苺畑こぼれ話(介護生活エトセトラ)

2回目の結婚記念日を目前に脳幹出血で倒れた主人とふたり暮らし。
後遺症は「てんこ盛り」ですが、思いっきり「亭主関白」なんだと割り切って介護生活を送っています。詳しくは、ルームをご覧下さい。

NEW !
テーマ:


先日、介護保険の認定調査がありました。

介護保険を使って様々な介護サービス(福祉用具レンタルやヘルパー派遣)を受けるには、要介護度の認定を受けなければいけません。

要介護度というのは「どのくらい介護が必要か」を数値としてあらわしたものです。それを認定員が本人に直接会ってチェックします。

要介護度は通常1年で更新になりますが、
3ヶ月から24ヶ月の間で市町村が有効期間を定められます。
カツの場合は2年に1回の更新です。

要介護認定は介護サービスの給付額に結びつくことから、
その基準については全国一律に客観的に定められているそうで、
チェックはフォーマットに従って質問形式で行われます。
介護が必要となった原因(病気や事故、または加齢)とは関係なく全て一律です。

「今日は何月何日ですか?」
「お名前は?」
「ここはどこですか?」から始まって、

「自分で食事が出来ますか?」
「着替えはどうしてますか?」
「トイレは?」とか、

「手はどのくらい挙りますか?」
「足はどこまで動きますか?」
「どのくらい立てますか?」と続きます。

それから最後に(たいていの場合は本人に聞こえないように家族に)
「奇声を発することはありますか?」などと聞かれます。


カツはこの質問が大好きで(皮肉で)、
いつも「はい」と答えろと言います。
そして「でも病気をする前からですけどね(笑)」と
付け加えるのです。


おバカさん!!!



この認定調査結果と主治医意見書の両方から、
介護にかかる時間(要介護認定基準時間)のランクが決まり、
その後さらに介護認定審査会で審査があって、
1ヶ月くらいかかって要介護度と認定有効期間が最終的に判定されます。


もっと詳しく知りたい方はコチラ↓↓をご覧下さい。

「介護保険制度における要介護認定の仕組み」
http://www.mhlw.go.jp/topics/kaigo/kentou/15kourei/sankou3.html



ちなみに、私が最近プールに行けるようになったのは、
重度訪問介護のヘルパーさんに来てもらえるようになったからなんですが、
これは介護保険ではなく「障害者総合支援の障害福祉サービス」に依るものです。

こちらも介護保険と同じく認定調査が必要になります。
ちょっと、笑えるくらい似てます。
でも、この制度があるから助かってるので、笑っちゃ駄目です。


障害者総合支援法における「障害支援区分」(旧・障害程度区分)
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12200000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu/1_17.pdf












AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:

東大病院で脳損傷回復薬の治験がスタートするそうです。
骨髄由来の幹細胞(細胞医薬品)を脳に直接注入して
機能回復を試みるそうです。

脳卒中が薬で治る日も夢じゃないかもしれません。

危険な副作用がないことを祈ります。


がんばれ医学!




<脳損傷回復薬>治験へ
毎日新聞 8月14日(日)7時30分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160814-00000021-mai-sctch

頭のけがなどで脳の神経細胞が死んだり傷ついたりし、体のまひや言語障害などが出た「外傷性脳損傷」の患者を対象に、加工した骨髄由来の幹細胞(細胞医薬品)を脳に直接注入して機能回復を試みる治験を東京大病院が近く始める。米国で先行して進められている脳梗塞(こうそく)患者での治験では運動機能や言語機能の向上が報告されており、回復が難しい脳損傷の新たな治療法になる可能性がある。

この細胞医薬品は、健康な人の骨髄から採取した間葉系幹細胞を加工・培養したもので、再生医療ベンチャー「サンバイオ」(東京都中央区)が開発した。免疫反応を抑える働きもあり、他人の細胞を移植するにもかかわらず、免疫抑制剤を使う必要がない。移植した細胞は、約1カ月で脳内から消えるという。

米スタンフォード大などの研究チームは6月、この医薬品の安全性確認のために脳梗塞患者18人に実施した治験結果を米医学誌に発表した。これによると、ほぼ全員の運動機能が回復し、目立った副作用はなかった。サンバイオによると、治験前は動かなかった腕が頭まで上げられるようになったり、車いすが必要だった患者が少し歩けるようになったりしたという。

機能が回復する詳しいメカニズムは不明だが、東大病院での治験を担当する今井英明特任講師(脳外科)によると、傷ついた脳の神経細胞の修復を促す栄養分が移植した幹細胞から分泌されると考えられるという。東大病院の治験の対象は、脳に損傷を受けてから1~5年が経過し、現在の医療では回復が見込まれない患者。移植する細胞の数を変えて四つのグループに分け、運動機能の回復状態を1年間、追跡調査する。





<関連記事>

●脳損傷回復薬治験で新局面入り
2016年08月15日09時13分
http://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201608150130
米国で進捗する脳梗塞患者での治験では運動機能や言語機能の向上が報告されているとされ、脳損傷の新たな治療法の可能性に注目が集まっている。この細胞医薬品は、健康な人の骨髄から採取した間葉系幹細胞を加工・培養したもので、サンバイオが開発したと伝えられている。

●脳梗塞を対象とした米フェーズ1/2a試験結果を学会発表
2016年06月27日10時41分
http://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201606270201
今回の試験は、北米において脳梗塞の治療として脳内へ細胞を移植した最初の臨床試験。患者18例を対象とした非盲検単回投与試験で、脳梗塞発作後6カ月から5年が経過した運動障害を有する慢性期の患者を対象に実施し、運動機能の改善が確認されたとしている。









AD
いいね!した人  |  コメント(3)

テーマ:


夏休みが終わって、9月中旬の臨時国会では、
介護保険関係の制度の大幅な見直しが行われます。
信じがたい内容ですが2018年4月から施行になります。
検討されている内容は下記の通りです。


●要介護1、2の生活援助(ヘルパー派遣)は全額自己負担。
●要介護1、2の住宅改修、車椅子、介護ベッドは全額自己負担。
(福祉用具レンタルの廃止)


要介護1、2の生活援助サービスが全額自己負担になる?
https://kaigo.suumo.jp/article/detail/2016/02/10/5586/
介護保険の福祉用具レンタル 全額自己負担方針に悲鳴
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201608/CK2016080302000205.html


●65歳~75歳の利用者負担額を原則2割に。
●2号被保険者(40歳~64歳)の介護保険料の引き上げ。
●高額介護サービス費(自己負担の上限額)を引き上げ。


※ご自分が対象者かどうか不安のある方は是非ケアマネージャーに問い合わせてみて下さい。
「まだ決まった話じゃない」「まだ先の話」と言われるかもしれませんが1年半はあっと言う間です。今のうちに対策を練るべきだと私は思います。





これらは「軽度者に対する給付の見直し」と言われていますが、
要介護1、2は決して「軽度」ではありません。
また「高所得者の自己負担額を増やす」とも言われてますが、
「年収160万円」は決して「高所得」ではありません。

まるで詐欺師のようです!!!

でも現在、衆参両議院ともに与党が過半数を占めているので、
おそらくこのまま決議されてしまうでしょう。

そして、財務制度分科会で作られた資料から、今後も、
この傾向は続くと予測します。



「要介護1・2 へのサービスも地域支援事業へ移行することを提言」より




簡単に言うと、
国は介護に金を出したくない、
ということです。


同時に、療養病院制度の廃止、
医療費(窓口負担の引き上げ)も検討されています。
介護報酬の見直しも検討されています。
医療保険での維持期リハビリも廃止を検討されています。

政府がやってることは
「障がい者不要」と言って大量に人を殺した
相模原事件の犯人と同じだと思います。










AD
いいね!した人  |  コメント(16)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。