神奈川県横須賀市の住宅の台所で、住人の無職、小林章浩さん(62)とみられる男性の遺体が見つかった事件で、県警捜査1課は7日、遺体の状況などから殺人事件と断定し、浦賀署に捜査本部を設置した。

 捜査本部は同日、司法解剖を行い、死因などを調べるとともに身元の特定を急いでいる。

 捜査本部によると、遺体は死後約1週間が経過し、カーペットのようなものを掛けられていた。頭部に刃物で切られたような傷と、殴られたような傷が複数あった。遺体があった台所と、隣接する居間からは血痕が見つかったほか、室内からは複数の足跡が発見された。物色された形跡はないという。

 小林さんは1人暮らし。6日午後6時40分ごろ、近所の住民からの通報で駆けつけた浦賀署員が遺体を発見した。

【関連記事】
横須賀市の住宅に男性の変死体 殺人事件で捜査 
別れさせ屋と元夫を提訴 殺害された女性遺族
空き家物置の女性遺体 死因は頸部圧迫の窒息死
耳かき店員殺人事件 被告を精神鑑定へ
ビニールシート遺体、県内の26歳女性と判明 静岡・御殿場
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

<日医連>民主公認の新人を推薦 自民現職は支援に格下げ(毎日新聞)
京都宇治・三室戸寺のツツジ満開(産経新聞)
親子3人はねられ死亡 パンク修理中、トラック突入 中央道(産経新聞)
TBS社員装い20万円詐取=容疑の41歳男逮捕-警視庁(時事通信)
太地町民の水銀濃度「全国平均の4倍」 「健康被害」大丈夫なのか(J-CASTニュース)
AD