株価6

本日は、前場から下げ


急激な円高進行やアジア株安を受けて先物主導で下げ幅を広げ、


日経平均株価は前日比373円86銭安1万4837円66銭


TOPIXも同30.55ポイント安1438.72と、ともに年初来安値を更新した。


前場で、下げきったっと思って


割安株を追加購入


がしかし・・・・


後場も、日経平均も下げダウン


買い付けて株も少しダウン・・・あせるガーン


どこまで下げるんやー


いい環境無いし・・・


とほほショック!


AD

株価5

きょうは、1日大きく動いたなあ


日経平均株価、前場は特に


日経平均は大幅下落。285.89円安14756.67円、ザラバベースでは昨年7月24日以来の


14800円を割り込んで前場の取引を終えている 。


後場は、盛り返し


最終は、前日比168円96銭高の15,211.52円で取引終わる。


前場で持ち株が、昨日に続き下落・・・・・心臓に悪いなぁ


後場なんとか持ち返し・・・昨日の下げ幅を幾分回復した。


最安値で、ナンピン買いも・・・・後のまつり


けど、ナンピン買いはしたくないのでしかたないです。


明日に・・・つづく

AD

株価4

今日の日経平株価


前場では、一旦戻り基調場面もあったけど


終わってみれば


3営業日連続して下落し、年初来安値(終値ベース)で引けた。


前営業日比112円05銭安1万5042円56銭で終了した。


東証株価指数(TOPIX)は、同15.06ポイント安1456.61で終了した。(了)

昨日仕込んだ株も・・・・・ダウン  ガーン


違うのん物色中です。



AD

本日の日経平均株価


海外株安や円高の進行で主力株を中心に売られてほぼ全面安の展開。


前日比241円69銭安1万5154円61銭と大幅続落。


東証株価指数  27.19ポイント安の1471.67


今日は、朝から株価を見ていて


何年ぶりか・・・久し振り


割安株を物色し


株購入!


さぁ、来週はどうなるかなぁ?

新聞等の記事によると

       (日銀の資金循環統計)


家計の金融資産残高は1,555兆円
だそうです。


少し前、1,400兆円?ぐらいだったと思うのが

数年でまた伸びているですねぇ


すごいなぁこの数字!


みんな、お金あるんじゃないって思いますよねぇ


内訳で、もっとも多いのが


投資信託の伸びが39.2%増で78兆円だそうです。


後は、国債と保険関係みたいです。

やはり、低金利がつづく金融市場で


銀行の定期預金に預けても、まったく金利がつかない


資産が増えない現状に・・・・


多少のリスクをとってでも利息等を増やせれる


投資信託に資産が流れたのでしょうね。


確かに、投資信託は沢山のファンドから自分のライフスタイル


あわせて商品をチョイスすれば良いと思います。

長期・分散型を選ぶのが、リスク小だけど定期利息よりは良いレベルかなぁ?

(現在の話)


国債が増えるのも分るような気がする


10月より、郵政公社の民営化もスタートしますね


地方とお年より等の定額貯金よりの


移し変えが多いのが国債なんだと思います


特に、10年金利変動型なんかは低金利状態での


スタートは、今後の金利上昇時に対応されるのでいいのと


一応、日本国の国債なので安心(?) 

私も、結構郵便局を使わせてもらっている中の1人ですけどねニコニコ


いずれにせよ


将来に不安がある、日本の世情に対して


国民は、貯蓄から投資で資産を増やそうと努力しているですね。


新総理に(もうすぐ決まりますよね)


国民のくらしを楽にして欲しいものだ!

日銀の政策、短期資金のジャブジャブを少し解除で


大手銀行が1年もん定期預金の金利を少しあげるそうです


今の金利では、預けていてもすずめの涙ほどの金利ではね・・・


けど、預金金利が上がるてことは


貸し出し金利も上がって行くってことだから


個人としても、住宅金利のアップも間違いないし


企業の借入金利の負担が増え 利益を圧迫する

個人の給与・賞与が減ったりするかもね


タイミング良く金融判断が必要ですね・・・


【記事より】

 みずほ銀行、三井住友銀行など大手5行は20日、1年物以上の定期預金の金利を引き上げると発表した。日本銀行による金融の量的緩和策の解除を受けて、市場金利が上昇していることを反映させた。

 スーパー定期(預入額300万円未満)の金利は、みずほ銀が22日の預け入れ分から1年物を0・03%引き上げて年0・06%に、5年物は0・13%引き上げて年0・23%にする。三井住友銀は、22日から1年物を0・02%引き上げて年0・05%に、5年物は0・13%引き上げて年0・23%にする。

 信託銀行では、住友信託銀行が20日から、中央三井信託銀行と三菱UFJ信託銀行が22日から、それぞれ1年物を年0・06%に、5年物を年0・23%にする。

 大手行以外でも、信用金庫大手の城南信用金庫が、22日から1年物を年0・08%に、5年物を年0・25%にすると発表した。

 大手各行の2006年3月期決算は、取引先企業の業績回復などを追い風に好業績が見込まれており、預金金利の引き上げは、預金者への利益還元策と言えそうだ。ただし、住宅ローンなど借り入れ金利も徐々に引き上げられる傾向にあり、預金者にとって、金利上昇は恩恵ばかりではない。

つい先日、本屋に行き 資格関係の本を色々見ていたら


こんな本を見つけて買っ読んで、興味がもてたので


少し、紹介します。


題名:資格で起業


著者丸山 学(知る人ぞ知る 有名人です)⇒行政書士


   略暦>’67年 埼玉県で生まれ

        丸山行政書士事務所・(有)丸山事務所 代表取締役


   丸山行政書士 のHP見てください。


内容は、

  (本の内容を一部、抜粋します)


  いわゆる、資格本とは少し違い。


  ①『資格を習得して独立しよう』


  ②『資格を習得して起業しよう』と言う、2つの言葉は、似て非なる言葉です。


  ①の意味あいでは、


   『○○の資格を取って独立したら年収2000万円』


   『○○資格をとって独立しても食えない』


   など、資格に対する意味合いが高い。


   上記の表現は、言ってる事は、全く正反対ですが、その根底に


   ある考え方は、共通しています。


   両方とも資格に依存しているのです



   資格を取って独立すれば稼げる。あるいは、資格を取って独立


   してもしばらくは食えないのは仕方がないこと。


   いずれも、資格を中心にした依存した考え方なのです。


 逆に、②の場合は


  起業とは文字通り、自ら 『業』 を起こすことです


  自分で全てを切り開いていく事です。


  ここには、依存はありません。


  資格で、起業するには資格に頼る「のではなく


  資格をフルに活用して自らのビジネスを成功していく手法をいいます。


  先生が最初に書かれている文面で


  はっと 目がさめたような気がしました。


  今まで、国家資格を取って 士業につけば何とかなるうと


  ちがうかなぁ?でも 勉強も大変だし、ちゃんと独立して食えるんかなぁ


  て思っていました。


  2年前に、AFP・2級FP技能士の資格を習得した時も


  仕事がら、近かった分野を勉強しただけで・・・・


  結果的には、合格はしたものの


  次の展開を考えていなかった。


  つまり、ズバリ①的な考え⇒依存&受動型だったのです。


  だから、今から 資格を勉強してく場合は


  ②的な考えをもてる、資格を模索していこうと思っています。


 当然、FPと新しい資格を有効に活用できる資格をとって


 将来、起業できればいいなぁ・・・・と考えてます。


 ◆資格勉強 候補


   ・行政書士  

   ・社会保険労務士など


 情報があれば、色々と教えてください!!

  

丸山 学
資格で起業 ノーリスクで年収3000万円稼ぐ方法

◇FPの仕事・役割とは?◇

FPというのは、個人が生活していく上で、

資金繰りの計画を作る手助けあるいはアドバイスをしてくれる人と言えます。

ライフプランを作成したりします

生きていくうえで、経済面、とくに金銭の問題については常についてまわります。
個人でこれからの計画や今後起こりうる問題を判断するのはとても不安です。

FPはそのような個人または法人にアドバイスという裏づけを与え、事前に対策
をしてあげます。

日本ではFPの認識が低いのですが、米国では、個人に必要なアドバイザーとして
かかりつけの医者、いつでも相談できる弁護士についでFPがあげられます。

FPはまず相手の人生の目標や夢を確認し、実現可能かどうか様々な面から
ライフプランを提案していきます。

ライフプランの設計には資産管理や投資計画、税金対策、リスクマネジメントまで、
トータルなマネープランが必要になります。

そのためFPには、金融商品や生命保険、損害保険、税金、不動産、公的年金制度、住宅ローン、
あるいは金融・経済全般などといった幅広い知識が求められるのです。

まだ日本では個人でかかりつけのFPがいるという人は少ないでしょう。
社会が複雑化するにつれ知識のない個人へのリスクが増加していきます。

ペイオフ完全解禁とかで、個人がリスクを負う時代に気軽い

お金の相談ができるのがFPだと思います。