木下大サーカス

テーマ:
サーカスのチケットを4枚頂いたので
平日休みの取れる仲間とサーカス観覧。

{DCFC8BC0-94FF-4F71-991A-97FEC39626AD}

残念ながら中での撮影はNGでしたので画像は有りません。

前回行ったのは○十年前、その時と比べるとプログラムもかなり変ってました。

かなり早めに着いたのですが、訳があって、
入場した時自由席はほぼ埋まり、
ようやく見つけたのは、テントを支える柱で見辛い席。

空中ブランコなどはほぼ見えず
(苦笑)

でもテントの中で見るライオン・キリン・ゾウは、動物園で見るよりかなりの迫力。

とても良いものを見せて頂きました。

その後回るお寿司屋さんでかなり早い夕食、

{1B05D39A-0AE6-4F0C-87FA-694CE8CF89D5}

回転寿司で初めて食後のデザートまでやってしまいました(笑)

{E339D896-EEB0-40AA-BAEA-0C7E5D7E11D3}


AD
こちらのお店をあとにし、
次に向かったのは

{B7214994-9A98-4355-A2B8-C826F7521A84}



こちらの会社、
ネットで浜松のレア土産を調べていて見つけました。

夜のお菓子で有名な「春華堂」の「うなぎパイファクトリー」

{85E202F8-4A59-4FCF-A648-88BB3B544C3F}

入り口では「うなくん」や

{873F9D1F-70C7-4CA6-8D4D-38173C5D0D19}

トラックの荷台いっぱいのうなぎパイ

{F9547927-57C2-47B3-83BD-CACA4268CF00}

{7C28E7A9-91FD-45E0-8CA9-DE2DCEAB325D}

なんとなく、お隣愛知の嫁入り道具を乗せたトラックを彷彿させられる。

旅の最後はここで工場見学コースに潜入しました。

入り口で申請書に記入し、
受付のお姉さんに渡すと見学記念の「うなぎパイ」が貰えました、なんとタダで,

{1299D9D5-CDD2-403B-AF03-A6609A6239F3}

二階に上がると実際に稼働してる所も見る事が出来、別室ではビデオで詳しく説明されてます。

{E7ED751D-A07F-4016-9F83-83B149F04B56}

見学を終えると巨大うなぎパイ3兄弟が待ち構えてました。

このあとは、お約束の売店が有り、
他では見られないレアなお土産を求め帰路に着くのでした。

{D65BC061-7AC7-4EBB-8A6E-F487221C6DFF}

ちなみに夜のお菓子とは、
鰻=「ムフフ」な意味(表現が古い?)では無く、
家族で夜の団欒で頂くお菓子という意味だそうです。

AD