個人事業主で開業届け

テーマ:
2014年の12月3日に個人事業主として開業届けを出しました。
青色申告で、嫁を専従者として、課税事業者で届けました。
青色申告は、65万の控除が受けられます。
専従者届けは、親族等でも給料を出して経費に出来ます。
課税事業者は、設備等に支払った消費税が還付されます。
この辺も自分で調べて、自分で税務署に申請してきました。
出来ることは自分でやります。

2015年の1月から無料のエクセル簿記を使って自分で経理もやってます。
わからない所は商工会や無料の税理士相談を使って決算書まで作成して今年度の確定申告も自分で行います。
いちよう簿記の資格は持っているので、仕訳などはそれほど戸惑いませんでしたが、太陽光の場合は売上が、わかりやすいので簿記がわからなくても、ある程度は出来ると思います。
自分でやれば無料で出来るので、出来ることは自分で行います。

納税は国民の義務であり、脱税は絶対にしてはいけないと思いますが、節税はあらゆる手を使って行わなければならないと思います。
払わなくて良い税金は1円でも払いたくないし、申請などでもらえる補助金などは1円でも多くもらいます。

脱税をする人は犯罪者ですが、節税をしない人も犯罪者までは言わないけどそれなりにヤバイと思います。
携帯代で例えると、
電話したけど料金払わない人は、脱税。
電話して月に10万料金を払ってる人は、節税しない人。
電話して月に10万だけど料金プランをかけ放題にしてる人は、節税してる人だと思います。
税理士に丸投げで任せるのも良いと思いますが、ある程度は自分で把握しておく必要があると思います。



AD