のぶぶろぐ♪






まんが・イラスト・栄養士
「うえだのぶ」のブログ。
描くこと・食べること・暮らすこと
徒然なる日々?を綴ります♪


このページの全てのイラスト・写真・文章の
無断使用&転載を禁じます
Copyright(C)NOBU UEDA. All Rights Reserved.


テーマ:

昨日は県栄養士会の

研修で萩市に行ってきました。

 

 

タイトルは

「食育による地域貢献と

萩の食材を活かした料理講座」

 

講師は、萩市の老舗割烹「千代」の店主で

板長の「河村剛太郎」先生。

 

子ども達が正しい味を知り、食の大切さを学ぶ

「味覚の授業」などに取り組まれておられます。

今回は私達もその一部を体験。

AとB、この2つの液体の違いは?

 

ひとつは「お醤油とお塩」

ひとつは「お醤油とお塩、そして”おだし”」

 

和食のプロがとられた鰹&昆布だしです。

香りだけで違いは歴然。

味の違いは言うまでもありません。

 

この味が

皆さんもよく耳にされる

「旨味(うまみ)」です。

 

日本人が発見した

5番目の基本味。

(他は甘・塩・酸・苦)

 

海外でも「UMAMI」として

定着している味。

 

昆布ならグルタミン酸

鰹節はイノシン酸

椎茸はグアニル酸

(食品学の試験を思い出します)

 

2つの旨味(アミノ酸)をかけあわせると

1+1=2以上の旨さになるという

「味の相乗効果」

(試験に出たなあ、、、)

 

講義の後、この旨味を活かした和のお料理を

実際に作って学びました。

料理講座の献立は

萩が舞台になった昨年の大河ドラマにちなんだ

「ふみ御膳」

 

写真右(上から)

*たまげ茄子のキャロットソース掛け

*剣先イカの雲丹醤油和え

*金太郎のだき寿司

中央

*姫さざえの旨煮

*瀬付き鯵の刺身・夏みかん酢

*ちしゃなます

*いとこ煮(萩風)

*甘鯛のパリパリ焼き

*もずく酢

 

講座のタイトルにもあるように

「萩の食材」オールスターズです。

 

しかも豪華な!!!!

 

できあがったお料理を頂いて

びっくりしたのは

 

調理法がシンプルなお料理も

いつも食べる味と全然違う事。

 

ものすごく美味しい!!!!

 

食材が新鮮で本物なのは

もちろんですが、

 

先生いわく

「これが”だし”の力です。」

 

きちんと丁寧に取った

本物のおだしを使う意義を

ダイレクトに学びました。

 

これは、文章では

お伝えできません。

 

 

「舌で学ぶ」

 

 

子ども達だけでなく

大人にもこういう機会は

必要ですね。

(食いしん坊の視点からじゃなく)

 

 

貴重な学びができた事に感謝です♪

 

 

先生の講座、次回は9月。

(一般の方の参加もOKだそうです)

楽しみです♪

 

お問い合わせは

公益社団法人 山口県栄養士会事務局

(083-932-8015)まで

 

********************

 

ところで、わたくし

8月の20日(土)に

県栄養士会の研修で「講師」をする事に

なりました~!(ひ~!)

 

 栄養士会会員の皆様は

すでにご存知&お申し込みの方も

いらっしゃると思いますが

 

また近日中にあらためて

告知させて頂きますね(^^)

 

 

久しぶりにパワポ作りに

取り組まねば~~~。

(うひ~~~!!)

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

とっても素敵な方に

お会いしました~♪(^^)

 

 

宇部市在住の児童文学作家

「中山聖子」さんです。

 

中山さんをご存知の皆さん

「なぜお前が!!???」と

驚かれている事でしょう(笑)

 

中山聖子さんの作品&プロフィールはこちら←

(「美和の里児童文学館HP より)

 

 

宇部市の著名人です。

その中山さんと?

 

 

「知り合いの知り合い」

というつながりで(^^)

 

 

「のぶちゃんに

会ってみたいって。」(←知り合いのMさん)

 

え?え?え?

「会う?」

 

 

いや、もちろん

仕事柄いろんな人にお会いします。

 

 

取材でも打ち合わせでも何でもなく

作家さんと会う、、、って

なかなかないシチュエーションですゲッソリ

 

 

絵と文章、形態は違っても

出版界で活躍されているプロの方に

お会いできるのはとっても貴重な体験!

 

私も「ぜひ♪」とお願いしました。

 

 

待ち合わせ場所は

菓子工房「yakushiji 」

老舗創作洋菓子店「ロイヤル」さんの

2号店で、カフェが併設されています。

(紹介者Mさんのオススメです)

 

****************************


中山さんの著書を読ませて頂き

どの作品にも共通して感じるのは

「児童文学」という言葉からは想像できない

「清々しさ&潔さ」と「リアリティ」です。

 

清々しさ&潔さ、、、、、

まんが的な擬音でいうと

「キリッ!」「シャキッ!」って感じでしょうか。

 

お仕着せっぽい友情や教訓、不自然な苦難や感動、

そして「子供向けですよー」という目線の低さが

ないのです。

 

物語の口調はさっぱりと、

淡々としている印象を受けますが

お話が進むにつれ、ストレートに心に染みてくる

「純粋さ」や「強さ」があって、

大人の私が読んでも(大人の私だから?)

ぐっと胸にきて、自然に涙がわいてきます。

 

 

もうひとつの共通点「リアリティ」

特に印象的なのは

登場する大人達です。

 

中山さんの作品の中に出てくる大人は皆

ただの「お父さん」「お母さん」「近所の人」じゃなく

一個人として、作品の中でしっかりと生活しています。

 

そのリアリティが

「児童文学」という枠を超えて

大人を泣かせる作品になっているのではと

思うのです。

 

前置きが長くなりましたが、、、、、、

 

 

そんな想いを胸にお会いした中山さんは

ほわっとした雰囲気と

シュッとしたスタイルの

素敵な女性。

 

 

最初こそ私も緊張していましたが

紹介者Mさんもいらっしゃるし

中山さんとは年齢もほぼ同じという事で

(私の方が上でした~~)

 

自然に会話は打ち解けました(と思います・笑)

 

”実は児童文学書は子供の頃

ほとんど読んだ事がなく”、とか

”師匠も柵もなく”、、、とか

その辺りのお話、とても親近感を感じました(^^)

 

作品の創り方が

私とは全く違っていて驚いたり

逆に「え、そういうの児童書の世界でも

あるんですか~」みたいなお話も聞いたり

(内容は書きません・笑)

 

話は盛り上がり、話題は尽きず

もっと深く伺っていきたかったのですが

 

気がつけば

お店に入ってから5時間近く経っていました。。。。

(申し訳ない事でございますあせる

 

次は、我が家で持ち寄り飲み会をする約束をして

解散しました♪

 

 

中山さんからは著書を頂き、

私はお礼に「まんがにがおえ」を

描かせて頂きました♪

 

 

取材でも打ち合わせでもない

初対面の方とのお茶会は

予想もしてなかった寛ぎ感、

 

中山さんの作品の中に入ってしまったような

穏やかで楽しい、不思議な時間でした(^^)

 

 

 

****************************

 

ところで

なぜ今回、写真が一枚もないのか?

 

実は、、、、、、、、

スマホを忘れて行ったのですえーんえーんえーん

 

 

出がけに「念のため」と

 

待ち合わせの場所と時間の

書いてあるメールを確認、、、、

その時ふと思い出したのが

「そうだ!車にガソリンなかった!!!!」

 

慌てて家を出てGSに寄り

待ち合わせ場所に着いて

バッグを開けたら、、、、

 

「ああっっっっっっ!!!!

スマホ入ってな~~~~い!!!!!」

 

。。。。。キンチョーしてたんです。。。。

 

社交的に思われがちですが

本当に人見知りで蚤のハートな私、、、、、

 

大事な時ほどダメになるタイプです(T0T)

同じテンションで財布もよくよく忘れます(T0T)

(珍しく名刺は持って行ったんだけど、、、、)

 

この日は

「待ち合わせ場所に遅れてはいけない」という事と

「ちゃんとお話できるのだろうか???」という事で

頭がいっぱいでした。

 

お店で食べた素敵なケーキも

写真がないという、、、、、(T0T)

 

 

 

ね、本当に小心者なんです。

これでちょっとは信じてもらえるでしょうか?

(社会性がないだけ、と言われそう・笑)

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
{F75CCB8A-76A6-46DD-9D93-DAF90B0124BD}

はじめましたー(*^_^*)

チャーシューなくて
ベーコンですけど、、、
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ご好評頂いている

「うちの母シリーズ」?(笑)

小ネタです。

 

 

先ほど、こう言い捨てて

出かけて行きました。

 

 

婦人会か何かで

民謡を踊るようで

その練習に行ったんだと思います。

本人的には

「今日は踊りの特訓よ!」

という意気込みだったと

思いますが

 

 

一瞬、

おばちゃまがいっぱい

ディスコでフィーバー(古)

している絵が浮かんでしまいました。

 

きっと今頃近くの公会堂で

「踊りまくって」いる事でしょう。。。。

 

がんばれ、母ちゃん。

 

 

 

余談ですが、

 

先日、にがおえのお客様

(結構な数の)から

コストコのお母さんですね!」

と言われてました(笑)

 

 

母はブログを読まないので

嬉しそうに

「そうなんです、ベーグルが大きくて~♪」

とはしゃいでいました。

 

その様子を、じっと温かい目で

見守っていた私です。

 

親不孝者でしょうか。。。。。?

 

 

でも、

これからもお楽しみに♪

 

(*ご近所の皆様、ご内密に・笑)

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

先日SNSに

ごま和えやきんぴらの

写真をUPしたところ

 

とある男性の方から

「最近、自炊を始めたけど

なかなかこういうのが作れない」

というコメント頂きました。

 

そこで本日は、私の十八番

「簡単だけどヘルシーなのよ

大さじだけでOKな小松菜のごま和え」

略して「簡単大さじDEごま和え」(笑)を

ご紹介します(^^)

 

材料(4人分)

小松菜 1パック(大体200g)

すりごま   大さじ3

濃口しょうゆ 大さじ1

砂糖     大さじ1

 

 

<作り方>

 

1)ボウルに

  すりごま、しょうゆ、砂糖を入れて

  よく混ぜる。

2)茹でた小松菜を2~3cmに切って

  水気を絞ってから 1)に入れ

  よく混ぜる。

 

完成♪(^^)笑

 

茎の部分は細かく刻むと

味がよく馴染みます。

 

母もお気に入りな、

我が家の定番料理です。

 

 

ちなみに、もしお家に

すり鉢とすりこぎのある方、、、、

ぜひ、「炒りごま」をすってから

和えてみてください。

 

香りと美味しさが

断然違います。

 

誰に作っても

驚かれるし、喜ばれます♪

 

*********************

 

 

で、栄養の話をしますと

 

ゴマも小松菜も

 

カルシウムと鉄分が

豊富な食材です。

 

ただ、植物性の鉄分は

吸収されにくい。

 

でも、鉄はビタミンCと一緒だと

吸収が良くなるんですって。

 

おや?そんな小松菜には

ビタミンCがたっぷり。

 

「小松菜とごま、いいじゃん!」

 

短大で色々勉強してて

この組み合わせの栄養価計算をした時

めちゃめちゃ興奮したの覚えてます(笑)

 

 

私は1回に50g(1/4量)くらい食べてます。

(カルシウム 167mg

 鉄                2.1mg)

 

私の年齢(30~49歳)だと、

1回の食事で 

カルシウム220mg  

鉄3.0~3.5gくらい欲しいので

 

なかなかいい数字(笑)の

1品だと思っています(^^)

 

あ、ほうれん草や水菜、

モロヘイヤなどでも。

 

「カルシウムや鉄が豊富な野菜」

っていうのを探して試してみるのも

楽しいですよ。

 

 

ひとつご用心ポイントは

「おしょうゆの塩気」

 

「濃口しょうゆ」と「薄口しょうゆ」だと

薄口の方がしょっぱいのです。

薄口しょうゆを使う時は

大さじ半分~8分目を目安にしてください。

 

(このレシピで、調味%は1%、

一食50gで食塩0.7gです)

 

濃口しょうゆも商品によって味が違うので

量はそれぞれで調整してみてくださいね。

 

 

*「大さじなんか持ってない!」という方

 カレースプーンでも構いません(^^)

  (栄養価は変わっちゃいますけど)

 

でも、「大さじ小さじセット」はあると便利ですよ~。

料理上手なら目分量でも失敗ないけど

「料理ってわかんない」という人には特にオススメ。

100均でも買えますよー♪

 

 

*************************

 

我が家では

ほぼ通年、なんらかの野菜で

「ごま和え」を作っています。

 

私は昔から

ごま大好き人間なので

「これでもか~!」という程

大量に使ってたんですが

 

栄養士の勉強をしてから

「適量」という言葉を知りました。

 

学校行って良かったなあ、

と思う事のひとつです(笑)

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。