親父と息子の口喧嘩

ある親父とある息子が、社会の色々な事柄について論じます。
こんなことを考えている親子もいるのかと、ぜひぜひ少し覗いてくださいな。


テーマ:

親父「日本のEEZにあるスルメイカなどの好漁場、日本海の『大和堆(やまとたい)』で6月、北朝鮮籍とみられる外国漁船による違法操業が相次ぎ、海上保安庁が巡視船の派遣を検討していることが7日、関係者への取材で分かったそうだ(産経ニュ-ス2017.7.8 08:00更新)。

 大和堆への北朝鮮漁船の侵犯は去年から見られるようになったらしいな。

とにかく、厳しく取り締まって欲しい。

日本漁船が追い出されて、どうするんだ。」

 

「大和堆 地図」の画像検索結果

 

親父「大和堆というのは、日本海中央部にある浅瀬だ。

ブリタニカ国際大百科事典にはこうある。

『日本海中央部の,隠岐島から北東にかけて続く浅瀬の北端付近にある水深約 300mの浅瀬。最浅点 286m。中間に 2000m以上の深所をへだてて,北に最浅点 397mの北大和堆がある。 1926年測量艦『大和』が精査して大和堆と命名した。・・・堆付近には湧昇流があり,サバ,タチウオなどの好漁場となっている。』」

 

親父「全国いか釣り漁業協会によると、日本漁船は昨秋、大和堆で北朝鮮や中国の漁船数百隻を確認したそうだ(同上)。中国船は北朝鮮側から漁業権を買い取ったとみられている。水産庁の担当者は「北朝鮮は漁業振興を図っており、その中にイカを含めている可能性がある」との見方を示したそうだ。

この漁業権の買い取りの件だが、2016年07月02日の中央日報によると北朝鮮が中国に漁業操業権を売り、2016年は3000万ドル(約350億ウォン)の収入があったと、韓国国家情報院が明らかにしたそうだな。」

 

親父「もともと北朝鮮のイカ漁業は、咸鏡南北道の沿岸(10マイル以内)で行われていたのたが、その漁業権を外貨稼ぎを目論む政府が中国へ売り渡してしまったため、北朝鮮のイカ漁船は、はるばる大和堆まで遠出をすることになったんだろうな。」

 

 親父「ところで、日本魚船は今年6月上旬に現場海域へ出漁し、30隻程度が操業したんだそうだ。

今年は、中国船は確認されなかったが、北朝鮮船は昨秋と同程度の規模で集まっていたということだ。

日本船は北朝鮮船が使用する網をプロペラに巻き込む恐れがあるため、操業がままならず、石川県の漁船などは7月上旬、北の漁場に向けて移動したんだそうだ(同上)。」

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

親父と息子のブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。