白戸彩夏のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
今現在、技工士の後輩の子は1つ1つ私のチェックを受けて、直す所があればその都度直し、完成までもっていくというやり方をしています。


そして今日も作ってもらっていたのですが、今日はいつもより少し先まで進めた段階で見せてもらってチェックをすることになり、いざチェックをしてみたら、2人分やってもらったのですがどちらも特に直す所がなく、次の工程へ進んでもらうことができました!



やっぱり自分が日々一緒に仕事をして色々と教えている子の成長を目の当たりにするとすごくうれしいし、もっともっとその子が成長できるように私自身も努力したいと思います。



また、私は教える立場としてまだまだ自信がありません。でも、こうして成長した姿を見ることで、もちろん彼女の努力が主な部分だとは思いますが、少しは私も彼女の力になれているのかな、と思えるので、自信につながります。



私は自分に自信がなくて、自分の意見を人に言うのも苦手で、それを言うことで相手が嫌な気持ちになったらどうしよう、嫌われたらどうしよう、と思ってしまい、言わなくても自分がやってどうにかなるならやってしまおうと思ってしまうところがありました。


でも先日朝礼で彼女が、私に何度も同じ所を直させてしまう、私が本当はこうしてほしい、ここを直してほしいと思っているのに言えていないんじゃないかという話をしていて、後輩にそんなことを考えさせてしまうなんて本当に情けないし申し訳ないと思いました。



私が言うことで相手が嫌な気持ちになるんじゃないかと思い言わなかったことで、逆に相手を嫌な気持ちにしていたのかと思うと、なんて意味のないことをしていたんだ、私は結局自分のことしか考えていなかったんだ、ということに気がつきました。


また、私が言わないことでそれがトラブルにつながり患者様に迷惑がかかるということは絶対にあってはいけないことだと思います。


前よりは少し言えるようになったかな?と思っていたのですがまだまだでした。
彼女の成長のためにも、患者様のためにも、もっとちゃんと言わなきゃいけないと思います。


でもたぶん、これからはちゃんと言おう!と思ってもすぐになんでも言えるようにはならないんじゃないかとも思っています。
そして、言えるようになった時初めて、私が目指している成長した姿、変わったと言ってもらえる姿というものになれると思っています。


広島にきた理由の1つとして、変わりたいという想いがあったのですが、それが後輩のため、患者様のためだと思うことで、より強い想いとなり、絶対に変わらなければ!という気持ちになりました。


残り1ヶ月半、彼女のため、患者様のため、病院のために力を尽くし、時間を無駄にしないよう毎日を大切に過ごしていきたいと思います。



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
先日、技工士の後輩が1人退職しました。



私は同じ職種の自分が教えていた後輩が辞めたということが初めてだったので、今まで他の職種の方が辞めた時よりもショックでした。



何度か話し合いもしていたし、1番近い所で彼女の様子を見ていただけに、自分がもっと何か彼女にできることがあったんじゃないか、力不足だった…と色々考えたのですが、先輩から、本人が決めた事だし職場は人によって合う合わないがあるからしょうがないよと言われ、なんとなくそう思おうとはしていたのですが改めて人から言ってもらえると少し楽になりました。



ありがたいことに、自分は今の職場で楽しく働けていてさらに人としての成長もさせてもらえるすごく恵まれた環境にいると思っているので、ここの職場で働いていることが幸せでここが私にとって1番の職場だと思っているのですが、それはあくまでも私の視点でしかなく、当たり前ですが他人には他人にとっての1番の職場があると思います。



きっと彼女にとっても1番の職場と思える所があるはずで、彼女がそれはここではないと判断したのであれば、これから他の所で働いていく中で彼女にとっての1番の職場が見つかると思います。



真面目できちんとしている彼女であればきっと他の職場でもしっかり仕事ができると思います。
辞めるという決断はすごく勇気がいることだと思うので、逃げたとかマイナスに考えるのではなく、勇気ある行動をしたということを自信にしてこれからも頑張ってほしいと思います。



辞めてすぐの今では少し難しいかもしれませんが、いつか彼女がここで働いた約2カ月間も意味のある時間だった、無駄な時間ではなかったと思ってくれたらいいなあと思います。



私も彼女がいてくれたおかげで色々と考えることもあったしこれからの参考になることもたくさんあったと思っているので、彼女と一緒に働けたことはよかったと思っていますし、感謝しています。



生きていると、当たり前ですが出会いがあれば別れもあって、私はその全ての出会いと別れには意味があると思っていて、無駄なものは1つもないと思っているので、1つ1つの出会いを大切にして、別れも必ず何かにつながっていると信じてこれからも生きて生きたいと思います。




AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、患者様からクレームがあり対応させて頂きました。



私は実際にマウスピースを作ったわけではありませんでしたが、全ての判断やチェックをしたのは私で、今回のクレームの原因は全て私にありました。


初めに電話対応してくださった受付さんや先輩と相談し、対応しました。
受付さんとお話された時はどんな感じだったのかわかりませんが、私が患者様とお話した時には電話からわかる限りではすごく冷静で、怒っているという風には全く感じられませんでした。

電話だったので実際には怒っていたのかもしれないですが、私は初めに対応してくださった受付さんが患者様にきちんとお話してくださったおかげで私と話した時には落ち着かれていたのではないかと思いました。



今回の事があり、私は今まで働いてきた中で一番と言っていいほど落ち込みました。
どうしてその時に気づけなかったのか、そんな判断をしたのかがわからず、技工物を作る時に「対もの」ではなく「対ひと」であることを意識していたはずなのに、そういう意識が全く足りていなかったことを実感しました。



たぶん今回と同じことが、新人の時や自分が作って起きていたら、感じ方はまた違っていたかもしれません。私は今5年目で、教える立場であり私の姿を見て何かを感じたり学んでくれる人がいるという立場なのに、後輩のお手本になるような行動をしなきゃいけないのに、今回の事が起きて、自分の技工士としてだけでなく先輩としての意識や責任感の低さにもがっかりしました。本当に情けなく思います。



ただ、初めはただただショックで全くプラスに考えられなかったのですが、その後青山先生や先輩方とお話したり、朝礼で今回の事もプラスに捉えるようにというお言葉を頂き、今後の対策などを考えたりしていくうちに、今は、今回私が引き起こしてしまったことで対策を考え今後同じ事が起きないようにできた事は、病院の今後のためになるはずと少しプラスに捉えることができるようになりました。



私自身も、今回の事は私の中ですごく大きな出来事だったのでおそらく忘れないし、今後技工物を作る時に「対ひと」であることをより意識するきっかけとなりました。



また、自分の判断1つでたくさんの方に迷惑をかけてしまったり、大きな問題につながってしまうこともあるのだということを自覚し、より自分の判断や行動、発言1つ1つに責任を持たなければならないと改めて感じました。



何もなければ感じられなかったこと考えられなかったことを感じたり考えられたことは、私にとってとても貴重な経験になりました。
後輩や自分自身の今後の成長につなげたいと思います。




AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。