やちむんの里

テーマ:
残波岬でナビに登録し『やちむんの里』にGO。

岬からどんどん海岸沿いに走らされ…


ナビゲートされたのは乗馬クラブみたいな所(爆)


トンチンカンなナビは見切って、それからは長女のGoogleナビに頼って…


180405_1007~02.jpg

あっさり着きました。

陶芸工房村みたいな感じです。

ガイドブックでお馴染みの『登り窯』は、ガイドブックで見たそのまんまでした(爆)


180405_1010~030001.jpg

今回、私が買いたかったのは『カラカラ』と『お猪口』。


カラカラとは泡盛を入れる、沖縄独特の『徳利』みたいなものです。


どことなく土瓶や、魔法のランプに似ているかな(笑)


いろいろ陶房を見て歩き、とあるカラカラと目が合いました。

180405_1033~020001.jpg

一番右、入り口側に置いてあったカラカラ…赤い色は頭になかったけど、まるっと全体が気に入りました。

んで、即買い音符


180405_1033~010002.jpg

二つのお猪口とセットで5000円。

あと他の陶房でもちょこちょこ買い物をして、車に乗り込み沖縄最後の目的地…座喜味城に急ぎます。

もう、車のナビには頼らないのパー

残波岬

テーマ:
180405_0816~010001.jpg
残波の朝です。

快晴の、沖縄最終日です。

180405_0843~01.jpg

ホテルの朝食は、ありがちなバイキング。

浮かれた旅行者気分だから、沖縄でのご飯はいつでもどこでも美味しいです。


本土(地元)ではハズレ具合によっては、食べられないのもありますからね(爆)


180405_0940~01.jpg

今日、沖縄最終日の予定は私のリクエストで読谷の『やちむんの里』で見学、買い物。

その後、『座喜味城跡』です。


12時半までにガソリン満タン返しでレンタカー営業所に帰る事を考えると、今日もギリギリプランですな(自爆)



180405_0944~01.jpg

でもこのデッカいシーサーを見たいと言うので…。


ホントにデカいな…あせる


カーナビを『やちむんの里』にセットして、先を急ぎます。

『カラカラ』とか買いたいのよパー

残波の夜

テーマ:
180404_1829~020001.jpg

沖縄北端でのんびりしていら、遅い時間になりました。

一気に58号線を下り、残波のホテルのホテルに辿り着いたのが20時前、とりあえず晩御飯です。

180404_2015~01.jpg

ロングドライブで疲れた身体に泡盛が染みます音符


180404_2019~01.jpg

まずは島らっきょう天ぷらと海ぶどう。

180404_2022~01.jpg

もずく天も注文しましたが、ここのホテルのはカリカリのくせに中身がドゥルドゥルで激ウマ。


私の中では沖縄最強でした。泡盛がススム(笑)


180404_2039~01.jpg

豆腐チャンプルーも旨し。

あっという間に無くなりました(笑)


180404_2059~01.jpg

私の沖縄の夜、締めくくりは『豆腐よう』


酒呑みにはたまりません。

当然、泡盛にはバッチコイです音符



180404_2102~01.jpg

家族の締めくくりは『マース煮』


マースとは塩の事です。

『サカナの塩煮』ですな。


シンプルですけどコレは美味いです。


サカナはその時によって色々ですけど、例外なく美味いです。

付け合わせの豆腐も美味いなぁ…沖縄の豆腐はなんでこんなに美味いんだろ。


180404_2112~01.jpg

…マース煮もあっという間に骸骨になってしまいまたパー