憂国の志士のブログ

ブログの説明を入力します。

NEW !
テーマ:

<NHK>「障害者を感動話に」方程式批判

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160828-00000069-mai-soci


 NHKのEテレの情報バラエティー番組「バリバラ」で28日夜、「検証!『障害者×感動』の方程式」と題した生放送があった。「清く正しい障害者」が頑張る姿を感動の対象にすることを「感動ポルノ」と表現し、「感動は差別だ」との障害者の声を伝えた。同時間帯は日本テレビ系で、障害者の姿を伝えるチャリティー番組「24時間テレビ」が放送中だった。

 番組では、自身も障害者で「感動ポルノ」の言葉で問題提起した豪州のジャーナリスト兼コメディアン、故ステラ・ヤングさんの「障害は体や病気よりも、私たちを特別視してモノ扱いする社会の方」との発言を紹介した。

 出演者は「笑いは地球を救う」と書かれた揃いのTシャツ姿。難病の大橋グレース愛喜恵さんを主人公にした、模擬ドキュメンタリーも流した。生活の大変さや障害者になった衝撃、明るく前向きな姿を強調。本人の実感や意思を無視して「感動ポルノ」に仕立てられるさまを示した。大橋さんは今回の24時間テレビにも出演した。

 「障害者の感動的な番組をどう思うか?」と、健常者と障害者100人ずつに聞いた調査では、「好き」は健常者が45人に対し、障害者は10人。健常者の好きの理由は「勇気がもらえる」「自分の幸せが改めて分かる」など、障害者は「取り上げてもらえるなら、感動話でも仕方ない」だった。


 英BBCが、「障害者を英雄や被害者として、描く事が侮辱につながる」としたガイドラインを、20年前に策定した事も紹介した。出演した脳性マヒの玉木幸則さんは、番組内で「(障害者と健常者が)同じ人間として怒ったり笑ったり、思いを重ねる事がホンマの感動。一方的な感動の押しつけは差別だ」と話した。

 「バリバラ」は「バリアフリー・バラエティー」の略。2012年に始まり、障害者の性や結婚、高齢化などを当事者らが本音で語る場を提供してきた。「笑い」の要素も大きく、障害をネタにする当事者も出場する、お笑いコンテスト「SHOW-1グランプリ」も開催。今春からは、障害者のほか性的マイノリティーなどに対象を広げ、生きづらさを抱える当事者の声を伝えている。


 確かに、そういう障害者ネタの番組は大嫌いだけど、NHKだって貧困者をネタに番組を作ってるじゃないか?しかも「ヤラセ」の番組をなwww そういう奴に、日テレを批判する資格は無いと思うけどねw しかし、40年近くも同じ構成の番組作って、視聴者が飽きるとは考えないのかな?ハッキリ言って、見る価値ないんだけどねwww


>「清く正しい障害者」が頑張る姿を感動の対象にすることを「感動ポルノ」と表現し、「感動は差別だ」との障害者の声を伝えた。


 言ってる事は正しいとは思うけど、そういう事を言っていたら番組作りなんて出来ないだろwww 貧困者が頑張る姿もそう言われたら、どう対処するつもりなんだ?そういうのを「差別」というのなら、取材を拒否すればいいだけの事w 援助が必要だというなら、それくらいのデメリットは受け入れろよ。そういうのを利用して、汚い事をやりまくりの障害者も存在するしねwww


 乙武不倫、「障害者の性」議論が沸騰する事態に 「普通の不倫と違う」「実質上の介護」「プロ利用すれば」

http://www.j-cast.com/2016/03/28262578.html


 2016年に入ってから、有名人の不倫話が続々と報じられ、ワイドショーでは批判的に取り上げられたケースも少なくなかったが、こと乙武洋匡さん(39)に関しては、これまでとは違う意見が芸能界から相次いでいる。


  医者でタレントの西川史子さん(44)は「普通の不倫と一緒にしてはいけない気がする」と主張した。


「障害を持っている人たちからしたら励みになる」


   乙武さんは「週刊新潮」(2016年3月31日号)に5人の女性との不倫関係を報じられ、発売日の24日朝に公式サイトで妻・仁美さんと共に謝罪した。


   この話題を取り上げた3月27日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)で、西川さんは「もちろん不倫は悪いし、(不倫相手と)旅行に行ったのは論外ですけど」と前置きした上で、こう語った。


「ただ、障害をもって結婚されて、今まで私たちの知らないような苦しみとか悩みがあって、それを乗り越えて一緒にいられると思うんですよ。だから普通の不倫と一緒にしてはいけない気がして。(中略)きっと2人の間には、人から分からない繋がりがあるんだろうなって思います」


   生まれつき「先天性四肢切断」の障害を抱えながら、精力的に社会活動を続けている乙武氏。2001年には早稲田大学の後輩だった仁美さんと結婚し、現在は3人の子供がいる。そんな夫婦の間に起きた「不倫問題」には特別な意味や背景があるのではないか、という考えのようだ。


   不倫それ自体を手放しで擁護する声は見当たらないものの、障害との関係から、一連の不倫騒動と異なる見方を示す芸能人は少なくない。


   同日放送の「ワイドナショー」では、ダウンタウンの松本人志さんも「不倫ということは置いておいて」と是非については触れず、「障害を持っている人たち、特に男性からしたら励みになるニュースではあると思う」と主張。その意味で乙武さんについては「そんなに悪く言ってほしくないなと思う」と述べた。


 こういうのが「障害者差別」だと思うんだけどね。障害者なら奥さんを裏切って、複数の女性と関係を持っていいわけ?奥さんも複雑な気持ちだと思うよ。西川は同じ女性として、「浮気された女性の気持ちを考えろ」と言ったらどうなんだ?松本の意見も間違ってると思う。「障害者はどんどん浮気しろ」とでも言いたいのか?人間として、やって良い事と悪い事があるだろうにねwww


>「(障害者と健常者が)同じ人間として怒ったり笑ったり、思いを重ねる事がホンマの感動。一方的な感動の押しつけは差別だ」


 子供の頃から思っていたんだよ。「24時間テレビって、障害者を珍しい動物と同じように扱ってるんじゃないか?」ってね。今回だって両足マヒの少年を、無理やり富士山に登らせたって話じゃないか?そういうのは、マトモに歩けるようになってから企画しろよ。歩けないのを無理やりトレーニングさせたって、歩けるようになるはずもない。もっと障害者が、希望を持てるような番組作りをしたらどうなんだ?


 例えば、「医者や技術者と話し合って、両足を動くように研究する費用を募金してください」とかね。今時「精神論」で、「頑張れば動くようになる」って番組作りなんて古過ぎるんだよw タレントとかも、無理やり障害者と絡ませられて、嫌々やってるの見え見えだったな。パラリンピックは全然注目されないし、テレビも特集組まないね。金儲けが絡まないと、テレビ局なんて動かないw 普通の人間の「障害者に対する思い」なんて、こんなものなんだよwww 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。