「当初は3年間は退院できないと言われていたのでうれしい」。補助人工心臓を両心に装着する手術を受け、阪大病院を退院した30歳代女性は18日会見し、自宅に戻れる喜びを笑顔で語った。

 発症前にはパート勤務をするなど、普通の日常生活を送っていたという。現在は、リハビリの成果もあって、息切れは少しするものの、歩くなどの日常生活はほとんど可能になった。

 ただ、補助人工心臓が電磁波に弱いため、電子レンジやIH調理器を使った料理は難しいという。

 自宅には、小学5年の長女(10)と小学2年の次女(8)が待っている。女性は「子供には寂しい思いをさせたので遊んであげたいと思っている」と話す。

 ただ、いずれは心臓移植が必要になってくる。子供たちには「心臓移植をしないと(長くは)生きていけないのでごめんね」と伝えるつもりだと話し、涙ぐむ場面もあった。

 「自分も病気になる前は若い人が心臓移植を待っているということは知らなかった。早く心臓移植を受けたい」と話した。

【関連記事】
補助人工心臓2つ装着に成功 阪大、自宅で移植待機、外出可
死刑減少で“闇の臓器市場”売買増加 中国
顔面移植の男性が会見「医師団に感謝」 スペイン
東京医科大八王子医療センター 移植治療前に寄付金を依頼
明美ちゃん基金 子供の命を救う新たな糧に…遼太郎ちゃん基金
中国が優等生路線に?

<ラベンダー>気品高く咲き競う--有田で見ごろ(毎日新聞)
裁判長らが現地視察=諫早湾干拓開門訴訟―長崎地裁(時事通信)
お帰りなさい、山崎さん=25日まで一時帰国―「科学の重要さ伝えたい」(時事通信)
<中部国際空港>プラグインハイブリッド車を国内空港で初導入(毎日新聞)
<窃盗>和菓子80個盗み、40個食べる 熊本(毎日新聞)
AD