【ワシントン小松健一】岡田克也外相は28日午前(日本時間同日深夜)、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題などで米側と協議するためワシントン入りした。

 岡田外相は到着後、29日のゲーツ米国防長官との会談で、米軍普天間飛行場移設問題について「米政府や地元の感触を得ながら(最終案を)煮詰めて」5月末までに決着させることに理解を求める意向を明らかにした。

 一方、鳩山由紀夫首相が3月中の政府案一本化を目指す意向を表明していることについて、「閣僚間で(そんな)話は出ておらず、僕には分からない」と語り、米政府や地元との調整をしていない段階で政府案を一つに絞る必要はないとの考えを強調した。

 また外相は核安全保障サミット(4月)、核拡散防止条約(NPT)再検討会議(5月)が行われることに触れて、「今年は『核なき世界』にとって重要な年になる」と指摘。米国が近く「核態勢見直し(NPR)報告書」を策定する前に、「核兵器の役割と目的を限定する」という日本側の要望を巡り、ゲーツ長官と意見交換する方針を示した。

 岡田外相は29日に主要8カ国(G8)外相会合が開催されるカナダ・ガティノーに向かい、同地でクリントン国務長官と会談する。

【関連ニュース】
岡田外相:財源確保が困難なら、マニフェストの修正を
日米密約:破棄可能性の文書は6点 岡田外相が明らかに
日米密約:文書「破棄」を第三者委で調査へ
日米密約:「破棄」文書、外務省が調査へ
日仏外相会談:イラン核拡散問題で米仏などに理解示す

公明・坂口衆院議員、辞職の意向…参院選後に(読売新聞)
【自民党「苦悩」の現場】「邦夫の乱」は収束 執行部批判…幹部からも(産経新聞)
夫婦で主張食い違う 2歳長男虐待死、母親公判(産経新聞)
<サケ>石狩川支流で50万尾の稚魚放流(毎日新聞)
<介護福祉士候補>インドネシア人の1割、日本語分からない(毎日新聞)
AD