栃木県日光市でむち打ち解消 阿部洋志

栃木県日光市JR日光線下野大沢駅徒歩30秒。むち打ち・交通事故の治療なら、むち打ち治療整骨師の阿部洋志にお任せください!痛くない骨盤調整(JRC)で、治らないとあきらめていた痛みを解消しましょう。

診療時間 AM 8:30~12:00 PM 2:30~7:30

休診日 日曜 祭日 (祭日午前中診療日有り)

お盆中は午前中診療日を予定しています。

予約は不要です。電話0288-26-5665



NEW !
テーマ:
こんにちは、栃木県日光市の阿部整骨院院長、阿部洋志です。
ちょっとわかりにくい動画ですみません。

最初の1周は狐の手の形を造らずに

腕を回しています。

2周目、3周目は

狐の手の形を造って

狐観覧車を行っています。

撮影当時は本人も

手の形による腕の回り方に差が出ているのが

わかりませんでした。


後日本人に動画を確認していただいたところ

2周目以降の肩が大きく動いていることに

気が付かれました。
狐の手の形はこちらです
AD
いいね!した人  |  コメント(1)
NEW !
テーマ:

こんにちは、栃木県日光市の阿部整骨院院長、阿部洋志です。



夏は、汗をかきやすい季節です。


むち打ちやけがの治療から脱線して


にきびをできやすくする食べ物について


申し上げます。



1.甘いもの


2.油、動物性のもの(脂)合わせて油脂


 人工的に造ったマーガリンや


 ショートニングも含みます。


3.肉(の食べ過ぎ)


 どうしても、脂がついて来ます。


4.刺激の強いもの


 香辛料やカフェイン


 (お子さんではカフェインの摂取による事故が起きています)


5.アルコールの飲みすぎ


 ニキビができる年齢では、アルコール類を


 たくさん飲むということはないでしょうが


 成人してからもアルコールを飲みすぎると


 吹き出物ができやすくなります。



暑い夜となりそうですが


アルコールで体のほてりを覚ますのは


効果がないようです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)
NEW !
テーマ:

こんにちは、栃木県日光市の阿部整骨院院長、阿部洋志です。



以前、軸足を強化する方法ということで


Tランジ(Tスライド) という体操を


ご紹介しました。



簡単にTランジを


こなすことができるようになったら


少し難易度の高い方法に


チャレンジしましょう。



Tスライドは


右足を軸足とする場合


左脚は踵を浮かせ


左脚の親指の内側を


右足の土踏まず内側に接触させます。



そして、床と平行に


左脚を右足と直角に


遠くに運んでいきます。



その際


左の股関節(おしり)は


椅子に腰かけたまま


椅子ごと左側に


移動していくイメージで行いましょう。



そうすると


左のおしりの筋肉の


強化にもなります。



また、軸足となる右足は


大地に根が生えたようにし


左に移動していく


体をしっかり支えましょう。



ぜひチャレンジしてみましょう。


ふらつきがあるうちは


決して無理を


なさいませんように。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)
NEW !
テーマ:

こんにちは。栃木県日光市JR下野大沢駅前の阿部整骨院院長、阿部洋志です。


むち打ち・四十肩のリハビリとして


狐(きつね)観覧車を行うときの


正しい狐の手の形はどれでしょうか?









一番下の画像が


いい狐の形です。



影絵用の狐でなく


狐観覧車を行っていただくときの


好ましい手の形です。



この変形の狐の形をつくるだけで


脳のトレーニングになります。



結構最初から


きれいな狐の形を作ることは難しいようです。



親指と薬指、小指の腹が


どれもやわらかく接するよう


形を作ります。


人差し指と中指は


伸ばします。



くれぐれも


手や指に


力を入れませんように。



狐の耳に当たる


人差し指と中指は


丸く(円を描くように)伸ばしましょう。



いいね!した人  |  コメント(1)
NEW !
テーマ:

こんにちは。栃木県日光市JR下野大沢駅前の阿部整骨院院長、阿部洋志です。



軸足の筋力強化に


お勧めのトレーニング方法を


申し上げます。



ご自分の左右の足が


Tの字のような位置関係になりますので


ティー・ランジ(Tランジ)と申します。


トレーニングでいうサイド・ランジにヒントを得ました。





右足を軸足、強化したい足とします。


右足を緑のテープと平行に置きます。


ラインに上ってしまっても構いません。





そして左足はかかとをあげ


右足のつちふまずに近づけます。


左足はつま先立ちのようにして


右足の内側の半分くらいのところに


左足のつま先の内側を接触させます。





そしてTの字を描くように


左足を右足と直角方向に


滑らしていきます。(スライドさせます)




このとき


両手の位置に


特別決まりはございません。



転倒やふらつき防止のため


移動することのない


手すりや台、ベッドなどに


手を置くなりして


行っても構いません。



滑らせていく左足も


慣れたり


上手にできるまでは


無理に床からあげなくて


大丈夫です。



楽しくTスライドを


楽しみましょう。



片足ずつ


数回も行えば


十分かと思います。



スライドの幅は


30センチくらいから


試してみましょう。


決して無理はなさらないでください。



Tスライド(Tスライド)の動画はこちらになります。



実際には徒歩で


信号待ちの時間を利用して


Tランジを行っています。


ちょっとした隙間時間にできますので


多くの方にお勧めします。

いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇