海老カツ弁当

テーマ:
トレジョで買ってみたシュリンプナゲットが海老カツだった〜

子供のお弁当に入れてみました。

{F461386F-61DE-44FB-80C2-260C5AFA6142}

気を使って、ちっちゃいタッパーに彼らの好きなタルタルソースも念のため入れたのに、感想は「あまり好きじゃない。タルタルソースと食べたら美味しくなかった」
って
いいさいいさ。母と父で食べるよ美味しく。

AD
うちの子たちはまだまだマクドナルドが大好きで、よくせがまれますが、そういえば数カ月ぶりだ、ということでこの前行きました。
 
プレイセットが大きいのでうちの9歳児もまだまだ激しく遊ぶんですね。お店によってプレイセットも違うので、小さい子が遊ぶにはここのマクドナルドがいい、なんて、まだ子供たちが3歳前はマクドナルドをお友達親子と渡り歩いていました。
 
子供たちが3&1歳でドイツに引っ越した時、このプレイセットがほとんど外にあるのにちょっとショックでした。だって、ほとんど使えないじゃん、天気悪い日多くて。。。天気悪いときこそマックのプレイエリアだと思ってたんだもんゲッソリ
{1C1CC3C0-5BA7-4789-BC12-BD4C533B4584}

12歳以下はキッズミールいけますので、うちの子たちもまだまだおまけのおもちゃを求めてキッズミールですよ。。。このおもちゃ、結構後から邪魔なんですよね。たまる一方で捨てがたい。
日本のおまけはクオリティーすごい高いし、選べますよね?
アメリカは選択肢なし!!!女子用男子用くらいは選べます。
ちなみに、アメリカでの呼び名はハッピーセットではなく、Happy MealもしくはKids Mealです。
 
マクドナルド、我が家にとっては、遊べるしWi-Fiあるしで、子供たち就学前は大活用でしたてへぺろ
 
今時期は、今度公開になる映画Smurfのおもちゃ。
{5ACF7FCE-3B9A-4F44-88C5-67EC49B05492}

娘は、こういうちまっとした人形を並べたりして遊ぶのが好きなので十分値段の元を取るくらい遊んでいます。
 
アメリカのファーストフードでは、「かならず注文したものがきたか確認する」のが必須、とワタシは思っております。
この時も、子供たちはチキンナゲットのセットを二人とも頼んだのですが、呼ばれて行ってみて中身さらっと見たら
 
どちらともチキンナゲットが入っていないポーン
 
どうしたらこのようなミスが発生するのか、日本のマック店員さんに確認業務を教えてもらいたいくらいですねw
 
なので、ドライブスルーで、確認せずにスルーすることは怖い怖い。
 
最近では、デイリークイーンでも、
 
息子がシェイクを頼んだのですが、まったく呼ばれない。
待ってる人3人しかいないのに15分経ってやっと
「君のシェイクできたよー」
って若いお兄ちゃん店員がシェイクを上にあげて息子にアピール。
一緒に行ったのですが、息子が手に取ってさっそく上の部分を指ですくってぺろり。(蓋がないタイプでした)
あ、と止める間もなく。。。だって、どう見ても色が違うもの。
 
そしたら、横にいたマネージャーみたいな人が「それはあっちのお客さんのオーダーだろう?」って、もう指つけちゃったから捨てて。と。。おいおい
 
問題はこれを2回繰り返したのですよこのお兄ちゃんポーン
 
一回ならまだしも、2回も、違うシェイクを作って息子にアピってきた。
結局Sサイズのシェイクのために滞在時間30分。
 
チックフィレだけは店員教育が行き届いているなあと毎回思いますが、それ以外は大抵こういうレベルですので、お気を付けくださいませ。
AD

 

ニュースで耳にした方もいっぱいいらっしゃると思いますが、イギリスのウィリアム王子夫妻とヘンリー王子が立ち上げたチャリティー活動です。<<オフィシャルサイトはこちらです>>

 

両王子の母、ダイアナ妃がなくなったときヘンリー王子は12歳。

どうしても立ち直れず、誰に話したってお母さんは帰ってこないと、その喪失感を自分の中に押し込めてしまい、そこから荒れた生活を送っていたと(奇行もよく報道されましたね)

12歳で、そんな悲しみを一人でどうにかしようとしてたんですね・・・

 

メンタル・ヘルス、心の病気はロイヤルファミリーだって抱えている、話そう、そして話を聞いてあげようっていう活動です。

 

ワタシは朝のニュースで、いきなりウィリアム王子とレディガガがフェイスタイムしてて超びっくりしたってわけだけど。

 

ウィリアム王子は「メンタルヘルスはみんなの問題だから、僕たちはそれを恥ずかしいと思うべきではないし、友人や家族にそのことを話せたら、大きな変化をもたらすことができる」

 

レディガガも、「自分が精神的に弱っていた時に、話を聞いてもらったり、同じような悩みを抱えてる人と出会えたことは、自分は一人じゃないって思えてよかった」みたいなことを(すいません抜粋超訳です)言っていました。

 

ロイヤルファミリーの悩みなんて!けっ!と賛否両論の活動のようですけど。。。ワタシが思ったのは、日本ってまだまだ心の病気に対して閉鎖的ではないですか?

もちろん何10年も前と比べたら違うのでしょうけども。

身体の健康に関する情報はあふれてるけど、心の健康のこともみんなで気にし合えて、理解し合える世界ができたら理想ですね。

 

ロイヤルファミリーがはちまきして「悩みや葛藤を聞いてあげよう!!!!」って活動、雅子妃が見たら勇気づけられるだろうなあ。

AD

なんか日にちが経ってしまい、今さら感いっぱいな気もしますが。。。

フロリダのユニバーサルスタジオには、大好きな絵本作家Dr.Seussの世界がありました。
大ファンのワタシと娘はここで長い時間を過ごしました。

Truffle treeもあった(本を知らないからにはわかりにくくてごめんなさい)

{7155C037-0DD8-4A88-A9D3-F778D12426DC}


絶叫マシーン嫌いな娘にはぴったり。

One fish Two fish って言いながら。
水がかかったりして楽しい乗り物でした。

{F8E39AE2-DE7A-4C1E-8787-E85288A87E66}



{E28007DB-065B-489E-8EA1-1E990EA06CBD}


The cat in the hat の乗り物もかなりゆる〜い感じ。ディズニーのイッツアスモールワールド的な。

{8E820FDA-6FA1-49FC-B8BD-4FC2009464BB}


こちらは空中を走る汽車?トロッコ?電車?からの眺め。
一瞬どこにいるか忘れるくらい。

{1F97EE7E-C02C-4551-9FE8-D5A04A68A69B}


オリジナル商品の売店も欲しいのばっかだった
{BA0FEF79-8465-4657-B9F8-EF2D3EC97A4E}


でも、ここ以外でも、小さな子向けのプレイグランドや、アトラクションも結構あり、何歳でも楽しめるなと個人的に思いました。