口蹄(こうてい)疫問題で、山田正彦農林水産相は11日の閣議後会見で、宮崎県の宮崎、日向両市など家畜へのワクチン接種を行っていない地域で感染の疑いがある家畜が相次いで見つかったことに関し「非常に危険な状態が依然として続いている」との認識を示した。その上で「早く何とか封じ込めたい」と強調した。
 また、全国有数の畜産地域、都城市での家畜へのワクチン接種については「今すぐに必要だとは考えていない」と否定的な見解を示した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
〔用語解説〕「口蹄疫対策特別措置法」
宮崎、日向両市の豚・牛も「陽性」=口蹄疫、防疫態勢の見直し急務
口蹄疫、「まん延防止に努力」=農業白書
菅首相、あす宮崎入り=口蹄疫の実情把握へ

公務員の“高給取り”をどうとらえるか?――人事コンサルタント、前田卓三さん(前編)(Business Media 誠)
会期延長、決着に期待=首相(時事通信)
<全精社協補助金流用>元副会長に懲役1年6月求刑(毎日新聞)
<青木半治さん>お別れの会 陸上関係者ら1300人が出席(毎日新聞)
<ナツツバキ>沙羅双樹、散り際の美 京都・東林院で「めでる会」(毎日新聞)
AD
 平野博文官房長官は3日の記者会見で、鳩山由紀夫首相の辞任に伴う記者会見について「現時点で予定はない。首相の判断、意思だと理解している」と述べ、首相の意向で開かないとの認識を示した。その上で「(首相が辞意表明した2日の民主党の)両院議員総会は国民に中継で報道されている。首相自身の思いはメッセージとして出せている」と説明。鳩山首相は3日朝、首相官邸で記者団が記者会見の開催を求めた際、「私が決める話じゃない」と答えていた。【横田愛】

【関連ニュース】
鳩山首相:梅生産者の表敬に「元気になるねえ」
鳩山首相退陣:表明から一夜、気分は「今日の天気のよう」
鳩山首相退陣:民主・参院選候補者、批判覚悟で街頭へ
鳩山首相退陣:「我々の同盟は揺るぎない」…米副報道官
鳩山首相退陣:日本との関係、「強力で緊密」…米財務長官

鳩山首相「身を引くことが国益」(産経新聞)
<詐欺罪>山内議員元秘書、詐取1件認める 東京地裁初公判(毎日新聞)
宮崎の主力級種牛5頭、口蹄疫感染シロ(読売新聞)
国内最大級の古墳群壊す…ゴルフ場拡張工事(読売新聞)
「地域と小規模多機能の連携の強化を」(医療介護CBニュース)
AD
 26日の民主党参院議員総会で、参院選を目前にしながら鳩山内閣の支持率低迷など逆風にあえぐ改選議員から、「このままでは選挙を戦えない」といった「悲鳴」が続出した。

 総会では冒頭、自らも改選となる輿石東議員会長が、「国民には(鳩山政権の)マイナスの部分しか見えてこない。『このまま参院選でいいのか』という意見ももらっている」と危機感を表明。これを機にせきを切ったように執行部批判が相次いだ。

 小林正夫氏は沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題に関し、「結局、(移設先が名護市)辺野古に戻り、『自民党の案が正しかったのではないか』『鳩山首相は駄目だ』という声が圧倒的に多い。党にはもっと危機感を持ってもらいたい」と訴えた。藤末健三氏は「企業・団体献金禁止の法改正を今国会でやるべきだ。やらなければ、持たない」と強調した。

 桜井充政策審議会長も総会後、記者団に「首相という立場で発言するのだから、言葉の重みを理解いただきたい」と述べ、普天間問題などでの首相の迷走ぶりに苦言を呈した。

 非改選の平田健二参院国会対策委員長はその後の記者会見で、「街頭で『民主党です』と言って演説するのは、なかなかつらいのではないか」と「改選組」の心情を代弁した。

橋下知事、市議補選圧勝で平松市長を遠隔批判(読売新聞)
<児童ポルノ>削除要請など待たず迅速遮断 政府総合対策案(毎日新聞)
もんじゅ、水位基準上回り警報(産経新聞)
口蹄疫 種牛49頭の救済要請 農水省、結論示さず(産経新聞)
日米同盟深化に意欲=首相、クリントン長官に表明(時事通信)
AD