親父と息子の口喧嘩

ある親父とある息子が、社会の色々な事柄について論じます。
こんなことを考えている親子もいるのかと、ぜひぜひ少し覗いてくださいな。


テーマ:

親父「ケニア西部で総工費1200万ドル(約14億円)をかけて中国企業が建設していた橋が、完成を目前にして崩落したことが4日までに分かったそうだ(CNN 2017.07.04 Tue posted at 12:26 JST)。

崩落したのはケニア西部ブシア郡で中国の建設会社が建設していたシギリ橋だ。

現場は同国のケニヤッタ大統領が2週間前に視察したばかりだったというから笑えるな。」

 

 

息子 「シナとは違うが、この話を聞いてパラオの橋の話を思い出したな。韓国企業が作った橋が見事に崩落した話だ。

 

パラオに行った時に何度も通ったが、パラオの実質的な首都コロールがあるコロール島と首都のあるバベルダオブ島を結ぶKBブリッジという橋がある。とても重要な橋だ。

 

日本の企業の半分の金額で韓国企業が落札したはよかったが、完成して20日程で徐々にへこみ始めた。パラオ政府が何度も何度も補修をしたが、1997年に完全に真っ二つになってしまった。

 

現在の立派な橋は、日本が作ったものだ。現地の方々からも、やはり日本は違うと言われていた。

 

シナや朝鮮は、日本のことを非難する暇があるならば、技術力を少しでも向上させた方がよい。

 

つい最近も、シナの深セン地区でビルの基礎が崩壊する事故があった。

 

シンガポールの有名なマリーナベイサンズホテルも韓国企業の手抜き工事で徐々に傾いていると言われる。

 

マレーシアのクアラルンプールにある『ペトロナスツインタワー』もそうだ。これは2本の当時世界最高のビルが並ぶ超高層ビルだが、片方は日本企業でもう片方は韓国企業が建設した。

 

が、韓国企業が建てたタワーが傾いている。建設中に傾きに気づき、なんとか戻したという話とも言われている。

 

とにかく酷い話ばかりだ。」

 

親父「この地域は、これまで政府の開発プロジェクトから置き去りにされてきた場所だとのことだ(同上)。

2014年には川を渡ろうとしたボートが転覆して十数人が死亡する事故も起きていたそうだ。

ケニヤッタ大統領は大統領選挙が8月に迫る中、再選を目指してインフラ開発を公約の柱に据えている。

6月14日にシギリ橋の建設現場を視察した大統領は、集まった有権者を前に、この橋は同地域が長年否定されてきた開発をもたらすと演説していた矢先の醜態だ。

大統領の面目は丸潰れだな。」

 

 親父「中国の手抜き工事といえば有名だが、つい最近でもこんな例があったらしいな。陝西省商洛市丹鳳県で先月(5月)26日、2カ月かけて建設した橋が、完成してわずか2時間で崩れ。住民らは手抜き工事や監査不足が原因だと指摘している。中国メディア・中国新聞網が29日に報じたそうだ(大紀元日本20170629 2246)。」

 

親父「今年5月26日、長さ約20メートル、高さ約6メートルの橋が完成した。開通して2時間も経たないうちに、橋の一部が突然崩落した。現在、橋の片側だけが残っているそうだ。

崩壊の原因について、請負業者は『不慮の事故だ』と主張していたが、住民側は『セメント量が少なく、粘着力が弱い。明らかな手抜き工事』『監査不足で政府は工事の不正に甘すぎる』などと、原因を指摘しているそうだ。

完成当日に崩落して、不慮の事故もないもんだが、誰が考えても手抜き工事だよね。」

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

親父と息子のブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。