親父と息子の口喧嘩

ある親父とある息子が、社会の色々な事柄について論じます。
こんなことを考えている親子もいるのかと、ぜひぜひ少し覗いてくださいな。


テーマ:

親父「米国防当局者は25日までに、北朝鮮が新たなミサイル発射実験の準備を進めている兆候をとらえたと明らかにした。弾道ミサイル発射装置を積んだ運搬車両が、21日に北朝鮮の亀城に到着する様子を確認したとしているそうだ(CNN.co.jp 7/25(火) 9:55配信 )。」

 

親父「 米当局者によれば、こうした装置が到着すると、6日以内にミサイルが発射される可能性があるそうだ(同上)。

6日目に当たる27日は、朝鮮戦争の休戦協定が調印された記念日と一致する。」

 

 

息子 「金正恩氏は、25日に声明を出している。

 

『トランプ大統領が平壌で政権交代を試みるならば、米国の中心に「強力な核の鉄槌(powerful nuclear hammer)」を発射するだろう』と。

 

まぁいつもと同じような内容だけれど、アメリカによる首のすげ替え作戦に対して、かなり警戒していると見えるな。」

 

 

 

親父「米紙ワシントン・ポストは、北朝鮮が大気圏への再突入技術を試す準備を進めている兆候を米情報当局が捉えたと報じたそうだ(産経ニュ-ス2017.7.26 19:06更新)。

同紙によると、北朝鮮の初のICBM発射実験となった今月4日の「火星14」発射は射程の実証が目的だった。次は大気圏に再突入する際の高熱から核弾頭を守る技術を確認するとみられており、新型の「再突入体」の実験準備が最終段階にあるもようだそうだ。」

 

親父「北朝鮮が、朝鮮戦争の休戦協定締結日である27日にミサイルを発射する可能性があるとの観測が伝えられる中で、米国防総省はそのような見方を否定していると韓国の聯合ニュースが報じたそうだ(デイリーNKジャパン / 2017年7月27日 10時55分)。

それによると、米国防総省のジェフ・デービス報道官は26日(現地時間)、『北朝鮮の(核ミサイル)開発プログラムは日程に縛られていない。北朝鮮は常にミサイル発射実験を積極的に進めている。われわれの懸念はそこにあり、彼らの選んだ日にちではない』と述べたそうだ。」

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

親父と息子のブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。