FUJITA'S BAR
2006年02月18日 15時40分59秒

ちびちびダックの一人旅

テーマ:コーヒー ブレイク

ちびちびダック

     ノートルダム大聖堂です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年02月18日 12時29分41秒

ちびちびダックの一人旅

テーマ:コーヒー ブレイク

パリにて

      パリの凱旋門です

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年02月17日 16時27分22秒

ちびちびダック ハワイに行く

テーマ:コーヒー ブレイク
ハワイにて
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年02月15日 19時10分07秒

WAYS新発売記念キャンペーン実施中!

テーマ:自己紹介

WAYS新発売記念キャンペーン実施中!


将来、『医療・介護・年金』に変えられる生命保険<WAYS>にご加入頂いた方に、もれなく“WAYS特製ちびちびダック”をプレゼントいたします。今すぐ資料をご請求 下さい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年02月14日 18時25分51秒

ソルベンシーマージン比率

テーマ:豆知識

ソルベンシーマージン比率

「支払余力」(solvency margin)。

生命保険会社は、将来の保険金などの支払いに備えて責任準備金を積み立てているので、通常予想できる範囲のリスクについては十分対応ができるようになっている。

これに対し、大災害や株の大暴落など、通常の予測を超えて発生キるリスクに対応できる「支払余力」を有しているかどうかを判断するための行政監督上の指標のひとつがソルベンシー・マージン比率である。


この比率は経営の健全性を示すひとつの指標ではあるが、この比率のみをとらえて経営の健全性の全てを判断することは適当ではない。

なお、生命保険会社のソルベンシー・マージン比率が200%を下回った場合には、監督当局によって早期に経営の健全性の回復を図るための措置がとられることとなる。

逆に言えば、200%以上であれば、健全性についてのひとつの基準を満たしていることを示すこととなる。

しかし実際には、200%以上でも既に5,6社破綻しており、600%以上ないと安心と言えないのが現状です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年02月14日 18時10分30秒

生命保険は若いうちに入ったほうがお得です。

テーマ:自己紹介
生命保険は若いうちに入ったほうがお得です。

皆さんもお聞きになった事があると思います。
若いうちに入ったら月々の保険料が安くなるからお得ですよ。という意味だけではありません。

例えば、30歳の男性と20歳の男性が同じ保障額の生命保険に加入した場合、間違いなく20歳の男性のほうが月々の保険料は安くなるので家計の負担は確実に軽くなります。が、お得とはそれだけではないと思います。

生命保険は誰でも入れるのではないです。条件は保険会社の考える健康体であることです。
つまり、病気の方は、本人が入りたくても入れないのです。

若いうちであれば健康体である可能性が高いので、入れる可能性も高いという事です。これは大きなメリットですよね。

生命保険は、誰でも無条件に入れるものでは無いからです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年02月13日 15時54分38秒

未来の自分が決める保険WAYS(ウェイズ)

テーマ:自己紹介

保障内容を選択できる終身保険「未来の自分が決める保険 WAYS」を発売

~将来、必要な保障が選択できる終身保険~


アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)が、2006年1月27日、将来、お客様がニーズに応じて保障内容を選択できる終身保険「未来の自分が決める保険 WAYS(ウェイズ)」を発売しました。


この終身保険は、保険料払込期間中の解約返戻金を70%に抑えることで、万一の保障を割安な保険料で提供するとともに、保険料払込期間満了後(60歳または65歳の契約応当日以後)の保障をお客様一人ひとりのニーズに合わせて、「医療」「介護」「年金」へ変更することができる商品です。


保障の変更においては、健康状態の告知(医的選択)が不要であり、とくにお客様の健康状態にかかわらず一生涯の医療保障を確保できる点は、業界初の画期的な仕組みです。


アフラックのプレスリリース
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年01月16日 16時45分54秒

日生、予定利率上げ・一時払い型商品で

テーマ:ニュースリリース
日生、予定利率上げ・一時払い型商品で

 日本生命保険は2月1日から、保険料を契約時に一括で支払う一時払い型商品について、契約者に約束する予定利率を21年ぶりに引き上げることを決めた。予定利率を上げることで、顧客が支払う保険料は1%程度下がる見通しだ。将来の金利上昇を先取りし競争力を高める動きといえ、他の生保だけでなく銀行などにも影響を与えそうだ。

 引き上げ幅は0.05―0.1%。一時払い型の予定利率は終身保険が現行の1.25%から1.3%に、一時払い養老と一時払い年金は1.0%から1.1%に上がる。予定利率が上がると保険料の運用利回りが高まるため、同じ保険金を受け取るために支払う保険料は少なくて済む。

 例えば40歳の男性が約700万円の保険料を払って1000万円の死亡保険金を受け取る一時払い終身の場合、10万円前後の値下げになるとみられる。2月1日の新規契約分から適用する。

 月払いなど定期的に保険料を支払っていく「平準払い」型の商品の予定利率は見直さない。一時払い商品は日本生命の販売件数の約1割を占めている。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年01月14日 09時46分57秒

医療保険とは

テーマ:自己紹介
医療保険とは

医療保険は、病気やケガで入院したり、手術を受けた場合に給付金が受け取れる保険です。医療保障は老若男女を問わずほとんどすべての人に必要な保障といえます。

もちろん、病気やケガをしてもある程度までは社会保険で保障されます。健康保険によって医療費の自己負担は3割までで済みますし、長期入院の場合も高額療養費の支給によって一般所得者の場合、月額7万2300円程度の負担で済むようになっています。しかし、差額ベッド代や特殊な高度先進医療などは健康保険の対象外です。医療保険でカバーするのは、健康保険の自己負担分とこうした費用部分ということになります。

少子高齢化の進行によって今後、社会保険の負担増が心配されるなか、医療保険に対するニーズが高まっています。



医療保険選び方のポイント

医療保険は最近新しい商品が次々と発売されています。数多くの保険商品の中から自分にとって最適な保障を選ぶことはけっこう難しいものです。そこで、何を基準に比べればいいのか、そのポイントを見てみましょう。

1.保障期間

医療保険には、5年、10年と一定期間ごとに更新していく更新型と、一生涯保障が続く終身型があります。

更新型は、50代頃までは終身型よりも保険料が安いので、若い人や子育て中で家計が厳しい人などには安く保障が確保できて便利です。しかし、更新のたびに保険料が上がりますし、終身ではなく80歳又は90歳までと期限があるので、、長生きすると保障が切れるというデメリットがあります。


終身型は、一生涯の保障が確保でき、保険料も変わらない点が一番のメリットですが、途中で解約すると損をすることもあります。保険料を60歳で払い終えるタイプと一生払い続けるタイプがあります。一生払い続けるタイプでは、年金生活に入ってもその金額を払い続けられるかがひとつのポイントになります。


更新型にするか終身型にするかは、両方のメリットとデメリットを比較するとともに、一生涯に支払う両方の保険料の総額を計算してから判断するのがよいでしょう。ただ、病気になり入院するリスクは高齢になるほど高まりますから、基本的には、保障の最低額は終身型で確保するのが理想といえるでしょう。



2.入院給付金

(1)入院日額

入院日額は、入院したときに1日当りいくら受け取れるかという金額です。医療保険を選ぶときベースになるものです。日額5000円、1万円、2万円などがあります。サラリーマンなら5000円~1万円、自営業者なら1万~2万円が一応の目安です。保険料は日額が高いほど高くなります。

(2)入院限度日数

入院限度日数は、1回の入院で最高何日まで受け取れるかという日数です。60日、90日、120日、150日などがあります。長いほど安心ですが、それだけ保険料が高くなります

(3)通算限度日数

通算限度日数は、保険期間中、通算何日まで受け取れるかという日数です。360日~1095日程度まであります。これも長いほど安心ですが、それだけ保険料が高くなります。

(4)入院何日目から受け取れるか

日帰りでも受け取れるもの、1泊目からのもの、5日目からのものなどがあります。早くもらえるものほど保険料は高くなります。

3.手術給付金

手術給付金の額は、入院日額に対して5倍、10倍、20倍などで計算されます。一律型と種類によって変わる変動型があります。変動型は、手術の種類によって、入院日額の10倍、20倍、40倍などと設定されています。

4.単独の医療保険か特約か

医療保障を得る方法には、医療保険医療特約があります。医療保険は単独の保険ですが、医療特約は終身保険や年金保険などの主契約にオプションとしてつけるものです。医療特約は主契約とセットになっているので、保障内容を自由に設定できない難点があります。また、主契約が終了すると特約もいっしょに終わってしまいますので、注意が必要です。



一生いっしょの医療保険 EVER

保険料が一生上がらず、日帰り入院から保障される手軽な医療保険をお探しの方に
「一生いっしょの医療保険 EVER」
をおすすめします。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年01月11日 19時28分42秒

インフルエンザの危険性

テーマ:ちょっと気になる言葉

インフルエンザの危険性


新聞などのメディアを通じて広く報道されているように、インフルエンザの流行が心配されます。何らかの対策はされているでしょうか。注意点について取り上げてみました。


【風邪とは違う】


インフルエンザにかかった際に最も注意しなければならないのは「症状が風邪に似ている」という点です。風邪と症状が似ている病気はたくさんありますが、インフルエンザについても同じことがいえます。インフルエンザと風邪とは異なる病気です。そのため、投与される薬品が異なったり治療法が異なったりします。インフルエンザの予防接種がすすめられる理由の一つは、「インフルエンザは風邪とは違う」ということをアピールするためだともいわれます。

風邪薬を何度も服用しても効果がない場合には特に注意が必要です。新しい年を迎へを迎えて時間の融通がきかない方も多いかと思われます。「休養をとれば何とかなる」と思っているうちに症状が悪化していく悪循環に陥る危険があります。


【風邪をひかないこと】


では、インフルエンザの予防法とはどのようなものでしょうか。残念ながら、誰にも効果のある決定打はありません。強いて言うならば、風邪をひかないように万全の対策をすることです。

休養をとるのは難しいかもしれませんが、帰宅後・就寝前にうがいをすることならばできるのではないでしょうか。なぜかといいますと、風邪をひかないように万全の対策をとっているならば、風邪と似た症状が出てきた際に「これは風邪ではないのでは?」と疑うことができるからです。そうすれば、医師の診察を受ける際などに「風邪をひかないように万全の対策をしてきましたが、風邪に似た症状が出ています。

もしかすると、風邪ではなくてインフルエンザなどの病気ではないでしょうか?」と質問することができるからです。


患者が多すぎると医師も精密検査をすることは難しくなります。その際に重要になってくるのが患者からの情報提供です。患者からの症状にキーワードがたくさんあれば、プロである医師は「○○の症状は出ていませんか?」と的を射た質問をすることができます。その結果として病気の早期発見と、より効果的な初期対応が可能になるでしょう。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。