香川の社労士・行政書士あべです。(^-^)ノ

特定社会保険労務士の妻とともに二人三脚でがんばっています!


$簡単!! 大人の勉強方法(めざせ社労士編)-あべ事務所のホームページはこちら  $簡単!! 大人の勉強方法(めざせ社労士編)-労働問題の実務ブログ社長防衛隊  $簡単!! 大人の勉強方法(めざせ社労士編)-香川の社労士日々の仕事奮闘日記

笑顔あふれる会社作りをお手伝いします!

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年01月05日(木) 17時38分48秒

徴収法:保険料の申告・納付4 概算保険料の認定決定など

テーマ:H29徴収法

●概算保険料の認定決定

事業主が所定の期限までに概算保険料申告書を提出しないときや、提出はしたんだけれど内容に誤りがあるときには、政府の職権による認定決定が行われます。

無視して払わずにいたとしても、政府のほうから「○○円支払え」と言ってくるんですね。

 

所轄都道府県労働局歳入徴収官が、認定決定された概算保険料の額を納付書によって通知してきますので、事業主は、その通知を受けた日から15日以内に納付しなければいけません。

 

 

ところで、概算保険料は納付書ですが、あとで出てくる確定保険料の場合は納入告知書という書類が届きます。

納付書よりも納入告知書のほうが厳しい内容になりますが、この両者が混同しやすいんです。

 

以下こじつけの覚え方です。

概算保険料のときにはそれほど怒っていないんですが、確定保険料の納期限を守らないと政府担当者が怒って「チッ!!」と舌打ちしながら書類を発送しているところをイメージして下さい。

『チッ!! → 知 → 納入告知書』と連想してはいかがでしょうか?

 
 

 

●増加概算保険料
概算保険料を支払った後で、

①新たに人を雇って賃金総額が増えたり、
②労災保険または雇用保険の一方しか成立していなかった事業が両方成立することになったので一般保険料率がUPしたとき
には、増加した分の保険料を追加で支払わなければいけません。
 
①のときには、「増加後の賃金総額等の見込額が増加前の2倍を超える &その額が13万円以上
②は、「上がった後の一般保険料率に基づいて計算した概算保険料の額が、すでに納付した額の2倍を超える & その額が13万円以上
の場合に、増加概算保険料を納めなければいけません。

 

長いですから整理しますね。

まず、「前後を通して2倍超」というのが大前提です。

でも2倍に増えたとしても、その額が小額ならわざわざ納付しなくてもいいんです。

増えた額が13万円以上になった場合にやっと納付義務が発生するというわけです。

 

 

ちなみに減ったからといっても途中では返してもらえません。

確定保険料で清算するだけです。

 

 

 

●概算保険料の追加徴収

政府が、保険年度の途中で保険料率を引き上げた場合は、概算保険料の追加徴収が行われます。

 

政府が勝手に値上げをしておきながら、「追加が出たから差額を払え」なんてひどいですよね。

(こちらも、保険料率を引き下げたとしても途中での返金はありません・・・) 

 

ただし、さすがに勝手に引き上げておいて「さっさと計算して支払え!」とは言えなかったのでしょうか?

増加概算保険料とは違って、政府側が支払うべき額を教えてくれます。

 

 

所轄都道府県労働局歳入徴収官が、通知を発する日(当日起算)から30日を経過した日を納期限と定め、事業主に納付すべき労働保険料の増加額等を通知しなければいけません。

 

その通知を受けた事業主は、その納期限までに納付書により納付しなければいけないというわけです。

 

この追加徴収は増加概算保険料と違って、ちょっとの金額しかなくても徴収されちゃいますからね!

 

 

 

↓サクラ咲くために、毎日1クリック↓


にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。