福岡市博多区のマンションで20日、3歳女児が意識不明になり、搬送先の病院で死亡した。

 体に殴られたようなあざがあることから、福岡県警博多署は21日、同居している20歳代の無職男が暴行を加え、虐待していたとの疑いを強め、傷害容疑などで事情を聞いた。容疑が固まり次第、逮捕する方針。

 捜査関係者によると、20日午後9時半頃、同区博多駅前1のマンションに住む男から、女児が動かなくなったと119番があった。福岡市消防局の救急隊員が駆け付けたところ、女児がぐったりしており、殴られた時にできるような皮下出血の跡があった。

 搬送先の病院が博多署に通報。死因は特定できなかったが、同署は日常的に暴行を受けていた可能性があるとみている。

 マンションには、女児と母親、男が住んでいる。母親は調べに対し、「男は内縁の夫で、以前から娘の体にあざがあるのは知っていた。夫からは『転んだようだ』と聞いていた」と説明しているという。

石川議員、辞職重ねて否定(時事通信)
催眠療法、オゾン療法… 鳩山「統合医療」は科学的?(J-CASTニュース)
久保が勝ち3勝1敗=将棋王将戦(時事通信)
社民党首、普天間移設先の県外候補地は明示見送りも(産経新聞)
温暖化ガス、家庭で最大半減に=行程表素案を公表-環境省(時事通信)
AD