苺畑こぼれ話(介護生活エトセトラ)

2回目の結婚記念日を目前に脳幹出血で倒れた主人とふたり暮らし。
後遺症は「てんこ盛り」ですが、思いっきり「亭主関白」なんだと割り切って介護生活を送っています。詳しくは、ルームをご覧下さい。

NEW !
テーマ:


これは私の友人に起こった本当の話です。

ある日、友人は、同じマンションに住む親しい人から
「最近あまり良くないウワサが流れてるよ」と言われました。

「え?どういうコト?」と聞くと、
「あなたがマンション中の男性を片っ端から誘惑してるって」
「マンションの自治会に積極的なのは男を物色するためだって」
と教えられたそうです。友人は驚きました。

もちろん根も葉もないデマです。

そして、そのデマを流していたのは同じマンションの住人で、
ちょっと嫌われ者の人だったと判明しました。
友人は気さくな性格で誰からも好かれるタイプなので、
きっと妬まれたんでしょうね。

それにしてもヒドイ話です。

私は、名誉毀損で訴えたら?と思いましたが、
その嫌われ者の人は友人以外に対しても
中傷するような陰口をあちこちで言っていたようで
問題視する人もおられたそうです。

きっと、他人を悪く言うことでしか
自分を注目させる方法を知らないんでしょう。

結局その嫌われ者の人は、
そのマンションから引っ越してしまったそうです。
そのうちウワサも収まるだろうと、友人は笑ってました。

そして「可哀そうな人よね」と言いました。
「まともに相手して怒ったら相手と同じ低い土俵に立つコトになるから
気にしないコトにするのが1番よ」とも言ってました。
まったく、アッパレな対応です。


この話を聞いて私は考えました。

世の中には色んな人が居ます。
どうしても気に喰わない人も居るでしょう。
誰にだって、好き嫌いがあって当然ですしね。

人間関係は難しいです。

しかも頻繁に顔を合わせる相手だとしたら
例えば同じマンション、同じ職場、友人関係、ブログ友達だとしたら、
気が合わない人と無理に仲良くするのはシンドイです。

それはよく分かります。

でも、だからと言って、
故意に悪口を言いふらすのは、
これまた、いかがなものかと思うのです。


天に向かってツバを吐けば、
必ず自分に落ちて来ます。


他人を陥れようと画策するヒマがあるなら
自分自身を輝かせることに時間を費やすべきだと思いました。

















AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:


プール帰りの電車で(東京の田舎の2両電車で)
とても目をひく3人組と居合わせた。

ガクトのNGと、




ノンスタイル井上みたいな感じと



福士 蒼汰のパチもん。



3人とも、気合いの入った服装(黒ベースに金刺繍とか)で
シルバーアクセサリー(多分クロムハーツ)に




ゼロハリバートンのキャリーバッグ、

にもかかわらず
何故か、自撮り棒(iPhone付き)持ち。



どこの国の人だろう?と思ってたら、

「あと何駅や?」

「3つくらいちゃうか?」と話しだした。




あぁ〜、大阪人!!!



東京に住んでる普段の生活で
大阪弁を聞くことはほとんど無い。

でも、テレビのニュースで、
例えば海外の災害現場からのインタビューで
「現地にお住まいの日本の方です」と紹介されて
顔出しで答える人は大阪弁が多い。

そういう時に
、やっぱりね!と思う。

大阪人は世界中
どこででも
生きて行ける。


自分の言葉を持ってるからだ。




私が生まれ育った街は、
大阪でも特に下町だったので、
きっちり自己主張をする人が多かった。

言わへんかったら伝われへんと
教わった。

武士は喰わねど高楊枝とばかりにカッコをつけるなら
誰も分かってくれないなどど、不服に思うのは間違ってる。

エスパーじゃあるまいし!

言ったって伝わらないコトだらけなんだから、
言わなければ、もっと伝わらないと思う。















AD
いいね!した人  |  コメント(16)

テーマ:



とんでもない話です!

ニュースによると厚生労働省は、
「要介護認定」を受けた人の割合(認定率)を
下げた自治体に財政支援する方針を固めたそうです。


介護保険は、被保険者証を持っているだけでは
保険給付を受けることはできません。
自治体に申請して、要介護認定(介護が必要であるという認定)を
受ける必要があります。

その自治体に対して、
要介護認定を減らせば国は財政を支援するよ、ということはつまり、
お荷物を減らせばご褒美を出すよということです。

ただでさえ予算の少ない自治体のこと、
きっと今よりもっと要介護認定を厳しくするでしょう。


なんて悪戸いやり方!





<認定率下がれば財政支援=介護費抑制で自治体に―厚労省>

厚生労働省は16日、高齢者らの自立支援に取り組み、介護サービスを受けるのに必要な「要介護認定」を受けた人の割合(認定率)を下げた都道府県と市区町村に財政支援する方針を固めた。



膨らみ続ける介護費の抑制と地域間格差の是正が狙い。23日の社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の介護保険部会に示し、年末にまとめる2018年度介護保険制度改正案に盛り込む。



介護費は年々増加し、16年度は制度が始まった00年度の約3倍に当たる10兆円に達する見通し。一方、要介護認定率や市民1人当たりの介護費は地域によってばらつきがある。実態把握に向け、同省は市区町村に介護サービス費や要介護認定の状況などのデータ提出を関係法で義務付ける方針だ。

詳細はココ↓↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160917-00000040-jij-pol













AD
いいね!した人  |  コメント(14)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。