CyberZで働く開発担当役員のブログ

CyberZで担当役員としてForce Operation Xを中心としたアドテクノロジーの開発を行なっています。

 

テーマ:
日本時間の本日より、iOS10のアップデートが開始されております。





様々なアップデートがございますが、
「追跡型広告を制限(Limit Ad Tracking)」する機能が
iOSにおいて強化されることにより、
スマートフォンにおける広告効果計測に影響が出ます。

各社様にご案内は差し上げておりますが、
弊社の提供しております計測ツール、配信ツールなどに限らず
スマホ広告全体で影響が出るものになりますので、
ご参考になればと思い、以下にてまとめさせて頂きます。

皆様、すでにご存知の上対策を行っていらっしゃると思いますが、
改めてご理解を頂き、適切な広告の運用に対策いただければと存じます。


------------------------------------------------------------
「追跡型広告を制限(Limit Ad Tracking)」とは
------------------------------------------------------------

iOS端末での、「追跡型広告を制限(Limit Ad Tracking)」
の設定を指しておりユーザーが任意でON/OFFの切り替えが可能です。

追跡型広告でユーザーをターゲティングすることを制限する機能でしたので、
iOS9まで「追跡型広告を制限(Limit Ad Tracking)」が有効の状態でも、
端末からIDFA(Identification For Advertisers)は取得は可能で、
トラッキングへの利用は可能でした。

Apple側よりiOS10からは
「追跡型広告を制限(Limit Ad Tracking)」の機能の強化されます。
設定が有効な場合にはIDFAの取得も出来なくなりますので、
効果計測への利用も出来なくなります。


※iOS端末での「追跡型広告を制限」設定画面




------------------------------------------------------------
広告効果計測への影響について
------------------------------------------------------------

IDFAを利用して広告効果測定を行っているメディアにおいては、
iOS10ユーザーのうち、「追跡型広告を制限(Limit Ad Tracking)」
を有効にしているユーザーの広告効果計測が出来なくなります。

メディア側では以下2つの方針で進めているようですが、
それぞれ影響が出ます。

○配信を制限するケース
「追跡型広告を制限(Limit Ad Tracking)」を有効にしている
ユーザーには広告を配信しない場合。
→この場合は広告の配信量に影響が出る可能性がございます。

○配信を制限しないケース
「追跡型広告を制限(Limit Ad Tracking)」を有効にしている
ユーザーにも広告を配信する場合。
→この場合は、一部のユーザーの広告効果計測が
行えなくなりますので全体のCVRが低下します。

現時点で弊社調べによる「追跡型広告を制限」を
有効にしている端末の割合は全体の10-15%となります。
※F.O.Xで取得しているデータ調べ

各広告メニューなどの詳細については直接お問い合わせ下さい。


------------------------------------------------------------
iOSでの新OS普及スピード
------------------------------------------------------------

現在のiOS9の普及率は約90%です。
iOS9リリース時にも1週間で約30%、
1か月弱で50%に到達するスピードで普及していたので
iOS10でも同様のスピードで普及していくことが予想されます。


※iOS端末のOS普及スピード(F.O.Xのデータより引用)



------------------------------------------------------------
まとめ
------------------------------------------------------------

1.iOS10より「追跡型広告を制限(Limit Ad Tracking)」の
機能が強化され、設定が有効な端末からIDFAの取得が行えなくなる
2.「追跡型広告を制限(Limit Ad Tracking)」を有効にしている
端末は全体の10-15%程
3.IDFAを利用して広告効果測定を行っているメディアにて、
広告の配信や計測に影響が出る

------------------------------------------------------------

内容についてご質問などございましたら、
お気兼ねなく弊社メンバーもしくは私までご相談下さいませ。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


年度末になり、各メンバーと面談や対話をする機会が増え
キャリアについての相談をされることが良くあります。

 

多くはキャリアが明確に持てず悩んでいるとか
5年後、10年後の姿が見えないとかといった内容が多いですが

焦る必要は無いしそれでいいと思います。

 

成功者と呼ばれる方々も
自身の描いたキャリアプラン通りに
なっていることなんてほぼ無いと思うし、
むしろそれに固執してしまった方が
自身のキャリアを狭めるリスクがあると思います。

 

 

僕自身もサイバーエージェントに入社を決めた時に
まさかシステム開発をしているとは思っていなかったし
海外の担当をすることになるなんて考えてもいなかったし
正直描いた通りになっている部分の方が少ないんじゃないかと感じています。

 

ただ何の目標も無く足元だけにコミットしていても
積み上げ型の思考になってしまい成果に直結しにくいので
中長期のキャリアが描けないというメンバーには
半年後になっていたい、なって欲しい姿を描くことを
オススメしています。

 

マネージャになりたいといった、具体的な目標でもいいし
チームの中でこういった役割になっていたい、といった状態目標でもいいし
○○さんにこう言われる存在になっていたい、みたいな目標でもいいので
半年後の目標は持ってもらうことを勧めています。

積み上げ式にならず、逆算して成果を考えていくことが出来るので、

足元の業務や成長確度が高まります。

 

 

もちろん、明確なキャリアは持っていた方が
より大きなパワーを持って取り組むことはできるし、
自分の中で譲れない芯みたいなものは持っていた方が
より良いとは思っています。

 

そんな時参考にしてほしいのが「4M」という考え方です。
人間の目的へ向かう、やる気を引き起こす要素は
Money:お金
Medal:褒賞
Mission:使命
Message:発信
にまとめられると言われています。

 

自分の中で今優先度が高いものは何なのかを
見つめ直していくと、芯みたいなものが見えてくると思います。

 

 

年度末で自身を振り返るタイミングでもあるので
参考になれば幸いです。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


約5年間サービス開発側に携わってきて、
様々なサービスの立ち上がりを見てきましたが
成功したケースと失敗したケースの違いは

 

サービス責任者の勝利への執念

 

みたいなものが
どこまであるかが一番かなと思っています。

 

新しい市場でなんとしてもNo.1をとりたい
顧客にとって求められる最高のサービスを届けたい
大きなビジネスを成功させて利益を生み出したい

 

思いは様々かと思いますが、

 

絶対にサービスを成功させて

競合サービスに勝利をして
一番になるんだという
強い思いを持っていなければ
成功は無いと思います。

 

どう考えても勝てないような状況に絶望して
それでも這いずりまわって勝てるチャンスを探して
暗闇の中に見えた一筋の光になんとしてもしがみついて
とにかく集中して逃げずに向かっていく
これなら勝てるというポイントを見つけ出して
それをまた疑ってみると絶望して

 

とにかく、それの繰り返しだと思います。

任せられたサービスだから

 

周りからチャンスだと言われているから
上司からやれと言われているから

そんな気持ちが少しでもあるなら
徹底的に議論した方がいいと思うし
そのポジションに自分がいるのは
失礼だと思った方が良い。
絶対に成功は訪れません。


また、サービスは生み出すまでではなく
生み出してからが本当の勝負。

ひいては、市場をとってからが本当の勝負かと思います。

 

市場をとって浮かれていれば一瞬で足元をすくわれます
これまでのスマホ広告市場などは分かりやすく
毎年のようにTOPプレイヤーが変わってきています。

 

常に自分達のサービスに対して貪欲に謙虚に
No.1でいられ続けられる努力を続けていかなければなりません。

 

 

正に今、メンバー達が全身全霊をかけて作り出したサービスが
どんどんリリースされてきますので、
是非お楽しみにしていて下さい。

 

 

 

 

 

説教くさくないブログを書こうと思ったのに
また、説教テイストになってしまった。。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。