海外留学♡オーストラリア

学生の頃に海外を自由気ままに旅したことが忘れられなくて、
やっぱり夢だった海外生活実現のため
オーストラリアへ社会人留学を決意しました。
その『夢』に向かっての記録と日々思うことを書いてます♡
好き勝手書いてるBLOGです♡キラキラ働きマン目指します!


テーマ:
Te Anauという地域で、
つちぼたるのツアーに参加してきました。
参考リンクはこちら

滝の流れる神秘的な
洞窟の中を250メートル進み、
ボートに乗って、
蒼く光るつちぼたる達の下を進みます。

洞窟の中は水の流れる滝の音と、
隣りの人さえ見えない暗闇の中、
目の前で青白く光る淡い光は、
神秘的でした。

まるでLEDライトのように、
本当じキレイな青白い光。
表現が人工的ですが。。。

天空の城ラピュタの、
ヒコウセキが光る洞窟の
アイデアの元だと言われています。

NZに来てつくづく思いますが、
地球の自然て本当に美しい。
人間が造った造園や公園なんて、
まったく美しくない。

自然が作り上げた地形、
景色、そこにいる動物達。
地球って、こんなに美しいのかと、
改めて、母なる地球を感じました。

今日は、イルカを見ました。
ボートの下にもぐってボートと一緒に、
泳いでいました。
おそらく、長くそこに住んでいて、
人間慣れしているイルカだけど、
自然の動物をとても近くに感じます。

他にも、今日、一日で、
アザラシ、オウム、羊、牛、、、
と、しかも、出会った人間よりも多く見ました。
人間よりも、他の動物の方が多いという、
この環境が初めてかもしれません。

改めて、人間も地球の1動物に
過ぎないのだと気がつかされます。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

VolunteerとExchangeって、

かなり違うんだなって実感。

 

もてなす側、

HostもVolunteerではなく、

しっかり見返りを求めている。

それが、Exchange。

 

私はExchangeであっても、

ほぼVolunteerに近いものだと思っていた。

自分に出来る事があれば、

自分に可能な限り手伝いたい。

Volunteerを受け入れてくれる側も、

ありがとう、

そのお返しに私たちの宿を提供します。

と、いった感じに。

ありがとうと、ありがとうの交換に近い物だと。

 

でも、実際のExchangeは違う。

家のトイレや風呂の掃除して欲しい、

マッサージして欲しい。(完全プライベート)

ベビシッターの様に子供の面倒見て欲しい、

子供の寝かしつけや、遊び相手、

終いには、こじれた恋愛関係のtranselatの依頼。

しかも、本人にではなく、その彼女の母親に向けて。

私、一切関係ないし、その人の人生について、

みっちり書かれたページ6、7枚を読み、

Exchangeって、そんな事しなきゃいけないのか。

ここNZの大自然の中で、

人の恋愛の泥沼化した翻訳に、

限られた私の大切な旅の時間を費やすのかと思うと、

勿体ないと思う様になり、

しかも、Exchangeではなく、

Volunteerとして、

宿で夜の時間を費やして、

見返り無しでやろうと思ったけど、

最後の恋愛泥沼で気がつきました。

貴重なNZの時間をそんな事に付き合う暇はない。

 

物と物の交換、

お金や対価に換算しないと思ってたけど、

Volunteerと違い要求が私利私欲的で、

私は、あまり好きじゃない。

自分のため、お金を払わないで仕事をして貰えるって、

感覚でHostをしていて、少々、がっかり。

そうだよね、それがExchangeと言うものなんだ。

だったら、Volunteerの方が、気持ちが良かったな。

本当に困っているから、お手伝するのと、

自分達が楽したいから、手伝ってもらう。

そもそもの、ベースが違う。

後者の方は、自分達で出来るのに、

明らかに怠慢になっているのが、

垣間見えるし、旨みを利用している人が沢山いる。

全部がそうとは言いきれないけど、

結局、私利私欲なんだなって。

だったら、お金払って、泊まった方がいいや。

本当に困っている人のために、

Volunteerで参加した方がいい。

 

Exchangeっていう、

グレーな言葉を利用して、

曖昧な労働と物(宿や食べ物)の交換は、

微妙かな。仕事なら仕事として、

明確な方がまだいい。

ダラダラと、どこから何処までが、

仕事で家族なのか人としてなのか解らない、

この関係に、私は少々疲れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
ここへ来て、買い足した物がある。

・靴 (ぶっ壊れたのでNewスニーカー購入)
・防寒パーカーとフリース

食材達
・食用オイル
・ガーリックハーブソルト
↑調味料が置かれていないバッパーが
多いため、ついに購入。
塩味やオイルがないと食事がまずいため。
・米とパスタ(消費しきれないので持ち歩き)

・マッサージ用のベビーオイル
・シャンプーinコンディショナー
・ボディソープ

どれもこれも、靴は別としても、
面積をとる、または、重い。。。

最近、逆に荷物が増えて重くなった気がします。
移動大変だぞ。。。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:

4歳の女の子の面倒を見ていたのですが、

ある日、

「私はジョシュが好きなの!」

と、教えてくれました。

「へー、

 プレスクールの同じクラスの子?」

と聞いたら、

どうやら、小学校に通う姉のクラスの、

男の子らしい。笑

4歳にして、

すでに、

年上の男の子に目を付けている点が、

もう、女である。笑

そして、洋服はいつも、

ピンクか赤。

ピンクは譲らない。

ある日、1歳年下の、

3歳児がお家に遊びに来た。

エマちゃん可愛いねと、

その子に言ったら、

「エマは可愛くないよ!
 いつも同じ事しかしないし、
 ブランコに乗ろうとしないし、
  教えてもやろうとしないし、
 私は違う遊びをしたいのに、
彼女はいつも何とかしかしたがらない!」

そこから、

彼女の言い分は止まらない。

何を言ってたか忘れたが、

ずーーーと、エマは可愛くないと、

私に説明してくれた。笑

「だけど、エマは3歳だから、
 まだ赤ちゃんだし、
 お姉さんなんだから、
 エマの面倒見なきゃね。」

と、言ったら、

エマは私より身長高いんだから、

ベイビーじゃないと、

年齢<身長

重視の子供社会には、

発達度合いの感覚は伝わらない。笑

私より、身長高いくせに、

私よりもベイビーなわけが無い!と、

3歳と4歳の年齢の違いを認めてくれない。

身長の高さで判断。

まじ、ウケる。

確かに、彼女は小さくて、

本当に4歳?

何歳なの?と本人に聞いたとき、


「わかんない、私は小さいから。。。」
 (子供に見えるの)

と、自覚しているようだった。

だからこそ、

自分よりでかい、

3歳児のエマを、

彼女は自分よりも赤ちゃんだと

思えないらしい。笑

外国人の子供社会では、

この逆転的な発想は、

しばしば起こりえそうだな。。。


とりあえず、

ませてる4歳児である。

そして、彼女は、

私の掃除の仕事をめちゃめちゃ、

手伝ってくれる。

正直、掃除機とか掃き掃除は、

80%彼女がやり、

私は「上手だね~、信じられない~、最高~」

と、彼女を最上級におだて続けた。

自分の子じゃないから、

余計に客観的に見れるし、

気楽に面倒見れるから、

楽しかったな。

そして、やっぱり外国人の子って、

めちゃくちゃ、

『顔』かわいい。←ぶっちゃけ

ハグもしてくるから、

余計に可愛い。



最後、顔かよって思うかもだけど、

でも、正直に、顔が可愛い。





いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
今、宿泊中のバッパー、
なぜかとても居心地がいい。

キッチンに自由に使える、
オイルやハーブ、調味料が揃ってるし、
紅茶コーヒーも自由に飲める。

夜8時になると、
手作りチョコプディングとアイスクリームの
サービスがある。

スタッフの雰囲気がいい。
みんな仲良さそう。

食後の団らん、
お話したり、本読んだり、
インターネットしたり、
まったりした空気感。
十分なソファーの数。
外でも中でも居心地よい。
人も良い。
話し易い。
みんな挨拶してくれる。

スタッフの良い空気感が、
お客さんにも伝わっているんだろうな。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

次のお家に行くまでに、
少し時間ができました。

バッパーでだらだらしています。
おじいちゃんのおかげで、
新しい環境でも
人と話すのが苦じゃなくなった。笑

何してるの?
この旅はどう?
どこが良かった?
など、他愛も無い話が、
気兼ねなくできるようになった。
間違いなく、
おじいちゃんのおかげ。
それが、ここでは「普通」だから。

すれ違った人と、
よー最近調子どうよ?と、
声を掛けるのと一緒。

さて、今回、約3ヶ月の旅なのですが、
持って来て便利だったもの、
足りなくて買い足したものがある。
オーストラリアで不要な物は全部処分して、
基本的に必要なもののみNZに
持ってきたのだが。。。


◎便利編
・移動中まくら
飛行機、バスでの長距離移動中に、
この枕があると首の負担が減る
・Air MAC
軽いし早いしめっちゃ便利
次回からipadでもいいかなと思ったけど、
やっぱりPCのほうが便利だよね。
次回からデジカメとスマホの変わりに
ipadにしようか検討中。
携帯は超安いの1台にしようかな。。。
・ビーサン
室内はビーサン移動、お風呂やトイレ行くときなど


△買い足したい編
・食用オイル
バッパーには塩胡椒砂糖しかなく、
オイルが無い!重いけど持ち歩くしかない。。。
料理の幅が全然広がると思う。
あと、ガーリックソルトも欲しい。
・冬服、ジャンパー
オーストラリアより全然寒い!10度以上違う。
なめてた。フリースや靴下買い足しました。
3月なのでオーストラリアは夏の終わりぐらいで、
それでも真夏日と同じぐらい暑いけど、
ニュージーはもう秋に突入している感じの気候です。

そんなところかなー。
それにしてもNZはアウトドアショップや、
アウトドア用品や、
キャンプサイトや国立公園、山、海が充実していて、
キャンピングカーが走ってるのをよく見る。
キャンプ好きにはらまらない自然と美しい景色。
オススメです。


いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:





最高に美しいです。

オーストラリアもキレイだったけど、

ニュージーも四季があっていい。

田舎の風景やローカルな暮らしぶりが、

人間的ですごく素敵な場所。

最近、思った事。

若いときに、無理だと諦めたのは自分。

その道を選択したのは自分。

やってから諦めるのと、

やる前に諦めるのでは、

後悔の度合いが全く違う。

より前に進めるのは前者の方。

自分の道を切り開くのは、

親でも先生でもない。

自分なんだって。

ある程度の協力は必要だろうけど、

やっぱり自分の思いや気持ちが最終的には大事だなて。

無意識のうちに「自分」を押さえ込むようになり、

「自分」が出せなくなり、臆病になり、

コミュニケーションをとるのが面倒になり、

でも、海外に来て、

やっと「自分」が取り戻せてきた気がする。

日本語だろうと英語だろうと、

自分の事を話すのが嫌いだった。

何で、知らない人に自分の個人的な話して、

何が面白んだって思ってた。

そして、他人の話にも興味が薄れる様になった。

だけど、おじいちゃんに会って、

がつがつ自分の事聞かれ、

何で話さないんだって怒られ、

ガンガン英語でかまわず話しかけられ、

これがコミュニケーションなの!って激怒され、

もっと、話しなさいってせかされ、

そしたら、何か前よりも、

どうでもいいと思ってた事を少し話せるようになった。笑

一般的な話の会話なんんて、必要ないと思ってた。笑

無意味だと。無駄な労力使って無駄話して、

何になるんだって、英語、日本語関係なく、

私、正直、思ってました。

(友達と話すのは別)

初対面とか、

そんなに関わらないであろう人と、

そんなに話す必要あるか??と、

思ってたけど、

それがコミュニケーションなんだなって。

なんでもない、目的もない「会話」っていうのが、

結構、いや、意外に大事なんだって。

おじいちゃんは、

その事について、すごい私に怒ってきた。

確かに、ローカルの外国人、

道で会ったら、

はい!よー!調子どうよ?

からはじまって、

ずーーーーと話してる場面見た事ある。

特に男性の肉体労働者の人達。

そういう人達の、

挨拶、コミニケーション文化なのかも。

とりあえず、

今まであった私の価値観を、

そのおじいちゃんによって、

粉々にぶち壊された2016年。

今年一番のカルチャーショックだった。

そして、そのおじいちゃんといっても60歳ちょっとだが、

話面白くて、

爆笑をけっこう作ってくれる。

私は男性としても好き。

そして、ジョージクルーニー似。笑

私、若干、惚れてました。笑
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
久しぶりに旅でいい出会がありました。 彼から沢山の事を教わりました。 めちゃくちゃ怒られたけど、 私の人生に足りなかったものを沢山くれました。 まじ切れ寸前もしかけたけど、 終わってみると、 彼の言ってる事は、 ここNZでのlifeで当然の事。 人ともっとコミュニケーションとる事、 たくさん自分から打ち解けて話す事、 help your self 待ってても向こうからは来てくれないから、 自分から仕掛けなさい。 とか、何だか私の人生の中で、 自分が一番苦手としていた事を、 全部、彼が教えてくれました。 そして、プッシュしれくれました。 見た目や年齢は若い時ほど、 気にするけど、 実際に若い時はなんて 全部きれいなんだよって。 なんでも前向きにできるんだよと、 教えてくれました。 実際に、 一緒に居る時は、 腹が立つ事も多かったけど、 沢山の英語を教わったし、 NZでの本当の生活も体験させてくれたし、 一番、生活面でお世話になったし、 毎日、気にしてくれたし、 今、この日記を書いているときも、 涙が溢れてきて止まりません。 本音と本気で、 怒り、話してくれた。 話も面白かったし、 お別れした後は、 寂しかった。 Englishに憧れて留学を決意し、 今までの人生の中で、 一番英語環境と本当のローカル にどっぷり浸かれたのは、 本当に最高に楽しかった。 私、やっぱり、海外が好きなんだと、 改めて、再確認できました。 日本に帰るという選択肢は、 本当に最後の最後になるだろうと、 本気で思う様になりました。 人種が違ってこそ、 一緒に居て楽しいし、 新しい小さな発見があって、 そして感動がある。 本当にここに来れて良かった。
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
現在、ニュージーランドに滞在しているのですが、 100%ネイティブの英語環境でお手伝いをしています。 最初の作業では、 英語が完全に理解できずに、 最高に怒られました。 なんども説明しないといけないし、 それが手間になると何度も言われ、 最終的には相づちのタイミングが 英語的に悪いらしく、 そのことについても怒られ、 うなずいてるつもりでも、 それが、?なのか、 YesなのかNOなのか、 ネイティブに解り難いようで、 はっきりしろと怒られ、 しかもFuck off的なことまで言われ、 こんなに手伝いしているのに、 だんだん、 何でここまで言われる筋合いあるのか、 ムカついてきて、 こちらも、怒りを出すようにしたら、 前よりは上手くコミュニケーションが、 とれるようになり、 本音で話せるようになり、 なんか、いろんな事がありました。 たぶん、気性が荒い人なんだろうけど、 いい所も沢山ある。 船で釣りや島も見せてもらったし。 だけど、口が悪い。 私は今日、まじ切れしました。笑 そしたら、優しくなった。 私は自分の気持ちを表現するのが、 苦手なんだけど、とくに怒り、 でも、今日は出せたから良かった。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

Hello!

どたばたしてましたが、

オーストラリアを出国して、

ニュージーランドに到着しました。

 

これから約3ヶ月かけて、

ニュージーランドをラウンドしてから、

日本に帰国します。

 

バッパーではイギリス、カナダ、アメリカ、

フランスなどの人達との出会があり楽しい。

 

特に、nativeと友達感覚で話せるのって

嬉しい!

 

 

さっそく、カナダ人のバッパーとランチに♡

彼女の方が年上なので人生相談しました。

そしたら、やっぱり、私、考え過ぎみたい。

Be pogitiveですね!!!

 

さて、旅のルート決めたり、

宿や交通手段を決めないと。

ってか、なにも計画立ててないっていうね。

これからやりまーす。笑

 

では、行ってきます!

いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。