笑う門には猫来る

変わり種アビシニアンと全盲猫リッキィ
お転婆猫3シスターズ&犬一点Mダックス
新たに家族に迎えたシニア猫とチビ三毛猫
さらに加わったやんちゃキジ白子猫
8にゃん+わんのドタバタな日常を綴った日記


テーマ:
 
 
 
本日はバレンタインデーはーとということで。。。
 
 
 
愛してやまないわが家のコたち代表リッキィに~♪(ってほんとは自分用あは
 
 
 
 
 
 
とあるスーパーで見かけた瞬間
 
 
柄にもなく→ここ重要(笑)
 
 
「可愛いーっキャー」と即買いした三毛猫パッケージのこちらのチョコレート
 
 
うしろにちゃんとしっぽミケ猫尻尾まで描かれております↓
 
 
 
気になる中身はと言いますと。。。
 
 
 
 
 
 
これまた可愛い個包装じゃあ~~~~~りませんからぶ1(ちなみにクランチチョコでした)
 
 
疲れた身体にチョコっとbreaktime♪しあわせなひととき。。。
 
 
ん?肝心なダンナにはないのか?ってハッ
 
 
あげましたよ!一応ね(笑)
 
 
ネットで見かけたこちら↓(頭に鳥を乗せてる黒にゃんチョコレートの可愛さに一目ぼれ)
 
 
 
 
中身はこちら↓
 
 
 
こちらも可愛い猫づくし~ねこ2
 
 
もったいなくて食べられなーいっ汗
 
 
って。。。
 
 
食べるのは一応ダンナですけどねきゃぁ~
 
 
わが家のHappyValentine’s Dayハートでした(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
ずいぶん前のことですが
 
 
どうしても書いておきたかったミィの話です。。。
 
 
 
 
 
 
ご存知の通り
 
 
ミィは2016年10月21日の午後天国へと旅立ってしまったわけですが
 
 
「今思うと。。。」という“不思議に思える行動”がいくつかありました
 
 
まず。。。
 
 
基本ミィは二階の寝室組として
 
 
マリィと2にゃん(レィが来てからは3にゃん)で暮らしていたので
 
 
アビィとマリィを交代するお昼に部屋のドアをオープンにしても
 
 
階段の踊り場付近まで下りて来てごはんは食べるものの
 
 
 
 
 
 
食べ終わるとすぐ寝室に戻ってしまい
 
 
そのまま二階で寝て過ごすを繰り返す日々で
 
 
一階に下りてくることは“無い”に等しかったのですが
 
 
亡くなる1~2ケ月ほど前頃からだったでしょうか?
 
 
私がお昼休みで一時帰宅すると
 
 
リビングでこうして待っていてくれて
 
 
 
 
 
 
ごはんもキッチンで食べてくれるようになったのです!
 
 
 
 
 
 
しかも
 
 
食べ終わったら二階に上がるのではなくそのままリビングに居てくれるようになり
 
 
 
 
 
 
私たちが帰宅する夕方~就寝までずーっと居てくれるようになったので
 
 
「ミィが一階で過ごしてくれるようになってうれしいねうるうる
これでマリィたちも一緒になれたらいいよね!頑張ろう」と話していた私たち。。。
 
 
 
 
 
 
特にダンナのことが大好きだったミィは寝るときもダンナと一緒だったので
 
 
寝る前まで私と一緒に二階で過ごした夜は
 
 
「早く寝ようよ!」と言わんばかりに階段の下までダンナを迎えに行くこともしばしば。。。
 
 
その姿がたまらなく可愛くて
 
 
「ほら!かわいい彼女が待ってるんだから早くしてあげなよ」と
 
 
何度ダンナを急かしたことか。。。
 
 
アビィ&ケリィと別室で寝ていた私にとって
 
 
それがどれほどうらやましいことだったかわかりません。。。
 
 
 
 
 
 
そんな中
 
 
今まで一度も入ったことがなかったキャットタワーの巣箱にinする姿を目撃し
 
 
「ミィちゃん!スゴいっパチパチ」と慌ててシャッターを切ったり。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつだったかは忘れましたが。。。
 
 
ごはんを食べ終わったあと
 
 
リビングの隅から隅を歩いたと思ったらそのまま廊下を歩いて和室に向かい
 
 
 
 
 
 
しばらくすると洗面に。。。
 
 
 
 
 
 
そして二階に上がって行ったミィ。。。
 
 
“何してたんだろ?”と少し不思議に思いつつも
 
 
いつもよりアクティブなミィの姿がうれしかったのでそれほど気にしていなかった私。。。
 
 
今思うと
 
 
決して下りてくることのなかった一階で過ごすようになったのは
 
 
“少しでも長くダンナさんたちと一緒に居たい”
 
 
キャットタワーの巣箱は
 
 
いつもマリィやレィが代わる代わる入って楽しそうに遊んでいる姿を見ていたので
 
 
“私も経験しておきたい”
 
 
家中の散策は
 
 
“私が過ごした場所がどんな家だったのか?すべて見ておきたい”という
 
 
自分の死期をわかっていたからこその行動だったのではないか?と思えてならず
 
 
その姿を思い出すたびに涙がこぼれる私ほろり
 
 
「うれしい」と思うより先になぜ“異変”と捉えられなかったのだろう。。。
 
 
もしそう思えていたら
 
 
もしかしたらミィを失わずに済んだかもしれない。。。
 
 
「まだそんなこと言ってるの?」と呆れられてしまうかもしれませんが
 
 
未だに後悔の念は消えないままです。。。
 
 
先々週の金曜日だったかな?
 
 
テレビで放送されていた松阪桃李くん主演の「ツナグ」という映画を観たのですが
 
 
亡くなった人ともし一度だけ逢えるとしたらあなたは誰に逢いたいですか?のフレーズに
 
 
母ではなく「ミィ!!」と本気で答えた私→人って言われてるのに猫で答える時点ですでにおかしい
 
 
でも
 
 
私と同じことを考えている方は他にも“きっといるはず”
 
 
 
 
話がちょっとそれてしまいましたが。。。
 
 
 
 
 
 
逝ってしまってから49日を迎えるまでの間
 
 
幾度となく私たちのそばに現れてくれたミィ(信じるか信じないかはあなた次第ビシ!
 
 
その話はまた後日。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
わが家の猫事情をご存知の方は
 
 
この2にゃんの関係をよくおわかりかと思いますが。。。
 
 
 
 
 
 
一緒に暮らして10年目を迎えた現在も
 
 
リッキィを受け入れる気配がないアビィと
 
 
どんなに“ウーシャsaco怒”言われ拒否されようとも
 
 
 
 
 
 
アビィのそばに居たい健気なリッキィは相変わらず。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アビィ“出待ち”の図↓
 
 
 
 
そんな中事件は起きました!!
 
 
1月22日(日)
 
 
所用を済ませ夕方帰宅した私たちは
 
 
アビィとマリィを交代させるべくいつものように行動し
 
 
みんなにごはんを食べさせ
 
 
ダンナは二階で猫砂補充を。。。私はトイレへとそれぞれ別々に。。。
 
 
 
 
ほんの数分後
 
 
「ニャ゛ニャ゛ニャ゛ニャ゛ニャ゛ニャ゛sacosacosacosacosaco怒る」という大きな声が聞こえ
 
 
重なるように
 
 
いつもと違うリッキィの鳴き声汗
 
 
“アビィがリッキィを攻撃してる!!”
 
 
ドアを開け
 
 
「やり合ってるから止めてーっ怒」とダンナに助けをもとめると
 
 
私の声に驚き慌てて下りてきたダンナ
 
 
怒鳴りながら何やら騒いでいる様が心配で
 
 
トイレから飛び出しリビングで私の目に飛び込んできた光景がこちら
 
 
 
 
 
 
これだけなら今までにも何度か見たことはありますが
 
 
問題はこれ↓
 
 
 
わかります?
 
 
これリッキィの犬歯なんです!
 
 
ダンナの話から推測するに
 
 
アビィがリッキィに襲いかかりそれがあまりにも激しかったのか?
 
 
リッキィもアビィに噛みつく形で応戦けんか
 
 
結果
 
 
犬歯が抜けて流血する事態になってしまったと。。。
 
 
ダンナに追われ
 
 
自ら二階の部屋に逃げ込んだアビィを
 
 
「閉じ込めてきたムッ」と息巻くダンナに抱きかかえられ
 
 
口から(一時は鼻からも)血を流し鳴き通しだったリッキィを見たときは思わず涙があふれ
 
 
その血を拭き取りながら
 
 
「痛い思いさせてごめんね泣き」と謝り続けた私。。。
 
 
まさか!?の事態に
 
 
かなりのショックを受けてしまいましたガックリ・・・
 
 
「アビィも拭いてやらないと!」と言うダンナについて二階に上がり
 
 
「ほら、これ!」と
 
 
抱き上げられたアビィの体を見ると
 
 
傷はなかったものの(一部毛は抜けていましたが)リッキィの血が結構ついていてびっくり
 
 
「いったいどうしちゃったのよ、アビィ~~~汗
 
 
その日はそのままアビィをひとりにしリッキィの様子を見守り
 
 
翌日
 
 
抜けてしまった犬歯持参でリッキィをかかりつけに連れて行ったのですが
 
 
「おそらく少しグラグラしていたのでしょう。。。
根元から抜けてるし血も止まってるから大丈夫だと思いますが
念のため化膿止めの薬出しておきますから飲ませてください」
 
 
そしてひとこと
 
 
「痛かっただろうなぁ汗
 
 
鳴き声が尋常じゃなかったのはやっぱりそのせいだったと。。。
 
 
幸い
 
 
ごはんも普通に食べ今までと変わらず元気なので
 
 
リッキィの逞しさにあらためて感謝した私たち
 
 
 
 
 
 
あれ以来
 
 
アビィからも目が離せなくなってしまい
 
 
レィの子守りとあわせて
 
 
一階はダンナ二階は私と
 
 
絶賛“家庭内別居中”のわが家sei
 
 
それはさておき。。。
 
 
リッキィには本当にかわいそうなことをしました土下座
 
 
アビィ!お願いだからもうやらないでね
 
 
 
 
 
 
わが家は相変わらずドタバタあたふた あたふたです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。