2年ちょっと付き合ってきた彼女と別れました。

それは、8月の最後の日のことです。


ずっと一緒にいて、だんだん気持ちが離れてしまったみたい。

もう一度、もう一度だけ、やり直そうと思ったんだけど、

彼女の曖昧な気持ちが心を苦しくさせた。


それぞれの道を進んでいくことに決めたのですが、

それでも、やっぱりふとした瞬間に思い出してしまって、

涙があふれてきます。


ずっと行きたいと言っていたあの場所へも連れて行けなかった。

今年こそは痩せてプールに行くぞ、って決めてたのに、それもできなかった。

去年はディズニーシーに行ったから、今年はランドに行きたいねって…

インテグラもエアコン直ったから、これからいっぱい

ドライブにも連れて行きたかった。


高校の頃の写真とか、

彼女からもらった手紙とか、

一緒に撮ったプリクラとか…


キーボード打ちながら、涙が。

こんなに人を愛したことは初めてだったし、

今でも、もう一度やり直せれば…なんて思ってしまう。


それもすべて、叶わぬ夢で終わってしまった。

AD

DC2大手術

テーマ:

7月も後半ですね。 毎日、暑い日が続きます。

流石に部屋の隅で埃をかぶっていたストーブは押し入れにしまい、

扇風機を引っ張り出してきました。


そして、あの事故から1ヵ月以上が経ちました。


ぺしゃんこの状態で自走で厚木のお店まで乗っていき、

ざっとクルマの状態を見てもらったのですが、

なかなか厳しい表情…


まだ乗り始めて1年ですが、愛着もありますし、

色々な思い入れがたくさんあります。

クラッチ・ミッションのO/Hなど手を加えている部分も多いですし、

これからもインテグラに乗り続けたい気持ちです。


お店の人や保険屋、大学の人などに相談して、

結局、修理してもらうことに決めました。


クルマのある日々


7月25日現在の状況です。

フロントの修理はまだこれからです。


クルマのある日々


リアの損傷が大きく、修理が難航しているみたいで…

クォーターパネルも全面板金修理というような感じです。


クルマのある日々

スペアタイヤ付近まで潰れたフロアを、引っ張って叩いて形にし、

バックパネルは在庫の関係で98用のものを再溶接してもらいました。


もうしばらく時間はかかりそうですね。

気長に待つことにしましょう。

AD

近況報告。

テーマ:

こんばんは。 いかがお過ごしでしょうか。


春休みはあっという間に過ぎ去り、気付いたら梅雨の時期に。

私は2年へ上がることができ、バイトとクルマと勉強と

ちょっと大変ですが平凡に過ごしております。


空白の(?)4ヶ月の間にあったことを思い出してみます。

と、言ってもそんな大したことはないのですが…


さかのぼること3ヶ月―――

南千葉で武連ジムカーナに参加してきました!


クルマのある日々


この日のためにブレーキパッドを交換し、オイルも交換したのですが

残念ながら天気は一日中どんよりした感じでした。

滑りやすい路面でFFには不利なコースレイアウトだったみたいですが、

なんとか頑張ってもDC2で1分9秒ってとこでした。

しかしその後、先輩に借りたロードスターで1分5秒が出たときは

なんとも言えない気持ちになりました(´Д`)


1年生クラス2位という、ちょっと悔しい結果に(´・ω・`)

ちくしょートロフィー欲しかった!!!


春休み最後の週に、家族とワンコを乗せて

はるばる滋賀のばーちゃんちに行ってきました♪

画像はマキノのメタセコイア並木にて。


クルマのある日々


じーちゃんもばーちゃんも元気そうでなにより(^-^)

年寄りにレカロのセミバケは辛そうだったので、座布団敷いてあげました。

クルマの方はと言うと、お金はあまりないですがちょこちょこいじってます。

4月は競技に参加するのに必要となる4点式シートベルトを購入し、

5月はボディ剛性を上げるためにピラーバー、インナーブレースを購入。


クルマのある日々

これぐらいなら家でもできるのですが、あまり暇な時間が無いので

最近は学校のガレージで作業をしています。


4点式シートベルトは身体をしっかり固定してくれるので、

バンピーな路面や大きなGが掛かってる状況でも

正確に操作することができるようになりました\(^o^)/


補強パーツを入れてからは、足回りを固くしたような

フィーリングになったような気がします。

私自身あまり詳しくないので上手く書けませんが、

限界付近のクルマの動きがシビアになったのは確かです。

誤魔化しがきかないというか、なんというか…


―――しかし、それは一瞬の出来事でした。


クルマのある日々

クルマのある日々


3台でつるんで走ってた矢先にこの有様です。

幸いにも自分は大丈夫でしたが…


やりきれない気持ちでいっぱいです。

AD