口蹄(こうてい)疫問題で、山田正彦農林水産相は11日の閣議後会見で、宮崎県の宮崎、日向両市など家畜へのワクチン接種を行っていない地域で感染の疑いがある家畜が相次いで見つかったことに関し「非常に危険な状態が依然として続いている」との認識を示した。その上で「早く何とか封じ込めたい」と強調した。
 また、全国有数の畜産地域、都城市での家畜へのワクチン接種については「今すぐに必要だとは考えていない」と否定的な見解を示した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
〔用語解説〕「口蹄疫対策特別措置法」
宮崎、日向両市の豚・牛も「陽性」=口蹄疫、防疫態勢の見直し急務
口蹄疫、「まん延防止に努力」=農業白書
菅首相、あす宮崎入り=口蹄疫の実情把握へ

公務員の“高給取り”をどうとらえるか?――人事コンサルタント、前田卓三さん(前編)(Business Media 誠)
会期延長、決着に期待=首相(時事通信)
<全精社協補助金流用>元副会長に懲役1年6月求刑(毎日新聞)
<青木半治さん>お別れの会 陸上関係者ら1300人が出席(毎日新聞)
<ナツツバキ>沙羅双樹、散り際の美 京都・東林院で「めでる会」(毎日新聞)
AD