つれづれパリ日記

パリでの日常-マルシェ、お食事、ファッション、バレエ、スポーツ、読書など、日々のささやかな幸せを丁寧に綴っていきたいです。


テーマ:
日本は
バレンタインの日にチョコレートを贈るという習慣が
しっかり根付いていて
一年間でチョコレートが一番売れる
バレンタインの時期の少し前に
チョコレートの祭典「Salon de Chocolat」が
東京で開催されることもあり
フランス人のショコラティエは
この時期
日本へ行く人が多いです。
 
フランスでは
チョコレートの箱にサインをしたり
一緒に記念写真を撮って下さい、など頼まれる機会が
きっとほとんど無いので
ショコラティエ達は
大歓迎される日本へ行くのが
毎年楽しみなんだろうな〜。
 
image
 
image
 
最近の
私のお気に入りのショコラティエは
「CHAPON」です。
→HPはコチラチョキ
 
ショコラティエの
Patrice CHAPON氏は
ロンドン、バッキンガム宮殿で
お姫様専属のアイス職人をしていたという
面白い経歴の持ち主で
その後
ショコラティエになったとのこと。
 
昨今のほとんどのショコラティエは
カカオから精製されたショコラを購入して
チョコレートを作るのが主流とのことですが
「CHAPON」は
世界でも数少ない
Bean to Bar工程
すなわち
豆から(チョコレート)バーになるまで
カカオ豆を選別して買い付け、焙煎、配合、加工までを自社工場で行っているという
数少ないショコラティエの一つなのだそうです。
 
{4280CDC0-476C-4E64-A794-C6BC20B882E4}
 
自社工場でカカオを一括管理製造するというのは
コストもかかり
大変だと思うのですが
ショコラを自社工場製造にこだわり
世界中を旅してカカオを買い付けてくるなど
こだわってチョコレート作りをしていると聞くと
お値段も他のショコラティエとほとんど変わらないし
パッケージも可愛く
何より
とっても美味しいので
チョコレートを買うなら
「CHAPON」へ買いに行く
今日この頃です。
 
 
{B0AC26C3-6376-4313-AB64-6C8F13840A36}
 
{2BE4A0EA-0F40-49B4-81AC-A4ADAC2A7B83}
 
私が知っている限りでは
リヨンに店を構えるショコラティエ
「BERNACHON」も
Bean to Bar工程で
チョコレートを作っているそうです。
「BERNACHON」のSalon de Theで
チョコレートケーキを食べたい〜!!
 
さて
バレンタインの日
フランスでは全く盛り上がらなくて
せいぜい
「Happy Valentineラブラブ」と言ったり
カードを送ったりするくらいです。
 
同僚ちゃんは
スマホ携帯で
可愛い写真とpetit mot doux=短い一言メッセージを
家族や仲の良い友人に
SMS=ショートメールで送るために
可愛い写真をネットで探したそうです。
その写真を何枚か
もらっちゃった〜ドキドキ
 
imageimage
 
imageimage
 
imageimage
 
image
 
癒される〜ドキドキ
 
バレンタインに
カードを送ることに合わせるように
毎年この時期に
ハート型の切手が
販売されますが
このハート型の切手が可愛くて〜ドキドキ
→過去のハート型の切手のことはコチラチョキ
 
{07E97178-8739-4E12-BA59-E025A209F497}
 
{926E3998-7F21-4036-8D94-04E69A4FFCCC}
 
今年は
BALMAINのデザインで
華やかなハート型の切手!
 
{AC0157BF-8363-47ED-803A-4A17E92BD8AD}

ついでに
シャガールの切手シートまで
購入してしまいました。
 
Happy St. Valentine's Day〜ドキドキ
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
この冬のソルド時期にも
憧れのCHANELへ行って来ました。
 
{99B3E181-5F1F-4AE0-8B93-6E733216A21B}
 
 サントノレ通りにあったCHANELの
化粧品を扱うブティックと
靴を扱うブティックの2店舗が入った建物が
大改装中でしたが
その工事を隠す板に
カール・ラガーフェルド氏のデッサンが描かれていて。
 
{D2F18712-F56A-40DD-9C97-C5E10BEAA69E}
 
{81B201E9-3360-47C4-8A71-F54D0AD02788}
 
工事中にはよく
綺麗な板で目隠しされていますが
こういう感じ
パリっぽいです〜。

サントノレ通りを通って
CHANEL本店のある
Rue Cambonへ足あと
 
{4C1136EC-CFC3-42A2-AD02-209312CE53FC}
 
{396C9422-021B-4862-B51A-9FD8CDF6A334}
 
{6CB983D3-7FBC-4E6A-8378-54BEAA2CF233}
 
{E00D69CC-70C0-4739-85F9-A073AC6C4085}
 
{1D400901-7B33-4883-9DD1-DB24A08EE509}
 
{6AE773E1-1152-40D7-BA85-19D5B1CD95C5}
 
{19B6E565-7C00-4554-8809-E53546993F55}
 
ディスプレイのトルソーは
全て
靴下ファッションですね〜。
 
{1A06DA9C-DCDC-4BEC-B535-2AAF23B2DC2F}
 
飲み物を出して頂きながら
iPadを見て
「このお靴はありますか」と
欲しかったお靴の画像を見せるとダウン
 
{94637E98-6285-4EBC-A40A-F19154B38DB8}

ありました〜ラブラブ
30%オフで
欲しかったお靴が購入出来て
ラッキー宝石赤
 
今までのお靴は
靴下を履くとちょっときついお靴ばかりだったので
靴下ファッションにしたくて
半サイズ
靴のサイズを上げてみました。
 
後日
夏のセール時に購入して
一度も履いていなかったブーティーに
ほつれがあるのを見つけて
再びCHANEL本店へ
足を運びました。
 
{1703237D-1BA7-449E-8707-68AFABFCE608}
 
ディスプレイが変わっていました。
 
{9804B23E-1D3C-44D6-BF22-D5E949D79A94}
 
{19C7DB3B-FBA4-4F00-88D4-4DBB8EE24162}
 
{2C2AC14D-AF61-47DE-BA95-F7448AC3CAA7}
 
{01E2332E-9294-45F1-9C44-C2CBA8CE8AAE}
 
{E30336B5-FE27-4B42-9673-CBBC400CB7EA}

お修理をお願いするだけなのに
しかも
ソルド時期に買ったお靴なのに
飲み物を出して頂き
いつも丁寧に接客して頂いて
優雅な気持ちになります。
 
CHANELに来ると
丁寧なフランス語で話しかけてもらえて
なるほど、こういう風に話すとエレガントなのね〜、と
勉強にもなり
お買い物をしているひと時も
大事なひと時だわ〜、と
しみじみ感じるのでした。
 
CHANEL本店が
大好きですドキドキ
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
やっと
2017年のガレット・デ・ロワ特集も
最終回です〜ラブラブ
 
1月第3週の週末で
ガレット・デ・ロワの販売が終わるパティスリーが多いですが
ブーランジェリーでは
1月終わりまで
ガレット・デ・ロワが売っているところが多くて
美味しいという噂を聞きつけて
凱旋門からサントノレ通りへ向かう間くらいにある
8区のブーランジェリーへ行ってみました。
 
{8803B061-9856-4A20-89C7-423F3009DAFC}
 
La Boulangerie Thierry Marx
住所: 51 Rue de Laborde 8区
最寄り駅 メトロ9番線St. Augustin
 
我が家からは
オペラ座界隈へバスで行く時に
途中下車して立ち寄ることが出来る
便利な場所にありましたラブラブ
 
{A4A128B2-8E53-48CF-B3C6-9C0F04E19AB3}
 
お一人様ガレット
galette individuelleも販売しているとのことでしたが
この日は売り切れだったので
えいっと
4-6人用サイズの
ガレット・デ・ロワを購入しました。
 
{C758A8D5-2A13-42DB-95D4-F45B8CEA1884}
 
パンも美味しそうだったので
クロワッサンも購入。
 
{66BBD06D-B6FD-4B02-BDD2-03AD584C0833}
(写真はお借りしました)
 
店内にeat  inスペースがあり
何人か食事していたので
写真を撮りませんでしたが
洒落た内装でした。
 
ちなみに
Thierry Marx氏は
ボルドーのミシュラン2つ星シェフだったそうですが
サントノレ通りのHotel Mandarin Oriental が開業する時に
ホテル内のフレンチレストラン
「Sur Mesure par Thierry Marx」の総料理長に就任。
現在「Sur Mesure」は
ミシュラン2つ星を獲得していて
Marx氏は
テレビにも出演しています。
 
 
料理人になる前に
ブーランジェリーで働いていた経験があり
パン作りに対するこだわりも
強いのだそうです。
 
{D8EE4E05-AFD3-48A1-8553-967FB8A9302F}
 
大きすぎるので
来客の多い友人にお裾分けしつつ
一緒に試食。
 
{E800109B-09B9-440B-88A0-DA8AA6EE7F0A}
 
使っているアーモンドに
こだわっているとの噂でしたが
サクサクパイ生地に
濃厚なフランジパーヌ、美味しい!!
 
{E879516A-4405-4E67-8D5B-3FBC47EFE938}
 
次の日の朝
ちょっと焼きすぎたガレットを食べていてダウン
 
{EF6F53E9-EBEF-4EB3-B64B-CE9873C011DF}
 
当たった〜!!
 
{4064D557-6DA7-44E0-BEBC-DB6B2134FA71}

ブーランジェリーの内装も
バイクをイメージしたような内装だったのですが
Marx氏はバイクが好きなのかしらん。
 
「Thierry Marx」のガレット・デ・ロワで
2017年のガレット祭りを
美味しく締めくくりました。
 
どこのガレットが一番美味しかったかですって?
 
行きたかった全てのお店のガレット・デ・ロワを
食べることが出来た訳ではありませんが
美味しいと思ったガレットしか
ブログにアップしませんでした〜、るんるん。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。