1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012-02-29 16:35:00

頬骨が張っている人

テーマ:輪郭(フェイスライン)
頬骨(zygomatic bone, cheek bone, malar bone)、いわゆるホホ骨は中顔面を構成する要素の主体となる骨ですが、一般的に東洋人は欧米人に比べて頬骨部が突出している傾向が有ります。また加齢変化により側頭部(コメカミ)と頬部(いわゆるほっぺた)の軟部組織が委縮してしまうため、特に女性では年齢とともに相対的に横への張り出しが強くなり、ひし形の顔貌を呈するようになります。顔を正面から見た時に頬骨が横に張り出していると顔が大きく見えて、やさしい感じが無くなりキツイ印象を与えてしまいます。

リッツ美容外科横浜院院長 阿部聖孝Blog

今回頬骨削りのモニターさんになっていただいたのは、25歳の女性です。以前から頬骨の張り出しを気にしていましたが、最近少し痩せたために目立ってきたので思い切って手術を受けることになりました。

手術前の写真です。確かに頬骨の張り出しが強いですし、そのため斜めからの写真でも頬がコケてしまってその部分の窪みが目立ちます。

リッツ美容外科横浜院院長 阿部聖孝Blog

アーチ・インフラクチャー法により手術を施行しました。全身麻酔で行ないましたが、状態が良かったためその日のうちに御帰宅されました。

下段は術後19日めの写真ですが、主な腫れは2週間程度で落ち着きます。

リッツ美容外科横浜院院長 阿部聖孝Blog

まだ多少の腫れはありますが、頬骨の張り出しが無くなったため、小顔になり優しい感じになりました。ゴツゴツとした感じが無くなり、女性らしい軟らかなフェイスラインとなっています。

手術から3ヵ月が経過しました。術後の腫れや傷の赤みもすっかり落ち着いた状態です。

リッツ美容外科横浜院院長 阿部聖孝Blog

術前の写真と比べると、頬骨が張っている人が与える4つの印象、①性格がキツイ、②老けて見える、③男性的、④顔が大きい、が改善されていることが分かります。

輪郭の手術は全身麻酔で行ないますが、ほとんどの場合その日のうちにお帰りになれます。頬骨に限らず、エラやアゴ先についてお悩みの方はお気軽にご相談ください。
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-05-24 10:14:21

美容外科とペインクリニック

テーマ:その他

今回は痛みについてお話しいたします。
手術に伴う痛みや、ケガをした時に感じる痛み、また腰痛や肩痛などの慢性痛など、
われわれが感じる痛みは数多くの種類の痛みが有ります。

しかし、そもそも『痛み』とは何でしょうか。

1979年に国際疼痛学会:IASP(International Association for the Study of Pain)は、
「痛みとは実際に何らかの組織損傷が起こった時、あるいは組織損傷が起こりそうな時、
あるいはそのような損傷の際に表現されるような、不快な感覚体験および情動体験である」
と定義いたしました。

ここで興味深いのは、
「侵害刺激によるものに限定せず、組織障害がない心因性の場合も『痛み』とする」
と注釈されている点でありまして、人が『痛み』という不快な感覚を覚えた時は、
その原因にかかわらずそれは『痛み』であると認められるということです。
何か言葉のパズルみたいで解りにくくなってしまいましたが、要するに『痛み』そのものは本人しか分からないので、患者様が痛みを訴えた場合は、外見的に痛みが無さそうでも痛みが存在するものとして治療するべきであるということなのです。

皆様、ペインクリニック科という診療科をご存じでしょうか。
ペインクリニックとは腰痛や肩痛などの慢性疼痛、帯状疱疹によって引き起こされる神経痛、さらには癌性疼痛などに対して、主に神経ブロックを中心に治療を行っていく『痛み』を治療する専門の診療科です。
現在私は日本医科大学付属病院ペインクリニック外来で、患者様に対して神経ブロックなどの診療を定期的に行なっています。
外見的な形を外科的手技で改善していく美容外科と、内面的な痛みに対しメスを使わずに治療していくペインクリニック科、両科は180度全く異なる診療科に思えます。しかし美容外科とペインクリニック科との診療には、ある共通点があることが分かりました。

それは「結果は患者様自身の主観で決まる。」ということです。

一般的に臨床医療において治療結果を評価していく場合には、患者様の訴えとともに、検査データや画像、機能検査などの客観的評価を合わせて判断していきます。
たとえば肝臓疾患で内科にかかった場合、治療の前後で自覚症状を問診するとともに、血液検査や腹部CT画像診断などを行なって、その治療効果を確認いたします。
患者様自身があんまり良くなった気がしないと言っても、検査の値が良くなっていれば治療の効果はあったと判断されるわけです。
しかし美容外科やペインクリニック科では患者様の訴えのみが治療効果の評価になる場合が多く、客観的評価が出来る方法や手段が少ないと言えます。
もちろん美容外科でも画像によって手術前後の差異を客観的に評価することは出来ますし、ペインクリニックでも痛みに対してそれを他覚的に診断する方法もあります。
しかし患者様本人が形状または痛みに対して満足していない場合は、その治療は一考する必要性が生じてきます。

内科や外科、産婦人科、耳鼻科など、どの診療科でも患者様の訴えを聞くことは大切なことです。
この「患者様の声に耳を傾ける」ということが、美容外科とペインクリニック科では特に必要なことであると思います。



硬膜外麻酔やブロックに使用されるTuohy針とカテーテル。
ペインクリニック外来では、腰痛や肩こりの治療の際に使用します。
美容外科ではバストの手術や脂肪吸引手術の麻酔に使われます。

リッツ美容外科横浜院院長 阿部聖孝Blog-麻酔機器
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-05-13 17:54:49

横浜院限定 ご好評の[美モニター]引き続き募集中です!

テーマ:インフォメーション
リッツ美容外科横浜院ではご好評につき、美モニターを引き続き募集いたしております。
豊富な症例数を誇るベテラン医師の的確なカウンセリングと高度な施術を大変お得な料金でお受けいただけますので、皆様のご来院をスタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。
この機会を是非お見逃しなく!

また施術に関するご質問・ご不明な点がございましたら、専門スタッフがお答えいたしますので、下記フリーダイヤル[0120-628-662]までお気軽にお問合せください。


リッツ美容外科横浜院院長 阿部聖孝Blog


AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。