親父と息子の口喧嘩

ある親父とある息子が、社会の色々な事柄について論じます。
こんなことを考えている親子もいるのかと、ぜひぜひ少し覗いてくださいな。


テーマ:

親父「劉暁波氏が13日、遼寧省瀋陽市内の病院で死去したことを受け、中国当局が劉氏の支持者らを相次いで軟禁状態に置いていることが14日、分かった。同国の著名な市民活動家、胡佳氏が明らかにしたそうだ(産経ニュ-ス2017.7.15 01:05更新 )。」

 

親父「胡氏は『当局の警戒は初七日の期間続くだろう』と話したそうだ(同上)。

今年秋に5年に1度の中国共産党大会を控える習近平指導部は統制を強めており、批判の押さえ込みに躍起な様子だな。

また中国当局は劉氏のノーベル平和賞受賞の功績も否定し、劉氏を『犯罪人』とし、『授与は冒涜だ』と批判したそうだ。

何をほざくか。

中共こそが中国国民を冒涜する存在だ。」

 

 

 

息子 「夫人である劉霞さんの身も心配されている。

彼女の弁護士によると、共産党に拘束されていて連絡が取れない状態にあるそうだ。

 

旦那さんが、こういう酷い仕打ちをうけ、共産党に殺されたと言ってもよいような状況で、彼女も弱っているだろうに。

 

シナ共産党は、結局はこういう組織なのだ。劉少奇へ毛沢東が行った、監禁死と何も変わっていない。

 

世界が協力して、非難しなければいけない。」

 

 

親父「BBCもこんな記事を載せているな。

 

The committee that awards the Nobel Peace Prize says it is "deeply worried" about the widow of Liu Xiaobo, China's most prominent critic who died of liver cancer on Thursday.

 

The Norwegian Nobel Committee and the UN both urged China to free Liu Xia.

 

She has been held under house arrest without charge since 2010.

 

(ノーベル平和賞委員会は、木曜日に肝がんで死亡した中国の最も著名な批評家である劉暁波の未亡人について「深く心配している」と述べている。

ノルウェー・ノーベル委員会と国連は共に、中国に劉霞を解放するよう促した。

彼女は2010年以降、罪状なく自宅拘禁されている。)」

 

 

息子 「ツィッターなどのネットでも、この奥さんの話は大きく広がっているな。世界中が心配して、彼女の解放を願っている。

 

ただ、シナ国内で、ツィッターの代わりに使われている微博(ウェイボー)では、この劉暁波氏関連のつぶやきは、シナ共産党によって禁止されている。

 

ある中国人のツィッターだ。『多くの人が微博で声をあげようとしている。たくさんの人々が真実を解っているが、それを話すことができない。本当に恐ろしい。』

 

シナというのは、金儲けに成功した北朝鮮だ。

独裁・弾圧の形は何も変わらない。

 

そんな残酷で恐ろしい国が、今日本を侵略しようとして、それを公言している。

 

他人事ではない。ほぼ毎日、日本のテリトリーを侵している。」

 

親父「劉霞女史か軟禁を解かれて出国できたら、ノ-ベル平和賞委員会は同女史を招待して、亡夫に代わっての授賞式を行ってほしいな。」

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

親父と息子のブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。