2011年07月27日(水) 10時47分54秒

佐藤剛著『上を向いて歩こう』-全米第1位の謎に迫る

テーマ:ブログ
 別名「SUKIYAKI」と呼ばれた日本のはやり唄が、なぜ日本語の歌詞のまま全米ヒットチャート第1位にのし上がることができたのか(1963年6月、3週間連続)。著者は、広範囲にわたる関係者インタビューと徹底的な資料読み込みで、この興味深い謎に注意深くかつ大胆にメスを入れていく。そのプロセスは読み応えのあるミステリー小説に比敵するかも―。
 とくに第13章“邂逅”が読み応えがある。たまたま入手できた作曲者中村八大の自筆原稿とレコードに残された坂本九ちゃんの歌いぶりとの綿密な比較論だが、その両方の隙間あるいは落差に秘密を解く手掛かりが隠されているというのが、著者のおおよその見立てと思われる。
 歌詞には永六輔の安保闘争での挫折感が反映しているという指摘にも、思わず納得させられた。
 歌は歌だけでヒットするわけではない。時代の空気、大衆の好みとも深く関係する。著者が両者の相関関係を深く読み込んでいる点も見逃せない。具体的にはロック音楽の台頭という世界的気運のなかで、この歌がどう位置づけられるのかという考察である。
単なる音楽書を超えた優れたノンフィクションとして十二分に楽しむことができる。岩波書店刊。


              読み応えのあるノンフィクションです
$安倍寧オフィシャルブログ「好奇心をポケットに入れて」Powered by Ameba

        7月21日、原宿でおこなわれた出版記念会での佐藤さん
$安倍寧オフィシャルブログ「好奇心をポケットに入れて」Powered by Ameba

                 永六輔さん(左)と著者
$安倍寧オフィシャルブログ「好奇心をポケットに入れて」Powered by Ameba
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

アベネイさん(あるいはアブネイとも)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

1 ■残業のあいまに過去記事を拝見し

面白そうな本、著者はどんなルポライター?と調べましたら、、(ノ゚ο゚)ノ !
音楽プロデューサーの方なのですね。
由紀さおり&ピンク・マルティーニ「1969」にも関わっていらしたとあっては読まない訳にはまいりません。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

このページをご覧いただくには最新のFlash Playerをインストールし、JavaScriptを有効にする必用があります。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース