朝寝坊弁慶のささやかな交湯録

朝寝坊弁慶の由来は、朝寝坊して昼過ぎからのこのこと温泉に出かけていく習性に由来しております。

弁慶はなにかといえば、語呂合わせみたいなものです。

温泉を中心に、個人的嗜好に沿って適当にブログを書きます。


テーマ:
{5E459D9F-DA3B-45E9-9EE5-290609CCFA57}

海〜^^;

海なし県民ですからね、とりあえず海です。

(そんなに温泉は無くても海があるじゃないか!と誰かを励ましてみる。)


{D34FB73B-139C-49E9-8733-46B383C3116C}

プロスペクトアベニュークラシック2017

告知したからって全て出るわけじゃないんだけど、これは出ました(笑)

0号車は、ポルシェ904

1964年日本グランプリにて、式場壮吉氏がスカイラインGT勢を蹴散らして優勝したまさにその車だそうです。


{766B6823-DA1D-4870-BF5B-047829A5A586}

この車の先導で開催される予定でしたが、そこはグランプリカーゆえに排気音がかなり大きく近隣からクレームが出たとのこと。今回は展示だけでしたけど、「触っても良いですよ」とは流石でした^ ^。


さてさて、

{DF8D97D7-90C8-465B-B80D-DAA465845249}

ドライバーズミーティングを待つ8号車。

今回のルール!

スタートは9時31分から1分間隔。8号車の弁慶は9時38分となります。

セクションは3つ。それと通過確認のチェックポイントが1つ。

セクション1は、スタートからシークレットな計測ポイントまで時速36㎞で走れ。

セクション2の起点までは80分で走れ。

{B83CA002-06A0-4762-977C-7EB8CD3256A8}

(ということで、80分になるまで待機中。)

セクション2は、シークレットな計測ポイントまで時速45㎞で走れ。

セクション3の起点までは100分で走れ。

セクション3は、シークレットな計測ポイントまで時速36㎞で走れ。

{180D1C77-D3E3-43D7-A5FE-8BDE0A1C473E}

セクションが全て終了して寛ぐ面々。

その後、チェックポイントを通過してゴールです。

{5E963F85-91F4-49BA-ADD5-945559E4ED52}


はい、チェックポイントにて判子を押してもらってます。


所謂「線踏み」ではなく、視覚的な計測で、コンマ何秒を争うわけではないので、初心者にもラリー用の計測機器を装備していなくても、十分戦える内容です。

また、計測ポイントがシークレットなので、速度の調整をどうするかが課題となるでしょう。

起点までの指定時間が設定されているのは、計測ポイントだけ人員を配置すれば済むからで、それ以外の理由はありません(と、競技中に気がつきました。だって、起点となるポイントは無人でしたからね)。


{FA98E898-350E-46C4-B2E9-C69AAF8E4775}

なんかすごいですね。ルールを理解する前に書いた書き込みや、理解してから書いた書き込みなど、いろいろです。

実は今回はいつものゴドラ氏が不参加だったので、単独の参加です。

友達いないですから(爆)。


そんな訳で色々な方の世話になりました(^◇^)。


{D4B36EB5-AEFE-445D-A7F0-BB3E583C9BC9}

コンビニの後のチェックポイントからゴールまでの距離はそれほどないのですが、ごちゃごちゃした区間でしたから、コマ図のひと区間が短い場所があるんです。それは1人だと忙しくて厳しい。そんな時に「前行きますよ」と先導して頂いたスピットファイヤー氏。どうもありがとうございました。


{2F93A07D-CEBC-4F02-963F-8A2D4620133A}

1号車は主催された森田先生のポルシェ356


{01F0E9C7-9AF9-4251-86C2-ED03D9FA3389}

桐生の夜を共に過ごしたボルボ軍団


{42373333-9F2C-496D-8B11-54C1C512BC8A}

ACCR参戦のスプライトMk1


{4E42F7C1-4770-44F4-9DB1-C9E8833DB46D}

軽井沢でいつもご一緒させて頂いているT氏のトライアンフTR3


{B8AE9ACE-45AD-4226-8EAE-466EF16A6E4F}

2台のセブンですが、左はケーターハム、右はウエストフィールド。ウエストフィールド氏は、軽井沢ではトライアンフのT氏のゴドラ氏として活躍されますが、今回は自ら参戦。


{F750E7C8-0A0D-42EF-98B4-30465622BDD4}

その昔、ドラマで田村正和の運転していたジャグァーMk2に乗りたいと思った頃も、その奥のビートルに乗りたいと思った時期もありました。今は手前のちょっと古いポルシェ911に乗りたいかな。


{43D9AE15-DA44-4548-A75E-2CD52083EC2C}

2000GT

そういえば絶対買えない物については、儀礼的には接するけれど、そんなに執着しないということに気がつきました(笑)。


{BBEC3B68-AAAF-4A4B-B6C1-37FF2C3BF658}

さて、表彰式です。優勝は

{9290E7D7-4948-45BD-8EB4-3582A62071D6}

ボルボPV544のS氏、K氏組でした。S氏はAMAZON Lifeというブログをやっていて、私がジーロに参戦するにあたって何回も読み直すほど参考にさせて頂いた方です(それは氏も知ってます)。

で、2位は


{B0187043-12D6-4D10-A366-26A445203E62}

弁慶氏(^◇^)。

勝手に言いますが、師弟コンビのワンツーです(爆)。


振り返ります。

今回は単独の参加の為、目標は完走でした。その為にラリータイムキーパー(通称Kayoさん)も装備せず、常備しているトリップメーターと、場合によってはストップウォッチを使用します。時計はあった方が良かったなと思います。これは反省点。

作戦は、時速36㎞って、1分あたり600メートル。これでセクション1はうまくいったと思う。

ところがセクション2の起点以降は、その為のオドメーターとストップウォッチ、さらにはコマ図の指定距離を見るためのオドメーターを一度に操作する必要があるので、とても手が回らない。あっちみたり、こっちみたりもあるから、これはもうダメだなと思った時に閃いた!

セクション2のスタートもセクション3のスタートも、80分、100分と共に0秒からの計測だから、

携帯電話から「117」に電話をしてかけっぱなしにしておけば、時間は音声で把握出来るからゴドラがいるのと同じじゃないか?

ちなみに時速45㎞は、分速750メートルです。

(携帯はナビ代わりに両面テープでダッシュパネルに貼り付けてあったから、携帯電話保持にもならないですしね!)

それにしても、びっくりだった!

ね。




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

まずは2月中に開催されるイベント

 

プロスペクトアベニュークラシック 2017

 

プロスペクトアベニュークラシックは、平成24年7月23日、ひたちなか市の震災復興支援を目的として、津波から復興したひたちなか海岸道路のクラシックカーパレードで始まり、地域の方々を元気づけるラリーイベントとして今回で第7回を迎えます。今回も地域の皆様を少しでも元気づけられる様なラリーコースを設定し、同時にご参加の皆様にも茨城の魅力・ひたちなか市の魅力を味わっていただけるように準備しています。

 

続いて3月のイベント

 

ヒストリックカーミーティング 伊勢志摩

 

自動車が発明されて約100年といわれていますが、最も自動車が輝いていたと思われる時代は50年から30年程前ではないでしょうか。
当時、独創的な発想で各自動車メーカーが挙って新しい車を発表し、私たちはその車を見て、希望と夢を膨らませたものです。 私自身、「いつかこの車を手に入れたい…」という強い願望は、仕事の励みとなり、日々の生活の原動力となりました。 いま、それぞれの思いある車を手に入れ、愛車と共に過ごす時間は、恋人や憧れの人に再会した時の喜び、子供を愛おしく思う気持ち、そんなどこか懐かしく甘い感情と似ているのではないでしょうか。 …そう…いくつになっても心はあの時の、少年のまま…。 そんな車思いの心を同じくするオーナーさん達と一緒に、ちょっとオシャレで真面目な大人の遊び…、全く新しいスタイルのクラシックカーイベントを御提案させていただきたいと思います。
大切な人と共に大切な車で旅へ出る…五感を刺激する極上の『車旅』 ―ヒストリックカーミーティング―。

 

良いですねー。いよいよシーズンインです。とはいえ、そんな時間も余裕もないですし、趣味の間口も広すぎる傾向があるものですからね(爆)

 

 

{D9805D19-4EA8-4790-AA3C-40C6B987729A}


それでね、表題の通りMEXさんオススメのドリップパンを買いました。とても良い物をご紹介頂きありがとうございます!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
{93FBBAAF-660B-40DB-8288-B18B5EB72583}

わたらせ渓谷鉄道  通洞駅

銅山観光から駅まではぶらぶらと10分くらい。駅に行っても電車を30分待つだけなので、何かないかなと思いながら歩くのだけど、何もない。お店はあっても開いてない。あー、ビールとか売ってないかなーとぶらぶらはしてみたけどね。


{C3541B4D-0C18-42CF-8B5A-E62B38695E26}

仕方ないから駅とか撮って過ごすのだった。


{F9168CEB-27D4-473B-8D68-4C640CAB9796}

わたらせ渓谷鉄道登場!(先客1名、計4名)


{DBD627D0-0520-40C8-A0A1-086BB7932260}

ワンマンですから整理券をお取りください。(ただしくはほとんど無人駅だからではないか。)


{D5BDDCA9-12AC-4445-AE4D-53C9C470C26C}

沢入駅も味があるね。「そうり」と読む。

神戸駅には客車のレストラン清流があるけど、それもこの電車と同時に閉店。清流の前にビールの自販機を発見したけど、もともと停車時間が1分だったから諦めていて買いに出ず。

だけど、清流から売れ残った食品類を積み込んだりしたので、十分買える時間停車していた(//∇//)。


{AACCA7BA-E0DA-45E1-9CC0-C8F1A1BDA005}

相老駅で増結。(乗客は7人。)


{AAD84D97-A334-4559-9515-C82C86EDE662}

桐生駅に到着。

桐生駅からは改札を通らずに両毛線のホームに行けるので、スイカをタッチされる機会がありました。

私は例の野岩鉄道で前日桐生から乗ったけどどこにも降りていないデータが書き込まれているので、一回改札に行って処理してから入りなおしましたけど。


ついでに買い物。

{22CF5F66-065C-48BC-B205-FC9DEE75D2D9}

ようやく酒が飲める^_^


{50A13265-C8A4-474B-8F7B-6B528ED7421E}

高崎駅でおりて、乗り換え時間内に駅ナカで晩飯のおかずを買った。酒も!

ね。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
話は日光に戻ります。バス停には母親と男の子が待っていたけど、なぜか乗らなかったので、乗り込んだのは我々3人。先客は女性1名とカップルの3人。

6人を乗せたバスが走っていくと

{49C90EFB-6516-4151-8F30-7C0A903BA9B3}

雨はトンネルを抜けると雪に変わりました!

このバスでどこに向かったのかというと


{0A03D48D-E6C9-4BD4-AAFC-0B83FD3597D7}

足尾銅山観光
日光市足尾町通洞9-2

銅山観光入口の次が銅山観光前なのでそこで下車のこと。

日光から足尾に向かって来ると群馬方面は足尾こ町に入る手前で左折するじゃないですか。バスはあそこを右折して、どんつきまでいってからまた戻ってきて街に入るんです。

終点は病院。

さて、銅山観光ですが、チケットを買って待合室に入ると、トロッコの発車時刻になると案内されます。


{C48E952A-2963-455E-8E71-CE7720479D83}

まずはそのトロッコに乗って坑道に入ります。

トロッコの視界はとても悪いので、これで見て回るのは無理があるだろうと思い乗っていると、ガタンゴトンと傾斜を下って最初の駅に到着。そこで黄色いアプト式の気動車が切り離されて、


{882E27EB-F5FC-472F-9A81-FD5E0B12827C}

トロッコだけが坑道に向かいます。その加速がね、いままでの気動車の意味がわからないほどでしてね(^_^;)

まあアトラクションってことなんでしょう。


{91B0BCCC-4EBE-40ED-AD3A-6E618E167975}

坑道はすぐに行き止まり。トロッコは停車し、ここからは徒歩で見学だそうで、まあ、完全に、アトラクションですな。


{1A07C151-499A-4890-AFA6-DFC55B881885}

振り返れば、乗って来たトロッコはすでに居ない。


{A63153B8-3CFB-4209-8D90-80A531545ED3}

まずは江戸時代から。


{EDED9CFF-4F70-4C9F-B35B-C330B74A81B6}

明治・大正は撮影しなかったので、昭和。

ボタンを押すと「最近銅の質が下がったと思わねーか?」みたいな会話をする連中。


{73BC022C-854C-45D8-9E1B-6E5CF10AA033}

10kgのインゴット。時価6,000円くらい?


{9FCF5D3B-9479-42E1-AF9D-FC3EBE59036A}

ぐるっと一回りして坑道の入口に戻って来ました。

なんか写真少な!

この後、進路通り進むと、資料館みたいな建物があって中を見学、さらにトロッコの駅の脇の階段を登り建物に入ると、ワンフロアいっぱいにお土産屋さんがある。


{E4C6576E-1B0C-4C67-A36C-D0DB24F7BFD4}

ちょうど、靴べら欲しかったから買った。銀属の持つ殺菌力により、靴の中に入れておくと臭くならないらしい。ワンフロアの中に同じような品揃えのブロックといったら良いのかな、屋台とでもいうかな、そんな感じの店が何軒かあって、購入実績を持った私を鴨とみたのか、とにかく買わせようとする。

いきなり説明を始めて、そのそばから別の人が包装された品物を持ってきたりして(爆)。そんなんだから逃げるように先に進むとなんと!

なんと、外に出てしまいました。寒空の下!なにもないぞ!

標準滞在時間、1時間30分とインターネットの観光案内かなんかに書いてあったけど、14時のトロッコに乗って出てしまったのは14時40分でした(^_^;)。

ね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
気がついたら大事な話を忘れていたよ(爆)。これでも、これ、一応、温泉ブログですからね。

さて、夜のかまくら祭りから帰り(ここに話は戻るのです)、夕食を食べ、麻雀をしてようやく風呂です。入浴時間は安全の為24時までで、朝は5時再開です。

{D8DF4CF7-F588-45E3-B3D7-E31ADF37E52D}

浴室は地下1階。手前女子、奥男子は固定らしい。


{5D9BF098-1A09-465D-933A-2EE9753D20C8}

脱衣所、手前左には貴重品入れがあったけど有料かリターンかは確認しませんでした。


{165B138F-FBAC-4C7D-B8A7-21D9B4A939A2}

手前はかけ湯。奥に2つの浴槽。


{80FD2E12-5154-450B-ADD9-E72497FA1C9B}

こちらは逆から撮影。カラン側の方より奥の方が若干温めに感じました。投入量も少なくオーバーフローもなし。そんなに強くはなきのですが、ちょっとだけ塩素臭を感じる瞬間がありました。

{94A8A129-927B-4433-ACE1-079A5FFB09A7}

ほら、下の方に「塩素」の文字発見。源泉は露天風呂と一緒みたいなんで、最後にまとめて書きます。


{FEAD1929-EBD5-410A-9BEA-C3B8F5FF568D}

露天風呂は別設備となっていて、大浴場から廊下を奥に進んで行くと、まずは貸切の露天風呂があって、更に奥に一般の露天風呂があります。


{B9154140-7575-4C4B-9605-E4D7C9E24DC1}

左手。右奥のちょっと大きめな岩が湯口。


{ECCFDCC3-17F5-4746-BE95-405340D90F41}

右奥側。これだと左の岩が湯口のある岩です。

露天はオーバーフローありで、大浴場に比べると投入量は多かったので、掛け流しなのかなあと思ったのですがね。


{118A6F1F-5079-41C0-8271-9E3BDD3C690D}

源泉名 判久スプリングバレー
泉質 アルカリ性単純温泉
泉温  40.5℃

それでね、露天風呂は消毒なしと書いてあります。加温(42℃)して、加水はしないけど、循環はして消毒はしないと申しておるのです。

確かに塩素臭はしなかったです。しかし、それで良いのかというと、わしにはわからん。(塩素は嫌だけど、なんらかの消毒はした方が良いのではないですか?循環でしょ。)と思ったのは、先客の禿げのおじさんが湯船の中でダンスを踊るがごとく、激しく身体を擦りまくっておったからですかね。困ったもんだ。

ね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。