警察庁は1日、道交法施行規則を改正し、運転免許証の裏面に臓器提供の意思を記載できる欄を設ける方針を固めた。同時に、ICチップ入りの免許証を発行する環境が整ったため、本籍欄は削除する。
 7月17日施行予定で、今月2日から1カ月間、電子メールや郵便で国民から意見を募る。
 臓器提供の意思表示欄は、免許証裏面の下側半分ほどのスペースに印字。項目や記載方法は意思表示カードと同じにする。昨年7月に成立した改正臓器移植法で求められたことから、同庁が方法を検討していた。 

【関連ニュース】
提供したくない臓器に×=脳死移植、新様式で意見募集
小児専門病院を臓器提供施設に=「5類型」提案
余命半年、14歳少女に心臓移植を=両親や主治医、募金呼び掛け
4分の1が「親族優先」希望=臓器提供、10日で700人登録
86例目の脳死移植実施

高校授業料無償化法案、きょう成立(読売新聞)
警察官装い運転免許証詐取=45歳男逮捕、「50件やった」-警視庁(時事通信)
弟助けようと海に飛び込み、10歳兄死亡(読売新聞)
「ダイエット中だから…」小沢氏告白(産経新聞)
かわいい孫には大奮発?入園・入学祝いの平均3万8千円也(産経新聞)
AD