• 19 Apr
    • (乳・卵・小麦・大豆除去のおかず)ポテトサラダ

      ポテトサラダは、我が家でも人気のおかずですが、 実は私、作るの嫌いなおかずの中でも比較的上位に入ります。 何故って、しゃがいも茹でたり、切ったり手間がかかる割には 出来上がると1品しかない~。 しかも、冷たく冷やさなければならないので、早く 準備をはじめないといけません。 テーブルに置くと、トマトやレタスなど、飾りつけ次第で 華やかになるので、行事食の時には必ず登場します。 また、亡くなった祖母の得意料理でコレからの時期暑くなって 皆が暑い暑いと帰ってくると、冷たくキンキンに冷やした ポテトサラダ等で迎えてくれた思い出の味でもあります。   先日一人暮らしの長女が電話で 「ポテトサラダの作りかた教えて~。お店で買ったり学食のとか 何だか家のと味が違って美味しくない~。」 と言ってきました。 こう言われると、母親って嬉しいもので、 簡単に調子にのってしまいます。 味の決め手は、多分晒し玉ねぎですが、コレも早めに水に晒さないと辛みが抜けずに子供は無理なので、手抜き法としては、塩もみして水あらいして晒す。(熱いままのマッシュポテトに入れると辛みが更に薄くなるので、コレもコツ) 今回は入れておりませんが、薄く小さ目にスライスして塩水につけて 変色をしないようにしたリンゴを入れると、更にさわやかな味になり おススメです。   ◆用意するもの じゃがいも2個 玉ねぎ1/4個 きゅうり1/2本 みんなの食卓ロースハムスライス 2枚 卵をつかっていないマヨネーズ   大さじ4 おこめで作ったキッズクルクル マカロ二   15g 塩、こしょう 少々 化学調味料無添加コンソメスープ(洋風だし) 少々 かぼちゃ粉末   少々    玉ねぎ、きゅうりは スライサー等でそれぞれ薄くスライスして 塩もみして10分程度置きます。 ハムは適当な大きさに刻みます。 マカロニを茹でる。 鍋に皮つきのじゃがいもを入れて たっぷりの水を注ぎ、強火にかける。 煮立ったら火を少し弱め、竹串がすっと通るくらいまで 20分ほどゆでる。 皮を剥いて熱いうちにつぶします。(やけどをしない様に注意) (この時、つぶしたものを、大さじ1杯程度取り分けて、 かぼちゃパウダー少々を混ぜておきます) 温かいじゃがいもに、スライスして水に晒してふきんなどに包んで 水気を硬く絞った玉ねぎ、 塩コショウを入れて手早く混ぜます。 卵を使わないマヨネーズ 大さじ6 化学調味料無添加コンソメ少々 塩もみして、ふきんなどに包んで水気を硬く絞ったきゅうり ハム、茹でておいたマカロニを混ぜます。 盛り付けた後に、濾しアミにカボチャを混ぜて黄色くして とりわけておいた残りのジャガイモを入れ、濾して パラパラとふりかけると ゆで卵の黄身を裏ごしした様な ミモザサラダ風に出来ます。 翌日は、米粉パンなどに挟んでサンドイッチ風にするのも おススメです。    

      1
      テーマ:
  • 12 Mar
    • (乳・卵・小麦・大豆除去のおかず)じゃこと青菜ごはん

       アレルギーで乳除去の生活をしていると、どうしても心配になるのが 「カルシウム」 という事で カルシウムいっぱいのちりめん、間引きの大根葉を使って 混ぜご飯を作りました。 「ちりめんごはん」は、ウチの大きくなったお姉ちゃん達でも 大好物なので、どんな子供さんでも好きなメニューかなと思います。 購入する時は「素腹」のもの (餌を何も食べていないもの。お腹が赤くなっているのはアミエビなどを食べて居るので アレルギー持ちの子供は避けた方が安全と思います。) ちりめんの仕分けってご存知ですか? おばちゃん達が丁寧に、違う種類のお魚が混入していないか目視で分けてるんです。 (機械化されている部分もあるけど、最終的には広げて人の手と目で確認していました) すごいですよね~。 (フグとかイカ、アナゴの稚魚とか色々入っているんですけど… 子供達が保育園くらいの頃、工場で見せてもらったのですが、 次女は、仕分けられたイカとかポイポイその場でつまんで食べてました・・・) そして、間引いた大根葉って知らない人も居るかも知れませんね。大根を植えた時に、 小さな種なので、ある程度まとめて撒くのですが、大きく育てる大根以外は引っこ抜いちゃうのです いつも娘の同級生の農家のお母さんから 無農薬の野菜をセットで購入しているのですが (何が入ってくるのかはワカラナイので、野菜が来てから献立ですが) 今回は、間引きの大根葉があったのでコレで作ってみました。 (大根の葉っぱの部分は、塩をしてお漬物にすると、美味しさも格別ですので、 ソレもおススメの食べ方です。) ■用意するもの 子供2~3人分   ごはん   茶碗2杯 ちりめん  大さじ2杯 大根葉   1~2本 にんじん  10g~20g 塩      少々 米醤油   小さじ1/2 大根葉を塩を振って軽く揉みます。 にんじんは、薄くスライスします。 小鍋にお湯を少々沸かし、塩をした大根葉とにんじんを茹でます。 火が通ったらザルにあけ、水気をよく絞りみじん切りにします。 ごはん、大人茶碗に2杯程度に大根葉、にんじん、ちりめんを入れて 塩少々、米醤油を香りづけ程度に入れ、ふんわりと、良く混ぜます。 同じ材料で煮込んで「おかゆ」も出来ますので、離乳食などの時期の 赤ちゃんのいるご家庭ですと、取り分け調理も簡単です。(その場合は、お塩はひかえめで薄味で) 他のアレンジとしては、ゴマが大丈夫なお子さんの場合は、 手に、塩、ゴマ油を塗って「おにぎり」にすると 香りも良く大人も美味しく召し上がれます~。

      14
      テーマ:
  • 28 Feb
    • (乳・卵・小麦・大豆除去のおやつ)八朔のマーマレード

       お友達から、おすそわけで八朔をいただきました。  身の半分はサラダに混ぜたり、そのまま、食べたりであっという間に  無くなったのですが、皮。    「マーマレード作ってみようか?」  という事で、チャレンジ。  なかなか、手間はかかりますが  それなりに、美味しく出来ました♪     何より手作りは、  「何が入っているのか?」  「どういう環境で作られたのか解る」  という所が、食物アレルギー持ちの子のママには  安心なところ。  八朔は、収穫してから食べるまで少し酸味を抜く為に  置いておくらしいので、急いで作らなきゃならない  ものでもないので、お天気の良い日に  のんびりした気分で、ゆっくりチャレンジしてください。  (割と、お鍋をかけておいたり、浸す時間が長いので  煮る時間はそんなにないのですが)  (シンプルな材料で、思ったより沢山できますので、 お友達への配りものにもGoodです)   ■用意するもの 八朔5個           400ml瓶2~3本分  八朔 (皮・果肉)      800g  てんさいグラニュー糖    480g  はちみつ           20g  水               100cc    八朔は、外側の皮を薄く多めに剥きます。  (コレは苦味が出るのですが、ほんのり苦いのがお好みの場合は、多めに残す)  剥いた皮を一晩お水につけておきます。    翌日は、皮の裏の白い部分をスプーンなどで、  こそげ落とします。    皮を薄く刻みます。  皮をお湯で2回ゆでます。  (苦味取り)  2回茹でた皮に、果肉を加え、お水100cc  てんさいグラニュー糖  460g  はちみつを加え、鍋で煮ます。  (この時、鍋は酸に強いホーロー製にしてください)  アクが出てきますので、丁寧に掬い取ってください。  煮詰まって、少しとろみがついてきたら火を止め、熱いうちに  煮沸消毒した瓶へ移します。  軽く蓋をしたら瓶を、ひたひたのお湯に入れ  20分~30分煮沸して真空にします。  (ゴム手袋などをして、やけどしない様に気を付けて  蓋をきっちり締めます、その後逆さまにして  自然に冷めるまで冷却します)                 

      1
      テーマ:
  • 24 Feb
    • (乳・卵・小麦・大豆除去のおかず)にんじんとツナの簡単炒めもの

       なるべくシンプルな調味料で、  家族全員で食べられる味付けのおかず                       という事で  「にんじんしりしり」            の、卵を使わないバージョンを考えてみました。  今の時期、旬のにんじんは甘味もあり、ツナ缶を入れるだけでも、  とっても美味しく仕上がります。  塩と日本酒だけでも、美味しいのですが少し、かつおだしを加えてみました。  手早く、簡単に出来て彩も良いですから、アレルギーっ子の地味になりがちな  お弁当の彩には大活躍してくれると思います。  (少し小さく刻んで、混ぜご飯の素として使うのもおススメです) ■用意するもの 2~3人分  にんじん   大1本  ツナ缶    1個  塩       小さじ1/3  かつおだし  小さじ1/2  日本酒    小さじ1     一番しぼりなたね油  少々 (米油 でも可)    にんじん、大きめのもの1本程度(小さいのなら2本)  スライサーで、千切りにします。    フライパンに、なたね油をひいて  にんじんを入れ軽く炒めます。  軽く火が通ったら、かるく油を切ったツナ缶を1缶入れます。  そこに、日本酒、塩、かつおだしを加え  さっと混ぜ合わせます。    冷蔵庫で3日ほど持ちますので、常備菜として便利なおかずです。 

      3
      テーマ:
  • 20 Feb
    • マルチアレルギー対応のクッキー コッコロのご案内

       中野産業さんより発売のコッコロのご案内です。  こちらの、クッキーの特徴は  「マルチアレルゲン対応」 乳・卵・小麦という主要なアレルゲンだけでなく、  米アレルギーにも対応出来ます。  小麦アレルギーのある場合、お米の製品が多いのですが  お米アレルギーがある場合、なかなか使いにくい。  その点ホワイトソルガムなら、どんなアレルギーのある場合でも使えます。    そして嬉しいのが、「美味しい」という事です。  (味が、イマイチではね)  ソルガムのクッキーは、ホロホロして割れやすいので  作り手側としては、美味しくはできるのですがその後の輸送途中で  ボロボロになるのが困りものでしたが、こちらのクッキーの場合は  箱入りなので、いくらかは防げます。  アレルギーが無くても、美味しく楽しめる味ですので  小さい子へのちょっとした、プレゼントなどに、何をあげようか?  などと迷う時にも、ピッタリのお菓子です。               お買い物はコチラから  

      1
      テーマ:
  • 27 Jun
    • アレルギーと減感作療法

       最近、TVなどで良く見る減感作療法。  「大変だなぁ~」  と思って見つつも、小学生くらいの子供さんが多いので   (小学生だと、そろそろ、仕方ないかなぁ~)  何より、重症の場合は少量の摂取で、ひどいアレルギー反応を  起こさない為には、必要不可欠な治療かもしれません。  (特に給食事故を想定すると、少々間違って食べても大きな反応が出ない閾値を作ることは  とても重要な事だと思います。24時間ママが見守っていられる事は無いですから。)    ただ、ありがちなのが  TVの良い所だけ、かいつまんで見て、曲がった解釈をして  ママにストレスになる言葉をかける人が増えて来ないかどうか?  以前もTVの放送で(それはアレルギーでは、ありませんでしたが)  「えっ?ソレをそう受け取っちゃうの???」  と驚く様な理解の仕方をした、ご夫婦を見た事がありましたが  なかなか、人に伝えたいことを思う様に伝えるって難しい事です。  (少量のアレルゲンを継続的に摂取する)  という所だけが印象に残って、専門の医師の下で行う治療なのに  自宅でも行えると勘違いしてしまう、お爺ちゃんお婆ちゃんや周囲の人が  増えなければ良いなぁ~と。  (勿論、TVなどもテロップや説明もしていますが、人間って自分の欲しい情報以外は  見えてないという面白い特性もあるので、ソコが意外と重要な事なのにスッポリ抜けている  方も多いと思います)  あれは、比較的意志の疎通がはっきり出来る様になってから、  病院で無ければ出来ない治療で、ママが勝手にはじめていいという  治療でないという事をもう少し、アピールして欲しいなぁ~と毎回  特集の番組を見て思います。     そうでないと、心無い人が間違った思い込みで提案してきて  またストレスになるわ~とか思うのでした。  

      5
      2
      テーマ:
  • 25 Jun
    • 米アレルギーと精米方法

       今は、高校生になって何でも食べられる様になった長女ですが、 3歳くらいの頃は、片道1時間はかけて県内でも有名なアレルギー専門の小児科に通っていた頃の話 卵アレルギーや牛乳アレルギーは、反応が出たので除去していたのですが、3年も続けていると 「そろそろ、解除してもいいんじゃない?」 と思い始めたものの、解除の方法って解らなかったので栄養士さんの食事指導もある その病院へ行ったところ 「お米のアレルギーがあるかも知れない」 と寝耳に水の宣告。 (別にかゆがって寝ないという事も無いし、食べないのでお肌も綺麗な状態ですが まぁ、1.2か所貨幣状の湿疹があるといえば、あるかなぁ~?という状態) で、当時のスタンダードな回転食を指導されたのですが 「いも」(じゃがいも、または、さつまいもなど)  「米」「小麦」「パスタ」を朝「いも」・昼「米」・晩「小麦」または「パスタ」で使うという。 小麦も強力粉はダメ。薄力で。パスタは当然のごとく、セモリナ粉だからOKと (納得できないのは、何故か、パンはフランスパンはOK) という話でしたが・・・。 強力粉だよね~と同じ病院に通っていらしたお客様と電話で話した事がありますが なかなか、お母さん達、何でフランスパンのみOKなん?と私も含め理解できていませんが。 (小麦アレルギーだったら、フランスパンもイカンやろ・・・と) 1ヶ月、2ヶ月すると「米アレルギーもOK」と言われたのですが 何となく、かゆみも肌の調子も悪くないままだったので 釈然としないまま今に至っております。 で、当時先生に 「どんなお米食べさせているの?」 と除去期間中に聞かれたのですが 「無農薬のひのひかりを、2度精米してもらっています」 とお伝えしましたが (ひのひかりって確か、こしひかり系ではなかったかと思うのですが 農薬を使ってないものを、表面を強めに精米してタンパクを減らすという事で お米屋さんにお願いして、しばらく2度精米してもらっていました) 米アレルギーが、あったとしても、非即時型の反応でしたので ゆきひかりの様に特殊なお米でなくてもOKだろうという事で やっていたのですが、最近アレルギーの本を読んでいた所 意外と間違っていないかった方法らしいことを発見。 (どうも、それ以降その病院の先生も2度精米を 患者さんへおススメしていたという事を、通っているお客様から聞いてビックリ~) 米アレルギーの場合は、多くは非即時型という事なので (即時型反応を起こす方も、いらっしゃることはいらっしゃる様ですが) ごく軽症の子供さん等の場合2度精米でもOKという事で、 最近読んだ、伊藤節子先生の本に記載がありました。 これで、ダメだとやはり特殊な処理をした お米になってしまうそうですが。 最近、人気の無洗米なども良く洗って炊くと代用として使えるという 事もありました。 (ぬかの部分が通常精米のものより綺麗に取れているからでしょうね) (意外と低アレルゲン米が必要な事は子供は稀という事ですが、 重症のアトピー性皮膚炎がある成人には、低アレルゲンで効果が見られたという お話も記載されておりました。) 重度の場合は、使えない方法ですが 「何となくチェックしてみたい」という、遅延型の反応を疑う場合は いきなり低アレルゲン米を使うのではなく、お医者さんと相談の上 お米屋さんで2度精米をお願いしてみる事や無洗米を更に洗ってみる という事で、簡単に対応出来る程度の場合もある様です。 重症ではなさそうだけど、除去してみる?どうする?という程度の場合 だと思いますが、家族みんなで同じものでOK、価格も特に高くなく 味も食感も変わらないので、方法の中の一つとして 頭の中に入れておいていただけたらなぁ~と思います。

      3
      テーマ:
  • 13 Jun
    • アレルギー対応食(乳・卵・小麦・大豆除去) 米粉のチヂミ

       お好み焼きミックスを使ってアレンジ 混ぜて焼くだけ。 簡単で割と味も良いので パパのお酒のおつまみにもGood 家族みんなで同じものが食べられると思います。■材料 (2人前) 出来上がり量2枚 マミーズキッチン お好み焼き粉    1袋  にら  1/2束 たまねぎ 50g 豚肉    40g 米油   大さじ2杯 水     200g つけダレ    うまい料亭のつゆ  適量 レモン          少々 ゴマ油  ■作り方  にらは、3センチ程度の長さに、玉ねぎは薄切りに 豚肉も食べやすい大きさにカットします。  お好み焼きミックス 1袋に 水220g、米油を加え 良く混ぜたら、カットした具材を入れて混ぜ合わせます。 フライパンに、やや多めの油を敷き(分量外) 混ぜ合わせた種の半量を入れ薄く延ばします。  (テフロン加工のしっかりしたものを使わないと焦げついてしまうのでご注意)  表面に、ポツポツと穴が開いてきたら、ひっくりかえします。 ひっくり返したら、ヘラでしっかりギューギュー押して、 軽く焦げ目がつくまで焼いてください。 焼きあがったら、お皿に取り分け食べやすい大きさにカット めんつゆに少々レモン汁を加えたタレをつけて (オトナは、ごま油を入れると良い感じ) お召し上がりください~。                             アレルギー生活改善総合研究所   

      1
      テーマ:
  • 16 May
    • リカルデントについて

       アレルギーの本の事故例で、歯科治療中にリカルデントペーストを塗って、アナフィラキシーを起こし、お母さんが持っていたエピベンを注射し事なきを得た事例が掲載されていました。うちの子も小さい頃は、割と病院での処方ミスが何度かありましたが(^^;鶏卵由来のリゾチームが耳鼻科で処方されていたり(コレは、薬剤師さんが気が付いてくれて・・・)喘息の治療薬が、1日2回の所 1日3回服用と処方されたり・・・(これは、薬剤師さんが指示ミス)どちらも、通い慣れた病院ではなく、たまたま行った所なのです。(うちの子達は、何かの本で見て喫煙と耳の病気の関係を書いてあったのでパパに気を付けてもらったところ、偶然か注意した為か耳鼻科に通う事はお蔭でとても少なくて済みましたので、中耳炎も風邪の後に1.2度なったくらい。)喘息のお薬は、3歳まではいつも飲んでいたので「あれ?何で、今回は3回服用なの?」という疑問からお薬の処方量と、指示回数で計算した所「数が合わない!」と解って、病院へ問い合わせてミスが解ったのですが。(その時、パパに連れて行ってもらっていたので、その場ですぐ指摘ができなかったんで持ち帰っての確認となりましたが。)間違えてもらっては困るのですが、意外といつもの病院で無かったりうっかりした先生だとある事なので、お薬については付き添いの人が念には念を入れて説明しないと危ない事が多いと思うのは、私の経験。(私の祖母96歳などは、造影剤や抗生物質にアレルギーがありますが主治医の先生もいつも忘れていて・・・「先生~造影剤は使えません」と確認を入れる事が毎回。(まぁ、先生も「忘れるから、覚えててね」って言われるし、カルテの表に書いてるのに見ないんで・・・) 小さい子やお年寄りだと付き添いする人が、診察室まで入るので大丈夫でしょうがこの事故の事例は、13歳の男の子。そろそろ、歯科なんかだと一人で行かせたり、連れて行っていたとしても処置室までは、母親は入らないかと思います。(うちも、夏休みとか5分もかからない所に歯医者さんあるので、一人で行かせますし)歯科で使われるものの GCMIペーストと言う名前のものは要注意。ひどい乳アレルギーのある場合は、ある程度の年になった場合は自分で言える様にもしくは、看護婦さんへ一言お母さんから申し送りしておいた方が安心かも知れません。そして同名のガムは、特定保健用食品で購入できるので、食べちゃダメなお菓子として覚えておいてもらう方が良いかと思います。

      6
      テーマ:
  • 14 May
    • アレルギー対応食(乳・卵・小麦・大豆除去) 春キャベツとツナとコーンの和風パスタ

       米粉麺で、パパッと作れるパスタという事で、 春キャベツとツナとコーンのパスタです。 特徴としては、時間がかからなくて、一つのお鍋で出来て 少な目の調味料でも、美味しく出来る。 (コレは、もうツナ缶のお陰ですね) 調理時間もキャベツをパスタの茹でる時にサッと加熱しているので 炒め時間も5分もかからず、スタートから10分はかからなくて完成すると 思うので、忙しい時のご飯にピッタリかと思います。  ■材料 (1人前)  米粉麺スパゲティタイプ 1袋 キャベツ 40g 紅花一番のオーツナ缶  少々 コーン  少々 米醤油 小さじ2 なたね油 大さじ2.5杯 よろ昆布だし 少々 にんにくスライス 少々  ■作り方  フライパン(テフロン加工のモノ)にお湯を沸かして、沸騰したら米粉麺スパゲティタイプを入れ 3分程度茹でます。 (この時、米粉麺がくっついてますが、お湯の中でお箸で触って解れる程度まで 放っておいて下さい)  茹で上がる直前になたね油を大さじ1杯お湯に入れ、 キャベツを米粉麺の茹で汁に一緒に投入して、すぐに一緒に ザルに上げてください。   フライパンを乾かしたら、なたね油大さじ1.5杯を加え、 にんにくを焦げ付かない様に炒めます。(色がついたら取り出して下さい)  再度、フライパンへ米粉麺とキャベツを入れ、ツナ缶(缶の中の油も、ほんの少し加えてください) コーン適量を加え軽く炒め合わせます。  仕上げに、よろ昆布だしを加え米醤油 小さじ2杯を加えて混ぜ合わせれば完成です。  

      1
      テーマ:
  • 08 May
    • アレルギー対応食(乳・卵・小麦・大豆除去) 焼肉のタレ

       そろそろ、日中は暖かくなってきて、休日はBBQ日和になってきましたね。アレルギーっ子の場合、「焼肉のタレ」も市販のものは使えませんのでなかなか不便。我が家も、市販の焼肉のタレだと大人と子供の味の好みが分かれてしまいなかなか面倒なのですが、お知り合いの叔母ちゃんが作ってくれた焼肉のタレがとても美味しかったので作り方を教えてもらい、4~5ヶ月に1度くらい作っております。「アレルギー用の味噌、醤油で作ったらどうなんだろ~?」と思い試した所、まぁ、まぁ美味しく出来たのでご紹介いたします~。冷蔵庫で3ヶ月くらいは楽に保存がきくので、焼肉だけでなく日々のおかずの味付けにも、とっても重宝いたします。(手抜きが出来る)用意するもの (10人分程度)米醤油  450cc味の母  45cc 砂糖    150g酒     45cc酢     45cc玉ねぎ  250g化学調味料無添加コンソメスープ(洋風だし) 5gニンニク 120g生姜   100g唐辛子 (少々)子供の場合は入れなくても可米味噌クリーミー 100gごま油  少々 すりごま(少々)(ごまは、アレルギーのある場合は入れなくてもOKです)作り方玉ねぎ、にんにく、しょうがを摩り下ろす全ての材料を良く混ぜて、ガスにかけて沸騰させる(2.3回)アルコール分を飛ばしてください。(似ている時に、味噌がやや硬くなってくると跳ねますので、火傷に注意して、お水を足して緩めるなど焦げ付かない様に、木べらで混ぜながら、加熱してください。)冷えたら清潔な容器に入れて冷蔵庫で保存する。今回のものは、こめ味噌で案内しておりますが、キヌア味噌や色々な味噌を使ってアレンジを楽しんで下さい。掲載のお料理は、鶏肉(生)のものを焼いて、仕上げに、この焼肉のタレをからめました~♪(豚肉なども漬け込んでおいて焼いたり、からあげなども揚げた後に、かけてからめたりと応用の幅の多い調味料なので、お暇な時に是非お好きな味噌で作ってみてください)割と、甘めに仕上がったのですが普通に我が家の食卓で重宝しておりますので家族で使える便利な調味料になるかと思います。   アレルギー生活改善総合研究所

      1
      テーマ:
  • 11 Apr
    • お見知り遠足のお弁当

       入学式も終わって、本日は次女はお見知り遠足。 お姉ちゃんの同級生のアレルギーっ子のママに習って キャラ弁を作り始めたのですが、あと1年で卒業~。 (高校は毎日お弁当なんでそんなことできないから・・・) 「さて、何作ろう~」 とネットで調べて定番の「アンパンマン」♪ (アンパンマン、今日はウインナー長女の朝ごはんで使って無かったので にんじんで、ほっぺもお鼻も作りました。おむすびマンは初挑戦~♪) 卵は既に大丈夫なので普通の玉子焼きなんだけど、 からあげは、小麦粉切らしちゃってるので米粉で・・・ 次女のリクエストのアスパラベーコンは、 みんなの食卓のベーコンなので、意外とアレルギー対応な お弁当になっちゃいましたね。 (隙間埋めのきゅうりのごまあえは、めんつゆで和えてゴマをまぶしたので ゴマがダメなら、おかかに変更もOKと思います)  ぬるくなったプチトマトは嫌いという事で 彩りが無いのでにんじんを花形に抜いて散らしてごまかし・・・。 おかずは、何てこと無いのですが「ごはん」だけ細工すると ぐっと華やかになるので、キャラ弁はアレルギーっ子には おススメですね。 アレルギー生活改善総合研究所 、

      2
      テーマ:
  • 04 Apr
    • アレルギー対応食(乳・卵・小麦・大豆除去) カレーうどん

       今日は、晩御飯何を作ろうかなぁ~と考えて明日は週末だし、何もしたくないわぁ~という事で、「カレー」     に決定!明日の夜は、「カレーうどんでしょ!」という事で、お鍋も綺麗に出来る、カレーうどん。でも、カレーの後日・・・でなくて最初から作るならこちらの作り方でどうぞ。オトナは1人前十分ありますので、小さい子なら、2人前とお考えください。■材料 (1人前)米粉麺 (うどんタイプ)  1袋玉ねぎ  50g豚肉   50gネギ   少々化学調味料無添加 かつおだし(和風だし)  小さじ1杯うまい料亭のつゆ 大さじ2杯サクサクカレールー大さじ3杯 (子供の場合はサクサクチャイルドカレーで)水溶きタピオカ粉  適量  水400cc■作り方お鍋にお湯を沸かし、米粉麺うどんタイプをさっと茹でて、水で冷やしておきます。(あとで煮るので固めで仕上げておいてください。)鍋にお水400ccと化学調味料無添加 かつおだし(和風だし)を入れて沸かします。沸騰したら薄切りの玉ねぎ、豚肉を入れ火が通るまで煮ます。(アクが浮いてきたらすくって捨ててください)うまい料亭のつゆ大さじ2杯入れます。サクサクカレールー大さじ3杯を適量の水で溶かし、だしの中へ入れます。水溶きタピオカ粉(片栗粉で可)でトロミをつけたら麺を入れて、青ネギを入れます。麺が温まったら盛り付けて出来上がりです♪    アレルギー生活改善総合研究所 

      テーマ:
  • 03 Apr
    • アレルギー対応食(乳・卵・小麦除去) やせうま

       増税パニックもそろそろ、終わって欲しいものですが(運送屋さんは、まだまだ終わっていない様で・・・)出荷は出来るのですが、到着の遅れなど一部地域でご迷惑をおかけいたしている事とお詫びいたします。さて、増税のバタバタで更新していなかったのですが久しぶりにレシピを更新。大分県名物の「やせうま」というオヤツ。(諸説あるのですが、昔若君様に乳母のやせが作って食べさせていて、「ヤセうま(美味しい)!」と若君が言ったのが由来。)とりあえず、小さい子供のおやつとして定番のものです。(今は、お爺ちゃんお婆ちゃんの好きなオヤツかも)本来は、小麦粉を使うのですが、米粉でチャレンジしてみました。きな粉(大豆)をかけるのですが、大豆ダメだぁ~と言う方は、コレを餡子でからめるバージョンもありますので、「さつまいもあん」「かぼちゃあん」などを手作りして(茹でて潰してお砂糖混ぜるだけでもOKかと・・・)混ぜたらOKです。ウチの娘達の通っていた保育園などでも、割と「手作りおやつ」を3時には出してくれていたので、保育園でも良く食べていたオヤツと思います。やせうまの団子だけ、野菜をたっぷり入れたお味噌汁に入れるとこれまた「団子汁」という名物になるので・・・甘くするか、しょっぱく食べるかとっても応用範囲が広いんです。■材料 2人前米粉80g (今回はゆきひかり使用)タピオカ粉 大さじ2杯水 50cc (お水は使う米粉の種類によって違ってきますので、クッキー生地くらいの柔らかさにまとまるまで入れて下さい)      きな粉 40g砂糖  40g塩   少々(ひとつまみ)■作り方米粉にタピオカ粉を入れて混ぜ合わせ、水を加えてまとめます。(この作業をしながら、お鍋に1~2リットルくらいお湯をわかします)まとまったら、生地の表面に打ち粉(タピオカ粉 分量外)を少しして麺棒で2ミリ程度の厚さに伸ばします。延ばしたものを、包丁で幅2センチ~3センチに切ります。沸かしたお湯の中に、この麺を入れて茹でます。(グルテンが入っていないので、乾燥しやすく、切れやすいので注意して入れて下さい)やや透明感が出てきて、浮き上がってきたら出来上がりです。(意外と茹で上がるとしっかりしています)冷えると硬くなりますので温かいうちに、きな粉をかけて、どうぞ。一応分量は書いていますが、慣れればいちいち計量しなくても出来るので、簡単だと思います。アレルギー生活改善総合研究所 

      テーマ:
  • 27 Mar
    • 時代は変わった?

       アレルギーの方向けの宿泊施設や、外食などをオープン時調べていて当時、実際は対応可能な所がもっとあったのだけど「名前を出さないで」という施設が結構ありました。というのも、年中対応出来るわけでなく、閑散期なら対応可能で、繁忙期(夏休み中)とかは対応出来ないから・・・というのは解り易い理由。もう一つ、非常に納得できなかったのが温泉施設などの場合、お肌の荒れた状態で入浴に来られると皮膚病がうつると思われて、他のお客様に悪いイメージをもたれると困るから・・・あまり沢山来られるのは困りますというご意見。そういう子供さんが、沢山ウロウロされると困るからあまり、大きく宣伝したくないと言われた事もありましたが今は、「アレルギー対応出来ます」                というのがホテルのHPに書かれていたりするのを見ると時代は変わってきたな・・・と思うと同時に「アトピーは、うつる病気ではない」という事も、広く認知されてきたのかな?と思います。「アトピー」と「食物アレルギー」も、全く関係なしと言われていたのが関連性はあるとなったり。(食物アレルギーも皮膚からの抗原の侵入の方が問題が大きい)となっていたり、日々、状況が変わるのですが。うちの地元でも毎月、医大の先生がアレルギー専門外来などやってくれているのは、自分の子育てしていた時代を思うとうらやましい限り。給食も積極的に対応してくれたり、日々状況は良い方向に向かっている様にみえるのが、うれしい変化かもしれません。

      2
      テーマ:
  • 26 Mar
    • アレルギー対応食(乳・卵・小麦・大豆除去) なぁんちゃってシュウマイ

      なあんちゃってシリーズの第二弾。シュウマイを作ってみました。といっても、材料のミンチは昨日の我が家の夕飯の残り物をアレンジ。やや、フェイクなのですが玉子焼きよりは、家族で同じものを共有できるメニュー。簡単に沢山出来ると思います(という事は、お弁当調理の時は、もっと簡単10分くらいで出来るおかずかな)■材料 2人前ミンチ肉 (豚、または鶏)      100g米醤油                小さじ1化学調味料無添加コンソメスープ(洋風だし)   小さじ1/2完熟トマトケチャップ       小さじ1/2コーン                適量(ミックスベジタブルでも可)タピオカ粉(片栗粉)       大さじ1/2玉ねぎ               小1/4個ライスペーパー          5~6枚■作り方玉ねぎをみじん切りにしてラップをかけて電子レンジ500wで2分程加熱してバットなどに広げて冷ましておきます。ミンチ肉に米醤油、コンソメ、ケチャップを入れて良く混ぜて、下味をつけます。下味をつけたミンチ肉に、加熱して冷ましておいた玉ねぎ、コーン、タピオカ粉を入れて良く練ります。練ったものを、直径3センチ~4センチ(シュウマイ大のサイズ)に、丸め10個づつ程度を500wのレンジで2分~3分加熱します。(竹串で刺して、透明な肉汁が出てきたらOK。加熱不足の時は30秒づつ延ばして様子を見て下さい)ライスペーパーを1/4づつに切ったものを、水で戻し触れる程度に冷えた所で、シュウマイっぽく包んだら出来上がり~♪(2回包むと、更にソレっぽく見えますが、1回でも十分OKかと思います)通常のシュウマイは、生の具を「包む」のですが、加熱済のものを包むので簡単に作業が出来ます。                                             アレルギー生活改善総合研究所

      1
      テーマ:
  • 24 Mar
    • アレルギー対応食(乳・卵・小麦・大豆除去) なぁんちゃって玉子焼き 

       春休み明けの新学期になると、遠足シーズンになりますがアレルギーっ子のお弁当って、どうしても色合いが寂しくなりがち。プチトマトやブロッコリーを入れて華やかにしようと頑張ってはみますが【黄色】がどうしても足りない。今は我が家の子供達も、卵焼きを普通に持って行けるようになりましたが、小さい頃は持って行けずに、可哀相でした。というわけで、良く作って入れていたのがこの、「なんちゃって卵焼き」ホワイトソルガムと今回は、餃子の皮ミックスなどを混ぜて玉子焼きを作る要領で、玉子焼き器で焼くだけ~。ウチの母曰く・・・「まぁ、卵食べたこと無かったら色はごまかせるわ」という作ですが、卵の「プリン」とした何とも薄い食感を出すのは難しいですが白身魚のすり身を作って混ぜてもらえば、更にグレードUP(もう、アレルギー用の伊達巻)そこまでは、さすがに日常的には面倒なので・・・粉で作ります。(お味は、今回のは甘くないのですが、子供用に作る時は甘くすると更に、「お菓子」っぽくて、それなりに美味しいと思います)■材料 2人前ホワイトソルガムの粉  大さじ4杯ぎょうざの皮ミックス   大さじ4杯うまい料亭のつゆ     小さじ2杯かぼちゃ粉末        小さじ2杯てんさい糖         小さじ1杯重曹               小さじ1/2水              140CC卵を使わない自然派仕立てのベジタブルネーズ 小さじ2杯なたね油          少々■作り方先ず、粉類を全て容器の中でまんべんなく混ぜます。混ぜたものに、ダマにならない様に注意しながら、お水を少しづつ加えていきます。水を加え終わったら、ベジタブルネーズを2杯加え更に混ぜます。玉子焼き器(20センチ×15センチくらいのもの)に油を敷き良く温めたら静かに1/4量を注ぎ入れ、卵焼きを作る要領で巻いていきます。同じことを、4回繰り返します。(生地がフライ返しなどにくっつきやすいので、フライ返しにも油を塗っておくと楽に返せます。)コツは、少し焦げ目がつくと卵焼きっぽく見えます。また、焼きあがったものは、巻き簾に巻いて(巻き寿司などを作る時に形を整えるのに巻く道具)形を整えて冷えるまで、そのままにしておいてください。(温かいうちに切ると包丁にベタベタつきます)冷えたら、包丁を濡れ布巾で拭きながら、お好みのサイズにカットしてください。(ベタベタついているのが、落ちるので、綺麗に切れます。同じく巻き寿司もそうやって切ると断面が綺麗になりますよ~)1個入れていたら、お弁当も皆と同じモノっぽくなります。アレンジに、真ん中に炒めたほうれん草や、ウインナーを入れて巻くと味の面でも美味しくなるかと思います。

      テーマ:
  • 22 Mar
    • アレルギー対応食(乳・卵・小麦・大豆・米除去) ホワイトソルガムのブールドネージュ

       我が家のお気に入りのお菓子にブールドネージュがあります。特に、長女は四葉バターを使って作られたブールドネージュが大好き。四葉バターとか使うと、とても濃厚なのですけどやや、私には重いかな~。ところが、食物アレルギー用の配合で作ると軽い、軽い~♪食べやすーーーい、サクサクのクッキーです。お米の粉で作るのも良いのですが、計量の手間をちょっとでも減らしたいので・・・ホワイトソルガムのお菓子ミックス粉を使いブールドネージュを作ってみました。ホワイトソルガムはクッキーにしても、他の粉の物より、一番やわらかく出来るので、このクッキーにはもってこいの原料。ほろっとした口どけが、とても美味しいと思います。(A-1マーガリンの塩分が、やや気になるのですが子供達は解らないみたいなので・・・いいかなぁ~。)気になるママの場合は、マーガリンの1/3量をナタネ油に置き換えてもらうと、お水を足さなくて良くなるかも。お味も、食物アレルギーが無い子供が食べてもOKな味なので家族で手作りお菓子にもおススメです。■材料  (約40個分くらい)ホワイトソルガムのお菓子ミックス粉 190gアーモンドプードル 30gA-1マーガリン  90g粉糖  適量 ■作り方ボウルに、ホワイトソルガムのお菓子ミックス粉、アーモンドプードルを入れて混ぜます。室温でやわらかくしたA-1マーガリンを入れて混ぜ合わせる。(ココで、丸くできればOKですが、まとまらない時はお水を少し、まとまるまで加えてください。)直径1.5センチ程度の粒に丸めていきます。(この間に、オーブンを160度に余熱しておいてください)オーブンで17度~19分くらい焼きます。(丸めた大きさで焼き加減は変わるので、17分加熱して1分づつ延ばして加減してください。)冷めたら、粉糖をまぶして完成です~。結構、沢山の量がものすごく簡単に出来ますので子供のオヤツのストックにおススメです。

      1
      テーマ:
  • 20 Mar
    • うっかり、誤食に注意

       まだ子供達が、保育園の頃だったのですがお昼にうどんを食べさせようかなと思って乾麺のうどんを購入茹でて食べさせた後、湿疹が出た事がありました。当時の私、裏の原材料表示を良く確認していなかったのですが「うどん」に乳成分の原料が入っていたのですね~。うどんと言えば、昔祖母が作ってくれていたのですが「小麦粉」と「水」「塩」というシンプルな材料で出来るものと思い込んでいたのでうっかりし確認しそびれていました。思い込みって怖いですね。「パスタ」じゃないのに、卵成分の入っているうどんがあったり、卵じゃなくても【タピオカ】もコシを出すために入っていたり便利になるけど色々なものが入っているので、確認って大切な作業ですね。(ちなみに、アレルギー食材のサゴヤシ澱粉(サクサク粉)とかは、良くうどんを延ばす時の打ち粉(うどんがくっつかない様に外にまぶす粉)に良く使われているそうですので、スーパーなどで見かける事も無く馴染みが薄いけれど実は食べる事は結構、食べてるかもしれないですね)習慣づいてしまうと自然と確認出来る様になるのですが習慣づくまでは意識して見ないと、「悪いモノ食べさせていないのに、なんで?」ってなるので、クセとして原材料確認が身に着くまで忘れないで繰り返してくださいね。

      1
      テーマ:
  • 19 Mar
    • アレルギー対応食(乳・卵・小麦・大豆除去) にんじんのきんぴら

      お弁当のおかずに彩りも良く、重宝します。今の時期のにんじんは香りも昔のものほど強くなく味も甘いので子供も意外と好きな野菜だと思います。ゴマが美味しいのですが、アレルギーっ子にはゴマアレルギーの子も意外と多いので、しそふりかけをかけてみました。(かつお節をまぶしても更にうまみUPです) ■用意するもの (大人3人前)少なめでにんじん小1本こんぶだし 小さじ1あわ醤油 小さじ2しそもみじ 少々米油(なたね油でも可)■作り方 にんじんをマッチ棒くらいの太さに切ります。 フライパンに余熱した中に、米油 大さじ1を入れ にんじんを入れて炒めます。 半分ぐらい火が通ったところに(1本くらい食べてやや硬いかなぁ~という程度) お水80㏄とこんぶだし小さじ1杯を入れます。 水が無くなるまで、焦げ付かない様に炒り煮にします。 出来上がったら、仕上げにしそふりかけをかけて完成です。 

      テーマ:

プロフィール

くぼっち

血液型:
O型
お住まいの地域:
大分県

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

旧ランキング

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。