憂国の志士のブログ

ブログの説明を入力します。

NEW !
テーマ:

THAAD問題で表れた大韓民国の素顔

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/07/23/2016072300476.html


 終末高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備を巡り、韓国国内で繰り広げられている状況を見るにつけ、韓国はこのままでは、戦争ができない国なのではないかという思いを抱く。


 我々の生命と財産と、国を守る防衛的兵器(それも国産ではない)に対し、「施設の必要性は認めるが、自らの居住地域には建てないでくれ」として、極端な反対を主張するニンビー(NINBY)的思考、反大韓民国的な異質勢力の蠢動、まるで何も処理できずに右往左往する政府の支離滅裂さは、今もし戦争が起きれば、韓国が為す術もなく崩壊するのではないかという恐怖感を与える。


 THAAD配備の問題に留まらない。在韓米軍の平沢移転、済州島江汀集落への海軍基地建設、天安爆沈事件と延坪島砲撃の際に飛び交ったデマなど、韓国は国防と安全保障が関連する事案がヤマを迎えるたびに、マトモに乗り越えられた試しがない。


 その度に、国全体の大騒ぎを経験してきた。折しもスイスの国際経営開発研究所(IMD)が発表した「2016年国家競争力指数」は、韓国の社会的結束力が12年に比べ、半分に低下した事実を示している。韓国の対立構造が深まり、国力の浪費が慢性化している。


 過去20年にわたる国防をめぐる反対や対立は、韓国が核兵器を保有する北朝鮮と今、も休戦状態にある国であること、韓国が中国と日本の板挟みである地政学的な不利さを、ちゃんと理解しているのかを疑わせる。


 軍事的な観点のみならず、一つの国として、一人の国民として、国家的な一大事に深い関心を持ち、愛国と自尊の精神で暮らせているか自問したくなる。韓国は中国を恐れ、日本を恐れ、そして北朝鮮を恐れて、何も出来ない「安保恐怖症」どころか、今や国民が怖くて何もできない段階に達したようだ。


 生活水準が向上した事による病気ではあるが、韓国は公共の概念、公益の精神、共同体意識を徐々に忘れ去ろうとしているようだ。国であれ社会であれ、組織内で自分に不利な事には耐えられない。自分の家族、我が家、自分の子ども、自分の利益に合致しなければ、全てが関心外だ。


 そこに、それを唆す異質勢力が便乗する。彼らはそれを政府の過ち、企業の利己主義、持てる者の横暴だと拡大解釈する。右派は「米国が守ってくれるだろう」、左派は「中国が韓国を保護してくれるだろう」、親北朝鮮派は「北朝鮮の方が良い世の中だ」などと言い、自力による国防や国益を、自分とは無関係かのように考える。そんな安保無神経、国防不感症があまりに広まっている。


 政府の管理能力もメチャクチャだ。THAAD問題を見ても、発表前に野党に打診して協力を求める配慮、大統領が直接配備地域に出向き、住民を安心させるフェイストゥーフェイスの意思疎通が先行していたならば、事態がここまで悪化しなかったはずだ。


 特に数日の差を置いて、嶺南(慶尚道)新空港、大邱空港・K2空軍基地統合移転、THAAD星州配備など慶尚道地域の問題を、バラバラに処理する政府当局者の思考は愚かすぎる。こんな韓国を、韓国の安全保障と直結した周辺国はどう考えているだろうか。


 一番喜んでいるのは北朝鮮のキム・ジョンウンの勢力のはずだ。THAAD配備の問題だけで、これだけ反対世論が渦巻く分解状態を怖がる理由はない。笑顔を浮かべているのは中国だ。中国の鼻息一つで、国全体が台風にでも直撃されたかのように騒がしいわけで、韓国はいくらでも弄べると考えている。


 笑いを堪えているのは日本だ。日本は「韓国は自由奔放な国である事を自慢するが、安全保障と国防が奔放どころか、あれほど迷走しているとは思わなかった」と考えているだろう。韓国が最も深刻に考えなければならないのが、米国の反応だ。


 THAAD配備が韓国でニンビー現象に直面し、さらに異質の要素まで便乗してきて、韓国国内で拒否権事案に変質(?)している状況に慌てているかもしれない。そして、「こんな国を、米国が中国との対立リスクを覚悟してまで、守ってやる理由はあるだろうか」と考えているかもしれない。

 

 内外の状況からみて、国防を固め、安全保障・外交を強化し、国民の力を結集するという、これまでの韓国の戦術と戦略に、果たしてどんな意味があるのだろうか。例えあるとしても、どれほど効率的かを改めて見直さざるを得ない。

 

 自ら戦争する(国を守る)決意もなく、周辺国が韓国を恐れるどころか見下す状況では、韓国はどんな戦争にも勝つ事ができない。それならば何の為に多くのカネと人材を投入し、国防を進め安全保障を叫ぶのか分からない。


 むしろ有利な側に確実に立って、受け身で従属的に暮らし、延命でも図るのが最善ではないだろうか。さもなくば、「中立」を宣言するなどして、最低限の安全を目指すことも方法かもしれない。北朝鮮のミサイルを阻止するのに特に効率的でもないTHAAD問題で、韓国の素顔があまりにもハッキリ表れた。


>韓国はこのままでは、戦争ができない国なのではないかという思いを抱く。


 戦争できないんだよwww チョン国の軍事指揮権は、アメリカが握ってるんだからw 「握ってる」というよりも、チョン国が「嫌二ダ!」と拒否してるんだけどねw 今年はチョン国内のアメリカ陸軍も撤退するぞw 自分の国を防衛するという「厳しさ」を、少しは味わったらどうだ?


>まるで何も処理できずに右往左往する政府の支離滅裂さは、今もし戦争が起きれば、韓国が為す術もなく崩壊するのではないかという恐怖感を与える。


 いつもの「チョン国」じゃないかwww 朝鮮の歴史の中で他国に攻められた時に、一度だけでも国がまとまっていた事があったのか?いつでも、何も処理できずに右往左往してるだけだったじゃないかw しかも、国王が国民を見捨てて、一番に逃げてるのも時代共通w 今戦争が起きれば、クネのババアが我先に逃げ出すだろうなw セウォル号の船長のようにねwww


>韓国は公共の概念、公益の精神、共同体意識を徐々に忘れ去ろうとしているようだ。国であれ社会であれ、組織内で自分に不利な事には耐えられない。>自分の家族、我が家、自分の子ども、自分の利益に合致しなければ、全てが関心外だ。


 自分の子供でさえも「売り物」にする民族だからねwww 公共の「概念」や「精神」なんて、根付くはずもないw 無理やり徴兵されて虐められ、ただこき使われて終わるだけの人生で、「国の為に戦おう」なんて思う人間が出てくるはずが無いよw 「日本を攻める二ダ!」と宣言して、兵隊を集めたらどうだ?志願兵がものすごい数集まると思うよwww


>日本は「韓国は自由奔放な国である事を自慢するが、安全保障と国防が奔放どころか、あれほど迷走しているとは思わなかった」と考えているだろう。


 三十年前まで軍事独裁政権だった国を、自由奔放だとは思ってないけどねwww むしろ「北朝鮮」レベルの、自由の無い国だと思ってるよw 反日洗脳カルト宗教で、日本を褒め称える発言をしただけで、殴り殺される国なんだものw 自由って言葉を「何をしても許される」って意味だと勘違いしてないか?自由の言葉の裏には「自分の行動に責任を持つ」って意味も含まれているんだぞw 自分の身の「防衛」も、自分で行うって事を認識できているのか?


>自ら戦争する(国を守る)決意もなく、周辺国が韓国を恐れるどころか見下す状況では、韓国はどんな戦争にも勝つ事ができない。

>それならば何の為に多くのカネと人材を投入し、国防を進め安全保障を叫ぶのか分からない。


 官僚と財閥が私腹を肥やす為だろwww 本気で国を守るという気持ちがあるのなら、北朝鮮の刈り上げを殺して朝鮮統一を成し遂げ、国境を守護すべきなんだよw 半世紀以上も分裂状態w ロクな兵器も持たない北朝鮮さえも倒せないようでは、周辺国に笑われて当たり前だw 偉そうな顔をする前に、自分の国の独立くらい、自分の力だけで成し遂げたらどうなんだ?


>有利な側に確実に立って、受け身で従属的に暮らし、延命でも図るのが最善ではないだろうか。さもなくば、「中立」を宣言するなどして、最低限の安全を目指すことも方法かもしれない。


 今までアメリカに、従属して生きてきたじゃないかwww 別に、それを悪い事だとは言わないよ。アメリカが強ければアメリカ、中国が強ければ中国。すぐに立場をコロコロ変えるから、どちらにも信用されないんじゃないかw 今すぐにでも立場をハッキリさせないと、チョン国の「延命」どころか、チョン国が戦場になって、チョンの愚民の屍が晒されるって事になりかねないぞwww


 「中立」宣言って、本当に頭がおかしくなったのか?それこそスイスのように、自分の「兵力」と「財力」だけで国を防衛する力が無ければ、言えない事だろうw チョン国に出来る事は、無理やりにでもTHAADを配備させるか、人民解放軍をチョン国内に受け入れるかの二択だよwww 


 THAAD配備だと、中国が北朝鮮をけしかけて攻撃させる。人民解放軍受け入れだと、チョンの愚民の「自由」は消失するw もっとも、チョンの愚民どもに、「自由」なんて必要ないだろうw チョンの愚民が望んでるのは「犬の首輪」だ。長年飼い続けてもらったご主人様が、恋しくて仕方がないんだろうさw 日本人は、もう絶対に邪魔しないから、永遠に奴隷奉公すればいいさwww 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。