すごい行政書士先生!

テーマ:
午後から、胎児認知届けの追加書類を提出。フィリピンからの書類を翻訳したものです。
離婚の記載のある戸籍謄本を取得しようとするも、字(あざ)名が違うから、発行できませんとのこと。
帰ろうとして、思いついた、離婚届の受理証明書を交付申請したら、本籍地判明。
即座に戸籍謄本交付申請。
委任状は数枚に署名をもらっていますが、受理証明書交付申請の委任状を援用させてくれました。
委任状には、戸籍謄本、受理証明書、記載事項証明書の交付申請受理が記載されているので、オールマイティです。

その後、セミナー会場へ。
偉い行政書士先生のセミナーでした。
短期滞在査証で、アジア人母を日本国籍の高校生の子が呼び寄せて、ビザ変更したというもの。
アジア人母の身元保証人はなく、身元保証書などを短期滞在査証、在留資格変更許可申請の際にも添付せず、という画期的な内容でした。
依頼人の高校生が行政書士事務所に1人で相談に行ったというのもすごいです。
法律には、原則と特例があるということですね。
この偉い行政書士先生、全国の入管申請を手がけている行政書士のトップです。
やはり、名実共にすごい行政書士先生です。
行政書士  岩崎博明


AD