちがいなくいい っていうスカート、3万円。
見るんじゃなかった。

でもかわいかったなあ。。手染めのデニム。へんな形の。

カフェでとろとろたまごのオムライスを食べて語る。

「好きなひとにはかっこ悪いとこを見せた方がいいんだよ。」と言われ反省。

それが苦手なんです。

同い年の友達が10歳くらい年上に見えた。笑

そのあと恵比寿へ。

Alternative WRというお店であそぶ。
シンプルなのが好きな人はきっと好きだと思った。いいかんじでした。

NYにいたころ大好きだった、スタバのジャバチップという飲み物があったのでつい買う。

地図を持ってるのに道に迷う。


5時: 渋谷のクラブに行く。

学校の人がやるクラブイベントに行きました。

ちっちゃいクラブを貸し切り。
学校の人ばっかり。

クラブのノリはやっぱり苦手でした。

演奏してるわけじゃなくて、録音されたのを聴いてのるっていうのはむずかしい。
電子音だし。

バンドの音がないとだめだ。

ライブなら飛び跳ねまくるんだけど。

だけど途中にヒップホップ?みたいなひとたちがライブをやって、それが楽しかった。

やっぱりライブが好きなんだ、と確信。


10時: 地元飲み。

地元の友達が集まって飲む会。

限りなく「素」に近いかんじで飲める会です。

とんでもなくくだらない話ばかりします。
たまにまじめになります。

中学の一年間を一緒にすごしただけで、10年ちかくも会い続けてるっていうのはけっこうすごい。

卒業してからのつきあいの方がずっと長い。


「終電で帰る」と言う、かなりできあがっちゃってる男の子を送り出して。

それよりも後に、反対側のホームで電車を待っていた他の子から電話。

その男の子がベンチで寝てるという情報。

思いっきり逃してる!終電!

うけた。

そのあと、深夜に外にでてみたら、その男の子が飲み屋の前のベンチに移動して寝てた。

さらにうけた。

起こしてみるも「このまま寝てるからいーんだ」と言われて帰りました。

今日、電話で話したところ、「あのあと雨降ったんだけど気にせず寝てたんだー★」だってさ。

自由だなー!!!

キャラが濃い。


最近思うのは、もしも今であったら、もとのクラスメイトたちとこんなに仲良くなるかなあということ。

公立の中学には、いろんな子が集まる。
頭の良さも違うし、運動能力も違う。趣味嗜好も違う。

歳をとるにつれ、よくもわるくも「似てる」人たちが集まるようになる。

同じ大学や専門学校の中では、頭のレベルも大体みんな同じ。
専攻も同じ。

そういう環境の中では出会わないだろうなーっていう子たちが、中学のクラスメイトの中にはたくさんいる。

だからおもしろいんだよなー、と思う。


午前中から、深夜まで。

ノンストップで遊んでやりました。


今日はのんびりワンピースづくり。

それからお風呂そうじ。

むかしつけていた日記を読み返したり。


だーっと遊んで ゆっくり休む といういいかんじの週末でしたん。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
オーバーオールをさがしにでかけました。
学校の先輩たちと。

文化祭準備のときにみんなで着たらかわいくない!?
という、ただそれだけなんですが。

古着屋行って、カフェでお茶しただけなんだけど、なんかすごいたのしくてー。

なんであれだけ笑ってたのか。

1年ぶりにプリクラを撮ったりして、もう大はしゃぎです。


やっぱり学校はいいなー。


夏休みなんかなければいいのにな。


来週は学校の人たちがやるクラブのイベントに行くだよ。

それを楽しみに、バイトまみれの毎日を泳いでいくんだ。


そういえば、カーサブルータスという雑誌の今月号が、「日本建築の基礎知識」というやつ。

わー いいー!
と思って行った本屋さん。

「申し訳ありません、品切れです」

って二軒つづけて言われちゃってショック。

なんでーなんでー

いかにも人気なさそうなトピックなのにな。しょぼん。


ほしい本や雑誌は尽きない。

知識を身につけることが、もしかしたら人並み以上に好きなのかもなあと、活字ばかり読んでいる自分を振り返って思う。

文章だけじゃなくて、ビジュアル的なものも。
洋服に限らず、いろんな「形」をみてるのも好きなんだよなー。

いつからか、森とか川とか空とか雲とか、そういう自然のものがほんとにきれいだなと思うようになった。

人がつくる「いい」ものと、そういう自然のきれいなもの。

そういうのをもっと見たいなー、と思う。


今日は地元の本屋さんで雑誌ハンティングだぜー
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
毎日 とてもつもなく忙しくしているのに 「めぐまれてる」 と言う。

失恋したのに 「恋っていいなあ」 と言う。

これからのことを、迷っているのに 「がんばるよ」 と言う。


ああ かなわないなあ。
と私は思う。

まだまだだなあ、と思う。

がんばらなくちゃいけない。



「今日の猫村さん2」買いました。

だいすきだー。

猫の家政婦、猫村さん。
優しい猫の、猫村さん。

猫好きにはたまらないまんがだと思う。

すでに2回読んだ。

ほしよりこさんの描く絵は、まさに「へたうま」。

ものすごいうまいのを隠してるでしょー!ってかんじ。

それがなおのことたまらない。


さあ 今週末は、大好きな街にバイトを探しにゆく。

毎日通うところは、好きなところがいい。

コンクリートジャングルの中で遭難しかけて、そう思った。痛切に。

なんか息苦しくて。新宿。

向いてない。


好きな場所で好きなことをして、笑って暮らしたいだけ。

それだけです。


それだけなんです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
関西への旅を終えてかえってきた。

つらいー。
もっと長く、もっとたくさん知らないところに行きたかったな。


京都では、「酢屋」という木でできた雑貨を売るお店に行った。

そこは、竜馬がしばらく住んでいたところ。

中は改築されて当時のおもかげは出格子だけになっているけど、「実際竜馬がこの部屋にいた」というだけで感動してしまった。

結局竜馬は酢屋をでて、移った先で暗殺されてしまった。

「竜馬さんをお守りすることができなかった」
とお店の人が言っていた。

その供養の気持ちも込めて、毎年命日周辺に竜馬展をやってるんだそう。

たくさんの人がくるんだそうです。

もうずっと前の話なのに。
ただ何ヶ月かそこにいたってだけなのに。

なんか、すごいなーって思って。
とってもいいなーって思って。

あたたかい気持ちになりました。

それで、なんかうれしくって、そこでてづくりの木でできたストラップを買っちゃったり。

うれしくてばあちゃんに自慢したら「高いわー」と言われて若干へこんだり。


元町では、洋服のお店をまわった。

めぼしいとこはだいたい見た!っていうくらいに。

こんなことを言ったら怒られてしまうかもしれないけど、東京のそういうお店とくらべて、おしゃべりがじょうずな人が多い気がした。

だってげらげら笑ったりしてたからね。服屋で。

何も買わないぞーっていう気持ちで行ってるから申し訳なかったけど。


「いいかんじだな-」と思ったセレクトショップには、私の好きなブランドが入っていた。

なんか、つながるんだな。
と思う。

好きなものをたどっていくと、あ これも好きなんだよ っていうものにでくわす。

それがおもしろいなと思う。

その、「個人的にすきなものたち」には、ぼんやりとした共通点があって。

それが、「ぬくもり」なんだなと、ちかごろは思う。

どこかあたたかいものが好きなんだなと。


意識的に、洋服を中心にいろんな「もの」を見ようと思ってちょっとがんばってて。

たくさんのものたちを見て、自分のフィルターにひっかかるものを集めてみたら、そういうものが多い気がした。


木とか、空とか。
心をこめてつくられた器とか。
着る人のことを考えてつくられた服とか。
体にやさしいたべものとかね。

そういうものが、なんとなーくいいなと思う。

触れていて、なじむというか。違和感がないというか。

目指すところはそこなのかもしれない。


赤木智子さんの書いた「ぬりものとゴハン」という本を読んで、その思いを強くしました。

いい本です。
職人の暮らしにあこがれてしまう。


さ もうねようかな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ロオオオック イン ジャパアアーーン!!!!

前二日間の日程を終えて、帰ってきました。



ほんとーーーうに幸せで やさしくて かっこよくて せつなくて なにより めちゃくちゃに楽しい二日間でした。

ロック、というか音楽のもつ力を涙がでるくらい強く感じた。

死ぬほど暑くて汗びっしょりで砂まみれなんだけど、そんなの気にするのはあとでいいや!って。

今は、この瞬間の歌い手と演奏者とお客さんと音楽のパワーの発散されてるところをちゃんと目に焼き付けておかなくちゃ、って。

あんまりいろんなことを感じて、早く言葉にしたいと思った。
そうしないと逃げていきそうな気がした。



DJ OZMA
文句なしに楽しい。
おしゃべりがとっても上手!
音楽って楽しいでしょ-!と言われてるみたいだった。パフォーマー!

175R
なんとなく見に行っただけだったけど、よかった。
飛び跳ねた。バンドの音ってやっぱり大好きだ。と思った。
「体調管理ちゃんとしてね」って何度も何度も言っていて、なんか愛を感じた。

bonobos
大大大好きなバンド。
かなり前の方で、すっごく間近で聴けて感動した。
最高に最高によかった。
林の中、大きな空の下できくボノボは格別にいい。

それと、すごく印象に残ったのが、ドラムの方の笑顔。
本当に楽しそうに、幸せそうに叩いてた。
軽くほれました。
ああいう表情しながら生きていきたいと思った。

平井堅
ちょっとしか見れなかったけれど、それでもやっぱり圧巻。
最後にピアノを弾いてくれた。
叶わない恋をする男の人の話。切なさがのどもとまであふれるよう。ちょっと泣いた。
心の形が現れるようなかんじ。
ほんとうにすごい人なんだと思った。

Dragon Ash
降矢くんの表情が、ほんとうにすてきでした。本当に。
あんなにやさしい顔をする人は、あんまりいないと思った。くぎづけでした。
ちょっと泣いてた。
それ見て泣きそうになった。

歌い手はお客さんを必要として、お客さんは歌い手を必要とする。
その気持ちがちょうど同じ強さでひきあった瞬間だったと思う。

くるり
かっっこいい。
かなり好きでしょっちゅう聴いていて、淡々としてイメージをずっと持ってたんだけど。
実際は、正真正銘の「ロック」。
魂込めて歌ってた。
風邪をひいてるのに最後はものすごいシャウト。
ああーこの人たちも命かけて音楽やってるんだ。と思った。
ほんとにかっこよかった。


オレンジレンジ
「陽気なおにいちゃん」程度の認識で、ふうーん、と思っていたけど やっぱり彼らはきちんと「表現者」。
汗びーーっしょりになって、いろんな曲をきかせてくれました。
なんかね、見直した。「ロック」だった。

NATSUMEN
ラッパの音が入っていて、好みなかんじの曲をやってくれました。
インストバンド。芝生の上に座って、好き勝手に体を揺らしてきもちよく聴きました。
これから来るのかなあ。

ACIDMAN
うん かっこいい。
じっくり聴いた。
あの世界観はやっぱりオリジナリティーがあって、アシッドマンサウンドだなあと思いました。
それくらいの個性がないとだめなんだよね。きっと。
言うことなし。

ELLEGARDEN
ロッキンで歌えることが本当にうれしんだろうなあ、と思った。
エルレをみれてわたしたちだってうれしいんだけどさ。
聴いたことのある曲は少ないので、もっと聴いてみようと思いました。
なんだかいろんなことを考えているみたいで、「なんかよくわかんないけどがんばれ!」と思ってた。
ちゃんと、ロックをやろうとしてるバンドなんだなあ。がんばってほしい。

YOUR SONG IS GOOD
実はノーマーク。
ランクヘッド見にいこうと向かう道の途中で音合わせの音を聴いて、「これやばい」と思って急遽見に行ったバンド。
まじで、やばかった。
スカっぽい音で、最高にハッピー。踊り狂った!ひとりだったけど気にせずに!
楽しくて楽しくて、自然とにこにこしてしまった。
ボーカルのMCも堂に入ってて最高。ライブは間違いなく楽しい。

スピッツ
もーーー、言葉にならない。
ちょうど夕暮れどきで、空が夕焼けの色。
濃い緑の木々の間に落ちていく、したたるような夕日。
少し涼しい風が吹く。
その中で聴くスピッツっていったらもう。ね。
映画のハチクロの歌も歌ってくれて、本当に幸せ。
やっぱり「スピッツワールド」は完全に確立されていて、その中で漂うのがすごい気持ちよかった。

Cocco
こっこが終わったら、わたしのロッキンはおわりで。
それが悲しくて、「現実に戻りたくないなあ。。」と思いながら始まったこっこのステージ。

もう夜になってて。
ライトの中でこっこの影が浮かびあがったときに、鳥肌がたった。
彼女の歌には、心を揺さぶるなにかがあるんだ。と心の底から思った。
ほとんど体を動かす余裕もないくらい引き込まれて、じっとみつめていました。

MCのときのこっこがすごくて。
あの独特の話し方で、子供が話すみたいな純粋さでいろんなことを話してくれた。
昔もらったさんごのブレスレットを、ステージに戻るときにつけようと決めてたこと。
それをつけてロッキンにでられてうれしいってこと。
この夏はツアーをやっていて、特に愛しい夏だってこと。
一曲でも多く、一分でも長く歌っていたいということ。

それから、一日一日を、大切に生きようと思ってるってこと。

そんなにびっくりするようなことはひとつも言ってないのに、それをきいていたら泣けてきた。
まっしろな心で、心の底からそう思ってるんだなということが直接伝わってきてしまって。

まわりにいた人たちも、何人か泣いてた。

こっこは、やっぱりすごい。
心をまっすぐ届けることができる人。

たくさん聴かせてくれてありがとう。と言いたかった。


フェス二日目の終わりを告げる花火があがって。
友達と芝生を歩いた。

「がんばらなきゃね。」
「ほんとにね。」

っていうことを何度も違う言葉で言った。


ギター、ベース、ドラム。
たまにラッパ隊。DJの使うやつ。

目に見える器具を使って、歌を歌う。

なのに、そこには目に見えないなにかがあって。

それがなんなのかはわからないけど。

だけどやっぱり確かにそこにあって。

それが、私たちの、目には見えない「心」をゆさぶる。

音楽っていうのは不思議。


わたしたちは血と肉と骨でできているけど、それだけじゃないんだな。

それ以外のなにかが、体のどこかでその「目には見えないなにか」に反応するんだな。


目に見えないものに触れようとすること。それに少しでも近づこうとすること。
それが表現するってこと。

それを表現したくて、それがなにかを知りたくて、ギターを練習して、ボーカルと音を合わせる。

そんなかんじがした。


たくさんの想いと熱が、すごい塊になってこっちに向かってきた。

その姿がみんな一様に真摯で真剣だから、届く。

やり方は全然ちがうんだけど、届くものはおんなじっていうか。

それがきっとロック魂ね!


帰りの電車はやっぱりさみしかったけど。

たくさんのバンドたちが教えてくれたのは、さみしがることじゃなくて。

前に進むことなのだ。

だからね。

来年、また会うときを楽しみに。
自分の日々を歩いていくのだ。


今日出演した、大好きなohanaのCDをききつつ。


ロックさいこーーー!!
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
明日から、ロッキンの旅にでます。Rock in Japan Festival 2006。

家があまりにも遠いわたしは、始発ででてもバスに間に合わない。
なので友達の家に厄介になりに行きます。

バイトでけっこうつかれてるはずなんだけど、遠足の前日みたいであまり眠くない。

こまった。


こないだ借りた、ラーメンズの公演のビデオを消化。

めっちゃいい!!

お笑いの人、というイメージしかなかったんだけど実際はそれ以上でした。

脚本、構成、演出がいいと思った。
素人目には。

ひとつひとつの話がバラバラのようでいて、細い線でつながっている。

そのかんじが、「やりますねー」っていうかんじ。

センスがいいんだな。

もっとみたいな、と思わせる作品でした。

うん、作品っていうかんじだな。
コントっていうより。

好きなものがまたひとつ増えた。
うひひ


笑えるDVDは、いい。

笑い飛ばすっていうことの大切さを、最近は感じています。

なんだって、笑い飛ばしてしまえればいちばんいいのだ。


ああああ ロッキンたのしみーー!

「終わっちゃったら悲しいなあ」 なんて、始まる前から考えてしまうほど。

そういう、おまつり騒ぎが好き。

花火大会や、文化祭。ライブ。それにフェス!

その日限りのひとつのものを、みんなでよってたかって作りあげていくような。
うわーー!ってひとつになるような。
そういう感覚。

その瞬間しか見ることができないから、きらきらして見えちゃうんだなあ。


フェス初参戦。

ペットボトルホルダーまで買っちゃうくらい気合い入ってます。

宿が、ものすごい大勢と相部屋だという事実を数日前につきつけられて呆然としたけど。笑

「平気だよ、友達できるといいよねー!」
という友達のメールに、ほっとして励まされたのでした。

うん。
笑い飛ばせ。
なんでもかんでも。


朝から晩まで、いろいろな形の音のつぶにまみれてくるぜ。

熱意の海の中に飛び込むぜ。




どぼーーん!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ひさしぶりに話した人に、近況を報告。

夜間の学校に行ってるっていうこと。
昼間はバイトをしてるってこと。

お金なくってねー、と笑いながら言ったら、「底辺だろうね。」だって。

まあ、そうですね。
そうなんだけどね。

すごい言い方するなあと思った。

たしかに同い年の子たちに比べたら全然貧乏。

でも、自分で選んだこと。
全部考えて、考えて考えて決めたこと。

お金ないねー!と言いながらサイゼで友達とごはんを食べたり。
なんにも買えなくてくやしー!と笑いながらすてきなお店をまわったり。

一人暮らしができないことで親に迷惑をかけていることは、本当に嫌だけど。

それ以外では、深刻に悲しくなったりしないんだよなあ。

でも、やっぱりまわりから見たら「底辺」だったりもするんだろうなあ。


人とちがうことをするっていうことは、そういうまわりの様々な反応も受け止めるってこと。


高校をでてから今までで、何度も感じたこと。

「人と違う」ならそれだけ、ちゃんと胸を張っていられる理由がないといけない。

やっぱり、力を使うことだから。


今できることを一生懸命に、全力で楽しくやる。

そうすることで、わたしは自分の背中を押す。


いろんな人生がある。

いろんな個性が、いろんな場所で、いろんなことをする。

同じ人生なんて、ひとつとしてない。

だから、その「価値」をはかることもできない。

どこにいても、何をしてても。

柔らかい心で精一杯やっていれば、どんなことでも同じように尊いんじゃないかと思う。


病気の友達がいて。

彼女は療養しなければいけないから、学校にも行けないし就職もできない。

それを、すごく後ろめたく思ってるみたいだ。

だけど、それだって。

病気という理不尽と闘うこと。
その中でしか見えないものを見たりもすると思う。

そのことに、「価値」はないのかな。

なんにもしてないから怠けてる、なんてことはあるはずがない。

そこにはちゃんと「価値」があると、わたしはおもった。


話がそれたー


お金や、学歴や、その他もろもろの、目に見えるもの。

多分それだけじゃ、ないんだよ。

むしろそれ以外のところに、大切なものがあるんだよ。


と思ったのです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。