Warwick大学院留学への道

2017年10月より、イギリスWarwick大学院でマスター(MA in ELT)を開始しました。同じ大学or分野の志望をしている方の少しでもお役に立てればと思います。


テーマ:

先週、日本への一時帰国から帰って来ました。日本に帰って一週間ほどは課題をやる気にならず、届いていた3つのドラマシリーズのDVDを観たりしていたのですが、それが後に響いてやっぱり課題に追われて全然出かけたり遊んだりできませんでした。しかも日本滞在中に終わらせることもできず、結局は締切前日の今日になってやっと提出したしだいです。Term2はもう少し余裕をもてるだろうか??

 

さて、昨日からTerm2が始まったのですが、まだ紹介していなかったTerm1のモジュールについて書きたいと思います。

Term1のモジュールは

・Spoken Interaction

・Issues & Research in ELT

・SLA and Classroom Language Learning

・Approaches to Written Discourse

・Research Methodology for English Language Teaching

の5つです。このうち上の4つは最初に2時間のレクチャーがあり、次の日に1時間のセミナーがあるというサイクルです。Research Methodologyは週1回1時間で毎回先生が変わり、Dissertation作成に必要な知識や技術、リサーチ方法などを学びます。レクチャーは全員で受けますが、セミナーは3つの小グループに分かれてより少人数で演習を行います。そのため、グループが違うと時間割も違います。そしてIssues & Researchだけは教職経験有り・無しの人で分かれます。ちなみに時間割としては毎日何かしらの授業が入っているので、どのグループに所属していても毎日授業があります。1日に1時間の授業しかないという日もあれば、3コマの授業が入っている日もありました。

 

Spoken Interactionはいわゆる会話の分析で、今まで無意識に話していて考えもしなかったことを学べて面白かったです。アサインメントは会話の録音をしてその分析をするのがメインです。

Issues&ResearchはELTの世界で現在議論されている話題などがトピックに挙げられ、それらについて世界各国から来ているクラスメートと話し合うのもとても興味深かったです。

SLAは私がまさに学びたかった一番興味のある授業で、motivationやautonomy、言語習得と年齢の関係などためになるテーマばかりでした。実際に指導法の例を教えてもらったのも良かったです。

・・・と、ここまでのモジュールはとても勉強になってわりと楽しく学ぶことができたのですが、Written Discourseだけは別!このモジュールは最後まで理解を深めることができませんでした。文字通り書き言葉についての分析なのですが、まず出てくるボキャブラリーが難しすぎる。そして毎回与えられる情報量が多すぎな上に、全てが新しくて専門的な用語ばかりで全くついていけない!これは私だけではなく、ネイティブの人たちでさえ理解ができなくて、不満を漏らしていました。みんなこのモジュールだけは難しすぎて嫌がっていました。正直、担当の先生も早口すぎるし説明がわかりづらかったし。。。最初は何とかついていこうと予習・復習をしていたのですが、そのうち他のモジュールのアサインメントのリーディングをしなければいけなくなってくると、全然復習もできなくなって放置してしまいました。そしたら、いざWritten Discourseのアサインメントに取り掛かってみるとわからないことだらけで一から見直さなければならず、本当に苦労しました。。。最後まで残したアサインメントはもちろんこれのことです。苦笑

 

ほとんどの先生はその道の権威の方ばかりで、授業はためになりました。でも、中にはそのやり方どうなの?という人もいて…。基本的にはレクチャーで理論を教えてもらい、次の日のセミナーで前日学んだことの演習をします。例えばSLAだったら、前日に教わった教授法をセミナーで実際に自分たちが生徒役になってやってみたりしました。

ところが、ある先生はレクチャー授業の前日か2日前にメールを送って来て、その授業までに読んでくるようにと言って2つのリーディングを課してきます。でも私にとっては内容が難しく、読むには読むけど内容は全然理解できないのです。1日で2つのリーディングをこなすには、読むだけが精一杯というのもあります。でも授業ではレクチャーであるはずなのに先生は何も講義をせず、リーディングで全てを理解したという前提のもとに授業を進め、読んできた内容について隣の人と意見交換をしろと言います。でも、全然理解していない私にとって、内容を話せと言われても無理!いつも友達に悪いなーと思って、その先生の授業が苦痛でした。結局その先生の授業ではレクチャーもセミナーもほとんど区別がなくて、ずっとクラスメートとの話し合い。知識もスピーキングスキルも足りない私にとっては苦痛の時間でした(>_<)その先生のオプショナルモジュールを取らなくて本当に良かったと思います。

どの授業も、本当は事前にリーディングをしておいた方が理解が早いと思うのですが、こんな感じで宿題としてリーディングを出されたり、アサインメントのために膨大な量のリーディングをしなければいけなくなると、もう予習のためのリーディングをする時間はなくなってしまいます。私は大学では別の専攻だったので、今回学ぶことは全て新しいことばかり。日本語でもいいから、マスターが始まる前に色々な文献を読んで、ある程度の知識を得ておくことが大事だと思いました。

 

ちなみにTerm1のモジュールは10月1週目に始まって、11月最終週で全てが終わります。12月は授業がありません。一時帰国をしたいと考えている人は、参考にしてください☆

それからアサインメントですが、Research MethodologyはTerm2にDissertationのproposalを提出するとのことで、Term1ではアサインメントはありません。SpokenとIssuesの締切が12月上旬から中旬、SLAとWrittenは1月上旬が締切です。Term2こそは早めに終わらせたいな。。。


テーマ:

久しぶりの更新になってしまいました~。

日本に帰る前に全てのアサインメントを終わらせるためには、計算すると10日で1つを終わらせていかなければいけなかったので、大学でも自宅でもとにかく空いている時間は全てリーディングとライティングに費やしていました。そんな中でも授業のためのリーディングの宿題も出たりして、なかなか思うように時間が使えず。明日、日本に帰るのですが、結局アサインメント1つ残してしまいました(T_T)

 

Term1自体は11月中に全てのモジュールが終了。そのため、12月に入ってからは大学に行かなくて良くなったし、アサインメントに集中できるはずだったのですが・・・。やはり1つにつき2週間はかかってしまいました。日本滞在が2週間ちょっとなので、結局最後のアサインメントに追われてあまり楽しめないのではと心配。締切はまだ先なのですが、とにかく早く終わらせてしまいたいっっ。

そしてついこの間、最初に締切があったSpoken Interactionのfeedbackが戻って来たのですが・・・自分ではすごくできたわけではないけどまあまあかななんて思っていたら、全然評価が良くなくてガッカリ(>_<)

やっぱり内容を詳しく見られるのでなかなか厳しいですね。でも一応頑張ったつもりなのに…とちょっとやる気を失いました。でも逆に開き直って、とりあえずpassさえすればいいんだから、どのアサインメントもさっさと終わらせて後は同じ評価でもいいかなとも思ったり。もう既に一回この成績を取ってしまったので。笑

ただ、referenceの活用に関してだけは一番いい評価だったので、一応リーディングを頑張った成果かなと思います。でもやっぱり大学院レベルともなると、なかなか厳しく評価されますねー。

 

ブログで色々と書きたいテーマがあって、アサインメントを全て終わらせたら日本でどんどんブログを更新しようなんて目論んでいたのですが、それができるか怪しくなってきました。。

そしてこっちにいる間にAmazonで購入したアメリカorイギリスの連ドラのDVDが3セット届いているはずなので、それを観るのも楽しみにしていたのに、そんな時間があるのかどうか・・・。

色々心配事はありますが、とりあえず束の間の日本滞在を楽しんできたいと思います!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


テーマ:

Trial assignmentの取り掛かりが遅くてとても苦労したので、Trial assignmentが終わったらすぐに次のアサインメントに取り掛かることにしました。締切が早い順にということで、まずはSpoken Interactionの1つめの課題から。Trial assignmentよりはするべきことがはっきりしていたので、毎日コツコツ続けてやっと今日で一応完成しました。締切の5日前!!そしてまた次は2つ目の課題に取り組もうと思います。

Term1のモジュールは5つあるのですが、そのうち1つは課題の提出がTerm2。でも先ほど触れたSpoken Interactionはpart1とpart2の2つに課題が分かれているので、実質アサインメントは全部で5つ。日本に一時帰国する前に全ての課題を終えたいところですが、まあおそらく無理でしょう。今やっと5分の1が終わったところで、あと1ヶ月と10日ほどで残り4つを全て終わらせるのは相当頑張らなければ無理でしょうね。これから膨大な量のリーディングをしなければいけないと思うと、ゾッとします(>_<)

 

授業のサイクルには慣れてきて、空き時間に図書館に行ってアサインメントをやったりリーディングをしたりしています。授業の2日前や前日に、教授から急に授業で扱う内容のリーディングをしておくようにというメールが来たりして、そんなときは時間のやりくりに困りますけど。

そして5つのモジュールのうちの1つ、Approaches to Written Discourseという授業が難しすぎていつも頭の上に?マークが…(汗)。最初のうちは復習をして何とか追いついていたのですが、最近はアサインメントのために復習する時間も無いし、だいたい復習しても全く理解できないこともあって、本当に大変。。

でも救いなのは、理解できていないのは私だけではなくてイギリス人のネイティブも含む他のクラスメートも同じだということ。みんなで「全く理解できないよね」と愚痴りながらも助け合っています。

 

そんなこんなで、土日も買い物に行く以外は家にこもってひたすらアサインメント!Facebookで近場にミニ旅行に行った様子をアップしているクラスメート見ると、一体そんな時間がどこにあるの??と不思議でたまらないですが、大学院はこんなに時間に余裕が無いものなのかと自分でもびっくりしています。せっかくイギリスにいるのにーーー。まあ、勉強に来ているので仕方ないですね。

本当はもっと書きたいことはたくさんあるのですが、そういう事情ですので、今日はこの辺にして次のアサインメントに取り掛かります。

Term1の授業自体は11月中に全て終わるので、あともう少し頑張ります!!

 

↓ランキングに参加しています。良ければ、応援クリックお願いします。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


テーマ:

予想以上に苦しめられたTrial assignment。ワード数は2000で、Pre-sessionalのときに1700ワードくらい書いていたので、そんなに違わないしすぐにできるかと思っていたのですが・・・。

まず、トピックが広すぎてテーマを絞り切れなかったこと、自分の国の現状について書かなければいけなかったのですが、かえってreferenceを探しづらかったことが響きました(英語でも日本語でも)。そして何より、Trial assignmentを提示した先生がゆったりした方で(笑)、「詳しくは来週説明するから」と言っていたことを信じて、取り掛かるのが遅かったのが最大の失敗でした(>_<)そんな言葉を信じないで、自分のペースで早めに始めるべきでした。

マスターの場合、各モジュールのアサインメントは既にmoodleに載っています。先生から細かく、いつ頃から取り組むといいみたいな説明はなく、詳細を読んで各自で取り掛かっていくという感じです。もちろん質問や相談に応じてはくれますが、自分で計画的に取り組まなければいけません。今回のTrial assignmentの失敗から学んだことを生かして、モジュールのアサインメントには早めに取り掛かろうと決意しました。

 

そんなわけで、授業の予習のために頑張ってやっていたリーディングもそっちのけに、授業の合間や大学に出かける前の朝の時間など、毎日時間があれば常にreferenceを探して読んだり、ライティングをしたりしていました。提出したのは締切前日の夜遅く。私としてはこんなにギリギリになってしまったのは不本意でした。

それでも、やはりPre-sessionalを受けておいて良かったと心底思いました。マスターではライティングの書き方についても説明はほぼ0、referenceの書き方の説明はありましたが、本当にサラッとしたもので後は資料を読むようにという感じでした。マスターから参加している友達は特にreferenceの書き方がわからず、私が説明してあげたくらいです。笑 それとライティングだけではなく、referenceを探したり読み込んだりすることも練習になっていたと思います。特にリーディングに関しては、日本にいるときは読んでも読んでも全然ページが進まなくて途中でギブアップしてしまっていたけど(苦笑)、それに比べると読むスピードも速くなったと思います。まだまだ時間はかかりますけどね。

無事にアサインメントを提出できたのは良かったのですが、やはり合唱団に所属するのは諦めることとなりました。このリーディングとアサインメントの量、そして他にも平日に用事が入ることを考えると、とても毎週固定した時間に参加するのは無理という判断に至りました。とても残念ですが。。。

 

Week2になって、本格的に全ての授業が始まりました。内容は、もちろん自分の興味のある分野なので面白いです。様々な国の現状を聞けるのも面白いです。先生方もその分野の権威の方たちばかりなので、授業の進め方もテンポよくわかりやすかったりします。ただ、やはり日本語でも知らなかったような専門用語が英語で出てくるので、それを覚えるのがけっこう大変です。ある先生は授業のテンポが速すぎて、専門用語も当然知っているかのようにどんどん進んでいきます。本当は事前にリーディングをしておくと少し楽になるのですが、何せアサインメントのために予習も復習もする時間がなく・・・ついていくのがなかなか大変です。アサインメントが終わった今、この授業に関しては復習を少しずつやっていきたいと思っています。

授業以外のことでは、week3の金曜日が、optional moduleの登録締切日でした。この選択科目を決めるのにもけっこう迷って、担当教授のところに話を聞きに行ったりして、やっと決めることができました。

 

先週土曜日には再びロンドンに行って来ました。アサインメントが全然進んでいないのに、土日の1日がつぶれるのはかなり痛い!でもパソコンを持って行くのはさすがに重い・・・ということで、電車の中でひたすらリーディングをして、引用に使えそうな部分を探していました。片道2時間近くかかるので、けっこう進みましたね。ロンドンに着いてからも、ランチ食べながらリーディングしたり・・・。せっかくの楽しいミニ旅行のはずが、ちょっと悲しかったですけどね。次に行くときは純粋に旅行だけを楽しみたいです。

 

他にも書きたいことがあるのですが、そろそろ勉強に戻ろうと思います。Trial assignmentが終わったので、少しはゆったりと勉強に集中できるといいなと思います。feedbackが怖いですが。。。(--;)

 

↓ランキングに参加しています。良ければ、応援クリックお願いします。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


テーマ:

ついにマスターが始まりました!初日はELT所属のpostgraduate生が一堂に会して、MAについてのIntroductionがありました。次のELTには7種類の専攻があります。

 

English Language Teaching

English Language Teaching (Studies & Methods)

English Language Teaching (Specific Purposes and Acaemic Purposes)

English Language Teaching (Young Learners)

English Language Teaching (Testing & Assessment)

English Language Teaching (ICT)

English Language Teaching (Teacher Education)

 

この中でTeachingの経験が2年未満の場合、専攻できるのはStudies & Methodsしかなく、Pre-sessionalで一緒だったクラスメートは大学卒業してすぐに来ている人がほとんどのため、みんなこのELTSMです。そのため、ExperiencedとNon-experiencedに分かれた場合、中国色がものすごく薄まりました。笑

全ての専攻を合わせると50人くらいいます。17の国籍がそろっているのだとか。ELTSMとそれ以外の専攻はだいたい半々くらいだと思います。私のspecialismであるYoung Learnersは何とたったの3人!!せめて7~8人くらいいるかなと思っていたのですが・・・ちょっと残念。でも他のspecialismもだいたい数人ずつのようです。ちなみにYoung Learnersの他の2人はチリ人と台湾人でした☆

Term1は全部で5つのモジュールがあり、そのうちの4つはどのspecialismも共通して履修します。50人全員で受講するものもあれば、small groupに分かれるものもあります。そして残りの1つは、ELTSMとそれ以外に分かれ、モジュールの種類も違います。Term2になると自分の専攻に関わるモジュールが入ってきます。

 

さて、2日目は早速レクチャーがあり、グループに分かれてdicussionをしたりしたので、少しずつクラスメートの名前もわかってきました。2日目の授業後にWelcome lunchがありました。

3・4日目もレクチャーとセミナー。Personal Tutorとのミーティングもありました。4日目は全てグループに分かれて行われたので、グループの違うクラスメートとは顔も合わせなかったので何だか変な感じ。笑

5日目はLibrary Inductionだけでしたが、既にPre-sessionalのときに聞いていたことだったので、行かなくても良かったかもという感じでした。出席も取らなかったし、全員来ていたわけではなかったし。

こう書いてくると1週目は簡単に見えるのですが、早速各科目ごとにその週ごとのReading listが提示され、その週が過ぎてから読んでも仕方ないので頑張って読んだり、翌日までの宿題が一気に2つ出たりとけっこう忙しかったです。

 

木曜日にExperiencedだけが対象のIssues and Research in ELTの講義があったのですが、ここでやっとELTSM以外のクラスメートの顔ぶれがわかりました。中国系は本当に数人で、イギリス人を始めとして(2人だけですが)、アジアや南アメリカ、アフリカなど様々な国のエキスパートがそろっているという感じです。まだそれほど全員と親しくなっていないので詳しくはわかりませんが、それぞれ自国の学校や語学学校で先生をしていたり、外国で英語を教えていたり、大学で英語を教えていたりと錚々たる経歴!しかも英語がOfficial Languageになっている国の人も多いので(特にアフリカ)、みんな英語力がかなり高い!ほぼネイティブと言っていいくらい。私はそんな中に自分がいていいのだろうかと小さくなっています(笑)。自分とはまるでレベルが違う感じですが、色々な国の英語教育や教授経験についての話を聞くのはとても興味深いですし、ためになります。

 

授業以外では、スポーツクラブやSocietyのフェアに行って来ました。イギリス人と知り合うチャンスだし、興味深いものもたくさんあったのですが、今の自分の勉強の状況からすると色々なSocietyに入るのは難しいと判断。やっぱり学部生向きなのかなと思いました。中心となってやっている人たちもみんな若いですしね。なので、自分の都合のいいときを選んで出席できるボランティアに参加することにしました。

ボランティアに関してはそれだけで独立したフェアが行われるほど、規模が大きいです。単なる1つのボランティアクラブみたいな感じではなく、様々な団体が関わっていて、興味のあるそれぞれの団体に個別に登録して、定期的に届くメールを見て参加できる活動を選ぶという形です。

 

大学以外のこととしては、地域の合唱団の見学に行って来ました。やっぱりマスターの中でイギリス人と関わるのは難しいし、地元の人と交流をしたかったし、何より歌うことが好きなので!

合唱団はメンバーが90人くらいいて規模が大きく、けっこうレベルが高い感じがしました。年配の人が多いですが、みんな親切で話しかけてくれたりしました。練習している曲の傾向も私の好きなタイプだし、かなりいい感じだったのですが、問題は毎週定期的にきちんと練習に参加できるのかということ。。。

ただでさえリーディングに常に追われ、日々の宿題やアサインメントに追われている中で、毎週固定した時間と場所に行かなければいけないというのはかなり大変。でも、できれば時間をやりくりして継続していけたらと思っています。とりあえず来週ももう一度見学に行くことにしています。

それから前回触れたアルバイトのことですが、諸事情により今後ブログで書くことは控えさせていただきます。すごい怪しい感じですが、決して悪いことをしているわけではありません。大人の事情と言ったところです(笑)。気になる方はメッセージをいただければお話しできます(誰も気にならないと思いますが)。

 

本当に、毎日リーディングに追われています。Personal Tutorはもちろん全部は読まなくてもいいと言ってくれましたが、ただでさえみんなより英語力も知識も劣っているので、少しでも追いつくために読まなければと思ってしまいます。そして来週金曜日にはライティングのtrial assignmentを提出しなければいけないのです。自分で設定したトピックではないせいか、進みがものすごーく遅くて。。。間に合うのか??

というわけで、ブログの更新も週に一度と自分に課してしまうとプレッシャーになるので、今後は時間の空いたときに書くようにしたいと思います。・・・と言いながら、結局は毎週書いていたりして。。。笑

 

↓ランキングに参加しています。良ければ、応援クリックお願いします。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。