aam4さんのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

前回のブログで断言した通り、安倍総理は来年4月に消費税を8パーセントに増税することを決定した。


結局、国民の雇用の大多数を抱える中小企業が景気回復の恩恵を受けておらず、可処分所得は減少の一途をたどっているにも関わらず国民に負担を押し付け、大企業は優遇する「庶民いじめ」の格好になった。


まだ景気が回復しきっていないのに、国民を苦しめる安倍総理のどこが愛国者なのかと正直思うが、やはり安倍信者は今日も安倍信仰から抜け出せなかったようだ。


民主党政権時にあれほど増税を批判していた安倍信者やネトウヨは、今回安倍総理が増税を決めるや否やすんなりと増税を容認。


つい昨日までも「安倍総理はまだ増税を決めたとは一言も言っていない!」「財務官僚の罠だ!」とスケープゴートに勤しみ安倍政権を擁護していた連中のレベルが知れるものだ。


やはり朝鮮人やシナ人、左翼を叩いていれば愉快な気分に浸れる連中だから、景気や国民生活のことはどうでもいいのだろう。


予想通り「いつか増税はせねばならなかったんだ。安倍総理を信じよう。」だの「元と言えば民主党政権が増税法案を作ったのがいけないのだ」などと都合よく理屈をつけて安倍総理を擁護。


本当に安倍信者は馬鹿だ。


そういえば安倍信者はTPPも容認に転じ「安倍さんがTPP交渉に舵をきったのは何か狙いがあるに違いない」と言っていた。


三橋貴明や上念司、チャンネル桜など増税に反対していた勢力も増税容認・安倍総理支持の方向に転ずるに違いない。


普段から愛国だの保守だの言っている人達は一体何を守りたいのか?


これだけ売国行為を働く安倍総理をまだ信仰するとは。


バカは死なねば治らないというのはまさにこのことだ。


安倍信者は今日もバカだった。



PR
いいね!した人  |  コメント(3)

[PR]気になるキーワード