大手ゲームメーカー「スクウェア・エニックス」(東京都渋谷区)のオンラインゲームサービスで、ゲーム利用者のIDやパスワードなどの個人情報が外部に流出した可能性があることが分かった。これまでに被害は確認されていないという。同社のサーバーに外部から攻撃を受けた形跡があり、流出の経緯を調べている。

 同社によると、オンラインゲームを提供するサイト「プレイオンライン」でIDやパスワードなどの情報を管理しているサーバーに対し、5月下旬ごろ、複数回にわたり外部から不正にアクセスされた形跡が見つかった。

 クレジットカード情報などの信用情報は別のサーバーで管理されており、漏えいした可能性はないという。

 同社は情報が流出した可能性のある利用者を特定しているが、人数については明らかにしていない。住所や氏名が流出したかどうかについては確認中としている。【堀智行】

【関連ニュース】
オンラインゲーム
安心・安全ナビ:子供に人気の携帯電話の無料オンラインゲーム…
GACKT:PCゲームで“悪役” 移籍発表後初会見 テーマ曲で「変わらぬ意思届けたい」
インタビュー・会いたい人 「僕の見たネトゲ廃神」出版・西村本気さん
コーエーテクモHD(3635)はシティグループの格下げで大幅安 「海外ソフト市場とソーシャルゲーム展開の先行きに不透明感」

タイで拘束の男、2人目逮捕=不法入国手助け容疑―千葉県警(時事通信)
参院選 谷垣総裁目標低すぎ?「40議席台」(毎日新聞)
<トマト>声かけ&モーツァルト効果!? 1粒の種からたわわに(毎日新聞)
村井・長野県知事の心変わりでリニア新幹線Bルートの夢潰える?(産経新聞)
<菅首相>11日に所信表明演説(毎日新聞)
AD