憂国の志士のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

統計もなく韓屋育成を始めた政府


 韓国経済新聞は、16日付のA1面と9面に「先端建築技術を取り入れた、いわゆる「新韓屋」が全国のあちこちに建てられている」という内容の記事を掲載した。「政府と地方自治体が、韓屋を保存・育成する為の政策を本格的に進めている」という内容も報道した。

ところが、この記事の取材過程で予想しなかった事実を発見した。国内に、「韓屋」に関する全般的な統計が無いという事だった。この数十年間に「韓屋」がどれほど消えていったかはさておき、現在韓国全土で「韓屋」が、どれほどあるのかを把握している機関は一つもなかった。

取材の為に会った、ソウル市など地方自治体の関係者は「韓屋は、建築物台帳に木造建築物として記載されるが、該当建築物が本当に韓屋かどうか把握する方法はない」と話した。


 国土交通部の関係者も「2010年以前の資料は無く、衛星写真などを基づいて2011年に調査した韓屋の推定値だけがある」と説明した。衛星写真で瓦屋根など韓屋の特徴が見える家屋を「暫定韓屋」として集計しているが、韓屋でない場合もあり、現場調査を実施した一部の地域を除いて正確でないという。

これは日本など、主要先進国と対照的だというのが韓屋専門家の指摘だ。日本は1960年代から京都などを中心に、民間と地方自治体が共同で、文化財級建築物以外の保存価値がある伝統家屋を選び、保存する作業をしている。


 全国80カ所ほどを「伝統建築物保存地区」に指定し、管理する政策を推進している。フランス、パリ、イタリア、ローマなども同じだ。これらの国は伝統家屋地域を観光地として積極的に活用しているというのが、専門家の説明だ。

韓屋振興政策を推進中の政府は最近になって瓦屋根の家屋を訪問し、韓屋の現況を調査する作業を始めた。一部の調査だが、全国で韓屋が最も多いところはソウルや全州、安東などでなく大邱だという事実も新たに分かった。大邱には全州の4倍を超える1万世帯の韓屋がある。

統計は政府政策の樹立のための基礎資料だ。政府の韓屋保存および育成策には「無知な政策」という指摘が出ている。


 「韓屋」って何?って疑問が生じたので調べてみた。


韓屋

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%B1%8B


>韓屋という言葉が初出したのは、1907年に書かれた文書で、敦義門から培材学堂に至る貞洞キル周辺を記録した略図にこの語が書かれている。


 日帝残滓じゃないか!!!全てぶち壊せよwww 「1907年」まで存在しない言葉だとさw そんな家屋敷に何の価値がある?要は「日本が統治してあげた」から、建てる事が出来た家屋だろうが!日本が統治する前までは、藁葺き屋根の吹けば飛ぶような、チンケな家に住んでいたクズ民族が!!!


日本併合前の朝鮮の写真

http://ccce.web.fc2.com/si/oldkorea.html


Seoul中心街 通りに面した藁葺きの建物は商店



日本統治中


 上の画像が一番分かり易いねwww 「韓屋」なんて存在、朝鮮王朝時代には存在しなかったのw 古い建造物は中国人が、百年前以降の家屋は日本人が設計していた。だから、チョンの愚民が意識しなくて当たり前w 他人の建てた家の構造に興味を持つ人間がいるはずないし、チョンが興味を持つのは、家屋の中の「金目の物」だけだろうwww


>「韓屋は、建築物台帳に木造建築物として記載されるが、該当建築物が本当に韓屋かどうか把握する方法はない」


 チョンが造ったわけじゃないからねwww 把握できないのが当然w する気も無かったろうw 慰安婦だって、三十年前までは全然騒がれていなかった。逆に、慰安婦やっていたなんて言えば、差別の対象だった。「日本人から金を奪える」と分かったから、チョン国全体で騒ぎだしたのだ。自分たちはもっとひどい事を、世界の各地でやっているのにねwww


>統計は政府政策の樹立のための基礎資料だ。政府の韓屋保存および育成策には「無知な政策」という指摘が出ている。


 チョンに「統計」なんて、高尚な事が出来るわけないだろうwww そういう事が出来る脳みそがあったら、出来もしない世界大会を無分別に招致して、世界中の人々の「失笑」と「侮蔑」を買いはしないよw 「反日」を旗印にして、日本統治時代の建物を破壊してるんだから、韓屋なんて壊してしまえよ!朝鮮総督府の建物も、残しておけば立派な観光名所になったのにねwww 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

憂国の志士さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。