8日午前9時35分頃、愛知県半田市馬捨町の市道脇の草むらで、同市板山町、会社員山本博三さん(50)があおむけに倒れ、死亡しているのを通行人の男性(35)が見つけた。

 靴を履いていないことなどから、県警は死体遺棄事件とみて捜査本部を設置した。

 発表によると、山本さんは、死後数時間が経過していたとみられる。黒色ジャンパーにズボン、ネクタイ姿で、着衣の一部が破れ、運動靴の片方が約18メートル離れた草むらに落ちていた。口と鼻から出血していたほか、額に複数の擦り傷があった。県警は9日に司法解剖を行い、死因を調べる。

 山本さんは父(76)、母(76)と3人暮らし。7日午後9時半頃、勤務先を退社して車で帰宅、車は自宅近くの駐車場に止めてあったという。

<核軍縮>田上長崎市長ら参加 NYで非核兵器地帯創設会議(毎日新聞)
本 元警視庁捜査1課長久保さん 体験もとに若者にエール(毎日新聞)
【from Editor】希望に燃える同級生(産経新聞)
「酸っぱい」カツ重…売れ残りトンカツ肉転用(読売新聞)
現生人類とわずかに混血か=絶滅のネアンデルタール人-国際チームがゲノム解読(時事通信)
AD