1月23日に88歳で死去した東大寺の元別当(住職)で長老の筒井寛秀(かんしゅう)師の本山葬が29日、奈良市雑司町の同寺本坊で営まれ、弔問者が冥福(めいふく)を祈った。 本山葬は午後1時から、西大寺の大矢實圓長老を導師、東大寺の平岡昇修・財務執事を葬儀委員長に始まった。弔問者は、大仏殿の「昭和大修理」の勧進(かんじん)(寄進集め)などの功績や温和だった人柄をしのんだ。

【関連記事】
「レナウン娘」歌手のしばたはつみさん死去
安めぐみ悲痛、母死去 初舞台前の訃報「天国で見てもらえるよう頑張る」
「動脈列島」の企業小説家、清水一行さん死去
村田良平氏死去 元駐米大使、日米の核密約について証言
巨人の最高齢OB、前川八郎氏が死去 97歳

水俣病訴訟で初の和解成立へ=公式確認から半世紀余り-救済の道新たに・熊本地裁(時事通信)
<桑田真澄さん>早大大学院を修了「研究の奥深さ知った」(毎日新聞)
<治安改善支援>紛争後に警察OB派遣 まずスリランカ(毎日新聞)
普天間政府案、首相は月内一本化こだわらず(読売新聞)
スギ花粉症ワクチンの共同研究に着手―理研と鳥居薬品(医療介護CBニュース)
AD