親父と息子の口喧嘩

ある親父とある息子が、社会の色々な事柄について論じます。
こんなことを考えている親子もいるのかと、ぜひぜひ少し覗いてくださいな。


テーマ:

親父「航空自衛隊が18日、尖閣諸島周辺の領海に侵入した中国海警局の船の上空を飛んでいる小型無人機「ドローン」に対し、F15戦闘機をスクランブルさせたことが分かったそうだ(産経ニュ-ス2017.5.19 07:00更新)。

海警船がドロ-ンを飛ばして測量をしているのではないかという噂はあったな。

 それが現実のものとなったわけだ。」

 

親父「中国当局船による尖閣周辺の領海侵入は8日以来で、今年13日目だそうだ(産経新聞 5/18(木) 16:48配信)。

ここのところ、連続して来ているようだな。

北朝鮮に気をとられている隙きをついて、こそこそと卑怯な奴等だ。」

 

 

息子 「勝手に他国の領海に入ってきて、ドローンを飛ばすというのは、もちろん無害通航ではない。

国連海洋法条約に規定されている無害通航から逸脱している。

 

まぁ国際法における領海侵犯だ。

つまり、これはシナ共産党国家による日本侵略であって、国際社会も完全に納得する行為だ。

 

侵犯船を即刻沈めるべきだ。そうすれば、ドローンは勝手に落ちる。


シナ以外は、誰も文句は言わんな。北朝鮮すら、今なら黙っているだろう。

 

親父「スクランブルをかけたのは空自那覇基地の南西航空混成団第9航空団のF15戦闘機だそうだが、同機は18日午前に那覇基地を飛び立ち、ドローンが飛行している空域に向かったんだそうだ(前掲記事)。

ドローンが飛び立ったとみられる海警局の船は日本の領海内にいたため、船から発艦した時点で領空侵犯したとみなされるそうだ。

ドロ-ン一機に対して、スクランブルというのも大げさな気もするが、日本の本気度を見せつけるのも大切なことだな。」

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

親父と息子のブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。