YES-Yamami English School (山見英語教室)

http://yes-english.jpn.org/  


  • 13Feb
    • 日本語フィルターを通して英語を聞いている?

      音声学の魅力は何ですか、なぜ音声学を学びたくなったのですかと言う質問を時々受けます。私が音声が面白いと思った1つのきっかけはこの研究です。「生まれてすぐの子供はどんな言語でも聞き取れるが、生後8カ月にはお母さんの発する言葉に入っている音の理解に入り、そこにない音は聞こえなくなる。」日本語が母語である日本人ならば、生後8カ月以降は日本語のフィルターを通って英語(どんな外国語でも)の音を聞いていること、母語の獲得は素晴らしいメカニズム(日本人が日本語を獲得するメカニズム)であること驚きました。また日本人が英語を聞いた時に通る、日本語フィルターはどんなものだろうと興味が湧きました。今日、英語学習を始めたばかりの小学3年生がshiny white rice という音声を繰り返し聞いて音を真似していう時にwhite が何度聞いてもカタカナのホワイトの音で発音するので、ホワイトと聞こえる?と質問したところ、幼稚園の頃から白はホワイトだと思って幼稚園の英語でもホワイトって言ってたよ、ホワイトと聞こえると言うのです。ほんと?ホワイトって聞こえる?もう1度音声を聞いてみようと言って聞いたら、ホワイトのトはトじゃない、トゥっと少しだけ聞こえるー!だそう。カタカナのホワイトだと思っていると小学3年生の耳にも日本語のホワイトの音に聞こえる、もしくはそう思い込んで聞いているのかもしれない。小学3年生たちが、英語を話すと日本語より口が疲れるーと口々に言っていたのが、面白かったです。corrective feedback (修正フィードバック)の重要さを改めて感じました。corrective feedbackがなくただ音を聞いて発音していると、違う音も正しいと思いこんでいる場合もあります。発音を改善するにはcorrective feedback が必要という研究もあります。corrective feedback を出す為には、英語の音の基本的な仕組み(英語音声学)が分かる必要があり、指導者の音声教育が重要だと思いました。

      11
      テーマ:
  • 04Feb
    • 17歳の自分に再会

      マンションの大規模修繕工事が始まるため、家の周りと中を片付け中。1986年~1987年のアメリカ留学中の写真や高校の教科書や毎日つけていた日記、手紙、陸上部のユニフォームなどが出てきました。日記は、日本語と英語と半々ぐらいで書かれていました。我ながら記録をつけていた量に驚きです。17歳の自分に再会して、胸がいっぱいです。新聞記事も出てきました。1987年1月14日アメリカステイ先近くの小学校1年生クラスを訪問した時に地元紙に載ったもの。17歳の自分がやりたかった事が、今の自分がやりたい事とあまり変わってないことが驚きです。インタビューでは、日本とアメリカの文化や習慣の違いを知りたかった、英語はスラングが難しい、日本の高校は土曜に授業があり、私が通う高校は公立だけど女子校で制服がある、高校生は勉強ばかりしている、高校では英語と数学が好きな科目と述べています。高2まで数学が得意で好きだったけど、アメリカから戻ったら日本の高校の数学がわからず驚愕しました。アメリカの高校のalgebra(代数)の授業は、電卓を試験にも持ち込み可で、九九を覚えている高校生はいなく、一桁の掛け算も電卓でやっていました。アメリカでは公式を覚えて数字をいれる試験だったので私はいつも満点でした。高2で日本の高校に復学したら数学が公式を覚えるだけではだめで、応用していくことが出来なくなって、高3では数学を選択しませんでした。もっと驚いたことはアメリカから帰ってきて直ぐに受けた高校の英語も模試に知らない単語が多くあったことです。英語の日常会話に必要な語は1,000語程度ですから日常会話ができても、大学入試の英語が読めなくも当たり前だったのかもしれません。しかし英語が聞けて話せても英語の点数が取れない事には驚愕しました。そして日本に帰国後に、英文法や英単語の勉強を必死でやりました。多くのインプットがあった上に英文法を学んだのでよくわかったのだと思います。高2で留学しなかったら高3は理系クラスに進んでいたかもしれないな。数学は、今は不得意。高3の数学をやってないから、その後勉強しておくべきだったと思うことも多くあります。人生なんでも無駄はない、経験や学んだことはなんでも人の幅を広げると思う、なんでもやってみよう。1987年8月 ホストファミリーとミシシッピ川クルーズ言葉の壁を乗り越えるために走ったことはないのに入部した陸上部今でも大親友の高校の友達の家でクリスマス会陸上部のユニフォームホストブラザーといとこたち集合のクリスマスホストブラザーと私ホストファミリー50s party の前にホストマザーと一緒に50sパーティの前にホストファザーとアメリカで出会った友達当時、自分の写真をたくさんとって、配りあっていた。

      7
      テーマ:
  • 01Feb
    • ワークライフバランスは同時に出来なくてもいい

      「子供が今7ヶ月です。子育てとキャリアのバランスについて教えて下さい。」このようなメールを30代の女性から頂くことが最近増えました。少し先輩世代にあたるアラフィフの私の経験談を綴ります。誰かの応援団になれたら嬉しいです。子育ては親の個育てでもあります。親にとっても初めての子育ては、不安があって当然と思います。今は高校生で183cmになった我が息子も、小学校入学までは病弱で不安でした。インフルエンザには毎年かかり、他にもケトン症、溶連菌、ロタウイルス、おたふく風邪、耳下腺炎などにかかり、病気になるたびに熱が40度を超えて、救急病院にかかったり点滴に通ったり、本当に大変でした。しかも、3歳になるまでほぼ毎日夜泣きをしていて、私は朝まで寝た記憶がありませんでした。主人は仕事が忙しく、毎晩深夜帰宅の日々でしたから、頼れる親や親類もいない名古屋の地での子育ては孤立無援で、本当に大変だったという思いでいっぱいです。もっと、公の力(自治体のファミリーサポートなど)を借りればよかったですが、当時は探す知識も余裕もなかった気がします。息子は、私とは全く違う人格や好みがある青年に成長し「子は親の思うようには育たない」とはよく言ったものだと実感します。彼は、英語や海外には興味はなく、AIや電子工学に大変興味があり、高校生になった息子からこうした分野について、私が新しいことを学んでいます。高校生の息子と話すのはまた一段と楽しいです。歴史も大好きな息子で、小学校6年生の社会で日本史を勉強した時は豆知識まで書いたノートを持って、日本史をすっかり忘れていた私に教えてくれました。全ての歴史が現代に繋がっていて、歴史の流れは貴重で魅力的であることを息子に教えて貰いました。今でも親子で、日本史談義花に花が咲きます。次は私のワークライフについてです。私は、名古屋在住で大学の英語講師と英語教室の運営(小中学生の英語指導)をしています。生まれは埼玉で、高校は県立の川越女子校に通い、高2の時に1年休学してアメリカへ交換留学へ行きました。早稲田大学や東レ会社員時代は東京に通いました。私が大学生の頃が日本のバブル時代で、埼玉の坂戸市という田舎育ちの私は、東京の大学で出会うキラキラした大学生たちや街のパワーに面喰ったり、刺激を貰ったり、東京の熱風に吹かれた大学生活でした。大学4年の春の就活では、様々な会社のOB,OG訪問をし、海外に関した仕事ができる会社、人間味のあるアットホームな会社、一生続けられる会社で仕事をしたく、メーカーを中心に、旅行会社、教育出版社の入社試験を受けました。複数の内定を頂いた中で、最も就活中に出会った先輩や同期となる仲間が温かく、また、適材適所がモットーで海外事業に直ぐ関わってもらいたいと言われた素材メーカーの東レ(株)に入社を決めました。1993年、東レに入社し、国際事業部に配属されました。入社2年目に、東レが中国に初めて工場を建てるにあたり、国際部に中国室が出来また。英語の日常会話は得意でしたが、中国語は称好(ニーハオ)しか知りませんでした。でも「一緒に中国室でやらないか」と誘ってくれた男性上司は、同じ早稲田大学出身で大変よくしてくれ、私も「新しい事業は楽しそうだ」と中国担当に入社2年目に移りました。その後、中国にたびたび出張に行きました。中国人と飲む機会も増えましたが、通訳を介してしか話せないのがもどかしく、中国語で直接話したくて、電車でNHK中国語ラジオ講座を聞いて通勤することにしました。その姿を見た日本に留学に来ていた台湾人学生が「中国語を勉強しているの?」と声をかけてくれ、近くのサイゼリヤで中国語の個人指導も毎週してくれました。小型録音機を持ち、中国語でのやり取りを全部録音していましたね。中国からの研修生受け入れも担当し、日本各地の東レの工場やその土地の観光地に彼らを案内したり、同期や先輩後輩たちと東京の街に繰り出し、よく働き、よく遊んだ5年間の会社員生活でした。「なぜ、会社をやめたのですか。」これも、私がよく受ける質問です。私は、入社5年目で、会社の昇格試験を受けました。昇格して中国駐在にも行きたかったし、もっと責任ある仕事をしたかったのです。会社の歴史や素材について猛烈に勉強し、昇格試験を受けました。私は試験は完璧に出来たし、面接でも「本当に中国に1人でいけますか」と聞かれ迷いなく「はい」と答えたので、合格すると思っていました。しかし結果は「不合格」。理由を上司経由人事部に聞いたところ、答えは「女性は、昇格試験を1回目は不合格にする」でした。日本の社会もこの25年で変化したことを実感します。今ではこのような発言は無くなってきて、女性の昇進も進んでいますね。変化は良い事です。男性女性どちらも、助け合いシェアして幸せな社会になるといいと思います。話を戻すと、不合格の結果とその理由を聞き、一気に仕事に対しての情熱が消えてしまいました。中国語も勉強しなくなり、あっと言う間に中国からのお客様の話が聞き取れなくなり会話も出来なくなりました。そして結婚し、親も親類も友人もいない、主人以外は誰も知らない名古屋に突然やって来ました。名古屋では、メーカーの仕事をやめたのだから、自分がやりたかった仕事をしようと、教育関係のアルバイトを片っ端からやりました。公文教室や塾でアルバイトをし、公立小学校での外国語アシスタント講師を名古屋市が募集していたので応募し、小学校で1年間の講師もしました。大学時代に、英語教育や英文学科を専攻せず、英語の教員免許を取れなかったことも心に残っていました。大学2年の時に「英語の教員免許を取りたいから専攻を変えたい」と早稲田大学の教務課に頼みに行きましたが、「駄目です。一度決めた専攻は変えられません」と言われ、以来ずっと英語教育を学ぶことへの興味も未練もありました。そして名古屋で公文教室、塾、公立小学校で英語を教える様々な仕事をやりました。名古屋で息子が生まれてからは、専業主婦になり、孤立無縁の子育てが始まりました。私は「東京の友人は仕事も母業もやっているのに、私は母業だけなのにしっかりやれない」と人と比べ落ち込んでいました。だから、お母さんが子育てしながらも学べる場所を作り、子育てママの応援団もしたく、親子英語サークルを作りました。最初は、私も1歳前の息子を連れ、子育てママ達と社宅の集会場で集まり、英語の歌や読み聞かせをしていました。息子が3歳の時に、親子英語サークルを親子英語教室にし、11年間で300人以上の親子と英語活動を行いました。英語が好きだったお母さん達も、昔は英語が嫌いだったけど勉強し直したいお母さん達も、親子で一緒に英語の歌や読み聞かせを行う時間は有意義だったと思います。11年間の親子英語活動についてはJALT(全国語学教育学会)で2013年に発表しました。内容はこちら。http://yes-english.jpn.org/pdf/thesis-003.pdf一方「本当に英語学習は早ければ早いほどよいのだろうか」との疑問も感じていました。私は英語を話せるだけで「民間療法もたまに効く」だけの指導をしているとも感じていました。そして、早期英語教育や第2言語習得について、自分が学びたくなりました。大学時代に英語教育を学び損ねた思いもあり、60才になった時に本当はやりたかったんだと後悔するのは嫌だし、英語という言語について学びたいという気持ちが強くなり、息子が12才(小学校卒業)の時に、11年間続けた親子英語サークルABCを辞め、大学院に行きました。大学で教えたいという目標もありました。大学院の頃に、日本人の英語の発音や音声のメカニズムに憑りつかれました。今は自分の英語教室で、音声指導を中心に小学生たちに直接教えています。研究で良いと分かったことは、小学生の指導にも役立てています。言語習得の過程や理論は非常に面白いです。外国語として英語を学習する環境では、学習は早ければ早いほど良いとの研究結果は無く(スペインの子供たちを対象にした英語学習の研究など)、認知が上がる10才ぐらいからの集中学習の方が、高い英語力を身につけています。日本での英語学習も、外国語環境ですから、早ければ早いほど良い(学習効果が高い)は当てはまらないかもしれません。一方、学習開始が早い方がいい点もあるはずですね。話がずれましたね。ワークライフバランスは、同時にできなくても良いと思います。ライフの占める割合が多くても一生の中でワークをできる時期も来ます。今は、日本語を母語にもつ日本人の英語の発音に興味があり、音声教育について研究しています。小学生から大人までの様々な年齢の日本人に英語を教える仕事が大好きです。他の研究を読んだり、自分が関心がある英語の母音の発音について研究をしながら、日本人に英語を教えるという仕事を楽しんでいます。

      4
      テーマ:
  • 31Jan
    • 英語の音と文字のつながり(フォニックス)と英語発音の講座を実施します

      ホームページを見てぜひうちの小学校で現職教員研修をやってほしいと突然に愛知県のある小学校の教頭先生よりメールが来たのが10月。大学が春休みになる二月に開催する約束をし、講習内容が決まりました。公立小学校現職教員30名対象の「英語の音と文字のつながり(フォニックス)と英語発音の講座」です。講習内容は以下です。1. 英語は音(音素)で出来ている。2. フォニックスとは何だろう?3. 英語の音(音素)の発音練習(小さい単位)4. フォニックス指導法5. アルファベットの名前読み6. マジックe(魔法のe)の法則7. 子音連続の発音8. 英語のリズム、リンキング、イントネーション(大きい単位)9. 発音記号10. クラスルームイングリッシュ内容は「子どもと始める英語発音とフォニックス」(南雲堂)山見由紀子他二名著より抜粋英語の音の中で最も小さい単位を「音素」といいます。子音と母音は音素です。英語の単語を正確に発音するには、単語を作る「音素」を正確に発音できるようになることが必要です。音素は単語を作る素になる音で英語は音(音素)で出来ています。 フォニックスとは英語の音とそれに対応する文字の関係を学ぶ指導法のことです。英語のアルファベットには、それぞれ別の「名前」と「音」あります。英語のアルファベットの名前はa, b, c, dをエィ、ビー、シー、ディーと呼ぶ方法のことで、アルファベットの音は、a, b, c, d をア、ブッ、クッ、ドゥと呼ぶ音のことです。フォニックスとは、アルファベットの「音」にどのような「文字」が対応しているのかという規則を学ぶことです。例えばpetを「ピー、イー、ティー」と読むのがアルファベットの「名前」で、petを「プッ、エッ、トゥ」と読むのがアルファベットの「音」です。(便宜上ここではカタカナで説明します)       (例)  p  e t             ピー、 イー、 ティー(アルファベットの名前)            プッ、 エッ、 トゥ (アルファベットの音)アルファベットの音を組み合わせるとpetの発音になります。アルファベットにはそれぞれ別の音があり音と文字の規則がわかると、英単語を聞いた時にその音を表す文字を書き、英単語を初めて見た時に自分で読めるようになります。 この講座では日本人にとって「発音が難しい英語の音」や「間違いやすい英語の音」について、日本語と英語の音はどこがどうちがうのかを取り上げます。フォニックス学習で「音」と「文字」の関係を学ぶと同時に、英語の音をどのように発音するかを学ぶことによって、正確に英語の発音ができるようになるという良さがあります。日本語と英語の音の違い、英語の発音の仕方を学び、自信を持って英語を発音していきましょう。 子どもとはじめる英語発音とフォニックス Amazon

      1
      テーマ:
  • 23Jan
    • CVC (子音+母音+子音)の単語

      興味深い記事を読みました。記事によると、イギリスの4歳児に、絵を見てCVC(c:consonant 子音、v:vowel 母音)で構成される単語を書く宿題が出ました。最初の5問は簡単でしたが、最後のスケートリンクかプールのように見える絵を表す単語がどうしてもわからず、母親はFacebook に投稿しました。後日、先生の答えはrink でした。rink はCVC ではないのではと思ったところ、Facebook の回答者によると、rink はフォニックスでは、CVC である(r-i - nk : nk は1音)というのです。以下は私の感想です。フォニックスは、音とそれを表す文字との結びつきつきを学ぶ学習法で、nkという1音はないし、フォニックスでも4つの音であり、rink はCVCC だと思います。一方、イギリスの子供達は4歳で英語は、子音と母音で出来ているという概念を理解しているという事に驚きました。英語は、音(音素)で出来ていて、それに文字が対応しています。日本人児童が英語を学習する時に、音(音素)で構成されていること(子音と母音で構成されていること)を学ぶのは大切だと思います。英語のcatは3つの音で出来ているのであり、決してキャ、トと2つの音ではないのです。https://www.indy100.com/article/childs-homework-question-english-language-stumped-internet-cvc-words-school-8167681

      1
      テーマ:
  • 17Jan
    • 英語のリズム、アクセント、イントネーション

      昨日は大学の月曜クラス(1年生ライティングとリスニング授業)の今年度最終日で、テストをして1年を振り返りました。リスニングは人数が多くて大変でした。ライティングは、毎週大学1年生の書くものを読むのが楽しく、最後に2年生になっても私の授業を取りたいと言ってくれた学生達の発言が嬉しく「大学3年になったら、子供英語演習の授業があるから会えるよ、選択してね」と送り出しました。子供英語演習で使っているのがこの本。大学の教科書にしてはあまりに可愛いらしい本ですが、発音記号もばっちりカバーしています。子供英語演習の授業では3週間に渡り、学生たちがフォニックス指導の発表をしています。aの文字をみせて音をだし、uの文字をみせて音をだすという具合です。日本人は、ローマ字に影響を受けたり、アの音が日本語には一つしかないため、aとuが、アの発音になりがちで気をつけています。学生たちの発表をみて、英語のリズム、イントネーション、アクセントが如何に大事かを改めて実感します。これらを間違えると、理解度が下がり、英語らしさがなくなります。発表する学生たちは、リズム、イントネーション、アクセントや活動と活動のつなぎの表現が難しいと言っています。学生たちが、英語の母音、子音を文字を見せて明確に発表している様子を見て、今学期にフォニックス指導をしてよかったと実感します。今週は、子供英語演習も今年最後の授業です。発表後の私からのダメ出しが皆さん怖いかもしれません。山見英語教室(YES)の小学生たちは、少人数グループレッスンで、発音が違うとその場ですぐ直します。すぐ英語らしい発音に変わるので、小学生は柔軟性が高いと感じます。今読んでいる韓国の子供と大人の英語の母音の聞き取りと発音を比べた研究でも、聞き取りは子供と大人で差がないが、発音は子供の方が良い結果です。子供は韓国語の音の確立も発展途上にあるからです。韓国語は母音が10、英語はアメリカ英語で15で日本語の母音は5しかないので、日本人にとって英語の母音はさらに困難であると予想できます。日本語の音の確立がまだ途中である日本人児童は、英語の音に対しても聞いて発音する柔軟性が高いでしょう。小学生たちの柔軟性が大変に興味深く楽しいです。英語は、強い音節が同じ間隔で現れます。これが、英語のリズムを作ります。歌の中でも、強い音節が同じ間隔で現れることが、よくわかります。強い音節以外の音は、弱く早く発音し、聞こえなくなったりくっついて違う音のなったりします。聞こえなく英語のリズムを意識し、楽しみにながら歌ってみたいですね。

      テーマ:
  • 07Jan
    • 英語は筋肉!鍛えて「英語らしい発音」を身に着けていきましょう

      A happy new year。新しい年がスタートしました。冬休みはいかがでしたでしょうか。私は、故郷の埼玉と東京に行ってきました。東京は、今では世界で行ってみたい都市トップ3に入る人気の都市で、2020年のオリンピックを前に、益々洗練された街に発展しています。東京は多くの国からの観光客で溢れ、街はキラキラしていました。出会った外国人観光客たちが口を揃えて「Tokyo is amazing, and so beautiful.(東京は素晴らしい、実に美しい)」と言っていたのが印象的で嬉しくなりました。2020年の東京オリンピックを前に多くの外国人が名古屋にも来ることでしょう。そして、2027年のリニア開通で名古屋と東京は40分で結ばれることになり、これから10年で名古屋の街も確実に発展していくと思います。現在、名古屋住人としては嬉しい発展です。2020年に教育制度が大きく変わります。小学校では英語が教科となります。現在小学校5,6年生で行われている「外国語活動」の時間は、小学校3年生から開始になり、5.6年生からは英語が教科に変わります。大学入試では、英語が4技能テスト(読む・聞く・書く・話す)となります。小学校で、英語が教科として行われるのは、日本では初めてのことです。現在、小学校の現場では、教員研修が最重要課題として取り組まれています。文部科学省は去年からの3年間で、現職の小学校教員を対象とした、免許法講習(英語の研修)を各都道府県の教育大学を中心に開催しています。私は、先月末に、現職の小学校教員50名を対象とした「英語コミュニケーション」の授業を担当し、丸1日合計6時間の英語の研修を行いました。英語のコミュニケーションに必要な、英語の発音を身に着けることを目標に「英語らしいリズム、アクセント、イントネーション」や「日本語には少ない英語の母音と日本語にはない英語の子音」の発音練習をしました。小学校の先生方はとても熱心に声を出して発音練習をしていました。講義の後、少人数グループに分かれ発音練習を行い、発音の間違いはその場で正していく機会を作りました。先生たちは「今まで自分の発音を直されたことがなかったのですごく良かった」と感想を述べていました。研修では拙著「子どもとはじめる英語発音とフォニックス」を使い、日本語と英語の発音の仕方はどこがどう違うのかを明示し、口の開け方や舌の位置を示して発音練習を繰り返しました。特に母音の発音は、日本語には5つしかないけれど、英語には15あるので(Gooodwin, 2001)、日本語の母音で英語の母音を発音しないことが重要です。特に日本語の「ア」に聞こえる英語の母音は複数あるので、「口の開け方」と「舌の位置」を明確にして発音しましょう。apple のaは口を縦横に大きく開けて舌は前へ出して発音します。up のu は口は指が一本入るぐらいしかあけず、舌は真ん中ぐらいで発音します。bat とbut は明らかに違う発音ですね。また、about のa はあいまいに出す音で、あいまい母音のschwa(シュワー)と呼ばれます。英語にはこの「あいまい母音」が多く、はっきり発音しないことがポイントです。 子どもとはじめる英語発音とフォニックス Amazon 英語の発音は「ただ聞くだけより、その場で正しく直されること」で確実に良くなっていくことが分かっています。発音練習をする機会があれば是非、活用してください。英語を聞くことを続け、音読するときは発音を意識し、英語の筋肉を鍛えて、一生かけて「英語らしい発音」を身に着けていきましょう。

      3
      テーマ:
  • 07May
    • 子どもとはじめる英語発音とフォニックス

      2017年度がスタートして1か月、新しいクラスに慣れてきたでしょうか。小学校5,6年生は週1回の外国語(英語)の授業が行われています。外国語活動は教科ではないので、現在は、テストも評価もありませんが、2020年までに小学校3,4年生から英語活動が開始し、小学校5.6年生の英語は教科になります。現在は、中学1年生から英語が教科となり、中学校3年間で、英語の基礎で最も重要な文法や語彙を行います。  文法とは何でしょうか。文法は法則だけを覚えるのは、無味感想であり効果も少ないでしょう。言葉は、文法でできているのではなく、言葉のしくみをわかるために、文法があります。英語のインプットが豊富にあり、英語が聞いてわかる、読んでわかる、だからその文法(しくみ)を学習したらよくわかり、また興味深いとなるよう、小学生は多くのインプット(聞いて読む)をしていきましょう。中学生は、何度も英語の文を音読しながら、単語も文法も文章も、体にしみこませていきましょう。大学生に英語を教えながら感じることは、中学校の英語が大事であること、英語を聞くことがとにかく重要であることです。中学校3年間で学習する語彙1200語と文法事項は、英語の最も重要な項目です。中学校3年間の文や語彙や文法は、一回やっただけでは身につかないので、形を変え、読んだり書いたり話し、繰り返していきましょう。中学校3年間の英語の教科書を音読し、暗唱していきます。また、英語と日本語のリズムは大きくことなるので、日本語のリズムで英語を発音すると通じないし、英語は、綴り通りに読まないことも多いので、机に座って英語の文字を見るだけの学習では伸びません。英語は必ず聞いてください。英語のリズム:日本語は書いてあるものすべてを発音しますが、英語は重要な語は強く、and, to, in など接続詞やcan, may, mustなど助動詞、I, you, he, sheも弱く発音します。       I went to Tokyo on Sunday. I, to, on は弱く発音して、went, Tokyo, Sunday が強く3拍のリズムになります。山見由紀子、他箸「子どもとはじめる英語発音とフォニックス」(南雲堂)が出版されました。英語の発音の仕方が、読んだらよく分かる一冊です。レッスンで行っていることが詰まっています。https://www.amazon.co.jp/%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%82%8B%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E7%99%BA%E9%9F%B3%E3%81%A8%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E5%B1%B1%E8%A6%8B-%E7%94%B1%E7%B4%80%E5%AD%90/dp/4523265550?SubscriptionId=175BC0N2BCT0X4DAZG82&tag=amebablog-a1289955-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4523265550

      4
      テーマ:
  • 02Nov
    • 中学英語の重要性と英語の発音(聞き流すだけで発音できるのか)

      英語の大学入試問題における「中学英文法の重要性調査」によると約80%の問題が高校レベルの文法問題を含まないもので、中学英文法で80%が解答できることが分かり中学英語の重要性が明らかになりました。中学校3年間で学習する文法が定着しその応用力をつけることが非常に重要です。一度学習しただけでは80%以上忘れるので、何度も繰り返して学習すること、復習することが大事です。例えば中学2年で一度学習する受動態は、その後中学教科書では一度も出てこないので、別の形で何度も繰り返さない限り定着しません。教科書は、何度も何度も繰り返して学習することが大事です。そもそも、文法とはすでに存在している言葉の法則を、明示的に学習することなので、中学で文法を習う前に、多くの表現を使ってきているということが重要です。そして文法を学ぶと「ああ、今まで無意識に使ってきてきた表現はこういうことだったのか」と文法学習が生きてきます。小学校では、明示的な文法学習より、多くの表現をインプットすることを第一にしていきます。次は英語の発音について。英語の発音は「聞いているだけで聞き取れるよう、発音できるようになるのか」という研究を行っています。聞き流しているだけでリズムやアクセントは身につくが、日本語にない英語の音を発音、聞き取れるようにはならないという先行研究に基づき、調査を進めています。第一言語(母語)は、誰でも聞いて話すことができます。しかし第二言語を学習する時には、第一言語にない音は、発音訓練することが重要であることが研究から分かってきています。日本語にない英語の音は聞き流すだけでなく明示的な発音指導が必要です。日本人にとって一番難しい発音の一つがL/Rです。L/Rと日本語のラ行が似ているのに違う音であるからです。第一言語と第二言語に似た音がある場合、第二言語の発音にその似た音を置き換えて使うことが研究されています。日本語のラ行と英語のL,Rは似ているので、日本人はラ行に置き換えて発音しています。英語の「Lはねっとり、舌を歯茎のそばに、必ずあてる」「Rは舌をそって、舌を絶対にどこにもつけないでうなるよう」に発音します。日本語のラ行は「舌が弾けるよう」に歯茎にあたる音で、全く違う音です。YES(Yamami English School)では毎週、文字をみて、文字と音を結び付けて発音練習をします。 英語は、筋肉と一緒で、最初から正しくつけ、そして使い続けることで、確固たるものになっていきます。英語を聞くときに「文字」見ることで発音でき、読めるようになることが、児童を対象にした研究から分かってきています。文字は重要です。文字をみて、CDをきき、音読をする、という英語の筋肉を一生かけてつけていきましょう。お子さんと一緒に、英語の学習に励む保護者の方の声も聞きます。英語の筋肉は何歳になっても育ちついていきます。中学英文法の知識で、大学入試の英語の問題の8割が解答可能だった!ニフティニュースhttps://news.nifty.com/article/item/neta/12125-293286/#article 

      6
      テーマ:
  • 20Jul
    • 英語の発音とフォニックス

      暑い夏休みがスタート、夏休みは英語のインプットをまとめて取れるチャンスです。英語の筋肉は継続することでつき、またあっという間に落ちます、夏休み中も英語の筋肉を積み重ねて下さい。夏休み中ぜひ親子で英語学習に取り組みください。現在「英語音声学から学ぶフォニックス-よめば英語の発音とフォニックスがよくわかる」(南雲堂)を執筆中です。レッスンで子供達に指導しているフォニックス指導が本になります。その一部をご紹介します。 1. 英語は聞いているだけで発音できるようになるのでしょうか。日本人が英語を聞く時は、日本語というフィルターを通して英語の音が耳に届いています。つまり、日本語にない英語の音を聞いた時には、その音を日本語にある音に置き換えて聞いています。たとえば、日本語にない英語の音の一つがLとRの音で、日本人がLとRの音を聞いた時には、日本語のラ行の音に置き換えて聞いているといえます。母親が子供に話しかける母親語の中には、英語ではLとRの音、日本語ではラ行の音が多く入っています。英語のLとRと日本語のラ行の音は全く違う音であることがわかっています。母親の言葉を子供は聞き取ろうとして、英語圏の児童は英語のLとRの音を、日本人児童は日本語のラ行をどんどん聞き取ります。日本人が日本語を理解できるようになるために、日本語の音の理解の準備に入ることは重要なことです。その結果、日本人乳児は生後8-10か月で英語のLとRの音の聞き取りが50%減少すると報告されています。日本人が、日本語という音を通して英語を聞いていれば、日本語にない英語の音をただ聞いているだけでは、発音できるようにならないことが分かります。一方で、日本語にない英語のLとRの音も発音の仕方を学ぶことで、明確に発音できるようになります。もちろん日本語にない音なので、英語を発音する時には常に意識して発音することは必要です。2.英語のつづりは難しい世界には3000~8000語の言語があるといわれています。その中で英語は最もつづりが不規則な言語の一つといえます。ヨーロッパ言語の中には1年以下で読み書きが習得できる言語もありますが、英語は、英語圏の児童でも読み書きが出来るようになるまでに3年かかるといわれています。英語の音と文字は1対1対応ではなく、同じ文字や同じ綴りが違う音になったり、単語の中に発音しない文字があったりと非常に不規則です。英語の「文字」には、様々な別の言語を取り込んできた歴史があります。もともとの別の言語のつづりをそのまま英語に取り入れているので、英語の文字と発音が一致しないことも多いのです。ギリシャ語からの単語psychology(心理学)にはギリシャ語にあった文字がそのまま入ってきたので発音しないpがあり、フランス語からの単語には、hを発音しないhonest,honor, hourがあります。英語は多くの言語のハイブリッド(合成物)でとても多文化的で柔軟性がある言語です。このように、英語の「文字」は非常に不規則なので、英語圏の児童も読み書きには大変に苦労します。英語圏の文字を読めない児童の割合は、他の国よりも高いと報告されています。英語圏の児童が読み書きできるよう作り出されたのが、フォニックスという学習方法です。フォニックスは、英語を聞いてわかり話すこともできる英語圏の児童が、すでに知っている英語の「音」とそれを表す「文字」の関係を学習することによって、自分で読んだり書いたりできるようになるために考えられた学習法です。英語圏の子供たちは、フォニックスを学習することで、自分で読み書きする力をつけていきます。外国語として英語を学習する日本人にとっても、英語を読み書きできるようになる一つの方法として、効果的だといえるでしょう。今まで「音」と「文字」がかけ離れ、英語のスペルはどうも苦手という人にとっても、音と文字の関係が少し魅力的に見えてくるかもしれません。3. フォニックス学習はどうやるのでしょうか。フォニックスは英語の「音」とそれに対応する「文字」の関係を学ぶ指導法のことです。英語のアルファベットには26文字にはそれぞれ別の「名前」と「音」があります。ここでは便宜上カタカナで説明すると、アルファベットの「名前」はa,b, c, dをエィ、ビー、シー、ディーと呼ぶ方法のことで、アルファベットの「音」とは、a,b, c, d をア、ブッ、クッ、ドゥと呼ぶ音のことです。フォニックスは、アルファベットの「音」にどのような「文字」が対応しているのかという規則を学ぶことです。例えばpetを「ピー、イー、ティー」と読むのがアルファベットの「名前」で、petを「プッ、エッ、トゥ 」と読むのがアルファベットの「音」です。             (例)  p  et (便宜上カタカナで表します)    ピー、イー、ティー (アルファベットの名前)                 プッ、エッ、トゥ   (アルファベットの音)音を組み合わせるとpetの発音になります。アルファベット26文字の音と文字の規則がわかると、英単語を聞いた時に音を表す文字を書いたり、英単語を初めて見た時に自分で読めるようになります。 1文字に1音が対応する日本語のひらがなとは異なり、英語のつづりは2文字で1音であったり、同じつづりでも違う音になったりとわかりにくい点があります。また、国語でローマ字を学習するので、英語を発音する時に、ローマ字の音に影響されて「英語の音がローマ字読み」になってしまうこともよくあります。そこで、この本では、英語の「音」に焦点をあてて、音と文字の関係を学び、その英語の音をどのように発音するのかを学びます。特に日本人にとって「発音が難しい英語の音」や「間違いやすい英語の音」について、日本語と英語の音は「どこがどう違うのか」を取り上げます。 この本では、英語音声からフォニックスを学習しますので、英語の正確な発音の仕方を学ぶことが出来ます。日本語には「ア、イ、ウ、エ、オ」の5個しか母音がありませんが、英語には主なもので15個も母音があります。日本語の「ア」と似て聞こえる英語の母音は4つありますが、どれも「ア」とは違います(apple, father, up, about)。日本人にとって難しい英語の母音の発音もていねいに説明します。フォニックス学習で「音」と「文字」の関係を学ぶと同時に、英語の音をどのように発音するかを学ぶことによって、正確に英語の発音ができるようになるという良さがあります。日本語と英語の音の違い、英語の発音の仕方を学び、自信を持って英語を発音していきましょう。  しかし、英語は綴りが世界で一番不規則な言語の一つですから、フォニックスのルールですべての英語が読めるわけではなく、フォニックスで読める英語は全体の70%程度です。英語を習得する一番の方法は、英語にたくさん触れることです。英語の本を広げて英語の文字が読めたらうれしくてもっと読んでいく、英語の話や歌を聞いてわかって楽しくてもっと聞いていく、こうして英語に多く浴びることで英語を習得していきます。楽しいと感じるものには、だれでも自然と多く触れます。英語の発音は楽しい、英語の発音とスペルの関係は面白い等、英語が興味深いものになると嬉しいです。英語学習は何歳からでもできます。大人も、英語にふれ筋肉を動かしていったら出来るようになります。`Nevertoo late” 英語の発音は筋肉のようなものです。鍛えたら発音できるようになり、聞き取れるようにもなります。鍛えることをやめたら、当然動かなくなります。英語を英語らしく発音したいという気持ちで、一生かけて楽しく学んでいきましょう。 

      3
      テーマ:
    • 愛知教育大学にてフォニックス授業

      7月4日(月)、愛知教育大学の4年生の英語教育法の授業にて、フォニックス指導法の授業を行いました。まず、a-zの文字の名前と音があること、その「音」の練習、主な2文字子音の音を学習し、その音を組み合わせて単語を読む指導法を行いました。最後に、英語の音ビンゴを行いました。日本語と英語の音の違い、今まで曖昧だった発音がよく分かった、大人の英語学習にも良いと思う等、大学生から多くの意見が出ました。http://www.kokusai.aichi-edu.ac.jp/1617/yy.html

      1
      テーマ:
  • 14Mar
    • 英語音声学に基づく発音講座(5)音の変化とイントネーション

      英語音声学に基づく発音講座(5)音変化に児童英語教師の方々、育休中の英語先生方、英語の歌を勉強中の方など12名に参加頂きました。今日は最初に、英語の発音に必要な筋肉をつける「あいうべ体操」(日本人のための英語発音完全教本)からスタートしました。そして、発音が発話の中で違う音に変化する、英語の音変化(脱落、同化、連結)を学びました。 同じ子音が連続する時、調音場所が同じか似ている時に前の子音が発音されなく「音の脱落」が起きます。fist time ならtが同じ子音だからfirs time と発音、big game はbi game, orange juiceはoran juice。good time はgoo time , mid term はmi term,good nightはgoo night。 連続する2つの音のうち、一方の調音場所が他方の音の影響を受けて、それと同じ調音場所で発音される時に「音の同化」が起きます。let +me がlet me/mm/, give +me がgive me /mm/... となり同士の2つの音が影響しあい、似た別の音に変化する「音の同化」もあります。nice to meet you がミーチューの様に、I miss you ミシューの様になります。R, n , t のあとに母音がくると「音の連結」が起きます。nを日本語のンで発音しているとn連結は起きないのでnは舌をしっかりつける。an-apple, clean-up, in-an-hour. T連結ではアメリカ英語ではtとその後の母音が合わさってラ行に近い音になる。get-up がゲラッ、not -at -all 。連結(リンキング)は明示的に教えた方が学習効果が高いです。 最後に子音母音の発音、リンキングを意識しながら、Bad dayを歌詞見て歌いました。いい歌詞、そして歌は良い~! 「英語を発音する事が楽しくなった」「あいまいだった英語の発音が明確になった」「生徒たちの前で自信持ち英語の発音ができるようになった」「英語を学ぶのが楽しいと感じた気持ちを子供達たちに伝えていきたい」との参加者からの言葉が嬉しいです。英語の綴りの余談、busy,friendは印刷する際にベルギー人がbisy,frendと入れる所を間違えた為そのまま残ってしまった冗談のような言語史の話も面白いの声が多かったです。英語の歴史も面白く私もさらに学習してみたいです。How Spelling Keeps Kids From Learning http://www.theatlantic.com/education/archive/2015/02/how-the-english-language-is-holding-kids-back/385291/?utm_source=SFFB 英語音声学に基づく発音五回講座はこれで終了ですが、英語音声学からの小学校英語~英語音声学とフォニックスの出会い~(仮題)(大学先生3人共著)を書いてます。英語の音声が良くわかる、英語の発音がしたくなるような本を目指しています、お読みください。

      1
      テーマ:
  • 08Mar
    • 英語音声学に基づく発音講座(4)アクセントとリズム

      英語音声学に基づく発音講座(4)アクセントとリズムに、児童英語講師の先生方、子供と一緒に英語学習に取り組む方、ジャズを勉強中の方など参加頂きました。英語が英語らしく聞こえるためには、リズム・アクセント・イントネーションが重要です。英語と日本語のアクセントは大きく違います。日本語は声の高い低い、英語は声の強弱がアクセントの手段。英語はアクセントが置かれる音節で母音が長めに発音されます。 音節は、ある音を中心としたいくつかの音の集団。その中に切れ目を感じないもの。音節は中心となる母音とそれを挟む子音によって構成されることが多いです。 英語のストレスは、名詞形容詞は、左寄り、動詞は右寄りです。object の単語も名詞と動詞では、ストレスの位置が違います。... 英語では、二単語以上で構成される句や文でストレスを受ける語と受けない語があります。ストレスを受ける語は内容語、受けない語は機能語。機能語である冠詞、人称代名詞、助動詞、be動詞、前置詞、接続詞は弱く発音します。canは助動詞。I can swim. のcan はストレスなし弱く発音します。 機能語がストレスを受ける場合は、be動詞助動詞の短縮否定形。isn't , weren't , doesn't, can't , won't ...はストレスありなので、泳げないときはcan't が強くI can't swim. ほとんどtは聞こえないのでcanを強く言うと意味が異なってしまいます。 英語は強い弱いの音節が交互に繰り返すリズムをもつので、強い音節が続くことを避けるために、ストレスシフトが起きることがあります。 日本語と英語のリズムも違います。 日本語のリズムの単位は拍。各拍は同じ強さ長さ。発話時間は拍数に比例します。英語のリズムの単位は強弱の音節。発話時間は強い音節の数に比例します。弱い音節は早く弱く発音されます、だから英語の音はくっつたり綴りと違う音に変化したりします。アクセントとリズムがわかると英語らしく発音できます。 来週は英語音声学に基づく発音講座最終回、英語のイントネーションです。 詳細申し込みは、こちら。http://joshigoto.xii.jp/lectures/mo-201511-001.html

      6
      テーマ:
  • 29Feb
    • 英語音声学に基づく発音講座(3)子音連続

      英語音声学に基づく発音(3)子音連続講座を行いました。ご参加ありがとうございます。 研究によると生後14か月日本人幼児は、すでに存在しない架空の母音を挿入して英語聞くことが明らかになっています。日本人の幼児は、日本語の音韻を身に着けており、英語を聞いたときに日本語にあわせてきく「日本語耳」をもっていることが示されています(理化学研究所,2010)。日本語はすべての音に母音が入りますが、英語は母音が入らずに子音が連続する音が多いので、母音をいれないように注意して発音することが必要です。 英語がもとになっている外来語はカタカナとして使用されているものが多く外来語発音に母音をいれないように発音しましょう。たとえば英語のstrikeは、二重母音の/ai/を持つ1音節語で、strの子音連続+二重母音/ai/+子音/k/(CCCVC構造)。外来語ストライクはsu-to-ra-i-ku は5音節(CVCVCVCVCV構造)。strikeは一気に一音節で発音、子音後に余計な母音をいれて音節を増やさないに注意しましょう。... 主な子音の連続した発音: /tl/ /dl/ はトルドルよりも、トー、ドーに近い音に聞こえますlittle, kettle, title, middle, pedal, medal /tn/ /dn/ 舌先を歯茎につけたままは鼻にぬけるように、飲むこむように発音written, cotton, sudden, ridden, Manhattan (カタカナ発音のマンハッタンとは、まったく違う音です)/tr//dr/は一つの音として早く発音 tree, train, try, truck, trick, dress, dragon, dry, dream /dz/と/z/を混同しないように。/dz/舌さきが歯茎について離れる一回しか発音できない。/z/は息が音が出せるcars/z/ vs cards /dz/, sees/z/ vs seeds/dz/ 母音、子音、子音連続の発音に続き「フォニックス」を学びました。 (本日の講座で説明たりず、補足します)フォニックスとは英語の「文字」と「音」のルールです。アルファベットの26文字には「名前」と「音」があります。アルファベットの「名前」はabcde をエィ、ビー、シー、ディー、イーと呼ぶ方法で、アルファベットの「音」とは各文字が表す「音」のことです, a b c d e はアッ、ブ、クッ、ドゥ、エっという音です。 例えば、ant という単語の場合は、エィ  エㇴ  ティ がアルファベットの名前。ア  ン トゥがアルファベットの音。 (英語の音とカタカナは違いますが便宜上カタカナで説明します)フォニックスを知っているとpetという単語を初めて見てもp(プッ)+e(エ)+t(トゥ)と読むことができpetを聞いて綴ることもできます。フォニックスはアルファベット文字と音を結びつけて読むため発音練習につながり、自分で読むことを促します。 英語が英語らしく聞こえるには、イントネーション、リズム、アクセントが重要です。来週は、英語のリズムについて行います。

      5
      テーマ:
  • 24Feb
    • 英語音声学に基づく発音講座(2)母音の発音

      英語音声学に基づく発音講座、第2回母音の発音に、児童英語教師の方や中学校英語教師の方、子供と英語を一緒に学びたいママ達など14名が参加下さいました。 日本語の母音は5個、一方英語の母音は23~25個、地域により音も異なります。主な母音15個の発音練習をしました。特に日本語にはあいまいな母音がなくて全部をはっきりと発音するので、英語に多いあいまい母音を練習しました。二重母音は、なめらかに移動する音で、日本人にとってはgrape がグレープになりがちで難しい音です。手のジェスチャーを使ってなめらかに移動する音のイメージを再現して、皆で声を出しながら練習しました。その他、間違いやすいan,a の冠詞、warm/worm, walk/work の発音を練習しました。 最後の質問コーナーでは、日本の小学校英語の展望や今後の大学入試について等多岐に渡って質問を受けました。時間オーバーの英語教育論が白熱しました。参加者皆さまから、参加して良かった、曖昧だった母音がよくわかった、話が楽しい、との声を頂き嬉しい限りです。 名古屋市公立小学校で外国語アシスタント講師として英語指導をしたのが17年前。以来、親子(未就園児)、園児、小学生、中学生、高校生、大学生と英語指導を行ってきました。日本人にとって難しいと感じる英語の発音や表現を見てきた実践と音声の研究を合わせ、より多くの方に、英語音声って面白い、英語学習は楽しいと思ってけるよう貢献していきたいです。次回の発音講座は2月29日月曜、子音連続の発音(および子音と母音総復習)です。 次回発音講座申し込みは、こちら。http://joshigoto.xii.jp/lectures/mo-201511-001.html

      11
      テーマ:
    • 英語音声学に基づく発音講座(1)子音の発音

      英語音声学に基づく発音講座、第一回子音の発音、に児童英語の先生方や育休中の中学校英語の先生、仕事で英語を使う方、子供と英語を一緒に学びたい方など19名に参加頂きました。皆で発音して気持ちいい学びになりました。 英語の子音とくに、L,R,TH, V, F は日本語にない音で、聞きながすだけでは聞き取れるようにも、発音できるようにもならないことが研究で明らかになっています。日本語にない英語の音は、明示的に発音方法(調音法)を学ぶ必要があります。英語のL,R の音と、日本語のラ行も異なる音で、乳児は話しかけられた言語の統計をとって言語を習得していきます。日本人乳児が英語のL,Rの音を聞けなくなり、日本語のラ行を習得していくことは必然です。だからこそ、日本語にない音はどのように発音するか、日本語とどこが違うのかを学習する音声指導は重要です。 破裂音(息を破裂させる)P,T,Kは、口の前においた手に息をあてながら発音し、日本語にない音のL,R,TH(無声音こえにださない、と有声音こえにだす)F,Vは口の形や舌の位置を学びながら発音しました。その他の間違いやすい子音、ch, sh, w, n (英語のnは必ず舌を上につける。日本語のンは舌がつかないことが多いので注意)の発音練習をし、最後に子音の発音実践でLet it be を歌いました。こんなに声を出して発音練習したことがない、気持ちいい、英語はたくさん息も口も顔の筋肉も動かすからいい感じに疲れました、英語の音声は楽しい、もっと英語音声を学びたいとの声も頂きました。現在、「音声教育からはじめる小学校英語(理論と実践)」を大学の先生達と共著で作成中です。ご期待ください。第二回の発音講座(母音の発音)は2月22日(月)です。

      2
      テーマ:
  • 06Feb
    • 英語の「音」と「文字」

      2011年から小学校5,6年生で年35時間の外国語活動が必修化されましたが、現在は「教科」でなく、英語の教科書も評価もありません。アルファベット文字指導は、小学校外国語活動の学習目標でなく英語の単語や文を「読む」「書く」ことはありません。しかし、中学1年を対象に行った調査で、80%以上の生徒が「小学校の外国語活動で、英語の単語や文を読んだり、書いたりしたかった」と回答しています。小学校で音声中心に学んだことが、中学へ行ってから音声から文字への学習に連動せず、英語の読み書きに苦労している生徒がいる現状が明らかになっています。 文部科学省は2020年から、小学校3,4年生は週1-2コマ程度の外国語活動、小学校5,6年生は教科型の英語授業(週2-3コマ程度)を行うことを発表しました。 新たな英語学習の目標として、身近なことについて基本的な表現によって「聞く」「話す」に加え、「読む」「書く」の態度の育成を含めたコミュニケーション能力の基礎を養うことを示しました。 文部科学省は教科化にむけて26年度に小学校外国語活動の補助教材を作成、配布しました。補助教材のポイントは、1.アルファベットの文字や単語などの認識、2.日本語と英語の音声の違いやそれぞれの特徴への気づき、3.語順の違いなど文構造への気づき、です。 英語の「音」と「文字」の関係を学ぶ英語の音声指導が小学校ではじまります。「日本語」と「英語」の音の違いを学習すること、英語の「音」と「文字」の関係を学習することは、音声指導に欠かせません。 英語の「文字」と「音」のルールをフォニックスといいます。文字と音の関係は、私自身が今大変面白いと感じています。 山見英語教室では小学校高学年クラスでアルファベット26文字の主な音「1文字1音」のフォニクス学習に加え「2文字で1音」、MagicEの法則の発音をやっています。発音は非常に大事です。発音がわかると、発話することが嬉しい、使いたい、話したいにつながります。発音はアイデンティティとも大きな関係があります。また、音と文字の結びつきを学ぶと、英語を読むことができ、自分で読みたい、書きたいに繋がります。2月8日(月)より、大人を対象とした英語音声学に基づく発音講座を行います。1回目は子音の発音。特に日本語にはない音である TH,L,R,V,F、息を破裂するように出す語の最初のP,T,K、その他日本語と似ているけど違うSH, CH, N, W の発音をやります。発音の仕方がわかったら、今後は発音を意識しながら、実際に使ってみましょう。1回目はLet it beの歌を、歌詞を見ながら歌います。歌詞には、Lの音が多々出てきますよ。

      10
      テーマ:
  • 03Jan
    • 2016年の抱負

      2016年スタート、今年の抱負は「心身共に健康に幸せに」そして「誰かのため、社会のため」に貢献していくこと。2020年に公立小学校での英語教科化が発表されています。日本の小学校での英語教科化は初めてのこと、何をどう指導するかを決めることは極めて重要です。早期英語教育における音声の優位性の研究は多く、小学校英語教育には音声教育が不可欠です。音声教育をどのように何をやるか、指導する教員の養成や教材開発はどうするかと課題は山積みですが、小学校英語教育で音声教育、国際理解教育が行われることに、私も貢献していきたいと、2020年を目前にした、新年に改めて思います。2016年1月1日は大須観音へ行きました生まれも育ちも関東出身の私ですが名古屋に来て18年目。「住めば都」とはよく言ったもので名古屋の魅力をこの頃とくに実感します。名古屋の魅力を多くの方に伝えたいとも思います。大須観音に初詣をしたのは今年が初めて。大須観音も大須の街も魅力満点でした。大須観音境内にある徳川宗春がモチーフの「からくり人形」は、名古屋の物づくりの根源でもあり、緻密で繊細な作りと優雅な音楽とに魅せられました。帰りに伏見のミリオン座で映画「私はマララ」を見ました。大須から伏見と散策して、名古屋の新しい発見もあり、まだ知らぬ名古屋が沢山あるなと新年早々の発見を楽しみました。2016年まだ知らない名古屋の魅力を探索したいです。2015年は新しい扉を開き、新しい経験が多い一年でした。息子が中学入学時に、私は大学院入学。昨年3月修士課程を卒業、大変に苦労して大学講師の新しい職を得て、4月初めて大学の教壇に立ちました。2015年は、大学教師1年生として、教える事と研究する事、両方する旅のようでした。学会発表を5回行い、論文を3本書き、学会発表で全国を回りました。リサーチに基づいて行う、ティーチングの意義、実践と研究の醍醐味を実感した一年。研究を行うことで、小学生指導とくに小学生の英語音声指導において見えていなかったものが見えてきて、英語の指導がより興味深くなりました。「日本人小学生における英語の発音と国際的理解度の一考察」「小学校5,6年生におけるフォニックス指導の有効性」の論文原稿を昨年大みそかに仕上げました。2016年に発表されます。2016年は、早々に公立小学校の英語活動、応用音声学国際シンポジウムがあります。2016年も、実践と研究を積み上げていきたいです。昨年出会った全ての人に、そして今まで出会ってきた全ての人に感謝。出会いは偶然ではなく必然と思います。昨年の最後12月26-28日に参加した「白熱イングリッシュキャンプ」では、小中高生と一緒に学ぶ楽しさ、先生から一方通行の教育でなく「生徒」と「先生」で作り上げる教室の醍醐味、答えは一つでない教育の必要性、世界に羽ばたく魅力を、体いっぱい感じてきました。白熱イングリッシュキャンプ主催は「タクトピア」です。http://taktopia.com/welcome/1993年私が早稲田大学卒業時に書いた卒業論文は「国際化への障壁と日本の発達」。大学時代に訪れたシンガポールの多民族多言語性に魅了されて一気に書きました。シンガポールのエネルギーに感動したのを鮮明に覚えています。この白熱イングリッシュキャンプで、シンガポール出身ロンドン大学の学生にも出会い、シンガポールへ又行きたいと強く思いました。 ロンドン大学・シンガポール出身のサマンサと。ハーバード大学の学生たちによるJeopardyゲームは、非常に面白く「学びあう」ことの良さを改めて感じました。学ぶことは生涯楽しいものだと実感です。ハーバード大学・ペルー出身のデリアンと。世界の歴史は全て繋がっていて、意味があります。大航海時代1400年代のペルー、インカ帝国でマチュピチュ(ぜひ行きたい)が作られました。今年は名古屋でも「白熱イングリッシュ」を開催したいです。子供たちが世界に羽ばたいていく、そのステップアップを応援したいです。 小学生・中学生・高校生・大学生と。Jump!小中高、大学生が「良妻賢母」(Good wife, wise mother)について調べ発表しました。最初は難しい話題に見えましたが、それぞれ自分の事と考え、日本の歴史から見える価値観の変遷をまとめ、ロンドン大学サマンサのリーダーシップのもと、素晴らしい発表になりました。参考文献こちら→http://www.huffingtonpost.jp/nissei-kisokenkyujyo/countermeasures-to-the-falling-birthrate_b_6118178.html「あずさ」に乗って初めて行った山梨。山々と青空が美しかったです。2016年、素敵な一年になりますように。

      7
      テーマ:
  • 05Dec
    • 歌で学ぶ英語~All I want for Christmas is you

      今週の歌はAll I want for Christmas is you. 1995年にMariah Caryがリリース、2011年にはMariah CaryとJustin Bieberによってリメイクされたクリスマスの名曲。歌詞もメロディーも素敵、歌詞も覚えて歌いましょう。I don't want a lot for Christmas. There is just one thing I need. I don'tcare about the presents underneath the Christmas tree. I just want you for myown. More than you could ever know. Make my wish come true. All I want forChristmas is you.I don't want a lot for Christmas. There is just one thing I need. I don'tcare about the presents underneath the Christmas tree. I don't need to hang mystocking there upon the fireplace. Santa Claus won't make me happy with a toyon Christmas Day.I just want you for my own. More than you could ever know. Make my wishcome true.All I want for Christmas is you. You, baby, oh. I won't ask for much this Christmas. I won't even wish for snow. And I'm just goingto keep on waiting underneath the mistletoe. I won't make a list and send it tothe North Pole for Saint Nick. I won't even stay awake to hear those magicreindeer click. Because I just want you here tonight holding on to me so tight.What more can I do? Baby, all I want forChristmas is you. You, baby. Oh.All the lights are shining so brightly everywhere and the sound ofchildren's laughter fills the air.And everyone is singing. I hear those sleigh bells ringing. Santa, won't youbring me the one I really need? Won't you please bring my baby to me?Oh, I don't want a lot for Christmas. This is all I'm asking for. I justwant to see my baby standing right outside my door. Oh, I just want you for myown more than you could ever know. Make my wish come true. Baby, all I want forChristmas is you, you, baby. Mistletoe ヤドギリ(英米ではクリスマスシーズンにヤドギリの下にいる相手にキスをする風習がある)The North Pole 北極, Saint Nick = Saint Nicholas 聖ニコラスが貧しい娘たちに持参金を恵んだという伝説があることからサンタクロースに発展したといわれる。https://www.youtube.com/watch?v=fGFNmEOntFA

      7
      テーマ:
  • 04Dec
    • 英語の「発音」&大人の「発音講座」

      小学校英語活動を担当する教師たちを対象とした研究(Yoko Goto Butler, 2004)では、英語を指導する上で「話す力が一番自信がない」という結果が出ています。英語を話すとき、英語の発音はやはり重要になります。同時通訳の場面で、日本人が英語を話す時には英語での発表にも関わらず、日本人英語を国際的に通じる英語に通訳する必要があるとの見解が述べられました(日本音声学会,2015) 。国際的に通じる発音で発話することは必要で、それを身に着け自信を持って英語を話すことができるならば、英語の発音を明示的に学ぶことは重要です。日本人の英語が国際的に通じにくくなる理由の一つとして、日本の小学生の英語の発音研究(赤塚、山見 2015)では、「日本人の英語に、存在しない母音が挿入されて、1音節の単語が2音節に聞こえること」 が示されました。tree がtrの間に母音を入れてしまいツリー blue がblの間に母音を入れてしまいブルーに聞こえるのです。母語の影響は、第二言語には必ず現れます。日本語は「あ・い・う・え・お」 の母音が入るので、それを英語にも入れてしまうのは必然。子音連続の発音は、国際英語としての英語の核となる点と示されています。Jenkins(2000)は、国際的共通語としての英語の核となる点として、1.ほぼすべての子音の発音2.子音連続の適切な発音3.母音の長さの区別4 句・文の適切はストレスをあげています。  子音連続の適切な発音は、国際的に通じる発音としても重要なのです。また、句や文のストレスは、日本語と英語のリズムが大きく違うことから、日本語母語話者(多くの日本人)は英語のリズムで発音することが必要で、練習がいります。「発音」できるから「聞き取れる」、そして、英語をどんどん使っていく。そんな発音を学ぶ講座を開催します。 ぜひ、いらして下さい。 詳細こちら→http://joshigoto.xii.jp/lectures/mo-201511-001.html

      5
      テーマ:
topbanner

プロフィール

YUKIKO

お住まいの地域:
愛知県
自己紹介:
1986-1987年埼玉県川越女子高校在学中、交換留学生としてアメリカ・イリノリ州へ。 199...

続きを見る >

読者になる

YUKIKO先生の教室内容

Yamami English School (YES)
小2~中学生
グループレッスン4名
小学生週1回50分(年間42回レッスン)
月謝6000円
中学生週1回80分(年間42回レッスン)
月謝7000円

小学生
Learning Worldシリーズ使用
PINK,YELLOW,BLUE
BOOK1,2.3

問合せ:yukiyukiyama81☆yahoo.co.jp
(☆を@にかえて)

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。